※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――――

紬「なるほど」

紬「唯ちゃんは直球勝負に出たようね」

紬「今の戸惑ってる澪ちゃん」

紬「言葉では表現できない位可愛いわ……」ウットリ

紬「どう?りっちゃん?」

律「……」

紬「りっちゃん?」

律「なんてことだ……」

紬「え?」




律「なんてことだあああ!」

紬「!?」

律「変に凝らずに澪の可愛さを最大限に引き出してやがる……」

律「たいした愛でリストだぜ……」ガクッ

紬「りっちゃん……」

律「それになんだよ……」

律「なんだよおお!」バンッ

律「あのまんざらでもない澪の表情はあああああ!」




律「正直今の澪……」

律「最高に可愛いぜ……!」グッ

紬(天国は存在したのね……)

律「よし……」

律「次は私の番か……」

律「いくぞ!」




――部室

澪「ねえ、律」

律「……」

澪「……」

澪(あれ?)

澪(聞こえなかったのかな?)

澪「ねえ、律」

律「……」

澪「……」




澪「おい、律!」

律「……」チラッ

澪(あっ)

律「……」プイッ

澪「!?」

澪(今……こっち見たよな……?)

澪「……」

澪(もしかして……)

澪(わざと無視した!?)

澪(なんでそんなことを……)




澪「ねえ、律ってば……」

律「……」スタスタ

澪(なんで……なんで無視するの……)

律「あーずさ♪」ダキッ

澪「!?」

梓「ちょ、唯せんぱ……」

梓「え?律先輩!?」

律「あずさ~♪」スリスリ

澪「……」プルプル




梓「な、なんですか!?急に!」

律「唯の真似~」

梓「離れてください!」

律「あずにゃんのいけず~」

梓「気色悪いです!」

律「き、気色悪い!?」ガーン

律「梓……それはリアルに傷つくぞ……」ズーン

梓「あ……すみません……」




澪(律……)

澪(どうして……)ジワッ

澪(私何か嫌われるようなことしたかなぁ……)グスッ

澪(りつぅ……)ウルウル

律「みーお」

澪「え?」

律「一緒に帰ろうぜ」

澪「り、律……?」




律「ほら、いくぞ」

澪「う、うん」

澪「……」

澪「ねえ、律」

律「んー?」

澪「私、律に何かしたかな……?」

律「え?別に?」

澪「そ、そうだよな……!」




律「どうしたんだ?」

澪「いや……律に嫌われちゃったのかなって思って……」

律「私が澪を嫌いになる?」

澪「うん……」

律「そんなことあるわけないだろ」

澪「え?」

律「私は、澪が大好きだよ」

澪「!」




澪「り、りつぅ……!」

律「さ、いくぞ」

澪「うん!」

 バタン

梓「……」

梓「……あれ?」

梓「帰っちゃった……?」

梓「何だったんだ……今の……」




――――

紬「ふむ」

紬「りっちゃんも王道で攻めたようね」

紬「わざと相手に冷たくして不安にさせる」

紬「そして後から優しくする」

唯「こ、これは……」

唯「これは反則だよおおお!」

唯「冷たくされて涙ぐむ澪ちゃん……」

唯「可愛すぎるよ!」

紬「唯ちゃん、今回はそれだけじゃないわ」

唯「え?」




紬「りっちゃんと澪ちゃんには『今まで積み重ねてきたもの』があるわ」

唯「今まで積み重ねてきたもの?」

紬「そうよ」

紬「りっちゃんと澪ちゃんは幼馴染よ」

紬「澪ちゃんは昔からりっちゃんにべったりだったはず」

紬「それが突然冷たくされたらどう思う?」

紬「そりゃあ泣きたくもなるわ」

紬「今まで共に時間を積み重ねてきた相手だったらなおさらよ」




紬「そしてそのあと優しくなんてされたら……」

唯「……」ゴクリ

紬「もしりっちゃんはそれを分かっていて今回の攻め方に出たとしたら……」

唯「!」

唯「りっちゃん……恐ろしい子!」

紬「今頃あの二人……ナニしてるか分からないわよ」

唯「うわあああああああ!」ズガーン




――翌日

紬「結果を発表します!」

唯「私の勝ちだよ!」

律「いーや、私だ!」

紬「ジャカジャカジャン」

唯「……」ゴクリ

律「……」ゴクリ

紬「引き分け~」

唯「ええ!?」

律「引き分け!?」




紬「そうよ♪」

唯「どうして?」

律「それじゃあ勝負した意味が……」

紬「だってね……どっちの澪ちゃんも可愛かったんだもん」

律「まあ、そうだけど……」

紬「でもね、2人とも」

唯「え?」

紬「ちょっと言いたいことがあるの」

律「言いたいこと?」




紬「まずは唯ちゃん」

唯「私?」

紬「唯ちゃんは今回、澪ちゃんの純情な乙女心を弄んだのよ?」

唯「ええ!?」

紬「好きと言っておきながら放置だなんて……」

紬「まあプレイとしては良いものかもしれないけど……」

唯「?」

律(なに言ってんだこいつ)

紬「そんなの許されないわよ!」

唯「ガーン!」ガーン




紬「りっちゃん!」

律「は、はい!」

紬「あなたは今回勝負のためとはいえ、結果として澪ちゃんを悲しませてしまったわ」

律「……」

紬「本当に澪ちゃんのことが好きならそんなことできないはずよ!」

律「ガーン!」ガーン

唯「うう……」

律「うう……」

紬「真の愛でリストへの道はまだまだ長いようね」

紬「これからも精進しなさい!」




唯「はい!」

律「頑張ります!」

唯(ムギちゃんはいったい何者なんだろう)

 これからも澪ちゃんを愛で続ける日々は続くのであった。

梓「なんか私だけ蚊帳の外じゃありません?」

紬「気のせいよ」



                       おわり!