※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さわ子「最近話題の取調べの可視化ってこんな感じかしらね」

梓「こんな取調べしたら特別公務員暴行凌虐罪ですよ」

紬「“凌虐”って響きがすごくソソるわぁ」ハァハァ ●REC


律「で、高橋さんさぁ、実際どーなの?やっぱD以上でしょ?サイズは?」

風子「黙秘します」プイッ

律「まだ自分の立場が分かってないみたいだなぁ…唯、もうちょい激しく!」

風子「待って待って待って!」フルフル

唯「素直に吐けば御上にも情けはあるんだよぉ~」サワサワ

風子「う~、じゃあ普通に言うの恥ずかしいから平沢さんちょっと耳を貸して」ゴニョゴニョ



唯「フムフム…!? 着ヤセってレベルじゃないよ!りりりりりっちゃん!!」ゴニョゴニョ

律「…な!? さすがに冗談だろ?そう言ってくれよ…はは…」

風子「この状況でウソついたら絶対もっとヒドいことするでしょ!」キッ

律「何…」ガクッ

唯「だと…?」ガクッ

さわ子「 死 亡 確 認 」

梓「部外者巻き込んで勝手に盛り上がって勝手にへこむとか、迷惑極まりないですね」

紬「おかげさまでいい画が撮れました…」ホゥ…

風子「た、助かった…?」



バターン!



澪「うわああぁぁぁあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」

風子「秋山さんどうしたの!?何かあったの?」

さわ子「とりあえず席に着いて落ち着きましょ…」



----------------------------------


澪「…と、まあ、私と高橋さんが入れ替わったいきさつは、今話したような感じだな」

唯「フツーに見学すればよかったんじゃないのかな?」

風子「ううん、普通じゃない、非日常のひとときを味わいたいかな、って」

紬「分かるわ!その気持ち!」

澪「しかし律はつきあい長いし真っ先に気付くべきだろ…入れ替わっておいて何だけど」

梓「むしろ律先輩は気にしないで率先してケーキ食べようとしてましたよね?」

律「あはは、いや~、まさか入れ替わるとは思わないじゃん?」

澪「まあ、これだけ高橋さんと似てるのも何かの縁だしな」

律「んーじゃあ、もうチョイ非日常的な刺激を感じてみようか高橋さん?」ワキワキ

澪「やめろバカ律!」ガッ

風子「クスクス…ところで秋山さん、部屋に入ったとき泣いてたけど、何かあったの?」

澪「そうだな、まずは高橋さんに謝っておかなきゃいけないな…」




ガチャ


和「ちょっとごめんね。ここなら2組の人が多くいるかなって。高橋さん知らない?」

唯「和ちゃんどうしたの?」

和「実はさっき、文芸部の副部長さんが血相を変えて飛んできてね」

風子「あの、真鍋さん、文芸部で何か?」

和「高橋さん!?なんでここに居るの?まあ、ちょうど良かった」

風子「何がちょうど良かったの?呼ばれてるなら行くけど」

和「…言いにくいんだけど、高橋さんが錯乱して逃走したから、捕獲してほしいって」

風子「真鍋さん、それどういうこと?私は正常よ!」



和「詳しい事情はよく分からないけど、すぐに救急と警察を呼んでくれって…」

紬「なんだか大ごとね」

和「それに地元の消防団と猟友会も呼んでくれって頼まれたんだけど」

律「おいおい山狩りかよ!熊じゃないんだから」

澪「…和、それ高橋さんじゃなくて私だよ」

和「文芸部なのになんで澪なのよ。確かに二人とも似てるけど」

澪「二人で入れ替わってお互いの部に行ってみたんだ。で、文芸部で私が詩を読んだんだけど」

律「文芸部は澪の境地には辿り着けなかったか…」

さわ子「しかも高橋さんが澪ちゃんみたいな詩を読んだら驚くわよね…」

澪「たぶん高橋さんの日頃のイメージとはかけ離れてたんだろうな。
   それに結局正体がバレなかったから高橋さんが変になったと思われたままで…
   和、すまないけど文芸部の人たちに伝えておいてくれないか?」

和「…大体事情はわかったわ。じゃあ私から伝えておくね」


バタン



澪「高橋さん本当にゴメン!明日改めて謝りに行くから…」

風子「私が説明するから謝らなくていいわ。むしろ謝っちゃダメ。真剣に作った詩なんでしょ?」

澪「もちろんだよ」

風子「なら、それでいいじゃない?誤解や摩擦を恐れてたら、創作活動なんかできないわ」ニコッ

澪「高橋さん…」ジーン

律「あんたええ人や!胸だけじゃなく器も大きい!」

澪「だから一言余計なんだ!」ガッ

梓「でもお二人でこうして並ぶと微妙に違いますね」

唯「メガネの有無とかね!」

律「いや、それ全然区別できてないから」

紬「身長とか目とか髪の長さとか髪質とか、胸とか」

澪(私より小柄なのにな…ホントに私より大きいのかな)チラ

風子「秋山さんまで見ないでよ///」

澪「ご、ごめん…」



さわ子「まあ冬服だったら見分けるのはもっと簡単だったと思うけど?」

唯「なんで?厚着だとわかりにくくない?」

さわ子「高橋さんって、いつも制服のボタン止めてなかったじゃない?」

紬「そういえば、クラスの集合写真でも止めてなかったわ」

さわ子「ああいうクセって意外と直らないものよ」

律「確かに高橋さんってマジメっぽいけどブレザーちゃんと着てなかったよな。なんで?」

風子「えーと、暑がりだからかなぁ」

唯「でも、ベストはいつも着込んでたのにホントに暑がり?」

風子(平沢さん、どうでもいいところで鋭い…)



律「ウソつくといいことないぜぇ~」ワキワキ

澪「律、いいかげんにしろ!」

風子「わかったわ…。ちゃんと言うから」

律「そうそう!人間素直が一番!」

風子「その代わり、怒らないって約束して?」

唯「らじゃー!」

風子「私も、入学当初はちゃんと制服着てたの」

紬「最初はみんなそうだけど、段々崩れるわよね」

唯「なんで着崩すようになったの?」



風子「私は小柄だから、もう少し背を大きくしたくて、毎日牛乳飲むことにしたの」

律(…)ピク

風子「でも、背はあまり大きくならなくて」

律(…)

風子「違うところが大きくなっちゃって、ボタンをとめると息苦しくなっちゃうから」

唯「だんだんボタンをしなくなっちゃいました~、と」

風子「うん」

律「…待てよ」

風子「え?」

律「ごまかすなよ。“違うところ”ってどこだ?腹か?肩幅か?そうじゃないだろ?」

風子「あの、ごめんなさい、その、胸…」



律(ヴチィッ)←脳動脈瘤破裂

律「っっッッッッっっざけんなぁぁぁあああぁぁぁぁ!!!!」ガターン!

風子「キャッ!」

澪「やめろ!怒らないって言ったろ!」

律「事情が変わったぁぁぁ!私だって毎日牛乳飲んでんだ!
    なのにこの差は何だってんだよ!世の中おかしーし!!!!」

澪「知るか!おかしいのはお前の頭だ!」

律「うるせー!お前らみたいな乳製品は北海道かデンマークにでも移住しちまえ!」

風子(乳製品って…)グスン

澪「誰が乳製品だ!高橋さんは悪くないだろ!さっきから勝手なことばっかり言うな!」

律「黙れこの先進国!高度性徴!所得π増計画!持てる者には持たざる者の気持ちなんか分かんないだろ!」



唯「おお!これは階級闘争的なアレだね!搾取に対する反撃だね!」

律「その通り!搾取されたら搾り取りかえすまで!」ムギュウッ

紬「むぎゅううぅぅぅぅぅ!」ボタボタ ● REC

風子「搾らないで…ぇ」ビクビク

澪「やめろって!ムギも落ち着け!」

梓(うわ、あんなに変形するんだ…///)

律「梓同志!お前も持たざる者だろ?傍観者ぶってないでこっち来い!」

梓「なッ!?誰が同志ですか!私はまだまだ発展途上国なだけです!
   律先輩みたいな後進国と一緒にすんなです!」プンスカ

律「なんつー差別的で生意気な発言!こうなったら…唯!」

唯「何だい、りっちゃん隊員!?」



律「トイレの用具庫からラバーカップ持ってきてくれないか?」

唯「ほえ?あの詰まったトイレをスッポンするやつだよね?何に使うの?」

律「聞かないでくれ!人には負けると分かっていても、戦うべきときがあるんだよ…」

唯「…りっちゃん、ま、まさか、それで、胸を!?」

梓「律先輩!馬鹿な真似はやめてください!」

律「梓!気持ちは分かるが止めるな!私は美しく散る!」

梓「早まるなとかじゃなくて、文字通り馬鹿っぽいからやめてください!それに全ッ然美しくないです!」


ギャーギャーハナセヤッテヤルデスワーワー



澪「…はあ」

風子「ふふ…軽音部って、賑やかで楽しいね」

澪「そうかな?今日だって練習できてないし、正直どうかと思うことも多いな」

風子「でも、みんなお互い正面からぶつかりあってるじゃない。いいと思う」

澪「ハハ、これだけの仕打ちを受けても、そう言ってもらえると助かるよ」

風子「…あの、よかったら時々遊びに来てもいいかな?」

澪「それはもちろんだよ!ムギもいいよな?」

紬「歓迎しますわ~。おいしいお茶とお菓子も付けて」

さわ子「クラスメイトなんだし、全然問題ないでしょ」

紬(これからもいい画がたくさん撮れそうですし)

さわ子(黒髪ロングの巨乳メガネッ娘なんて逸材を見逃す手はないわ!まずメイド服を…)

澪「今後ともよろしく、高橋さん!」

風子「こちらこそよろしくね、…澪ちゃん!」









さわ子「…ってなんかいい感じで終わりそうなところ悪いけど、さっそく採寸よ♪」

風子「へ?」


おわり