※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



梓「さ、なんでも頼んでください」

澪「気持ちは嬉しいけど、なんだか申し訳ないから一番安いホットでいいよ」

梓「そんなに遠慮しなくていいのに……」

澪「いいんだよ。後輩におごってもらうってだけでも格好つかないしな」

梓「まあ、それもそうかもしれないですね」



梓「そういえば、澪先輩の軽音部はどんな感じなんですか?
  真面目に練習したりしてるんですか?」

澪「いや、全然。ティータイムと雑談で活動時間がつぶれないほうが珍しいくらいだ」

梓「そうなんですか? わたしたちとあまり変わらなさそうですね」

澪「なんだ、そっちの軽音部もなんだ」

梓「あ、でも、ライブの前とかはきちんと練習しますよ」

澪「それは、わたしたちも同じだ」

梓「ちがう世界でも、すごく似てることってあるんですね」

澪「なんだか不思議だな」



澪「まあ、でも本当に時々だけど、険悪なムードになったりもするけどな」

梓「時々、なんですか?」

澪「うん、それだって片手で数えられるぐらいだ」

梓「少し羨ましいかも……」

澪「まるで、頻繁に険悪な雰囲気になるみたいな言いかただな」

梓「実際なるんですよ」

澪「どうして?」

梓「澪先輩、あなたのせいでしょう?」

澪「え? わたし?」

梓「あ、すみません。
  こっちの澪先輩です……って、ややこしいなあ」



澪「確かに、二人とも同じ名前で同一人物だもんな」

梓「えーと、じゃあ、あなたのことは澪先輩のままで、こちらの澪先輩のことはミオ先輩と呼びましょう」

澪「ちがいがわからないんだけど」

梓「わかってください。
  それで、そのミオ先輩をめぐって、唯先輩とムギ先輩と律先輩が争いをすることがわりとあるんですよ」

澪「三人が争ってる姿なんて、全然想像できないな」

梓「まあ、決して仲が悪いわけではないんですけど……本番直前までやられるとちょっと疲れます」

澪「苦労してるんだな」



梓「でも、ミオ先輩には本当に忠実なんで、まだマシですけどね」

澪「忠実って……どんなふうに?」

梓「最近だと、イライラしてたミオ先輩が唯先輩に
  『ケーキをわたしによこせ』と言ったら泣きながら渡してましたよ。
  それに二人の先輩が対抗してまたケンカになったんですけど……」

澪「……わたしたちとは本当にちがうな」

梓「澪先輩のほうの軽音部は、澪先輩に従順ってわけじゃないんですか?」

澪「うん、わたしが練習しようって言っても結局練習しないなんてザラだ」

梓「ミオ先輩が羨ましいですか?」

澪「いや……やっぱり、わたしはわたしの軽音部が一番好きだ」



梓「澪先輩は、軽音部が好きなんですか?」

澪「まあ……決して真面目な部活じゃないけど……。
  みんなとは……離れたくないって思ってるし。
  ずっと放課後ティータイムとして演奏できたらなあ、って時々思うんだ」

梓「放課後ティータイム? なんですかそれ?」

澪「え? 軽音部のバンド名だろ?」

梓「わたしたちとは全然ちがいます」

澪「……どんなバンド名なんだ?」

梓「『ミオ☆ミオ』です」



澪「……すごく、イヤだな。
  ていうか、決めたのは誰?」

梓「さわ子先生です」

澪「あれ? わたしたちと同じだ」

梓「唯先輩と律先輩とムギ先輩が、ミオ先輩の名前に絡めたバンド名で言い争いしてて。
  二時間の争いの末、さわ子先輩が決めたんです」

澪「二時間って……。
  ていうか、ほとんど名前が決まる過程は同じなのに名前にずいぶん差があるな」

梓「まあ、みなさんミオ先輩信者みたいなものですから」

澪「怖いな」

梓「ええ。いつかミオ先輩に殺されるんじゃないですかね?」

澪「やめて」



梓「まあ、それに澪先輩とちがって、ミオ先輩には全然軽音部に対して思い入れがないみたいですし……」

澪「そうなのか?」

梓「最近は全然、部活に来ないですし。
  来ても楽器は持って来なかったり……」

澪「……そうなのか」

梓「だから最近は作詞は澪先輩以外の四人でやってるんですけど……」

澪「わたしじゃないのか……」

梓「ええ。しかし、これがまたひどくて。
  『Mio&Mio』とか『澪はおかず』とか、もうね……」

澪「…………」



梓「そちらは作詞、作曲、誰がやってるんですか?」

澪「作曲はムギが全部やってくれてる。
  作詞は一応わたしだ。あと、時々だけど唯が作曲をやることもある」

梓「いいなあ……」

澪(……やっぱりイロイロとズレがあるな。
  この時期に『ごはんはおかず』とか『U&I』はできてなかったのに……)

梓「とりあえず、あの三人の先輩をどうにかしないと、やっぱりダメなんでしょうかね?」

澪「そうかもな……」

梓「今年は先輩たちとの最後の学園祭ライブなのに……」

澪「梓……」



梓「……と、今はそんなこと言ってる場合じゃありませんね。
  がんばりましょう、澪先輩」

澪「あ、うん……ありがとう、梓」

梓「なんだかヘンな気分です、澪先輩にお礼を言われるのは」

澪「話を聞くかぎりそうなんだろうな」


ウダダダーウダダダーウラウララー♪


澪「……電話? わたしのだな」

澪(あれ? なんだ、なんかおかしくないか、このケータイ。
  なんだろ、違和感が……)

梓「澪先輩、でないんですか?」

澪「あ、うん……」



澪「……もしもし」

 『…………』

澪「……? も、もしもし?」

 『秋山……澪……』

澪「は、はい。そうですけど……」

 『……今すぐ学校に一番近いアイス屋に来い……』

澪「え? ちょっと……」


……ツーツー



梓「誰からだったんですか?」

澪「いや、それが誰だかわからなかったんだ」

梓「イタズラ電話かなにかですか?」

澪「わからない。ただ、学校付近のアイス屋に来いって、電話の相手は言ってきた」

梓「……行きますか?」

澪「え? 行くの?」

梓「行かないんですか?」

澪「いや、だって……怖いし……」

梓「もしかして、澪先輩って怖がりなんですか?」

澪「え゛!?」



梓「ミオ先輩は全然そんなことないみたいですけど、澪先輩はもしかして……」

澪「ち、ちがう! わ、わたしはただ、もしかしたら危ないかもしれないと思って……!
  そ、それに梓を巻き込むわけにはいかないしな!」

梓「……ふふふ。澪先輩の怖がり」

澪「……もういい」プイッ

梓「……もしかして拗ねちゃいましたか?」

澪「拗ねてない」

梓「じゃあ、アイス屋に行きましょっか」

澪「……ん?」

澪(……あの声ってひょっとして……)

澪「わ、わかった。梓がそこまで言うなら行ってやろうじゃないの」

梓「……無理しなくていいんですよ?」

澪「無理してないっ!」

梓「……澪先輩、泣いてませんか?」

澪「泣いてないっ!」





澪(もし、わたしの予想が当たってたら……あの電話の主は……)

梓「ふぅ……しかし、今日も暑いですね。
  ただ歩いてるだけで汗かいちゃいますね」

澪「そうだな……」

梓「せっかくですし、アイスも食べていきません?」

澪「…………」

澪(こっちの梓はよく食べるな……と、そろそろアイス屋だ)



梓「さすがに時期が時期なだけに繁盛はしてますけど……」

澪「うん。でも、わたしの予想してる人間がいない」

梓「予想? さっき澪先輩に電話をかけた人の予想ですか?」

澪「そんなところ」

 「あ、澪ちゃんだあ!」

澪「え?」



唯「やっほー、澪ちゃーん……と、あれ? あずにゃん?」

梓「こんにちは、唯先輩。どうしたんですか、唯先輩。
  こんなところで」

唯「わたしはこれから澪ちゃんとアイスデートしようと思って来たんだよ。
  あずにゃんはなにしてるの?」

梓「……まあ、簡単に言いますと、澪先輩とデートしてました」

澪「……はい?」

唯「…………」

梓「ね? 澪先輩?」

澪「な、なにを言ってるんだ梓!? わたしと梓は……」

唯「……」

澪(ひいっ! こんな顔した唯を初めて見た……)



澪(……って、あれ? おかしい。今、唯はなんて言った?)

澪「唯」

唯「なあに、澪ちゃん?」

澪「唯はわたしとここに来る約束でもしてたのか?」

唯「うん、ついさっきだけどね。
  アイス食べに行こ、って電話したもん」

梓「そうなんですか?」

澪「いや、そんなニュアンスじゃなかった気がするんだけど……」

唯「もう! 細かいことはいいからアイス食べよ!」





澪「結局アイス食べて、色んな店回ってたらこんな時間になっちゃったな……」

梓「さすがに疲れましたね……」

澪「唯は異様に元気だったな……」

梓「澪先輩とデートできて嬉しかったんじゃないんですか?」

澪「……デート、か。
  そういえば、唯は梓のことをあずにゃんって呼ぶけど、そのあだ名は誰がつけたんだ?」

梓「あずにゃんってあだ名ですか?」

澪「うん」



梓「誰だと思いますか?」

澪「ちなみにわたしの世界では、唯が梓にあずにゃんとつけたんだ」

梓「そうなんですか? 唯先輩がわたしに?」

澪「……そのリアクションを見るかぎり、唯ではないから……律とか?」

梓「ハズレ、ちがいます」

澪「……じゃあ、ムギ?」

梓「やっぱりちがいます」

澪「もしかして、こっちの世界のわたし?」

梓「正解です」

澪「……なんだか信じられないな。わたしがあずにゃんなんてあだ名を考えるなんて……」



梓「そうですか? 澪先輩の作詞のセンス的に普通にありえると思いますけど?」

澪「どういう意味だ?」

梓「……ええと、まあ、察してください」

澪「そういえば、調子が悪いときの歌詞を見せると、みんなの反応もイマイチだな……」

澪(そのときのわたしは調子が悪かったんだな。
  きっと普段のわたしなら、『あずー』とかもっとステキなあだ名をつけてたにちがいない』)

梓「あ、そういえば澪先輩の歌詞で思い出したんですけど。
  昨日、実はミオ先輩、部活に来てたんです」

澪「それがどうかしたのか?」

梓「いえ。それで、少し奇妙なことをしてたから……」

澪「奇妙なこと?」



澪「ヘンなことって具体的になにをしてたんだ?」

梓「唯先輩とムギ先輩と律先輩のケータイを借りて、なにかいじってました」

澪「ケータイをいじる……」

梓「そんなに時間はかかってませんでしたけど……。
  わたしは、さわ子先生の愚痴に付き合わされていたからなにをしていたのか、ハッキリとは知らないんですけど……」

澪「……それだけ聞いてもなあ……」

梓「やっぱりわかりませんよね……」

澪「ケータイをいじる……うん? 待てよ」

澪(あのさっきの電話の主は唯だった。そう唯本人は言った。
  だけど、もしかしたら……)

梓「どうしたんですか? 急にケータイをいじりだして」



澪(……そうだ、サイフをもってなかったことに気づいた時点で、考えるべきだったんだ!)カチカチ

澪「……梓」

梓「はい?」

澪「……梓、少し黙ってて。今から電話するから」

梓「誰にですか?」



澪「ムギに」



梓「そ、それって、ムギ先輩がなにか今回のことについて関係あるってことですか?」

澪「……」

梓「澪先輩?」

澪「ちょっと待って、梓。頭の中の考えが整理つかないから」

梓「…………」

澪「……いや、考えるより先にムギに電話をかけたほうがいいな」カチカチ


プルルルル


紬「はい、もしもし」

澪「……わたし。誰だかわかる?」

紬「澪ちゃん!? 澪ちゃんなの!?」


5/6