※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「…何とか逃げ切れたな」

唯「はぁはぁ…私もう泳げない…」

澪「よし、ここら辺で一休みしていくか」

唯「あうう~」

唯「…ねぇ澪ちゃん」

澪「私達って、いつになったら人間に戻れるんだろう…?」

澪「…さぁ、分からない」

唯「そんな!このまま魚として人生を歩まなきゃいけないの!?」

唯「憂にも会えないし…りっちゃんやムギちゃんとも一生演奏できないし…」

唯「それに…あずにゃんにだって会いたいよっ!!」



澪「…落ち着け、唯」

唯「だって…だってぇ…」

澪「……」

唯「……ううっ」ジワァ

澪「!?おい唯!自分の体見てみろ!」

唯「…えっ?」

唯「あっ…」














澪「お腹に…足が一本だけ生えてる!」



唯「やったよ澪ちゃん!私人間に戻れるみたい!」

澪「あぁ…良かったな、唯」

唯「きっと澪ちゃんも同じように人間に戻れるよ!」

唯「これでまた軽音部のみんなで一緒に…」

澪「……」

唯「…澪ちゃん?」

澪「…唯」

唯「澪ちゃんどうしたの?嬉しくないの?」










澪「……」

澪「ごめん、唯」

澪「私はきっと、戻れそうにない」



唯「えっ…?」

澪「ごめんね…」

唯「何で…どうして…?」

唯「何でそんな事分かるの!?」

澪「…これはもう、決まってる事なんだと思う」

唯「そんなことないっ!澪ちゃんは私と同じヒラメなんだよ!」

唯「私だけ人間に戻れて澪ちゃんが戻ることができないなんて…っ!」

唯「そんなの絶対おかしいよ!」

澪「ごめん…唯」

唯「あきらめちゃ駄目だよ!まだ時間はいっぱい…」

澪「違う…違うんだ唯」

唯「何が違うの!?はっきり言ってよ澪ちゃん!」

澪「……」















               「…私は、ヒラメじゃない。カレイだ」












唯「…えっ」

澪「……」

唯「そ…そんな、嘘…だよね?」

澪「…私の目を見てみろ。お前の目とは逆だ」

唯「あ…あぁ…」

澪「なぁ唯、私がさっき言ったこと、憶えてる?」

澪「循環性を保てなくなったら、生物は生きていく事ができない」

澪「だから私はそれに従う。それが正しい事だと思うから」

唯「嫌だ…そんなの…やだよ…」

澪「馬鹿、泣くなよ。せっかく人間に戻れるってのに」

唯「私だけ戻ったって意味ないよ!」

唯「放課後ティータイムは五人揃って初めて完成するんだよ!?」

唯「なのに…澪ちゃんがいないだなんて…そんなのっ!」



澪「唯…」

唯「澪ちゃんがカレイだったなら私もカレイになりたかった!」

唯「そうすれば澪ちゃんと一緒に…ずっと…最後まで…」

澪「…あぁ、私も同じだ」

澪「私はヒラメになりたかった」

澪「ヒラメになれば、唯達と一緒にまた部室で楽しく過ごす事ができたのにね」

唯「だから…ヒッグ、私、が…カレイに…」

澪「…本当に欲しい物に限って自分で手に入れる事ができない、人が欲しい物は簡単に手に入れる事ができる」

澪「まったく…上手くいかないね。人生って」

唯「ヒック…み、澪…ちゃ…エグッ」



澪「…そろそろお別れみたいだ」

唯「ヒック…え…今なんて」

澪「大丈夫だ、唯」

澪「目を閉じたら、きっと唯は人間に戻ってる筈だ」

澪「頑張って皆で文化祭を盛り上げてくれ」

澪「私は、先に上で見守っているから」

唯「嫌だ!澪ちゃん!澪ちゃんっ!!!!」


グサッ
















「みおちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああんっ!!!!!!!!!!!!!」











律「唯~。おーいゆーいー」

唯「ふみゅ…ぐー…すかー」

律「アカン。こいつ爆睡してるわ」

梓「きっと遊び疲れて寝ちゃったんでしょう…ほら唯先輩。起きないと日が暮れちゃいますよ」

唯「すーぴー」

紬「うふふ、唯ちゃんすっごく気持ちよさそう」

澪「きっと夢でも見てるんだろう…はぁ」

澪「おい、いい加減起きないとご飯抜きだぞ」

唯「うぅ~ん…」

唯「…んぁ」

律「あ、やっと起きた」

梓「唯先輩、早く別荘に帰る準備してください。夜の練習ができなくなるじゃないですか」



唯「…あれ、澪ちゃん。ヒラメは?」

澪「平目?何言ってんだよ」

唯「……」

唯「うーん…」

澪「ほーら、早く立て。それだけ寝たんだから体力も戻ってる筈だろ?」

唯「…ま、いっか」

澪「?何なんださっきから…」

唯「ううんっ、何でもないよ」

律「あっ、ヒラメで思い出した」

律「ほら見てみろよ唯!さっきムギん家のボートで沖まで言ってきたんだけどさぁ」

律「よいしょ!」



唯「おおっ!ヒラメだ!」

律「どうだ!すごいだろ~」

梓「あの…これって律先輩が釣ってきたんですか?」

律「いや?素潜りして銛で刺した」

梓「えっ」

澪「ムギの家の私物を勝手に拝借したらしい…このばか」

律「えぇ~いいじゃんかよ~今日のおかずが一品増えたんだからさぁ~」

紬「うふふ。でもねりっちゃん、それはヒラメじゃないよ」

律「えっ?ヒラメじゃないの?」

紬「うんっ。それはカレイだね。ほら、目が右にあるから…」

律「そうなの?じゃあ今夜はカレイの煮付けだー!」

唯「やったー!」

梓「カレーとカレイの煮付け…」

澪「明らかに狙ってるって思われるメニューだな…」



律「じゃあさっそく調理しにいこうぜー。いっくぞー唯!」ダッタッタ

唯「おうっ!がってん承知であります隊長!」ダッタッタ

梓「ちょ、ちょっと先輩!?そっち海ですよ!?何してるんですか!?」ダッタッタ

澪「おーい!走って転ぶなよー!」

紬「みんな楽しそうだねー」

澪「まったく…」
















唯「あっ、澪ちゃん!」

澪「ん?」










       「これからもずっと一緒にいようね!約束だよ!」

       「へっ?あ、あぁ…うん。約束だ」










                 ry′::; |   l::::::|:::::::::/::::::/::::::::/::..:/.::..  / .: >イ   r‐- 、
                 |::_:_::_i⊥=-┴r┴ -┴- ⊥:;::/:::::/::.::.:/:.::.:/  ス__,ィノニ三ヽ、
               ,.ノ´::::::::ヽ、   )::::::::::::::::::::::ノ `> 、/::::::::/  / /ニ二ニ三三>、
             /Y:::::::::::::r― '  (::::::::人:::::::::(  (::::.::(  >く / /ニニニ二三三三>、
           ,.ィ´  /:::::::::::ノ r‐.    )(   ヽ:::::::ヽ )::::::) (::::::::( ` くニニニニ二三三三三>
         ,.イ::::|  人:::::::(   l::ノ  /:::::::ヽ /:::::::::::Y::::::/  ヽ::::::)  ` <r=ニニ二三三三三l
       ,ィ´.;人ノr:、  ):::::::::l  r=   !:::::::::::::Y:::::::::::;イ:::::::!  ノ:::::/    (:::\=ニ二三三三三|
     ,.:'::⌒丶  ノ::::Y´:::::::::::::| rzノ   ノ:::r―ァ人:::::::ノ l:::::ノ (::::::ノ     ノ::::::::::\=ニニ三三三!    ,. =二三>、
    ry!.:::r=‐、:::Y::::::::::ト、;:::::;::ノ !|   (::::ノ        し'   r::::.、    (::::::::::::::::::::`<ニ三三/  , <ニ三三三三l
   ノリ人::ゝ=イ.:人::::::ノ      リ     _ ,. -=ニ二三三ヽ、  人::::::ヽ    ):::::::r‐ 、::::::::::>―く_,.イ=ニニニ二三三三|
 r;{^ー':.r, ` '' ´r=;、   -‐=ァ .:::/rヘ   >く-=ニ二二三三>、  ):::ノ   /::::::::::|  ):::::(     人=ニニニ三三三三|
 ゝ、ヽ、    人::::ヽ   <::::::://:::::} く::::::::::::::Y==ニニ二三三>、    (::::::::::::::l (::::::::ノ   ノ:::::::)=ニニ三三三三!
  (⌒丶丶、    ヽ:::)  .:::ヽ,/ .::::::ノ   し'⌒):::|-=≡ニニ二三三三>、   ヽ:::::::ノ ノ::::(   (::::::, く=ニ二三三三三l
  ` ー 、 ヽ、_      ,イ .: .: (     (::ノ=≡ニ二三三三三三>,. -===ニニ=- 、――-くーニニ二三三三三リ
       ` ー--= ニ二 ノ__:.:...    lチミミ=ニニ二二三三= '´‐くミミミミミミ=ニ二三三l     `<ニ三三三三/  
                                                                      
                                                                       
                                                                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ