※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

よくじつ!
律「ふんふんふ~ん♪」

梓「先輩、何か良いことありました?」

律「わっかるぅ~?」

梓「なんか気持ち悪いですよ、先輩」

律「梓っ、てめっ!!」グリグリ

梓「あぅっ!痛いです!痛いです!」

紬(よしっ、昨日の帰りに何かあったのね!?)ドキドキ



澪「む…(律のヤツ…あんなに梓とくっついて…)」チラチラ

紬(澪ちゃん、りっちゃんを見すぎ見すぎ!キャー、もう見てられないっ!)ニヤニヤ

唯「ムギ…ちゃん…?(どうしよう…何かニヤニヤしてるよぅ…)」

律「どうだ、参ったか、梓!」

梓「…ごめんなひゃい…(でも痛いのもちょっといいかもです…)」



――――――――――
律「今日も終わったな~♪」

唯「疲れたぁ~」

律「さて、と帰るか…澪、帰…」

紬「りっちゃん!」

律「へ?」

紬「お話があるの」ニコッ

律「ん、あぁ…(…前は唯と梓だったけな…なんだろ?)」



律「(みんな帰った…か…)それで、ムギ、話って何?」

紬「単刀直入に言うわ…昨日澪ちゃんと何があったか教えて欲しいの」ワクワク

律「へっ!?(ば、ばれてる!?)」ドキッ

律「さ、さぁ…何のことだか…」

紬「嘘はダメッ!!」ガタンッ

律「ひっ!」ビクッ



紬「りっちゃんは今日妙に機嫌がいいし、澪ちゃんはずっとりっちゃんを意識してるし…何もなかったはずないじゃない!!」

律「そ、そんなことな…」

紬「そんなことあるの!!2人とも隠す気が無いってくらい変だったもの!」

律「うっ…(皆からはそう見えてたのか…)」

紬「ひどい…りっちゃん…昨日澪ちゃんと2人きりで下校できるように唯ちゃんと梓ちゃんにはちょっと待っててもらったのに…」

律「!!そ、そうだったのか!?」



紬「だから…ね?機嫌がいい理由を教えてくれるだけでいいの…」ジーッ

律「うっ…」

紬「知りたいの…」

律「わ、わかったよ…ムギのお陰でもあるしな…(押しに弱いなぁ…私…)」



――――――――――
律「…っていう会話の流れで土曜日に澪ん家に泊まりに行くんだよ…」

紬「…(澪ちゃん、結構大胆ね…)」ドキドキ

律「ムギ…?ちゃんと聞いてるのか?」

紬「もちろんよ!りっちゃん、私も協力するわ!」ガシッ

律「えっ?」



紬「りっちゃんは御両親が不在でお泊まりに誘われるって意味…分かる?(…それにしてもなんてベタなシチュエーションかしら…)」

律「さ、さぁ?」カァッ///

紬「じゃあ問題ね?恋人同士が晩ご飯食べてお風呂にも入って部屋でお話をしていたら良い雰囲気になりました♪さぁ、この後何をするでしょ~か?」ワクワク

律「なっ!?(こ、恋人…私と澪が…恋…うあぁ…)」ドキドキ


紬「さぁ、答えは?」ニヤニヤ



律「キ、キス…とか?」ドキドキ

紬「も~、りっちゃんたら…分かってるくせに♪そ・の・あ・と・は?」

律「~~っ!!(その後…キスの…後…)」ボンッ

律「あの…えと…………」ボソッ

紬「聞こえな~い♪」

律「…えっ…ち…?」カアァッ///



紬「せいか~い♪でも女の子同士でする場合、足りないモノってあるわよね?」

律「足りない…モノ?」ドキドキ

紬「うん、これは答え言っちゃうけど…そう、殿方の『アレ』ね」

律「んなっ!?そんなモンどーしようもないだろ!」ドキドキ

紬「そこで私が協力するの♪」



律「協力って何…」

紬「ある『道具』をりっちゃんに貸してあげる♪」

律「っ!?」

紬「明日持ってくるわ♪」

律「お、おい、ムギ…」ドキドキ

紬「りっちゃんがリードしなきゃダメよ?じゃあ私帰るわ♪」バタン

律「ちょっ…あぁ…(どうして、こんなことに…)」ドキドキ



どようび!
律(澪ん家着いちまった…ムギは『使ったら感想聞かせてね♪』とか言ってたけど…緊張してきた…)ドキドキ

ピンポーン
澪「来たっ!」ビクッ

ガチャッ
澪「律!は、早く寄って寄って!」ドキドキ

律「よう…じゃ、御邪魔しま~す、と…」トテトテ



澪「じゃ、じゃあ何する?」ドキドキ

律「そ、そうだな…ゲームでもするか…」ドキドキ

澪「すぐ準備する!」ガチャガチャ

律「お、スマブラあんじゃん…コレやろうぜ」

澪「ふふん、私結構強いぞ?」

律「へへっ、私だって弟とやってるからな~♪」



――――――――――
律「かーっ!やっぱ澪は強ぇなぁ(いい感じに緊張も取れてきたし…)」

澪「いや、律も強いって…大差無いぞ?」

澪「…って、もうこんな時間か…晩ご飯作るからちょっと待ってて」

律「あ、私も手伝うよん!」

澪「そ、そうか、ありがとな」ドキドキ



きっちん!
澪「よし、カレーでも作るか…じゃあ野菜切ってるから律は米洗って炊いといてくれ」

律「おし!もう旨いご飯炊いちゃる!」

澪「ふふっ、炊飯器だけどな」

律「澪~、そういうこと言うなよ~」



トントントン
ガッシャガッシャ
トントントン
ガッシャガッシャ
澪「っ!痛っ!」

律「み、澪!?」

澪「イタタ…指…切っちゃったぽい…」

律「ゆ、指貸せっ!!」

澪「だ、大丈夫だ―」

律「はむ」チュウ

澪「!!りりりり律!?(はわわ…指…舐め…)」ドキドキ



律「はへるほはほるっへ(舐めると治るって)」ムグムグ

澪「ん……」ピクッ

律「ぷはっ!ち、血は止まったみたいだな…(…どさくさに紛れて凄いことしちゃったかも…)」ドキドキ

澪「あああありがと…り、律はもう待ってていいから(うぅ…律が隣にいると包丁上手く持てない…)」ドキドキ

律「そ、そっか…じ、じゃあ待ってるから」バタン

澪(律が舐めた指…)ドキドキ

澪(ちょっとだけ…)チュウ



よるめし!のあと!
律「食った食ったー」

澪「ご馳走さまでした」

律「う、旨かったぞ?」ドキドキ

澪「あ、ありがと…律が炊いた米だから…かな」ドキドキ

律「す、炊飯器だって…」ドキドキ

澪「そうだったな…はは…」ドキドキ

律「…」

澪「…」



澪「そ、そうだ、律…風呂入れよ!」

律「えっ、あ、あぁ…」

―りっちゃんがリードしなきゃ~―

律「(うっ…ムギ…)…な、澪…一緒に入る?な~んて…」

澪「!!ば、馬鹿っ!もう子供じゃないんだぞ!?」ドキドキ

律「で、でも合宿じゃ一緒に入ったろ?」

澪「だ、だってはだ、はだ、裸見られるんだぞ!?」



律「は、裸くらいなんだよ!その後もっと凄いコトするんだぞ!?今更風呂くらい…」

澪「~っ!?ももももっと凄いコトって、何考えてんだ馬鹿律っ!も、もういい!先に風呂入る!」バターン!

律「あ、あれ?ムギ…話が違うじゃ…」

律「うぅ…でも後には引けないし…」



おふろば!
澪(うぅ…律のヤツ…そんなことまで考えて…いやまぁ多少期待はしてたけどさ…いきなりだもんなぁ…)ブクブク

ガラッ
律「わ、私だよんっ☆」

澪「律っ!?」ビクッ

律「来ちゃった…」ドキドキ

澪「だ、ダメって言ったのに!?も、もう私上がる!!」ザパァ

律「せ、背中流してあげようかなーって!」ドキドキ

澪(う…正直流してもらいたい…)ドキドキ



律「ダメ…か?」

澪「~~っ!(く…この上目使いは…)」

澪「…し、仕方ないな…お願いするよ」ドキドキ

律「じ、じゃあ、早く座って座って!」

澪「う、うん…」ストン

律「い、行くぞ?」ドキドキ



律「うわ…澪の肌キレーだな…」ゴシゴシ

澪「そんなこと…ない…それと、り、律…」ドキドキ

律「ん?(澪の肌スベスベ…)」ドキドキ

澪「スポンジ…ここにあるぞ?(律の手…直接触れると…ヤバイ…)」ドキドキ

律「あ、私素手で洗う派…」ドキドキ

澪「そ、そうなんだ…」ドキドキ



律「澪…前も…」ドキドキ

澪「ま、前くらい自分でっ!ひゃうっ!」ビクッ

律「澪、やっぱ胸おっきいな…(ヤバ…柔らかくて気持ちいい…)」フニュフニュ

澪「んっ…り…つぅ…」ピクピク

律「へ、変な声だすなよ!」モニュモニュ

澪「ご、ごめん…(うぅ…律の手つき…いやらしい気が…)」ドキドキ

律「ほら澪、下も…」ドキドキ



澪「し、下はダメッ!!」バッ

律「キレイにしないと…ほら、足広げろよ…」グイッ

澪「うぅっ…(は、恥ずかしい…)」ドキドキ

律「(ヤバ…澪可愛い…)い、行くぞ?」クチュッ

澪「~~っっ!!!」ビクンッ

律(指…入れたいな…)クチュクチュ

澪「ひっ!ゆ、指っ!だ…だめぇ!」ビクンッ



律「な、中までちゃんとキレイに…」クチュクチュ

澪「んっ…くぅっ…」

律「(声…我慢してるのかな…可愛い…)澪、なんかヌルヌルしてきたぞ?」クチュッ

澪「ばっ…かぁっ!」ガシッ

律「!?」ピタッ

澪「はぁっ…はぁっ……ここじゃ…ヤダ…ベッドで…続き…」カアァッ///

律「っ!!(こ、これは…)」ドキッ

澪「うっ…のぼせた…もう…上がる…」ガラッ

律「お、おう…」ドキドキ



みおのへや!
澪「勢いであんなコト言っちゃったけど…どうしよ…」ドキドキ

澪「これから律と…うぅっ…」ドキドキ

コンコン
澪「っ!!」ビクッ

律『中、いい?』

澪「あ、うん(き、来ちゃった!)」ドキドキ



ガチャッ
澪「!り、律!?な、なんて格好して…(バ、バスタオル1枚…)」

律「へへっ…いや、どうせ脱ぐ、だろ…?」ドキドキ

澪「ま、まぁ…うん」ドキドキ

律「澪はパジャマ着込んじゃってるんだな…」ドキドキ

澪「へっ?ふ、普通だろ!!」ドキドキ



律「や、やろっか…」ドキドキ

澪「う、うん…」ドキドキ

律「澪っ!」ガバッ

澪「り、律!?(押し倒され…!)」ドキドキ

律「いい…よな?」ドキドキ

澪「うん…律の…好きにしていい…」ドキドキ



律「じゃあ…脱がすぞ?」

澪「ま、待って!自分で…脱ぐ…恥ずかしいから…」

律「駄目だ、脱がす(私がリード…私がリード…)」プチプチ

澪「えっ…う…うぅ…(恥ずかしいよ…)」ドキドキ

律「よし…(間近で見ると…マジ綺麗だな…)」ドキドキ

澪「うぅ…私だけ脱ぐのズルイ…律も…タオル取って…」



律「ご、ごめん…これで…いいよな?」ファサッ

澪「律のおっぱい…可愛い…」ドキドキ

律「…馬鹿にしてんだろ」ムッ

澪「ち、ちがっ!!律、あと電気…消して?」

律「…なんで?見えないじゃん…」

澪「み、見られるの…恥ずかしいんだもん…」カァッ///

律「見たいんだよ…澪を…だから消さない…」


3/3