※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背が高くて大人っぽい。
クールでかっこいい。

でもとっても恥ずかしがり屋で怖がりさん。
それでいてメルヘンポエマーときた。

私はこのギャップを目の当たりにしてこう思ったのである。

 唯「か、可愛い……!」

こうして私はこの女の子を愛でる対象と認識したのであった。




―――
――

唯「……」ジー

澪「……」チラッ

唯「……」ジー

澪(さっきから唯がみつめてる……)

唯「……」ジー

澪「な、なあ唯」

唯「なあに?」ジー




澪「もう授業始まるぞ?」

澪「自分の席に戻った方がいいじゃないか?」

唯「うん、そうだね」ジー

唯「じゃあ、また後ほど!」タタタッ

澪「……?」

唯(う~ん、やっぱり可愛い)

唯(あのツリ目といい、綺麗な黒のロングヘアーといい……)

唯(もうたまんないね!)グッ




――授業中

澪「……」カリカリ

唯(澪ちゃん真剣に授業聴いてる)

唯(ここからだと顔見えないなあ)

唯(……)

唯(澪ちゃんに手紙書こーっと)

唯(えーと)カキカキ

唯(よし!)

唯「ねえ、姫子ちゃん」ヒソヒソ

姫子「ん?何?」

唯「これを澪ちゃんにまわしてくだせえ」

姫子「澪に?わかった」




唯「……」ワクワク

風子「澪ちゃん」

澪「え?」

風子「これ、唯ちゃんからだって」スッ

澪「唯から?」

澪「なんだろう」ガサガサ

  『 パンはパンでも食べられないパンはなーんだ? 』

澪(なぞなぞか?)

澪(なんで授業中に……)

澪「……」チラッ

唯「……」ジー

澪(こっち見てる……)




澪「……」

澪「……」カキカキ

澪「ごめん、これを唯に」スッ

風子「唯ちゃんね」

澪(なんだったんだ?)

姫子「はい、これ」

唯「ありがとー」

唯(どれどれ)ガサガサ

  『 ショパン? 』

唯(ぐっはあ!)ズキューン




唯(ショパン!?)

唯(普通フライパンと答えるとこをあえてのショパン!?)

唯(しかもなぜに疑問形!?)

唯(可愛いぃぃぃぃ!)バタバタ

先生「おい、平沢!」

唯「!」

先生「なに授業中バタバタしてるんだ」

唯「ご、ごめんなさい!」

先生「まったく……」

澪「……?」

唯(うおおおおおお!)




――休み時間

澪「なあ唯」

唯「なあに?」

澪「さっきのは何だったんだ?」

唯「えへへ~、ちょっと暇だったもんで」

澪「暇って……授業中だぞ」

澪「ちゃんと授業聞いてないとみんなに置いていかれちゃうぞ?」

唯「澪ちゃんそんなこと言わないでよ~」ツンツン

澪「ちょっ……」




唯「み~おちゃん♪」ツンツン

澪「脇腹はだめだって……」

唯「えいえい♪」ツンツン

澪「ゆ、指でツンツンするなって……///」

唯(ツンツンって言った!ツンツンって言った!)

唯(ああん!もうっ!)

澪(なんなんだ……?)




――放課後 部室

律「授業やっと終わった~」グデー

澪「律は授業中寝てばっかりだったろ」

紬「今日はショートケーキよ♪」

唯「わーい!」

梓「これ食べたら今日は練習しますからね!?」

律「わかったわかった」

梓「もうっ……」

唯「おいし~」モグモグ

紬「紅茶よ~」カチャカチャ

律「サンキュー!」

澪「あ、おいしい……」モグモグ




唯「……」ジー

唯「澪ちゃん澪ちゃん」

澪「ん?」

唯「あ~ん♪」

澪「えっ、ちょっ……」

紬「まあ!」

梓(あ、いいなあ……)

唯「ほらほら♪」

澪「じ、自分で食べれるよ……!」

唯「み~おちゃん♪」




澪「りつぅ……」チラッ

律「食べちゃえ食べちゃえ」

澪「うぅ……///」

澪「あむっ!」パクッ

唯(きゃー!)バタバタ

律「?」

澪「も、もういいだろ……!///」

唯(今の写真とればよかったなあ)




――下校中

唯(もっと澪ちゃんとお話したいなあ)

唯(そうだ!)

唯「ねえ、今日澪ちゃんの家に行ってもいいかな?」

澪「え、私の家?」

唯「うん」

澪「唯が一人でか?」

唯「うん!」

澪「あー、うん……」

澪「別にいいけど……」

唯「やったあ♪」




澪(なんで唯一人だけ?)

澪(それになんか最近唯のやつ、私にやたらくっついてくるよなあ)

澪「……」

澪「なあ、唯」

唯「なあに?」

澪「その……最近なんで私にくっついてくるんだ?」

唯「……」

澪「……」

唯「澪ちゃん」

澪「は、はい」

唯「一年生の春、私が初めて軽音部の部室に来たとき言った言葉を憶えてる?」




澪「うーん……」

澪「あんまりうまくないですねー……とか?」

唯「のんのん」

唯「私は『可愛いものが好き』って言ったよ」

澪「あー、そう言えば」

澪「……ん?」

澪「それとこれとどういう関係があるんだ?」

唯「ふふっ、秘密♪」

澪「?」

唯「さあ、行こう!」グイッ

澪「あ、ちょっ……」

律「……」

律「なん……だと……」




――澪の家

唯「わーい!澪ちゃんのお家~」

澪「あ、階段ちょっと急だから気をつけて」

唯「あ、うん」

唯(うおっほい!澪ちゃんが私を気遣ってくれたよ!)

澪「……」ピタッ

唯「……」

唯「あれ?部屋入らないの?」

澪「唯……」

澪「5分でいいからここで待っててくれないか?」

唯「え?どうして?」




澪「あの……その……」モジモジ

澪「へ、部屋が散らかってるから……」カアアッ

唯「!」

澪「ちょっと片づけたいんでけど……」モジモジ

唯(くうぅ~!)

澪「唯?」

唯「澪ちゃん!」

澪「は、はい」ビクッ




唯「私、何分でも何時間でも待つよ!」

澪「あ、うん……ありがとう」

澪「すぐ終わらすから!」バタン

 バタバタ!

唯(乙女ですぞ!)

 ドカーン!

唯(今の澪ちゃんすっごい乙女ですぞ!)

唯(もうたまんないね!)ムフー


2/3