※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「私頑張る」

唯「頑張って!」

唯「でも…」

唯「あずにゃんが駄目だったら…私と付き合って欲しいな…」ボソッ

澪「え?今何て?」

唯「ん?何も言ってないよ?」

澪「そうか?」

唯「うん」

澪「で…唯」

唯「なに?」

澪「勉強はいいのか?」

唯「」



唯「トイレで会ってからどんぐらいたったかな…」

澪「30分くらいかな」

唯「あ…あ…」

澪「?」

唯「あずにゃんに怒られる…」

唯「あずにゃんに怒られる!」

唯「私もう行くね!」

唯「バイバイ澪ちゃん!」

澪「え…あ…頑張れ!」

唯「澪ちゃんもね!」

澪「ああ」



━━━━━━━━━━━━

唯「あずにゃんいる?」

梓「います」

唯「あ…」

唯「りっちゃんにムギちゃんも…」

律「何してたんだ?」

梓「遅刻ですね」

唯「え…あ…その…」



唯「トイレ行ってた!」

梓「長いんですね」

唯「う…」

梓「正直に言ってください」

梓「サボりたかったんですよね?」

律「もういいんじゃないか」

梓「駄目ですよ」

唯「…」

梓「サボりたかったんですよね?」

唯「ち…違うもん!」



唯「澪ちゃんの相談乗ってたんだもん!」

梓「嘘ですね」

唯「本当だもん!」

唯「私がトイレ行ったら澪ちゃんがあずにゃんの名前言いながら泣いてて」

唯「これはもしかしてって思ったから私があずにゃんの事好きって言って」



唯「それでも澪ちゃん本性表さなかったから次は私はあずにゃんと付き合ってるっていったら」

律「ゆ…ゆい?」

唯「澪ちゃん凄く動揺していきなり」

唯「奪ってやる!」

唯「梓の気持ちを私に向けさせてやる!」

唯「それくらい梓の事が好きなんだ!」

唯「とか言い出したから私がネタばらしすると顔真っ赤にしなてたんだよ!」



唯「その後澪ちゃんの恋を応援するとか言ってたら澪ちゃんが時間気にしてくれて急いでここに来たの!」

梓「」

紬「」

律「」

唯「あれ?」

律「ゆ…唯さん?」

唯「はい」

律「いくら正直つっても…それは言ったらいけないんじゃ…」
唯「え?」



唯「え?え?」

紬「言うにしても今は一番言っちゃいけない時だと思うわ」

唯「え?」

梓「…」

唯「あ」

唯「あああああ…」

唯「あず…」

梓「すいません、今日は先に帰らせて貰います」

梓「失礼します」ガタッ

唯「あ…」



律「…」

紬「…」

唯「ど…どうしよう」

律「とりあえず…詳しく教えてくれ」

紬「そうね」

唯「う…うん…」



━━━━━━━━━━━━━

律「…」

律「(澪…)」

紬「つまり澪ちゃんは梓ちゃんの事を好きってこと?」

唯「うん」

紬「でも澪ちゃんが梓ちゃんのことをなんて…」

唯「…」グスッ

律「?」

紬「唯ちゃんどうしたの?」

唯「ふぇ?」グスッ



唯「な…何でもないよ」グスッ

紬「唯ちゃん…」

唯「…」グスッグスッ

紬「何かあるなら話してごらん?楽になるかもよ?」

唯「みおぢゃんにふられぢゃっだ…」グス

律「」



律「フラれた?」

唯「ぅん…」

律「(ゆ…唯も澪の事が好きだったのか)」

紬「告白したの?」

唯「んーん…言ってないよ」グスッ

唯「だっで…澪ぢゃんはあずにゃんの事が好ぎなんだもん…」グスッ

紬「唯ちゃん…」

律「…」



唯「澪ぢゃんはあずにゃんが…」グスッ

紬「唯ちゃん」

ギュッ

唯「ムギぢゃん…ありがとう…」グスッ

紬「今いっぱい泣いて全部はきだしちゃお?」

唯「うぅ…」

━━━━━━━━━━━━

紬「落ち着いた?」

唯「うん…ありがとう…」



唯「迷惑かけちゃったね…」

紬「大丈夫よ」

唯「ありがとう…」

唯「ねぇムギちゃん」

紬「なに?」

唯「私澪ちゃんの恋応援する」

紬「え?」

唯「好きな人には幸せになって貰いたいもん」

紬「唯ちゃん…」



律「唯も澪の事が好きだったんだな…」

唯「うん…ん?私も?」

律「ああ」

唯「りっちゃん…澪ちゃんの事好きだったの?」

律「違う」

唯「え?」

律「今でも好きだ」

紬「っ…」



紬「(りっちゃん…やっぱり澪ちゃんが好きだったのね…)」

紬「(私…)」

律「私はまだ澪の事が好きだ」

唯「…」

律「でも唯の言葉を聞いて気持ちが変わった」

律「私も澪の恋を応援する」

唯「りっちゃん!」

律「でも」



律「もし澪が失敗したら…」

唯「それは私もだよ!」

律「?」

唯「りっちゃんには負けないよ!」

律「私も唯には負けない!」

紬「ねぇりっちゃん」

律「ん?」

紬「私りっちゃんの事が好き」

律「」

唯「」



律「え?」

唯「ムギちゃん…?」

紬「ごめんね急に」

紬「急に気持ちを伝えたくなっちゃった」

律「ムギ…」

紬「大丈夫」

紬「伝えたかっただけだから」

紬「りっちゃんの返事はわかってる」

律「…」

律「ごめんなムギ」



━━━━━━━━━━━━

梓「(み…澪先輩が私の事を好き…?)」

梓「(そんな…//////)」

梓「(澪先輩//////)」

梓「(どうしよう…明日からどう接すれば…)」

梓「(もう普通に話せないかも…//////)」



━━━━━━━━━━━━

律「あー…やっぱ部室は落ち着くなー…」

唯「そうだねー」

梓「ちゃんと練習もやってくださいよ」

唯「うんー」

澪「お前らな…」

律「いいじゃん別にー」



紬「それにしても唯ちゃんと梓ちゃんのゆいあずはすごかったわ」

唯「えへへー//////」

紬「何だか私もやってみたくなっちゃった!」

唯「じゃあ今度はゆいむぎだね!」

律「澪…りつみおでどうだ?」

唯「!」

澪「ゆいむぎ、みおあずがいい」

律「!」

梓「!」

紬「!」

唯「!」



律「って…何言ってるんだよー」ケラケラ

唯「(澪ちゃん大胆…)」

梓「澪先輩」

澪「?」

梓「今みおあずやってみます?」

澪「え…?」

唯「みおあず見たい!」

梓「今ちょっとやってみましょうよ!」

澪「え…あ…うん」

澪「(まさか梓の方から言われるとは…)」



梓「やりましょう!」

澪「え…でも何す…」

梓「大丈夫です!」

澪「大丈夫…か?」

━━━━━━━━━━━

律「頑張れー」

紬「頑張ってー!」

梓澪「どうもー!」

澪「わ…私がみおで」

梓「私があずの」

梓澪「二人合わせてみおあずでーす」

唯紬「わー」パチパチパチパチ



澪「(ここまではさっき決めたけど…これからどうすればいいんだ)」

梓「えっとー今私言いたいことがあるんですよー」

澪「(え?)」

澪「そ…そうなのかー」

唯律「棒読み…」

梓「しかもそれはー」

梓「相方のみおになんです」

澪「え…?」

律「なんか突っ込めよ…」



澪「え…あ…」

澪「な…なんやねん!」

唯律「いきなり関西弁…」

紬「顔真っ赤にしてるわね」

梓「澪先輩!」

澪「な…なんや」

梓「好きです!付き合ってください!」



おわり