※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紬「ギョウザもつけなきゃ?」

澪「やだ!」

律「唯がいないと?」

澪「やだよ・・・」

律「すごい拒否反応だな、おい」

唯「(えっ?)」



唯「(澪ちゃん、まさか・・・)」

唯「(ううん、そんなわけないよね。女の子同士だし)」

唯「(女の子を好きだなんて、私だけでいいよ・・・)」

唯「(こんな、叶わない恋なんて・・・)」

澪「っていうか、唯、歌!」

唯「えっ、あっ、歌詞忘れたっ・・・」

澪「っ・・・なんでなんだろう、気になる夜・・・♪」

唯「あ、あ・・・(澪ちゃん、ごめん)」



澪「もう、歌詞忘れるなんてどうしたんだよ、唯」

唯「ごめん、ギターに夢中になっちゃって(澪ちゃんのこと考えてたなんて言えない・・・)」

律「まあ、何事もなかったからいいんじゃないか?」

紬「そうね、新入部員も入ったし」

澪「こんなんで明日から大丈夫なのか・・・?」

律「大丈夫だって。今までどおりの私たちでいいんだよ」

澪「少しは練習もしろよ・・・」

律「まあ、いいじゃん。じゃあ、私と澪はこっちだから。じゃなー」

紬「ええ、また明日」



律「なあ、澪、今日のあれって本心なんだろ?」

律「・・・大丈夫だよ、私は応援してるから」

澪「・・・女の子同士だよ?変じゃない?」

律「変じゃないよ。真っ直ぐに人を好きになれるのって素敵だと思うよ」

澪「・・・ほんとに?」

律「ほんとに。」

澪「・・・ありがと」

律「だからがんばれよ、澪?」

澪「・・・うん」

律「でも、澪がムギのこと好きじゃなくてよかった」ボソッ

澪「えっ?なんか言った?」

律「なーんも。」



唯「ただいまー」

憂「お姉ちゃん、おかえり。今日のライブ、すっごくよかったよ!」

唯「ほんと!?憂ありがと~」ギュ

憂「もう、お姉ちゃんったら。誰か、入部希望の子いた?」

唯「うん。一人だけどね。明日から一緒にお茶するんだぁ」

憂「・・・練習はしなくていいの?」

唯「あ、お茶が終わったらするよ・・・多分」

憂「クスッ、ご飯できてるから、食べよ?」

唯「わぁ、お腹すいてたんだぁ。ありがとう、憂」

憂「へへっ、お姉ちゃんが喜んでくれるなら私なんでもするよ」

唯「ごちそうさまぁ。憂の手料理はいつ食べても美味しいねぇ」



憂「ありがと//」

唯「・・・ねぇ憂、相談したいことがあるんだけど・・・」

憂「なぁに?お姉ちゃん」

唯「女の子を好きになるのっておかしなことかな?」

憂「え・・・そりゃ、好きな人じゃないと一緒に遊んだりはしないんじゃ・・・」

唯「・・・違うよ。恋愛感情として好きになっちゃったんだよ」

憂「お姉ちゃん・・・」

唯「・・・やっぱり、おかしなことなのかな?」

憂「そんなことないよ。おかしくなんかない」

唯「憂・・・」



憂「お姉ちゃん、その人と一緒にいたいんでしょ?」

唯「うん・・・」

憂「その人の喜んでる顔をずっと見ていたいんでしょ?」

唯「うん・・・」

憂「その人のことが頭から離れないんでしょ?」

唯「うん・・・」

憂「だったら、おかしなことなんかない。その人も気持ちを分かってくれるはずだよ?」

唯「ういぃ・・・」

憂「だからがんばって?私応援するから」

唯「ありがと・・・」

憂「それで、好きになったのってどんな人?」ワクワク

唯「・・・へっ?」



憂「だから、お姉ちゃんが好きになった人。」

唯「そんなの恥ずかしくて言えないよぉ//」

憂「どんな人かだけでいいからさぁ、教えてよ」

唯「えっと、同じ学校に通ってる黒い髪のストレートの娘で、恥かしがりやさんなんだ」

憂「うん、それでそれで?」

唯「それで、左利きで、ベースをやっててかっこいいんだぁ//」

憂「・・・もしかして、澪さん?」

唯「っ・・・なんでわかったの!?もしかしてエスパー?」

憂「いや、そこまで言われたらいくらなんでも・・・」



憂「それで、澪さんが好きなんだ?」

唯「うん・・・いつからなのかはわかんないんだけど、いつも澪ちゃんが頭の中に浮かんできて」

唯「澪ちゃんを見る度に胸がドキドキして、止まらなくなっちゃう」

唯「しかも今日カクカクシカジカなこともあって・・・ねぇ憂、どうしたらいいのかな?」

唯「胸が苦しくて、もう耐えられないよ・・・」

憂「お姉ちゃん、もう、告白するしかないよ」

唯「え、展開早くない?」

憂「でも、こんなに辛そうなお姉ちゃん見ていられないもん。今までずっとこんな気持ちでいたのなら尚更!」

唯「憂・・・」

憂「だからがんばって。お姉ちゃん」

唯「・・・うん、私がんばるよ!」

憂「(澪さん、お姉ちゃんにふさわしい人・・・だよね?)」



澪「くしゅっ・・・」

律「お、誰か澪の噂してるんじゃない?唯とか」

澪「ばっ///変なこというなよ//」

律「わりぃわりぃ。で、これからどうするか、だよなぁ」

澪「ああ・・・でも、もし唯に変な目で見られたらやだし、やっぱりこのままで・・・」

律「そんなんじゃ、澪ずっと苦しいままじゃないか!」

澪「そう、だけど、唯に嫌われるくらいなら今のままの方が・・・」

律「だから、嫌われないで想いを伝える方法を考えてるんだろ?」

澪「ないよ・・・そんなの、無理だよ・・・」

律「もう、澪は諦めるの早すぎだぞ!」



澪「これだけずっと考えてるのに、アイディアなんにもでないじゃないか」

律「真っ直ぐに想いを伝える、って、アイディア出しただろ?」

澪「それはやだ!もし唯に変な目で見られたら・・・」

律「大丈夫だよ。唯がそんなことするわけないだろ」

澪「わかんないよ・・・もし唯に嫌われたら・・・」

律「その現実を受け止めるしかないだろ」

澪「やだ・・・嫌われたくないよ・・・」

律「嫌なことだって受け止める覚悟がないと、先になんて進めないぞ?」

澪「やだ」

律「唯はずっと澪の気持ちを知らないままなんだぞ?」

澪「やだ・・・」

律「じゃあ、どうするんだよ」



澪「やだ・・・」

律「おい澪!」

澪「やだ・・・」

律「っ・・・いい加減にしろ!」

澪「やだ・・・」

律「私は帰るからな。ちゃんと勇気出して告白しないと、後悔するのは澪なんだからな!」バタン

澪「やだ・・・やだよぉ・・・唯に嫌われたくないよ・・・」グスッ

澪「やだよ・・・誰か・・・助けて・・・」ヒグッ

♪Please don't say "You are lazy" だって本当はcrazy♪

澪「メール・・・唯からだ!」



唯『澪ちゃん、今日は新勧ライブおつかれさま☆途中で歌詞忘れちゃってゴメンネ・・・』

唯『次は歌詞忘れないように気をつけるよ。でも、入部希望者来てくれたから、まぁいっか』

唯『今日はあの後すぐ帰っちゃったけど、どんなコなのか楽しみだね。早く一緒にお茶したいな』

唯『明日なんだけど・・・もし時間があったら部活が終わった後二人でお話できないかな?』

唯『どうしても二人きりで話したいことがあるんだ。』

澪「二人きり・・・か・・・」

澪「(告白するにはチャンスだけど・・・でも・・・怖いよ・・・)」

澪「(でも、唯から誘ってくれたから・・・大丈夫かな・・・)」

澪「(大丈夫・・・だよね。神様、一度だけでいいから奇跡の時間をください・・・)」



翌日

紬「お名前はなんていうの?」

梓「あ、中野です」

律「パートは何やってんの?」

梓「あ、えと・・・」

唯「好きな食べ物は?」

梓「あ・・・」

律「中学校どこだった?」

澪「落ち着けお前ら」



梓「私、もう一度唯先輩のギターが聞きたいです」

唯「ライブのせいでギックリ腰になったからまた今度ね」

律「苦しい・・・」

紬「そういえば、梓ちゃんはどうして軽音部に入ろうと思ったの?」

梓「新歓ライブの唯先輩の演奏を聞いて感動したんです」

律「お~、よかったなぁ、唯」ニヤニヤ

梓「それで、唯先輩に一目惚れしました!好きです!付き合ってください!」

唯「えっ?」

律「なっ・・・」

紬「まあ///」

澪「っ・・・」ダッ

律「あ、おい!澪!」


2/2