※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紬「では改めて…」

澪「ああ…」














澪・紬「「勝負だ(よ)!!!!」」



澪「…」

紬「…」

澪「……」

紬「……」

澪「勝負、ホントにするのか?」

紬「いえ、やっぱりなんとなくノリで…」

澪「私もだ…」

紬「でもね」

澪「うん」

紬「一緒にやりたいとは思ってるの」

澪「そうだな、私も同じ気持ちだ」



紬「ダイエットにはパートナーがいるといいって聞いたことがあるわ」

澪「一人では挫折しそうだけど2人ならあるいは…」

紬「一緒に頑張りましょう澪ちゃん!」

澪「ああ! でも無理は禁物だぞ?」

紬「その辺も2人なら調節し合えるんじゃないかしら」

澪「成功したことがない私にあまり期待されても困るけどな」

紬「失敗は成功のお母様よ!」

澪「うん、まあ程々に頑張るよ」

紬「ちなみに私は叩かれれば叩かれるほど痩せる体質なの~」

澪「……それもボケなのか?」

紬「……うん」



澪「まあ本気で一瞬、そんな簡単なことで痩せられるなんて羨ましい、と思ってしまったのは内緒だ」

紬「バラしてるわよ澪ちゃん。それともボケなのかしら…?」

澪「いや、言葉どおり本気で…」

紬「……ごめんなさい」

澪(試してみようと本気で思ってしまったことこそ内緒なんだけどな)

紬「…一応試してみる」

澪「いやいや滅相も無い!」



紬「じゃあ明日から始めてみようか?」

澪「そうだな。でもさ」

紬「ええ」

澪「まずは軽い運動から始めないか? いきなり食事制限とかしたら周りにいらない心配をかけそうだしさ」

紬「そうねぇ、お弁当が減ったりティータイムのお菓子が減ったりしたら不審がられるかも」

澪「まあ本音を言えば、お菓子を減らせばそれだけ目標体重への近道になると思うんだけどな」

紬「私も、摘み食いをやめられれば…」

澪「摘み食い?」

紬「あ、いや、何でもないの!」



澪「ムギはそんなことしてたのか。ちょっと意外かも」

紬「バレちゃった…」

澪「ハハハ、自分からバラしたんだろ」

紬「みんなには内緒にしてね?」

澪「バラしたりなんかしないよ」

紬「ダイエットのことも、2人だけの秘密ってことでどうかな?」

澪「律あたりがうるさいだろうからなぁ、それでいいと思うよ」

紬「ううん、そうじゃなくて」

澪「?」



紬「2人だけの秘密が欲しかったの」

澪「え?」ドキッ

紬「……」

澪「……」

紬「なんか、恥ずかしいね」

澪「自分から言ったくせに…ムギ、顔赤いぞ」

紬「澪ちゃんこそ」

澪「そ、そんなことないぞ」

紬「……」

澪「……」



紬「……ふふふっ」

澪「な、なに笑ってるんだよぉ」

紬「澪ちゃんが可愛いなって思って」

澪「からかうなよ」

紬「そんなつもりはないわ、これは私の本音。もちろんさっきのもね」

澪「ムギ…」

紬「2人だけの秘密、仲良しさんの証みたいでいいなって」

澪「秘密がなくても、わ、私達は仲良しだろ」

紬「澪ちゃん顔真っ赤」

澪「言わないでくれ…」



紬「テレなくてもいいのに」

澪「ムギだってさっき顔真っ赤にしてただろ!」

紬「あ、うん…」

澪(あ、また赤くなった)

紬「2人だけの秘密って、ちょっと恋人っぽいなって思ったから…」

澪「えええ!?」

紬「……」ドキドキ

澪「……」ドックンドックン



梓「……何見つめ合ってるんですか?」

澪「わわっ!」

紬「きゃっ!」

梓「2人とも驚きすぎです」

澪「いつの間に…」

梓「今来たばかりですけど…」

紬「全然気付かなかったわ」

梓「2人とも顔を真っ赤にして見つめ合ってるから、声をかけるべきかどうか一瞬迷いました」

澪「そ、そうなんだ」

梓「2人して風邪ですか?」

紬「ううん、そんなことないわ。あ、今お茶淹れるわね」



梓「ホントに大丈夫ですか?」

澪「ああ、もちろんだ」

梓(なんか怪しいなぁ)

唯「澪ちゃんあずにゃんおいーす」

律「たのもーっ!」

梓「遅いですよ唯先輩律先輩」

唯「いやー掃除当番だったもので」

律「そういう梓だって今来たところなんだろー。廊下を歩いてる後姿がチラっと見えたぞ」

梓「ぐっ、細かいことはいいんです!」

紬「みんな揃ったのね。今2人の分のお茶も淹れるから待ってて」



澪「いやムギ、さっそく練習だ!」

律「え~? お茶くらいいいじゃんいいじゃん」

唯「お菓子食べてからにしようよぉ」

梓「もう時間もないですし、練習しましょうよ」

律「梓だって遅く来たくせに」

梓「だからこそ責任を感じて一刻も早く練習を」

律「あーはいはい梓ちゃんは真面目でちゅね~」

梓「むぅぅぅ」



紬「澪ちゃん、少しくらいお茶しても…」ヒソヒソ

澪「ムギ、ダイエットはもう始まってるんだ」ヒソヒソ

紬「……キュピーン!」

澪(目の色が変わった!?)

紬「これはチャンスね!」ヒソヒソ

澪「ああ、時間がおしてる今ならお茶をしない理由ができる。つまりは食べなくても不審がられないってワケだ」ヒソヒソ

紬「みんな! 早く練習しましょう!」

律「おおっ、ムギがいつになくやる気だ!」

唯「いつものムギちゃんじゃない…」

梓(やっぱり澪先輩との間で何かあったのかな?)



澪(最初は全然やる気がなかったダイエットだけど…)

澪(考えてみれば痩せられるわ練習時間が増えるわでいい事尽くめじゃないか)

紬「澪ちゃん澪ちゃん」

澪「ん? どうしたんだムギ」

紬「明日の早朝から毎日一緒にジョギングしましょう」

澪「ああ、まずはそこからだな」

紬「うふふ、朝から澪ちゃんとデートできるなんて嬉しいな~」

澪「で、デートって…」カァァ

梓「…内緒話してないで早く始めましょうよ」

律「乗り気だったはずのムギはどこ行ったんだー?」

紬「ふふっ、ごめんねみんな」

澪「べ、別に内緒話なんかしてないんだからな!」

梓「は、はぁ…」



唯「きみをみてると~いつもはーとどきどきぃ♪」ジャカジャンジャカジャン

澪(早朝のジョギングデート、か…)

唯「ゆれるおもいはましゅまろみたいにふ~わふわ~♪」ジャンジャン

澪(うん、いい詩が浮かんできそうだ)

唯「い~つもがん~ばる~」

紬(明日から楽しみね)

唯「き~みのよこがお~♪」

紬(デートも楽しみだけど、でも絶対に痩せてみせる!)

唯「ずぅとみてても~ き~づ~か~な~い~よね~♪」

紬(……澪ちゃん、負けないからね!)





おしまい♪