※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちゃぷ、ちゃぽん

律「どうだ澪~、気持ちいいか~?」

澪「うん…本当に、気持ちいいよ…律、ありがと」

律「へへへ~、こんなことぐらいお安い御用だぜ~」

澪「ふふっ。あ…じゃあさ、もう少し…強くこすってもらえるか?」

律「ん?強くか。これくらいか?」

ごしごし

澪「あっ…それ…いい…」

律「おんやぁ~?澪ちゃんは強くされるのがお好みですのね~♪」

澪「ば、馬鹿っ!そ、そんなんじゃない…」

律「にゃははははは!」

ごし、ごし



律「さて、と。背中はこんなもんかな。じゃあ次は腕行くか」

澪「あのさ、律…」

律「んー?」

澪「先に…胸、拭いてくれないか…?」

律「おっぱいを?」

澪「ば、馬鹿っ…!おっぱいとか…言うなっ」

律「まあ別に私はどこから拭いても構わないけど、でも何でおっぱい先のがいいんだ?」

澪「胸の下のところ…汗がたまって…気持ち悪くて…」

律「あーぁ、なるほどね。わかるわー…ってわかるかーい!巨乳自慢かこのやろう!」



澪「別に自慢とかじゃないって…な、お願い…」

律「はーいはい。わかったわかった。んじゃ、ま…」

ちゃぷ

ぎゅぎゅっ

律「澪ちゃんのおっぱいをこってり堪能させてもらうとしますか」

澪「お、おい…!?」

律「冗談だって!過剰反応しすぎだっての!」

澪「むう…あんまり病人をからかうなよな…」

律「は~い。ぐへへへへ…」

澪「(本当に大丈夫だろうか…)」



律「しかし、まあ…」

澪「何だよ…あ、あんまり見るなよぉ…」

律「ああ、神は不公平です」

ぽにゅん

澪「ひあん!りっ、律ぅ…」

律「ああ、なんという手触り!丸さ!そして重さ!」

律「…それに比べてこっちときたら…」つるぺたーん

律「…あー、嫌だ嫌だ…」

澪「お前…なあ…」

律「さーて拭くとしますかー」

澪「好き勝手して…」



律「んじゃ拭くぞー。まずは下乳からがいいんだろ?」

澪「下乳って…あの、要するに…うぅ…お、おっぱいの付け根の辺りが…」

律「はいはい。私には一生汗がたまらないようなところでござんさぁね」

澪「もう…何怒ってるんだよ…」

律「怒ってないよ!そねみだよ!」

澪「そ、そうか…」

ちゃぷん

ぽたっ

律「それじゃ拭くからな。よっ、と」

にゅむん

澪「あんッ…」ぷるるるん

律「うわ、澪エロいな…」



しゅっ

ふにっ

すうっ

澪「うッ…ううっ…」

律「…ちょっと感じすぎじゃないか?」

澪「わ…わかんない…」

律「まあいいや。さっさと終わらせちゃおう」

ぷにゅん

にゅるん

律「ほい、右おっぱいはこんなもんだな。次左おっぱい行きまーす」

ぐいっ

にゅん

澪「はあん!!」

律「…左のほうが感じるのか…」



澪「り、律ぅ…はやく…はやく終わらせてぇ…」

律「はいはい。やってますよ~っと」

きゅきゅっ

ごしごし

ぷるん

律「ふーっ、おっし、下乳終わりっ!」

澪「はふぅ…終わった…の…?」

律「おう!だいぶスッキリしたろ?」

澪「うん…はぁ、よかった…」

律「じゃ次はおっぱい全体を拭くか!」

澪「へぇっ!?」

律「『へぇっ!?』て。だってまだおっぱい自体は拭けてないだろ?」

澪「あぁ…そういや、そうだな………はあ」



律「あ、ちょっと待ってろな。お湯がぬるくなってきちった」

澪「あ…うん…ごめん」

律「いいっていいって!ついでにタオルも替えよっと」

ガチャッ

澪「律…よく働くなあ……昔から面倒見の良い子だったもんな」


律「おまた~♪」

澪「おかえり」

律「あったかいお湯で元気8倍!澪ちゃんマン!」

澪「……中途半端な倍率だな…」

律「んじゃ、おっぱい拭くぞ」

澪「う、うん…優しく…してね…?」

律「なんと…!」



ちゃぷん

律「…そんなに硬くならなくていいから。身体拭くだけなんだから」

澪「う、うん…」

ぴちゃん

ぐにゅん

澪「やぁ…」

律「おほっ!やらけ~!」もにゅんもにゅんもにゅん

澪「り、律ぅ…な、なんで…あッ!…も…揉むんだ…よぉ…」

律「おっぱい拭こうとすると必然的に揉んじゃうんだよ!」

むにん

澪「そッ…こは…く、工夫…してよぉ…」

律「うーん…そう言われてもなあ……ん?…あっ!?」

澪「…え?」

律「澪…こんなとこまで硬くしちゃって…」くにくに

澪「やぁ…そ、そんなこと…言わないでよぉ…んんッ!」



澪「律…も、もう…ゆるして…」

律「しょうがないなあもう…じゃおっぱいはさっさと切り上げるか…」

ぐにゅん

しゅにゅん

澪「あっ、んっ!」

律「うし、右おっぱい終わり!」

ぴちゃん

ぺにゅん

ぐいぐいぐいん

澪「はあぁ~っ!」

むにゅむにゅん

にゅぐん

澪「あっ、あっあっあっ…」

律「気が散るなあ…あんまエロい声出すなっ!」

澪「む、無理…ひぃッ!」



律「ふぅ…ほれ、今度こそおっぱいは終わりだよ」

澪「はぁ…はぁ…」

律「まったくもう…巨乳のくせに敏感ってどんだけエロ体質なんだお前は」

澪「うぅ…律の馬鹿ぁ…!こ、こんなに、は、恥ずかしいことしてぇ…」

律「(私は澪に頼まれたからしてるんだけどなあ…別にいいけど)」

律「何だよ…別にいいじゃんおっぱいいじられて感じるくらい」

澪「よくない!よくない!それにこんな姿を人に見られた…は、恥ずかしくて死にたい…!」

律「…澪、私、今からここでオナニーしてやろうか?」

澪「…はぁ!?」



律「オナニーだよオナニー。知ってるだろ?今ここでやろうかなって」

澪「おま……な、何言ってんだよ馬鹿律!おかしいだろ、そんなの!」

律「ん?何で?」

澪「何でって…ひ、人前ですることじゃないだろう!?」

律「なはははは!わかってるって、そんなこと~!」

律「いくら私だって道ばただの学校だの部室だのでいきなりおっ始めたりしないっての!」

律「私だって花も恥じらう乙女だ。羞恥心くらい人並みに持ってるしな」

澪「じゃ…じゃあここでだって同じことだろ!?」

律「ここは…ちょっと違うんだよな」

澪「何が違うんだよ?」

律「ここには…澪だけが、いる」

澪「え…?」



律「オナニーしてるところなんか…私は絶対に誰にも見られたくないよ。見られたとわかったら舌噛んで死んだっていい」

律「でも…澪にだけなら、見られたって構わない。そう、思ってる」

澪「な…何でだ…?」

律「澪だから」

澪「私…だから…?」

律「うん。唯も、むぎも、梓も…駄目だと思う。澪だから、平気なんだ」

澪「律…」

律「私は澪にならどんな恥ずかしいことでも見られて平気だし、澪のどんな恥ずかしい姿だって受け入れる自信がある」

律「…よくわかんないけど、そんな気がするんだ。私にとって澪はそういう存在なんだよな、きっと」

律「だから、その…な?澪も…私には、その、少しぐらい恥ずかしいところを見られても…平気でいて欲しいな~なんて…」

澪「律…」

律「あ、ご、ごめん!わけわかんないワガママ言って…や、やっぱ忘れてくれ!」

澪「…ううん。……ありがとう、律」



律「澪…」

澪「そ、それに…いまさら恥ずかしがるような間柄でもないもんな、私たち」

律「へへっ!まあな♪」

澪「うん!じゃあ…続き、お願いしていいか…?」

律「おう!じゃあ次もおっぱいを…」

澪「おっぱいはもういい!」ぺちん

律「あいたーっ!…へへへっ」

澪「ふふふっ!」



律「うっし!じゃあ次は腕にするか?」

澪「うん…その前に、わきがいいな。汗かいて蒸れてるから」

律「おほぉ、ワキ汗たっぷりムレムレ状態とな…?」

澪「…また殴るぞ」

律「ンモー、澪ちゃんってばノリ悪いんだからー!わかった。じゃあ次はワキな」

澪「うん。お願い」

律「はいじゃあ片手だけばんざーい!」

澪「ば、ばんざーい」

律「ご開帳~♪…?……なぁ、澪」

澪「ん?」

律「風邪治ったら……お手入れしたほうがいいぞ」

澪「………うん」



律「…まあいいか。よいしょ」

きゅきゅっ

澪「あっ…!や、やっぱくすぐったいな…ふぅン!」

律「…くすぐったいと言われると」こちょこちょ

澪「ひゃぅっ!?」

律「くすぐりたくなるのが人ってもんだよな~」こちょこちょ

澪「ひゃっ!やっ、やめろっ!律っ!だ、だったら…!」こちょ

律「ふぇっ!おぉう!?ちょ、澪ぉ!」

澪「今度は私が律をくすぐってやる!」こちょこちょこちょ

律「にゃはははは!な、ならばこっちだって」こちょこちょこちょ

澪「あははははっ!」こちょこちょこちょ

律「うはははははははっ!」こちょこちょこちょ


澪「頭痛い…」

律「病気のくせに無茶するから…」

澪「誰のせいだよ…」



律「あー…もうお前、とりあえずそのまま力抜いてろ。腕とワキくらいならそのままでも拭けるから」

澪「あー…うん…頼む…」

律「よっと」

しゅっ

澪「んふん!」

律「まだやるか」

澪「…単なる生理的反応だ…気にしないで、続けてくれ」

律「へいへい」

ちゃぷ、ちゃぷん

ぎゅぎゅっ

律「…ちょっと強くしてみるか」

ぐい、ぐいっ

澪「あ…そのほうがいい…くすぐったくないし、気持ちいい…」

律「…やっぱり強引なのがお好きですのね~」


3/4