※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちゃぽん

ぎゅっ

律「澪は脚も長いなあ…」

ごしごし

澪「またそれか…」

律「いや、本当にさあ…そういえばさ」

澪「ふん・・・?」

律「蹴られフェチって知ってるか?」

ごしごし

澪「ケラ…何?」

律「蹴られフェチ。人に蹴られて興奮する性癖だな」

きゅっ

澪「…知らない。初耳だ……あの、それは…SMみたいな…あれか?」

律「そうなんだろうなあ、多分」

じゃぷん



澪「…何で…急にそんな話…?」

律「いや…やっぱりそういう人ってのはさ、澪みたいな脚に蹴られたいのかな~と思って」

ごしごし

澪「はぁ…!?」

律「いや、SMっていえばムチだろ?だから、こう…ムチみたいにしなやかな蹴りのほうがいいのかなあって」

澪「あ、足の裏は…強めにな?またくすぐったくなるの嫌だから…」

律「…それはダチョウ倶楽部的なフリと考えて」

澪「…本当にそうだと思うのか?」

律「…すんませんすた」



律「…あれ?何の話だっけ?」

ちゃぷん、ちゃぱ

ぐっ

澪「続けるのか?…蹴られフェチの話……ひっ!」

律「あ、ごめん。くすぐったかったか?」

澪「ん…大丈夫。いちいち止めなくても平気だよ。何かあったら言うし」

律「りょーかい。えーと蹴られフェチの話な…」

澪「私みたいな脚に蹴られたいものなのかな~とか言ってたぞ?」

律「あー、そかそか。でもやっぱそうだよな?」

きゅっ

澪「私には…そういうのはわからないよ」

律「でもさ、例えば…さわちゃんと曙ならどっちに蹴られたほうがエロいと思う?」

澪「…さわ子先生」

律「だろ!?だからやっぱりそういうのはあるんだって!」

澪「…比較対照が根本的におかしいだろ」



律「おし、後ろ側終わり!じゃあ、ひっくり返すか」ぐいっ

澪「わわわ!?じ、自分で向き変えるから!力ずくでごろんってしようとするな!」

律「じょ~だんですってば、もぅ~♪」

澪「お前のは冗談に聞こえないんだよ……うん、っと」

律「あ、ちょっと背中上げて。バスタオルめくれてる…うん、オッケ」

律「………しかし」

澪「ん?」

律「何というかこの肉体…壮観…」

澪「ふぇっ!?な、何だよ!?見るなよぉ!!」

律「…あっ!ダダダダダダダダ!…壮…観ッ」

澪「…お前はオヤジか」



律「あっ!?今そこの窓に知らない男の顔が!!」

澪「ひっ!?いやあああああああああああっ!!」がばっ!

律「……ごめん、本気にするとは思わなんだ…」

澪「馬鹿ぁ…!」

律「さて、遊んでないでさっさとやっちゃおう!ここが終わればみんな終わりだ!」

澪「遊んでるのはお前じゃないか…」

律「で、どうする?やっぱ、その、そこから先にやるか?」

澪「あ…あの、あのな、律…ここは私、自分でやるからいいよ…タオル貸して…」

律「なんだよ、遠慮するなよ。私なら平気だって!」

澪「そ、そうじゃなくてな…」

律「今までだって何度も何度も見てるしさ!気にしない気にしない~♪」

澪「あ!待って!待ってぇ!」



ぐいっ

ぬちっ

律「あ…」

澪「馬鹿律ぅ…」

律「……ず、ずいぶんと潤っていらして…」

澪「うるさいっ!馬鹿っ!お、お前が胸とかお尻とかいじるからなんだからな!」

律「…ま、まあこれも生理現象だし!健康な乙女としてはむしろ当然のことだ!気にするな!」

澪「…本当に?」

律「本当!本当!」

澪「…律もこんな風になるのか?」

律「ふぇっ!?…た、たまにな」

澪「……どんなときに…?」

律「さ、さぁー、きれいきれいにしましょおね~!」



澪「…ごまかすなよな」

律「ほら澪、もっと脚開け!拭きづらいぞ~?」

じゃばじゃば

澪「…どんなときだよ?」

律「固~く絞ったほうがいいよな?」

ぎゅううっ、ぎゅううっ

ぽたたたたたたたたたっ

律「おっし!じゃあ拭くぞ~!」

澪「律はどんな時に濡れるんだ…?」

律「あーもううるさいなあ!好きな人のこと考えた時とかだよ!」

澪「…好きな人…いるんだ」



律「だ、誰が好きかとかは絶対言わないからな!ほら!姉ちゃん脚開け!」

澪「…うん……なんかごめんな、しつこくして」

律「気にすんな。それより脚開け」

澪「あのさ、律…やっぱりそこだけは自分でやるよ…」

律「まだ気にしてんのか?もうガッツリ見てるんだけどな」

澪「あ…あの…そういうことじゃなくて…律にやってもらうと…また、濡れちゃうかもしれないから…」

律「…あーぁ、ねえ…」

澪「……うん…///」

律「……はい、タオルどーぞ」



澪「ん…しょ…」むくっ

律「………」

澪「…ん?正座してどうした?」

律「いや…その、見学をば…」

澪「しばらく出てけ!」ひゅん

ぼふっ

律「むぐっ!はいは~い、出ていきますよ~だ。ちぇっ」

ガチャ

澪「あ!律!」

律「ん?」

澪「そ、外とか行っちゃ…だめだからなっ!?ちゃんとドアのところにいてくれよなっ!?」

律「ふふん。へいへ~い、かしこまりましたよ、お姫様~♪」

澪「う、うん…ごめん」

バタン

律「まったく…可愛いこと言ってくれちゃうんだから」



律「キミを見てると~いつもハートふふふふ~ん♪」

澪「り、律ー!もういいぞー!」

律「んお?お姫様のお呼びにござるな」

ガチャッ

律「もういいのか?」

澪「うん…お待たせ…」

律「なんかだいぶ疲れてるな…」

澪「うん…ちょっとだけな…」

律「うっし、じゃああとは脚だけやっちゃえば終わりだな。そのタオル貸して?置いてくるから」

澪「あ、うん…はい」

律「…これ…さわちゃんかむぎにでも売れば結構な…」

澪「馬鹿っ!!」

律「お約束お約束♪」

澪「そんな下品なお約束はない!」



律「置いてきたぞ~♪」

澪「本当だろうな…?」

律「あっ!私を疑ったわね!?しどい!しどいわ!こんなに誠心誠意尽くしているというのにッ!」

澪「わかった、わかったから。ありがとうな、律」

律「…」ニヤリ

澪「おい今の顔何だ」

律「えっ?何のことーん?」

澪「さっきのニヤって顔は何だ!」

律「あらぁ~、まるで身に覚えが無いわ~ん!見間違えじゃないかしら~ん?」

澪「お前なあ…!」

律「さー冗談はよして脚拭くぞ」

澪「うん、よろしく」

律「こういうコントって切り上げ時難しいよな」

澪「突っ込み不在だからな」



ぴちゃ

ぎゅっ

律「うし、じゃあ太ももから行くか」

ごし、ごし

律「太ももってさ、名前的に嫌がらせだよな」

澪「…太い、ってところか?」

律「そうそう。大きなお世話だっつの」

ごしごし

澪「ううん…でも、それはちょっと解釈がおかしいよ」

律「そうなのか?」

ぷるん

澪「うん。ええと…だいたいこのあたりのことをももって言うんだよ」

律「…へえ」

澪「で、太ももはこの辺。要するにももと比べて太いから、太ももっていうことだな」

律「はぁー、なるほどなあ…」



律「でもさ…だったら太ももはももでいいじゃん」

ごしごし

澪「ん?」

律「で、ももの方を細ももにすればいいじゃんか」

きゅきゅっ

澪「ああ、そういうことか。まあ別にそれでも問題はないかな」

律「だろー?太ももとももじゃなくて、ももと細もも。これで悲しむ人が減る!改革だ、改革!」ぐっ

澪「今までそれで悲しんでる人に会ったためしがないけどな…」

律「まあ太ももは太いからこそエロいって言う人もいるけどな」

澪「…主張がぶれるなあ、お前は…」



ちゃぷん

律「太ももってさ、前から見るより後ろから見るほうがいやらしいよな?」

ぎゅっ

澪「…ごめん、そこに関しては本当にわかんないよ」

律「やっぱりお尻の延長線上にあるからなのかな?」

ごしごし

澪「女の私にはわかんないよ。おじさんか聡にでも聞いてみたらどうだ?」

律「うぅん…地味に家庭崩壊しそうな気がするなあ。ま、私としてはむしろ…」

澪「ひゃっ!?」

律「この…すねの無駄のないシャープさにエロスを感じたり…」つつつっ

澪「いいから真面目に拭いてくれぇ!」



ちゃぷん

律「よっしゃー!!終わったぁー!!」

澪「ふぅ…お疲れ様」

律「いえいえ、こちらこそ…こちらこそでもないか?」

澪「ふふふっ。でも、本当にすっきりしたよ…いい気分だ」

律「そかそか、よかった!ちょっと顔色もよくなってる気がするな。熱は…」

こつん

澪「ひゃっ!?り、律…」

律「うん…まだちょっと熱いけど…でも、大したことはなさそうだ!」

澪「そ、そうか…?」

律「根拠ゼロだけどな!ま、あったかくして寝てれば、きっと明日には治ってるだろ」

澪「うん…あ、でも…その前に」

律「なんだ?」

澪「…服、着たい」

律「…ですよねー」



律「じゃあな、澪。ゆっくり寝るんだぞ?」

澪「うん…」

律「私、片付けとか洗濯とかしてるから、何か用があったら呼べよ、な?」

澪「うん…わかった…ごめんな、ありがと…」

律「へへへ、気にすんなって。その代わり私が風邪引いた時は頼むぜ?」

澪「うん…お尻…拭いてあげる…」

律「それは…遠慮しとくわ」

澪「えへへ………律…?」

律「んー?」

澪「……ずっと、一緒に…いような…」

律「ほぇっ!?み、澪…!?」

澪「すぅ…すぅ…」

律「寝ちゃった……まったく、複雑なこと言い残しやがって…///」



数時間後

澪「ん…んん……あ、もう…夜か…ふぅ、だいぶ楽になったかな」むくっ

澪「律…もう帰ったのかな…?……置き手紙?」

澪「『ちょっとコンビニでゼリーとかプリンとか買ってきます。さびしくなっても泣かないように!あなたの田井中律』…?」

澪「ぷっ…あははははっ!まったく、律のやつ…ありがとな……本当に…ありがとな…」

澪「…のど、かわいたな……あ、ポカリもう空っぽだ……何か飲みたいな…」

ガチャッ

澪「………ん?何だこのコップ…あ、ポカリか…いただきます…」


律「…あっ!濃縮還元澪汁片付けるの忘れてた!」


澪「ブーッ!!」

おわり