※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガチャッ
律「うーっす」


澪「ん、律か…唯とムギはまだ来ないのか?」

律「なんか二人は掃除当番で遅れるとさ…梓は~?」



澪「そうか…『梓は~』って、なんだ、聞いて無いのか?梓はさっき来て急用ができたから休ませてくれって言ってきたぞ?」

律「休みかよ…って、断るなら部長の私に断れよなっ!!」ビシッ

澪「私に言うなよな…」



すうふんご!
律(暇だな…そうだ!ちっと澪でもからかおっかな♪)

律「なぁ澪~」

澪「ん?」

律「澪ってさ~、週何日くらいオナニーすんの?」

澪「ぶっ!!ななななな何言い出すんだ馬鹿っ!」バンッ

律「(動揺し過ぎだろ…)いやぁ、ほら、年頃の女の子だし?」



澪「『女の子だし?』じゃないだろ馬鹿っ!!そっ、そんなのしないんだからな!!絶対だぞっ!!」

律「(やっぱ澪からかうとおもしれ~♪)いや~、てっきり澪ちゅわんのことだから毎日私をオカズにしてるのかな~ってさ」ニヤニヤ

澪「~~っ!」カアァッ///

律「あ、あれ?な、何か言えって、お~い(な、なんだよこの雰囲気は!?)」

澪「……もん…」ボソッ

律「へ?」

澪「毎日じゃ…ないもん…」カァッ///



律「へ?あ、あぁ…ははは…だよな…はは…(否定すんのそっちかよ!?)」

律「お、オカズは私?な~んて…(まさか…まさかな…)」

澪「…///」コクリ

律(うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!マジか?マジなのか!?いや嬉しくない訳じゃないぞ!!むしろ嬉しいぐらい…って何考えてんだ私は~っ!!)ドキドキ



澪「…///」ドキドキ

律「…///」ドキドキ

律「…(ヤバいって!気まずいなんてレベルじゃないって!!)」



ガチャッ
唯「やって参りましたっ!」ビシッ

紬「遅れちゃってゴメンなさい、すぐお茶淹れるわね♪」

律「!おぉっ!!唯っ、ムギっ(た、助かった…)」

唯「あれ?どしたのりっちゃん?顔赤いよ?」

律「へ?何でもない何でもないっ!!」ドキドキ

唯「変なりっちゃん…って、澪ちゃんも真っ赤に!?」

紬「まぁまぁまぁまぁ♪」



律「っ!!き、今日は部活休みだっ!解散だ解散っ!!(こんな状態で部活なんかやれるかよ!)」

唯「ほぇ!?なんで!?せ、せめてお菓子を…」

律「ぶ、部長命令だっ!と、とにかく私は帰る!!お菓子は…唯、お前にやる!じゃあな!」バタン

澪「…あ、私も…今日は帰る…」バタン



唯「えぇっ!?(でもお菓子いっぱい食べれるよ~♪)」

紬「まぁまぁまぁまぁ♪」

唯「さて、と…ムギちゃん、ミルクティーで」キリッ

紬「今日はタルトね♪」カチャカチャ



唯「やった!…ねぇムギちゃん、澪ちゃんの分だけど…」

紬「ふふっ、食べていいわ~」

唯「ムギちゃん大好き!」ギューッ

紬「まぁまぁまぁまぁ!」



―――――――――
唯「あずにゃん来ないね~」モグモグ

紬「そうね…」

唯「…あずにゃんの分…」

紬「ん~、食べちゃってもいいかも…唯ちゃん、食べる?」

唯「ムギちゃん大好き!!」ギューッ

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁ♪」



よくじつ!
唯「りっちゃんなんか元気ない?」

律「あ~、昨日はあんま眠れなくてさ~」

唯「やっぱり澪ちゃんと何かあった?」

律「へっ!?」ドキッ

唯「昨日りっちゃんと澪ちゃん変だったから…」

律「な、何でもないって(くっ…意識しないようにしてたのに…唯の馬鹿野郎…)」



律「い、いいから部活行くぞ!」ダッ

唯「あぁっ!待ってよりっちゃん!」ダッ

律(とは言ったものの…部活…行きたくねぇな…お?)



唯「あ、和ちゃんだ!お~い」

和「あら、唯と律じゃない…これから部活?」

律「おう」

唯「そうだよ~」

和「そういえば今日澪が風邪引いて学校休んだんだけど、あなたたちだけで練習になるの?」



律「…は?澪が…なんだって?」

和「風邪で休み」

唯「なんと!!」

律「(昨日の今日で…嘘だろ?)…唯、悪い、用事できたから今日部活休むわ」

唯「また!?」



律「私のお菓子食っていいから許せ!じゃな!」ダッ

唯「あ…行っちゃった…」

和「…何だったの?」



ぶしつ!
唯「…ということで2人は来ません!」

紬「あら、今日も?」

唯「うん、あ、ミルクティーで」キリッ

紬「は~い、あと、今日はショートケーキね♪」



ガチャッ
梓「失礼しま~す…あれ?二人だけですか?」

唯「あずにゃん!!」

梓「は、はいっ!」ビクッ

唯「サボりは駄目だよ!そしてありがとう…美味しかった!!」

梓「え?え?サボりって何のこと…(美味しい?)」



唯「昨日待ってたんだから!」

梓「み、澪先輩に断りましたよ?」オドオド

唯「えっ」

梓「えっ」

紬「えっ」



せつめいかい!
唯「…ってことがあって」

梓「…で、二人は今日休むんですね?わかりました」

唯「でも澪ちゃんはあずにゃんのこと何も言ってなかったんだよ~?」

紬「忘れてたんじゃないかしら?あ、はいお茶」カチャカチャ



梓「あ、どうもです…澪先輩に限って…うーん…でも誤解が解けて良かったです」

唯「ゴメンね?あずにゃん…」ギューッ

紬「まぁまぁまぁまぁ!」

梓(先輩、あったかいな)ホワー



唯「いやぁ~澪ちゃんいないと仕切る人いないね!」

紬「そうね~」

梓「さ、三人でも練習しまょうっ!」アセアセ

唯「今日はお茶会だね!」

梓「わ、私だって仕切れ…」

紬「そうね、お茶淹れるわ」

梓「(´・ω・)」

紬「まぁまぁまぁまぁ」



――――――――――
律(澪ん家来てみたけどいざとなったらなんか緊張すんな…)ドキドキ

ガチャッ
律「あ、カギ閉まってないや…失礼しま~す、と」トテトテ

律「澪の部屋は階段登って、と」トントントン



コンコン
澪「律…か?」

律「!」

ガチャッ
律「よくわかったなぁ」

澪「……分かるよ、律の足音だってことぐらい……律だっていつだったか風邪引いて私が来た時部屋入る前に気付いてた…ていうかインターホン押せよ馬鹿律…」ボソボソ

律「はは…参ったな……つか布団にくるまってないで顔見せろよ…」



澪「…やだ…」

律「…」

澪「…」

律「…オナニーしてた?」

澪「し、してないっ!!」ガバッ



律「顔真っ赤でちゅね~、澪ちゅわん?」

澪「うぅ…もういいよ…風邪なんだよ…寝かせろよ…」

律「(あ、また隠れやがった…)あのさ、その風邪っての嘘だろ?」

澪「…」

律「昨日のこと…だろ?」



澪「……くて…」ボソッ

律「ん?」

澪「…律に…合わせる顔が…なくて…」

律「…」

澪「気持ち悪いよな…律でシてるとか…はは…」

律「全然」



澪「…え?」

律「むしろ逆、嬉しかった…」

澪「…ホント?」

律「ホントホント!だって、その、わ、私だってお前でシてるし…って何言わせるんだよ、馬鹿っ!」ドキドキ



澪「っ!(そうなんだ)」ドキドキ

律「だから元気だせ、な?」

澪「うっ…ひっく…嫌われたと思った…うっく…」

律「へへ…むしろ好きになったりしてな♪」

澪「ひっく…ばか…」



律「そだ…熱計るか…」グイッ

澪「えっ!?あ、あれは仮病…」

律「…ん」チュッ

澪「っ!!んっ…」ビクッ



律「んっ…終わり…ちょっと熱いかもな…」ドキドキ

澪「あぁ…あぅ…」ポーッ

律「か、風邪治せよ!じゃな!」バターン

澪(熱…出てきたかも)ドキドキ



よくじつ!
律「全員そろうのもなんか久々だな~」ニコニコ

梓「律先輩が言えることじゃないです」

律「ほぅ…梓、言うようになったじゃん」

唯「澪ちゃん風邪治ったの?」

澪「えっ、あぁ、うん…」チラッ

律「ん?」

澪「!」バッ

紬(あらあら♪)



律「今日も部活終わった~♪じゃあ皆、帰ろうぜ!」

唯「ほ~い」

梓「お疲れ様です」

紬「あ、唯ちゃん梓ちゃん、ちょっといい?お話があるの」

唯「ほぇ?私?」

梓「あ、はい(何だろう)」

律「そっか、じゃあ澪、帰ろうぜ~」

澪「あ、うん(律と二人で下校…)」ドキドキ



バタン
紬「行ったわね」

唯「お話ってなぁに?ムギちゃん」

紬「お話は特に無いの♪」

唯・梓「えっ?」

紬「お茶淹れるわ♪(二人の邪魔しちゃダメよね♪)」



――――――――――
律「二人で下校は久しぶりだな~」

澪「そうだな…」チラッ

律「あのさ、澪」

澪「な、な、何!?」ビクッ

律「部活中もさ、澪がチラチラ見てくる気がして…なんか恥ずかしかったんだけど」ドキドキ



澪「っ!!み、見てない!(律を意識し過ぎたのかな…恥ずかし…)」ドキドキ

律「そ、そんなに全力で否定するなよ…」


律「でもな~んか悔しいなぁ」

澪「ん?何が?」

律「自分一人だけ澪を意識してたみたいでさぁ…」

澪「へ?」ドキッ



律「なんか馬鹿みたいだよな…へへっ」

澪「うっ!」ズキ

澪「ゴメン、律…やっぱり私嘘ついてたかも…」

律「…どゆこと?」

澪「…ずっと…その…律のこと…見てた…」ゴニョゴニョ

律「そ、そなんだ」ドキッ



澪「うん…」

律「…」

澪「…」

澪「あ、あのさ!」

律「な、なんだ!?」ビクッ

澪「も、もし良かったらなんだけど…次の土曜日家に泊まりに来ないか?その…両親が旅行でいないから…」



律「と、泊まり!?」

澪「だっ、ダメならいいんだ……い、嫌…かな?」ドキドキ

律「う…(泊まり…親がいない…つまりはそーゆーこと…か?)」ドキドキ

澪「そ、そうだよな…いきなりこんなこと言われても無理だよな…ゴメン…(うぅ…引かれた…絶対…)」

律「い、嫌じゃない!行く!絶対行く!」ドキドキ



澪「じゃ、じゃあ土曜日だな!」パァッ

律「お、おう!(ヤバイ…澪嬉しそう…)」

澪「あ、じゃあ私こっちだから…また明日な、律!」

律「おう、明日な!」

律(土曜…か…澪があんなに勇気出したんだ…私がしっかりしなきゃな!)ドキドキ


2/3