※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「じゃーなー澪ー」

澪「あぁ、また明日な」

澪(今日は帰りが遅くなったな)

澪「早く帰らないと」

ドン!!

澪「きゃっ!?」どさ



澪「痛たた・・・すいません、だいじょ・・・・」

ズゥゥゥゥゥゥン

そこには二メートル近くに及ぶ、巨大なチンポらしき物体がそそり立っていた

チンポ「・・・・・」

澪「なな・・・なんだこれ・・・」



チンポ「ブピwブピュw」びくん!!びくん!!

澪「お・・お化けぇ!」

澪は恐怖にかられ逃げようとする

しかし

チンポ「wwwwwww」びたん!!!

チンポによってはじき飛ばされてしまうのであった



澪「うぅ・・・」

チンポ「wwwww」ぬるぬる

澪を叩いて興奮したのか、カウパーらしき液体を垂れ流す巨大チンポ

澪「あわわわわ」

澪はあまりの恐怖に立ち尽くしていた



澪「怖い・・怖いょ・・・」

震える、突然現れた非現実、非日常に怯える澪

澪は怖いものが苦手である、立ち尽くし震えるしか無い

澪「何・・・何なの・・・」

チンポは震える澪を見てさらに興奮したのか血管が浮き出る

チンポ「・・・!www・・・・!!!www」どっくん・・・どっくん・・・

澪はその光景を見て失禁した



周りには誰もいない、いないというより誰も入れないようになっていた

そう、巨大なチンポの力によるものである

助けは誰も来ない

澪は自分の力でこの現状を打破するしか無いのだ

澪「怖くない・・怖くない!怖くない!!」

澪は恐怖をぬぐい去ろうと、チンポを恐怖の対象としないように努力する

チンポはその光景をあざ笑っていた



澪「よく見たら怖くないじゃないか・・・怖くなんか・・」

澪は勇気を振り絞りチンポを睨みつける!

澪「お前はなんなんだ!!!」

涙まじりの虚勢にチンポが答える

チンポ「チンポですwwwwww」ビクンビクン!!

澪「ふぇ・・・チンポ・・・?」

澪は紅潮し、動揺す



澪「やだ・・・」

澪は膨張したチンポなど生まれてこのかた見た事が無かった

今の澪に、恐怖よりも恥ずかしさが勝っていく

チンポ「wwwwwwwww」ビタンビタン

自己紹介を終えたチンポが狂喜乱舞する

澪がチンポを初めて見たと知り、興奮したようだ

澪「は・・跳ねるな!」



澪は乱舞するチンポに怒りを覚え始めた

なぜこの巨大なチンポは私の前にいるのか

なぜこの腐れチンポは私の前で喜んでいるのか?

澪は理不尽な現状に怒りの頂点を極める

澪「お・・お前ぇ!!私と勝負だぁ!!」

チンポが動きをピタリと止めた



チンポ「・・・・・」ビクン・・・ビクン・・・

澪は急に動きを止めた怪物に躊躇した

しかし言う

澪「どうした!?私が怖いのか!!」

怖がっているのは澪のほうである、震える澪

チンポ「・・・・いいぜ。勝負だ」ぎゅううううん!

チンポが勝負を受ける



澪「お前なんか!!お前なんか・・・!」

戦いを申し込んだ澪はもう後戻りは出来ない。涙を我慢し、ファイティングポーズを取る

それを見てチンポが言う

チンポ「wwwwwwそれで勝てんのかよwwwww」

チンポは馬鹿にする

震えながら戦おうとする女子高生を

澪「絶対チンポなんかに負けたりしない!」

澪は絶叫とともにチンポに食って掛かった



澪の平手打ちが炸裂する

びたん!びたん!!と何度も巨大なチンポにビンタを繰り出す

叩かれた部分が見る見るうちに赤くなっていく

澪は渾身の力で叩こうとした

しかし

チンポ「//////////」ぶびゅ!!

チンポの先端から謎の白い液体が溢れ出した



びちゃ!びちゃちゃ!!

澪の手に白い液体がかかる

澪は声にならないほど、驚愕の声をあげた

澪「あwせdrftgyふじこ!?」

距離をとる澪、自分の手に付いた謎の液体を見る

白い・・・そしてねばねばぬるぬるして、魚類臭い液体の臭いを嗅ぎ戦慄する

澪「なんだこれぇ・・・なにぃ・・・」

澪は恐怖のあまり泣き崩れた



チンポ「wwwwwwww」びくん!びくん!!!

チンポは泣き崩れる澪に忍び寄る

澪の頭上に影が落ちる

チンポが澪に言った

チンポ「勝てると思ったんですか?」

澪は泣き崩れた顔で見上げる

ぼろぼろと溢れる涙

チンポ「チンポに勝てると思ったんすかwwwww」

チンポは尿道口から白い液体を飛ばしながら言った



翌日

律「・・・・・・」

澪「本当なんだ!信じてくれよ!!」

澪は昨日の一部始終をメンバー全員に話した

唯「それは怖かったねー、その後どうなったの?」

あきれる律の隣で唯が聞く

澪「叩かれて・・・かけられた・・・白いのを・・・」

紬は涙ながらに語る澪の背中に手をかける

紬「そう・・・大変だったのね・・・」

信じてはいない。部活の皆(唯以外)は澪がおかしくなったと思っていた



梓「それで・・・その後はどうなったんですか・・?」

梓は先輩の虚言に付き合う事にした、泣き崩れる澪があまりに哀れだったからである

澪「助けてください・・・家に帰してくださいと言ったんだ。そしたら帰してくれた」

唯「えぇぇ!?なんで!?」

澪「わからない・・・何故か白い液体を出したあいつは急に静かになって・・・」

賢者タイムのチンポは白濁まみれで帰宅をせがむ澪を、汚物を見る様な目で軽蔑し、家に帰したのであった

澪「くやしい・・・あんな奴に負けて・・・」

澪は号泣する

澪「チンポには勝てなかったよ・・・」

澪は負けた

しかし、澪の戦いは始まったばかりであった


終わり