※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「というわけで…」

紬「というわけで…」














澪・紬「「勝負だ(よ)!!!!」」



澪「…」

紬「…」

澪「……」

紬「……」

澪「勝負、ホントにするの?」

紬「いえ、なんとなくノリで…」

澪「私も…」

紬「……」

澪「……でもさ、痩せたいよな」

紬「……そうね」



澪「ダイエット、できるかな?」

紬「澪ちゃんの今までの戦績は?」

澪「聞かないでくれ」

紬「ごめんなさい…」

澪「ムギのほうは…」

紬「聞かないで…」

澪「ごめん…」



紬「で、でも大きなリバウンドはしてないの。すぐに元に戻っちゃうだけで」

澪「そもそも私はリバウンド以前に痩せたことがないんだけどな」

紬「……」

澪「ウエストも上がる一方だし…」

紬「ま、まあ結果痩せてないなら同じだと思うわ」

澪「……そうかもな」



紬「やっぱりダイエット、してみようかな?」

澪「私はいいや。結果は見えてるし」

紬「ここは、『一緒にやろう』の流れだったんじゃないかしら?」

澪「無駄な時間を過ごすくらいなら作詞でもしてたほうがいいよ」

紬「……」



澪「律にもバカにされそうだしさ」

紬「いくらりっちゃんでもこのことでバカにするなら許さない…」メラメラ

澪「私は怒る気力もない…」

紬「唯ちゃんが羨ましいわね」

澪「そうだな、ところで…」

紬「なぁに?」

澪「……何キロ増えた?」

紬「……私は『禁則事項』キロ……」

澪「……私は『閲覧禁止』キロ……」



紬「……」

澪「……」

紬「お互い辛いわね」

澪「そうだな」

紬「泣いていいかしら?」

澪「私は涙も涸れたよ」

紬「胸、借りていいかな?」

澪「恥ずかしいけど、いいよ」

紬「澪ちゃん!」ムギュッ



澪「よしよし、って私も他人事じゃないんだけど」

紬「うわあああぁぁぁぁん!!!」シクシク

澪(ムギっていいにおいするんだな)スンスン

紬「グスグス…(澪ちゃんってやっぱり胸が大きいのね)」

澪(何故か心が安らぐな)

紬「…(別に太ってるんじゃなくて単純に胸が重いだけなんじゃないかしら?)」



澪(こうやってムギと抱き合ってると、悩みがちっぽけなものに思えてくる)

紬(落ち着いてきたけど…もっとこうしていたいわ)

澪「もう、大丈夫か?」

紬「うん、でももう少しこのままで…」

澪「分かったよ」

紬(ここで離れるなんてもったいないもの)

澪(ホントにいいにおいだなぁ)クンカクンカ



紬「……」ムニュムニュ

澪「意図的に胸に顔を押し付けるのはやめてくれ…」

紬「ふふっ、バレちゃった?」

澪「全く…(気持ちよくなっちゃうだろ)」

紬「そろそろいいかな(少し名残惜しいけど)」

澪「そうか(少し名残惜しいな)」

紬「それで、もう1つお願いがあるんだけど」

澪「…言ってみて」



紬「抱きしめてもよかですかい?」

澪「だからどこの人だよ」

紬「ダメかな?」

澪「うん、まあいいけど…」

紬「では失礼して…えいっ!」ムギュ

澪「むぐぅ(今度はムギのほうが私の顔を胸に…)」

紬「あったかくて抱き心地いいわね~」



澪(なんだろう、柔らかくて凄く気持ちいい)

紬「澪ちゃん、そのままでいいから聞いて」

澪「うん」

紬「ありがとね。抱いて抱かれて気が晴れたみたい」

澪「まあ何の解決にもなってないんだけどな」

紬「ううん、スッキリして前向きになれた気がする。これって進歩じゃないかな?」

澪「ははっ、そうかもな。そろそろ放してくれ。暑くなってきた」

紬「え~、もっとこうしてたいな~」

澪「汗だくになっちゃうぞ」



紬「汗をたくさんかいたら痩せるかも…」

澪「下着が濡れると気持ち悪いからダメだよ」

紬「ざ~んねん」パッ

澪「…ふぅ」

紬「……澪ちゃんはどう?」

澪「ん?」

紬「気は、少しは晴れたかな?」

澪「言われてみると…さっきほどは落ち込んでないかも」

紬「よかったわぁ。抱きしめた効果はあったかしら?」

澪「あった、みたいだな」



紬「元気になってきたところでまたお願いが…」

澪「まだあるのか!?」

紬「うん、我侭言ってごめんね?」

澪「いやまあいいんだけどさ(抱きしめたあとだから…今度はまさかえっちな…)」

紬「あのね、私のこと、叩いてほしいの!」

澪「この話の流れでそれかよ!」ペシッ

紬「きゃっ!」

澪「はっ、思わずツッコミを…」



紬「……」

澪「だ、大丈夫か? 軽くだったはずだけど…」

紬「いいわぁ」

澪「へ?」

紬「やっと澪ちゃんに叩いてもらえた! 私、今凄く幸せ!」

澪「そ、そうなんだ」

紬「ありがとう澪ちゃん! 今日一日で澪ちゃんと凄く仲良くなれた気がする!」

澪「ははっ、それじゃあまるで今まで仲良くなかったみたいじゃないか」

紬「あ、ごめんなさい。そういう意味じゃなくて…」

澪「分かってる分かってる。ちょっと冗談」

紬「もう、澪ちゃんったら~」



澪「…案外何でもないことなんだな」

紬「え?」

澪「いや、叩くことがさ。前のときは凄く叩きづらくて、結局無理だったのに」

紬「もっとどんどん叩いていいのよ?」

澪「私はそんなに暴力的じゃありません」

紬「うふふ、知ってるよ。澪ちゃんが暴力的なのはりっちゃんにだけだもんね」

澪「あれはアホに対する突発的な処置だ」



紬「私も盛大にボケれば突発的な処置、してくれる?」

澪「頼むからムギはムギのままでいてくれ…」

紬「それはダメよ。だってこれから痩せるんだもの」

澪「あ、そこに話が戻るんだ」

紬「初心を忘れるべからずよ」

澪「それ、なんか違くないか?」

紬「むぅ、そこはツッコミ所なのよ澪ちゃん! ちゃんと叩かないと」

澪「今のは分かりにくかった…」



紬「難しいのねボケって」

澪「仮に計算してたとしても、ある程度ナチュラルさを出さないとツッコミを入れる気にはさせられないからな」

紬「りっちゃんのように?」

澪「まあそうだな」

紬「りっちゃんって凄いのね。私では真似しきれないわ」

澪「ムギはムギのままでいいんだよ。ムギは田井中律じゃない、琴吹紬なんだからさ」

紬「澪ちゃん…」ジーン



澪「っていうかムギが律化したら私が困る。ただでさえ最近は悪ノリ気味なのに…」

紬「もっとはしゃいだら私もりっちゃんのように叩いてもらえるのね」

澪「意図的にそれが目的でふざけるようならもう二度と叩かないぞ」

紬「冗談よ、そんなことはしないわ。だって…」

紬「私は私のままでいいんだよね?」

澪「そうそう」



紬「でも、変わらなければいけないこともある……」

澪「あ、それは私も同意」

紬「この身体から」

澪「この身体から」

澪・紬「少しでも脂肪を追い出さなければならない!!」

紬「私、燃えてきました!」

澪「私も、少しはやる気が出てきたような気がする」


2/2