※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放課後!

律「でさぁ、言うわけよ。『今日、俺はなにかのために死ねる。俺自身の意思で』って」

紬「うふふ。ユニークね」

梓「おはようございます。すみません掃除で遅れました」

唯「あっずにゃぁ~ん!」ダキッ

梓「にゃあ! 唯先輩……やめてくださいよ」

唯「おろ? 今日は弱々しいね。とうとう私の抱きあずにゃんとしての自覚が出てきたのかなぁ。デフフ!」

梓「そんなんじゃないです! もう、離れてください!」

澪「唯、その辺にしとけ」

唯「ちぇ~。まああずにゃん分は取れたからいっかぁ」

梓「もう///」



澪(すっかり元気になったようだな)ホッ

律「唯のヤツ大丈夫みたいじゃんか」ヒソヒソ

澪「そうだな。でもまた何かあったら頼むよ」ヒソヒソ

律「ったりまえだのクラッカー」ヒソヒソ

紬「はい、あずさちゃん」

梓「ありがとうございます」



梓「…………」ズズッ

梓「あ、あのムギ先輩」

紬「なあに?」

梓「その、流れでいつもお茶を入れて貰っているんですが、本当なら後輩の私がお茶を淹れるべきかな、と」

紬「……。いいのよ。私がしたくてしてるんだから」

梓「なら、悪いですからせめて私の分は自分で」

紬「そう思ってくれるだけで嬉しいわ。どうしても梓ちゃんがそうしたいっていうなら無理強いはしないけれど」

紬「出来れば私が淹れたお茶を飲んで欲しいの」

梓(そっか。それだけ自信があるというか、ただやらされてるんじゃなくて、自分の仕事だって誇りを持ってるんだなぁ)

梓(できれば私の淹れたお茶を唯先輩に飲んで欲しいんだけどな……)



紬「でもたまになら、お願いしちゃおうかしら」

梓「もちろんです。いつでも言ってください」フンスッ

紬(うふふ。梓ちゃん可愛い)

梓(ムギ先輩は女性らしくて素敵だなぁ……///)

律「でも梓、お前紅茶なんて淹れたことあんのか?」

梓「そっそれは、あんまり……」

梓(というか紅茶はティーバッグしか。緑茶ならたまに自分で淹れるけど)

律「砂糖と塩を間違って入れたりして。アハハ」

梓「そ、そんな漫画みたいなミスはしませんです!」

律「そうかぁ? じゃあ練習の後に試しに淹れてみろよ~」

澪「律、そんな風に煽るなよ」

梓「いえ、いいんです澪先輩。やってやるです!」



~♪
梓「と、言うわけでどうぞ」

梓(律先輩からムギ先輩の手助け禁止されて、見よう見まねで淹れちゃったけど、大丈夫かな)

唯「いただきまぁ~す」

律「いただきマンモス!」

澪「いただきます」

紬「頂きます」(梓ちゃんのお茶! 涎とか入れてないのかしら!)ハァハァ

梓「ど、どうですか……?」

唯(こっこれは!)



律(おかしいな、見てた限りは普通に淹れてたハズだが)

澪(何故か舌が痺れる……)

紬「」グプッ

紬「ぉ、おぃしぃわ!……ょ」ゴフッ

唯「そ、そそそうだね!」

律「あ、ああ! ムギにはまだまだ追いつかないがな!」

澪「ひょ、ひょうらな」

梓「よ、よかったぁ。それじゃ私も一口……。あ、ホントだ。結構イけますね」パァ

唯律澪紬「!!!!」



紬(どっどうしようどうしよう!?)

律「な、なぁ梓、せっかくだからムギにちゃんとした淹れ方教わったらいいんじゃないか?」

唯(ナイスだよりっちゃん!)

澪(さわ子先生がいなくてよかった……)

紬「そ、そうね! 梓ちゃん良かったら明日ちょっと練習してみない?」

梓「はいっ! ちょっと興味が湧いてきました。ムギ先輩、よろしくお願いします!」

和「ちょっと律!」バタン!

唯「あ、和ちゃん」

律「よー、和」



和「何のんびりしてるのよ! 部長会議があるって言っておいたでしょ?」

律「え!? マジで!」

和「はぁー。いいから早く来なさい。ほとんど揃ってるわよ、他の部長に示しが付かないでしょ」グイッ

和「みんな、悪いけど律借りていくわね」

律「わっ! ちょっと和強引過ぎ。あ~れ~! お助けを~!」

澪「ふざけてないでさっさと行け!」ゴチン!

澪「悪いな、和」

和「いいの、もう慣れたわ。ほら、ちゃきちゃき歩く!」

律「さり気に扱い酷いよな……」



和「まったく、律ってどうしてこう大雑把なのかしら。書類は提出し忘れる、部長会議の時間は覚えてない」

律「悪い悪い。ほら、私ってドラマーだからドラム叩いてると他のこと忘れちゃうんだ」

和「のんびりお茶飲んでたようにしか見えなかったけれど」

律「あはっあはは。そうだっけ?」

和「部員のことはよく見てる癖にそれ以外はからきしね」

律「いやぁそれほどでも///」テレテレ

和「できれば後半の言葉に反応して欲しかったわ」

律「でもさー、なんだかんだで和にはいつも助けられてるよな。正直、感謝してる♪」

和「基本私はお節介焼きなだけよ。もう十年以上唯に鍛えられてるしね。律の扱い方も澪の教えて貰わなくちゃ」

律「ん~、自分で言うのもなんだけど、私の扱い方結構分かってると思うよ。和は」

和「どのあたりが?」



律「私の手を引っ張って歩いてるあたりが」

和「あっ」パッ

和「子供じゃないんだから。一人で歩きなさい」

律「へいへい」

和「……そうね、私は澪ほど甘くはないわよ」

律「唯にはあれだけ甘いのに?」

和「あの甘さは別腹なの」

律「ひゃ~。妬けるねぇ」

和「それはどうも」



唯「りっちゃん行っちゃったね」

紬「りっちゃん戻ってくるまでもう一杯淹れましょうか」

澪「いや、私が待ってるよ。いつ戻ってくるかわからないだろ」

梓「いいんですか澪先輩」

澪「いいよ。外はまだ明るいけど時間はもう遅いし、みんなは先に帰ってくれ」

唯「段々暗くなる音楽室に一人……」ヒュードロドロ

澪「な、なんだよ唯、やっやめろよ」

紬「わっ♪」

澪「ひぃやあああああああ!」バッ!

紬「うふふ、ごめんね澪ちゃん」

梓「唯先輩も! せっかく澪先輩が気を使ってくれてるのに何してるですか!」



唯「ごめんごめん~澪ちゃ~ん」ギュッ

澪「!」

梓「!」

唯「私も一緒に残るから許して、ね?」

澪(唯……あったかいな。梓はいつもこんな感じなんだ)

澪「も、もういいよ。落ち着いたから」

唯「そう?」パッ

澪「部活後にやるんだから、そんなにかからずすぐ帰ってくるだろ」

~♪
一時間後!

澪「……。り、律ぅ。はやくもどってきて……」ガクガクジョロジョロ



梓「…………」

紬「梓ちゃんどうしたの?」

梓「な、なんでもないです!」

唯「あずにゃん今日はなんだか元気ないよね」

梓「だ、大丈夫です。明日のお茶の練習でどうしようかって考えてただけです」

唯「そっか。ならいいんだけど。何か悩み事あるんなら私に相談してね」

梓「……はい」

梓(できるわけ、ないじゃないですか)

紬「ねえ唯ちゃん。あとでりっちゃんにも相談しようと思ってたんだけど」

唯「ほえ?」



紬「明日は少し部活の時間遅くしてもらってもいいかしら」

紬「できれば明日のお茶の練習の時は二人きりでしたいの」

梓「え?」

紬「基本を集中して教えてあげたいから。ダメかしら」

唯「いいんじゃないかなぁ。私は大丈夫だよ」

梓(ムギ先輩、思ったより乗り気なんだなぁ。私も頑張らなくちゃ)

唯「あ、アイス食べていかない?」

梓「それに比べて唯先輩ときたら……」

唯「え、なあに~」ウフウフ

梓(もっとおいしい紅茶を飲んで貰うです!)フンスッ!



翌日練習!

梓「それじゃあムギ先輩よろしくお願い致します!」

紬「うふふ。そんなに固くならないで。楽しくやりましょう」

梓「はっはい!」

梓(ムギ先輩と二人きり……。唯先輩とは違う感じで緊張するなぁ)

コポコポ

紬「そう、熱いから気をつけてね」

梓「はい!」

紬「ポットからお湯を捨てたらすぐに茶葉を入れて蓋を閉めて。三十秒くらい蒸すの」

梓「へぇ~。茶器を温めるのは聞いたことありますけど、茶葉も蒸すといいんですね」

紬「そうね。紅茶がより美味しくなるわ」



紬「……ねぇ、梓ちゃん」

梓「はい、なんですか?」

紬「私、なんだかやっと梓ちゃんの先輩って気になれたわ。ありがとうね」

梓「な、なに言ってるですか。ムギ先輩は最初から私のすごい先輩ですよ」

紬「う~ん。私はキーボードだから梓ちゃんに教えることなんてなかった。それに唯ちゃん達みたいに接することも」

紬「こうしてると、私の仕事を引き継いでくれるようで、嬉しいの」

梓「今まででも充分ムギ先輩にはお世話になってます。少なくても、私はそう感じていました///」

紬「じゃあ、私からのお願い、聞いて貰えないかしら」

梓「なんですか?」

紬「たまにでいいから、またこうして一緒にお茶を淹れる時間が欲しいの///」モジモジ

梓「……はい、喜んで!」

紬「ありがとう。嬉しいわ」パァ



コポコポ

紬「できたわね。さぁ飲んでみましょうか」

梓「あ、おいしい。昨日のとは断然違います!」

紬「んっ、そうね。いいできあがりだわ」

紬「ね、梓ちゃん。お茶を淹れたいのって、後輩だからっていう理由だけじゃ、ないんじゃない?」

紬「例えば、誰かにおいしい紅茶を飲ませてあげたい、とか」クスッ

梓「」ブホッ

梓「そ、そそそそんなことないですよ! あ、いや私も最近お茶に興味を持ったというか、昨日の夜お茶の入れ方とか調べてたら興味が出たというか!」ダラダラ

紬「ふふ、最近? 昨日の夜から?」ニコニコ

梓「と、とにかく今日は私がお茶係になりますから、もう一回練習させてください!」

紬「ええ」ニコ



律「え? またぁ?」

和「仕方がないでしょ。あなたの記入漏れと記入ミス。悪いけどこっちも色々忙しいからしっかりしてね」

律「はぁ~。まあ今日は部活も一時間遅いしいいけどさぁ」

和「あら、どうしたの?」

律「なんと梓がムギの真似してお茶淹れたいとか言い出してさぁ。今日は部活前にムギが付きっきりでお茶の練習してるんだ」

和「へぇ、健気で可愛いじゃない」

律「いつもそういう態度だと可愛がりがいもあるんだけどなぁ。練習中なんてこう……ギーッて目を吊り上げて髪なんか逆立ててるんだぜ」フシャー!

和「あなたがそうやってからかうから梓ちゃんもムキになるんでしょ。ほら、口ばかり動かしてないで手も動かす」

律「へ~い。まぁ、だらけがちな唯のお守りだと思えばいいバランスだけどな」



和「あんたも澪に世話焼かせてばかりじゃだめよ」

律「わ、私がいつ澪に世話になってるんだよ!」

和「いつもじゃない。っていうか分かってて言ってるでしょ? 澪が愚痴るとあなたの名前ばかりだわ。次いで唯も」

律「唯はいいよなぁ。澪は何かっていうと拳で語るタイプだから。私の脳細胞が今までどれだけ犠牲になってきたことか……」

律「澪じゃなくて和が幼馴染みだったら平和だったかもしれない」

和「光栄ね。でもあんたと幼馴染みだったら私もきっと澪みたいに口と手が同時に出るようになってたかもね」

律「なんだよ~。和までそういうのかよ。私ほど銀河超絶可愛い幼馴染みなんてそうそういないぞ。今からでもなってみるか?」

和「残念だけど唯で手一杯よ。早く終わらせて愛おしい幼馴染みの元に戻りなさいな」

律「なんだよ和つれないなぁ」

和「話は戻るけれど、私もムギに紅茶の淹れ方教わろうかしら」

律「あー、いいんじゃない。ムギは教え方上手いから。……梓も多分上手くなってるだろうな」



澪「どうしてそういう大事なことを忘れてるんだ」

唯「いやー、今日あずにゃんがお茶を淹れてくれると思ったらちょっとね~」

澪「ああ、まあ今日はムギが教えてるから問題無いだろ……きっと。それよりも」

澪「明日が小テストの追試なんて。ただでさえ部活の練習量足りないのに追試落ちて補講なんてことになったら大変じゃないか」

唯「ごめんね♪」テヘペロ

澪「もっと真剣になれ」ペチ

唯「うぶっ! ひ、ひたかんらぁ~!」ブババッ!

澪「ひぇ! だ、大丈夫か!? ごめんそんなに強く叩いたつもりじゃ」アセアセ

唯「なぁ~んちゃって♪」テヘペロ

澪「……いい加減にしろ!」ゴチンッ!

唯「いっだぁ~!」



澪「ほら、始めるぞ。この前の小テストの範囲だと――」

唯「う、うんうん」

唯(澪ちゃんの顔、近いな……。なんか良い匂いする)

唯(あずにゃんは可愛いけど、澪ちゃんは綺麗だなぁ。頼りになるし私もこんな風だったらなぁ)

澪「――で、これがこうなって……唯? ぼーっとしてるなよ」

唯「あ、ごめんごめん~。えーと、どれだけっけ?」

澪「ここだ。聞いてるのか? まったく」

澪(まるで律みたいに世話が焼けるな。あっ、肩が触れた)

澪(って何意識してるんだ。なんか昨日抱きつかれてからいちいち気になるなぁ。唯の呼吸が聞こえる……)



~♪
唯「ふい~疲れたぁ! 早く部室行ってお茶飲みたぁい!」ドテッ

澪「ははっ。時間足りないと思ったけど範囲も少ないしな、残りは応用きかせればいけるハズだ。やる部分は丸で囲っておいたから」

澪「喉渇いたな。ミネラルウォーター飲むか」

澪「うめー!」グビグビ

唯「澪ちゃん、ありがとう~。こんど何か奢るよ」

澪「そう思うなら練習してくれ」

唯「よぉーし! なら今日は頑張ろう! ん~!」セノビーッ

澪「練習頑張りすぎて今教えたところ忘れるなよ。って唯!?」

唯「ふわっ!」ユラッ

澪「あぶっ!」ガッ

ドンガラガッシャーン!

唯「……っ! ……澪ちゃん」

澪「……はぁ~。危なかった。んんっ、ほら、動くなよ、今持ち上げるから」ググッ



唯(全体重乗っけてる椅子の脚が支点になってるから、身動きが取れないよ。って)

唯(澪ちゃんすごい真剣な顔……が、近い!)

澪(このまま持ち上げて戻したら唯がつんのめって今度は前に倒れるから)

澪(片手を椅子の逆側の底に回して私の身体で受け止めるようにゆっくり……)

唯澪「っ!」

澪(ゆっ唯の鼻と私の鼻がぶつかった///)

澪「ゆ、ゆっくり戻す、からな」ドキドキ

唯「う、うん」ドキドキ

唯(はっ鼻息が触れる……///)

ググッ...カタッ

澪「ふぅっ……。唯、痛いところ無いか」

唯「だ、大丈夫。椅子に乗っかってただけだから。ありがとう」

澪「///」

唯「///」