※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「ばっ、ばか…」ドキドキ

律「胸…触っていい?」ドキドキ

澪「…いちいち聞くなよ…律の好きにしろって言ったろ…?」

律「じゃ、じゃあ…」サワサワ

澪「ん…」ピクッ

律「ハァハァ…」モミモミ

澪「ん…く…」



律「あ…(乳首…固くなってきた…)」クリッ

澪「ひゃあっ!」ビクッ

律「ほら、澪、お前の乳首ビンビンになってるぞ…」クリクリ

澪「あんっ!…言う…なぁ…んっ…」


律「ハァ…こんだけデカイとミルク出そうだな…んっ…はむ…」チュパッ

澪「ふあぁっ!でっ、出るかぁっ…ばかっ…ひぁっ!ダメッ!乳首吸っちゃ…あぁっ!」ビクンビクンッ



律「はむ…ちゅう…」チュパチュパ

澪「ふぁっ…ひぁ…あっ…」

律「んっ…」カリッ

澪「~~っ!そこっ噛んじゃっ!らめぇっ!」ビクッ


律(このまま…下を…指で…)クチュッ

澪「くっあぁっ!!」ビクンッ



律「ぷはっ!へへっ…澪、軽くイッた?(やっぱココが一番感じるのか…?)」クチュクチュ

澪「ふあぁ…うっ…んっ…」

律「…ココ…舐めたい」ドキドキ

澪「ふぇ…?」

律「…」スッ

澪「ダメッ!!そこは汚い…からぁっ…」



律「澪の身体で汚いトコなんか無いよ…だってほら、ココ…石鹸と澪の匂い混ざって…」クンクン

澪「やぁ…嗅ぐなぁ…」

律「それに…味だって…んっ…」ピチャッ

澪「んんっ!!!」ビクッ

律「んっ…ふぅっ…こんなに美味しいよ?(これが…澪の味…)」ピチャピチャ

澪「~~~っっっ!!!!!」



律「んっ…んっ…」ピチャッ

澪「やっ、何か、くるっ!!ひぁっ…イクぅっ…イッちゃう!」

律「(よし、もうちっと…)んっ…」グッ

澪「(し、舌!?)も、だめぇぇぇぇぇぇぇっっっ!!!」ビクンビクンッ

律「イッた…?」ドキドキ

澪「はぁっ…はぁっ…う…ん…(何…コレ…1人でするより…全然…気持ちいい…)」



律「よし、そろそろ…」ガサゴソ

澪「はぁ…はぁ…り…つ…?」

律「コレ…使う」ドキドキ

澪「!!な…に…それ…」ビクッ

律「…ペニスバンド…?」

澪「な…んで…そんなモノ…持って…」

律「む、ムギから借りた…」



澪「!!り、律とムギどんな関係なん…むぐっ」チュウ

律「んっ…」

澪「ん~っ!!」

律「ぷはっ…今ムギの話すんな…私だけ見てよ…澪…なぁ…」

澪「り…つ…」ドキドキ

律「コレ、付けるぞ…」カチャカチャ



律「澪…初めて…だよな?」

澪「あ、あたりまえだ!」ドキドキ

律「澪の初めて…もらっていいか?」ドキドキ

澪「え?うん…うん!!」

律「じゃ、コレ…舐めて?…まぁそれだけ濡れてれば十分かもしれないけど…」

澪「っ!!」カアァッ///

律「さ…澪…」ドキドキ

澪「う、うん……はむっ」ピチャッ



澪「ん…むぐっ」ピチャピチャ

律(何か…コレ…)

澪「ふっ…んっ…」ピチャピチャ

律(すげぇエロいな…)ゾクッ

律「お、おし!こんぐらい濡らせば…多分大丈夫だ…」ドキドキ

澪「ぷはっ…あ…」ドキドキ



律「い、入れるぞ…いいな?」ドキドキ

澪「う…ん…」ドキドキ

律「怖いか…?」ドキドキ

澪「ん……少し…」ドキドキ

律「じゃあ…んっ…」チュウ

澪「んっ…」ピクンッ

律「…はっ…落ち着いたか…?」

澪「うぅ…逆に緊張してきた…かも」ドキドキ



律「だ、大丈夫だ!優しくする…」ドキドキ

澪「ふふっ…ありがとな、律…じ、じゃあ…い、入れて…」クパァ

律「(澪、自分で広げ…うわぁ…コレも…エロい…)い、痛かったら言ってくれよ…?」ズブ

澪「くっ…」ビクッ

律「先っぽ入ったぞ?だ、大丈夫か?」ドキドキ

澪「はぁっ…はぁ…まだ…だいじょぶ…」



律「そ、そっか…(ゆっくり…ゆっくり…)」ズブズブ

澪「んんっ!いっ…た…い…」ビクッ

律「っ!!わ、悪い!今抜くか…」

澪「だっ、だめっ!!お願い…だか…らぁ…私っ…がんばる…から…」

律「うっ…わ、わかったよ…(まだ半分くらいしか入ってないのに…)」ズブッ


澪「~~~っっ!!(いた…いっ…!けど…がまんっ…しなくちゃっ…)」ギューッ

律「(澪…あんなにシーツ握り締めて…苦しそうだ…けど…)はぁっ…澪…ほら…全部…入った…」



澪「ふーっ…ふーっ…」

律「(ホントに…血って出るんだな…澪には見せらんないな…コレ…)…澪…落ち着いたら言ってくれ…動くから…」ドキドキ

澪「も…だいじょ…ぶ…りつ…の…好きに…動いて…」

律(くそっ…澪が可愛すぎる!ホントは、澪を目茶苦茶にしたい…けどっ…)

律「…ゆっくり…行くから…」ズプッズプッ

澪「んっ…んっ…ん…」



律「ふっ…ふっ…」ズブズブ

澪「んっ…ふっ…(今…私っ…律と…セックスしてるっ…)」ギシギシ

律「み…おぉ…」ズプッ

澪「(あ…最初…痛いだけだった…のに…だんだんっ…)あっ…ひぁっ…」ギシッ

律「(あ…声のトーンが変わった…もしかして…)澪っ…気持ち…いいか…?」ズップズップ

澪「んんっ!あぁっ!り…つぅっ!…もっと…んぁっ…激しくっ…!」



律「っ!!澪ぉっ!」

澪「ふぁっ…あぁっ!」

律「(突く度に胸…すげぇ揺れて…澪の表情も…興奮する…!)はっ…はぁっ!…澪っ!可愛いよっ、澪っ!」

澪「あんっ…りっ…つっ!んぁっ!(またっ…イッちゃ…!)」

澪「りっ…つぅっ!おねがっ…んっ!…手っ…繋いでっ…!」

律「はぁっ…!…わかったっ!澪っ…」ガシッ



澪「りつぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!!!」ビクンビクンッ

律「はぁっ…はぁっ…(イッた…よな?)」

澪「はぁっ…はぁっ…(…イッちゃった…)」

律「はぁっ…もうっ…抜くぞ…?」ズポッ

澪「んっ…」ピクンッ

律「…はぁ…はぁ…どうだった?」ドキドキ

澪「はぁっ…気持ち…良かった…すごく…(頭…真っ白になる…)」クタッ



律「そりゃ良かったな…」ムズ

澪「はぁ…はぁ…律…私…律にしてあげたい…」ドキドキ

律「えっ!?」ドキッ

澪「…ズルイよね?私ばっかり…気持ち良くなって…」

律「うっ…(正直…我慢出来ないかも…)」

澪「…律…?」



律「…でも…澪…疲れてるだろ…?」

澪「…うん…まぁ…結構…」

律「じ、じゃあさ、コレ付けてあお向けになってくれ!」スルッ

澪「え…あ、あぁ…うん…わかった…」カチャカチャ

澪「…付けたよ…?」

律「私が動くから…澪は休んでていい…」



澪「…えっ…り、律…?」

律「私も…初めてだからな…」ドキドキ

澪「!う、うん…」ドキドキ


律「澪、そのままだぞ…そのまま……くっ…」ズッ

澪(律の…初めて…)ドキドキ

律「く…あぁっ!いった~っ!!」ズリュッ

澪「り、律!?大丈夫か!?」グイッ

律「ひっ!!…う、動くな澪っ!!起き上がんないで…まだ…痛い…」



澪「う…ごめん…(律は優しくしてくれたってのに…私は…)」

律「へ、へへっ…痛い…けど…なんか、嬉しいな…澪と1つになれて…」

澪「(ば、ばかりつ…よくそんな恥ずかしいこと…)…って、律!血、血出てる!」ビクッ

律「(あ…やべ…)し、心配すんなよ…お前も出てたぞ…?血…」

澪「そ、そう…なの?」ビクビク

律「…そうだよ…んっ…だから…だいじょぶだ…(痛み…引いてきたか…?)」

澪「ホントに…大丈夫…なんだよな…(よ、良かった…)」ホッ



律「ふーっ!…じゃあ…動くな?…んっ…」ズプッ

澪「律…」ドキドキ

律「んぁっ…ふぁっ…(コレ…ヤバイ…奥まで…当たるっ!)」ズップズップ

澪(律…可愛い…それに…こんなに…腰動かして…)ドキドキ

律「んっ!…くうぅっ…んはぁっ…」ズリュッズリュッ

澪(…あんなに…気持ちよさそうにしてるのに…私は…見てるだけ…なのか…?)ズキッ

律「あぁっ!澪っ!いいっ!気持ちぃよっ…」ズプッ

澪「~~っ!(ヤダ!私も律を気持ち良くしてあげるんだ!!)」グイッ



律「~っ!!?ひぁっ!み、澪ぉ!?動いひゃ…やっ…んっ!」ビクンッ

澪「はぁっ…はぁっ…(律の動きに…合わせるんだ…)」グイッグイッ

律「みっ…おぉっ!!んはぁっ!(私が…腰下げると…ちょうどっ…澪が突き上げてっ…気持ちいいっ!)」

澪「律っ!律っ!!(感じてるっ…律…可愛いっ!もっと…もっと見たい!)」

律「あぁっ!イクっ!澪っ、私っ、イクっ!!」ズブズブ

澪「見せて!律のイクところっ!」

律「いっっっっくぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ!!!」ビクンビクンッ



律「はーっ…はーっ…はぁっ…」トローン

澪「はぁっ…はぁっ…これで…律は1回目…だな…じゃあ…」ガバッ

律「!?み、澪…何を…(澪が…上に…)」ドキドキ

澪「…私は2回イかされたんだ…律ももう1回イかせるもん…」

律「!!も、もういいって!」

澪「…ヤダ」ズプッ

律「ひぁっ!」ビクンッ

澪「…」グッチャグッチャ

律「んぁっ…ダメだってば!い、イッたばっかりで…ふぁっ…びんかんにっ…なってるからぁっ!!」ビクビクン



澪「はぁっ…はっ…私…まだ律のおっぱいも触って無かった…」モミッ

律「ふぁっ!そんなっ!同時にぃっ!だめっ!おかしくなるぅっ!」ビクンッ

澪「律っ!好きだぁっ!大好きだっ!!」ズップズップ

律「ひぁっ!み、みおぉっ!わたひもっ!んぁっ、だいっ…しゅきぃっ!みおぉぉぉぉぉぉっっ!!!」ビクンビクンッ



律「あっ…ふぁ…イッちゃ…たぁ…」ビクッビクッ

澪「はぁっ…すごく…可愛かった…律…(…抜くか…)」ズッ

律「ん…はぁ…はぁ…澪も…可愛かった…」

澪「り、律…(外そ…)」カチャカチャ

律「…」

澪「律?」

律「ん……」スゥ

澪「あ…もう寝てる…ん…私も寝よ…疲れた…おやすみ、律…(手…繋いで寝ようかな…)」



よくあさ!
チュン…チュン…
律「ん…ふぁ…ん?…!!(は、裸!?み、澪まで!?)」

律「…あ、そか…昨日…」ポーッ

澪「ん…ん~っ…」パチ

律「あ、お、おはよ澪…お、起こしちゃったか…?」ドキドキ

澪「ん………おはよ……あわわっ!…はだ、はだ、裸だ…あ…昨日…律と…」ボンッ

律「ぷっ…(私と同じ反応)」

澪「…あ」

律「ど、どうした?澪」



澪「えへへ…律と…手、繋いだままだった」

律「へ!?あ、ホントだ…気付かなかった…」

澪「昨日寝る時、手を繋いで寝たんだよ…ふふっ♪」

律「そ、そうなんだ…でも、何でそんな嬉しそうなんだよ」ドキドキ

澪「寝てる時も律と1つになってたんだな、って思ったら…」ドキドキ

律「っ!(1つに…って…ヤバ…昨日のコト…思い出した…)」カァッ///

澪「あっ…(うぅ…昨日…律と1つに…あぅ…)」カアァッ///



澪「そ、そういえば昨日最後に言ったコト…覚えてる…?」ドキドキ

律「な、何…それ」ドキドキ

澪「だっ、大好きってヤツ…」ドキドキ

律「~~っ!!…覚えてる…かも…」ドキドキ

澪「も、もう1回…ちゃんと言おうよ…」ドキドキ



律「…う、うん…じ、じゃあ澪から…どうぞ」ドキドキ

澪「わ、私から!?」ドキドキ

律「…言い出したの…澪…だろ?」ドキドキ

澪「ん、まぁ…(お、落ち着こう…)」スーッハーッ

澪「律!」

律「は、はい!!」ビクッ

澪「私は律が、好きだっ!大好きだ!!誰よりも律が好きだっ!!!」



律「!!(面と向かって言われるの…案外ハズい…)」ドキドキ

澪「ふーっ………ほら、律の番だぞ…(もぅ…恥ずかしくてしにそうだ…)」バックンバックン

律「~っ!わ、わかったよ!言えばいいんだろうがっ!」ドキドキ

律「澪…好きだ…ぞ?」ゴニョゴニョ

澪「き、聞こえない!」

律「澪が、好きだ」ドキドキ

澪「まだ聞こえない!!」

律(くそっ…もうヤケだっ!!)



律「澪っ!!好きだ好きだ好きだっ!!大好きだぁぁぁぁっっっっ!!!!!」

律「はーっ!はーっ!どうだ…言ってやったぞ…澪…」ドキドキ

澪「…聞こえてるよ、ばかりつ…」ドキドキ

律「なっ!?お前っ!!」

澪「うん…奥まで…届いた…心の奥まで…響いた…」

澪「…律…キス…しよ?」

律「ん………」チュウ





終わり