※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   休日 秋山家、澪の自室

澪「熊が100頭、クマっちゃうー♪鮭に出会って、サケられたー♪」

カチ、カチ、カチ

澪「・・・駄目だ。こんな歌詞じゃ」

カチ、カチ、カチ

澪「もうこんな時間か。あー、間に合わないっ」

ピロピロピロッ♪

澪「・・・あっ。今、今書いてる。あさって。い、いや。明日までには必ずっ」



澪「・・・ああ、ムギか。・・・いや、律が催促してきたかと思って。・・・期限は無いし怒られないけど、私的にちょっと」

カチ、カチ、カチ

澪「・・・今、時間良いかな?・・・そう。たまには一緒に作るのも良いかと思って。・・・うん、私の家に来てくれれば」

カチ、カチ、カチ

澪「ムギ。時計って、一体何のためにあるのかな」



   同時刻、平沢家リビング

律「えいっ、おりゃっ」

ピピピ

唯「なんのっ、そやっ」

シャシャッ

律「うわーっ」

どかーん」

唯「やったー」

律「ちぇー、自爆しちゃったぜ」

唯「自爆熊爆発、自爆熊爆発、自爆熊爆発」

律「何だそれ、意味無いじゃん。だははー♪」



憂「お疲れ様。ホットケーキ、焼けました」

唯「憂、ありがと♪」

律「さんきゅー。・・・んー、すごいふっくらしてんな」

憂「ヨーグルトを入れてみたんです。入れすぎると酸っぱいけど、上手く行きましたね」

唯「あー。ホットケーキには、やっぱりメープルシロップだね」

律「・・・澪の奴、今頃やってるのかな。また歌詞作ってるのかな」

唯「澪ちゃん、真面目だもんね。私達も練習する?」

律「いいな。ダンダダ、ダンダダ」

唯「ギュイーン、ギュギュイーン。・・・憂もエアセッションしようよ♪」

憂「え?」

唯「憂はエアオルガンね」

憂「オ、オルガン?・・・タラララーン、タラララーン?」

律「憂ちゃん、良いよー。ダダダン、ダダダン、ダダダダー」

唯「ギュギューン、音楽最高ーっ♪」



   秋山家、澪の自室

チャッ、チャラー♪

澪「・打ち込み音源か。・・・良いメロディだな、うん」

紬「主旋律しか入力してないから、まだまだなんだけど」

澪「いや。私も曲を聴いて、イメージが出来てきたよ。これ、コピーして良いかな」

紬「勿論。他のパートも出来たら、メールで送るわね」

澪「・・・ここ、初めのフレーズをアレンジしているのか。ちょっと面白いな」

紬「あら、分かってくれた?」

澪「少し弾いてみようか。ムギは、パソコンで頼む」

紬「ここは移調してるから、ちょっと気を付けないとね」

澪「なんだか、楽しくなってきたぞ♪」



   同時刻、鈴木家リビング

梓「暖かいね、あずにゃん2号は」 もふもふ

純「そんな名前じゃないってば」

梓「良いじゃない。私の中では、あずにゃん2号なんだから」

純「8時になったらどこに行くのよ。・・・と、私は行かなきゃ」

梓「もう?」

純「休日練習の日なのよ、今日は」

梓「休めないの?」

純「私だって休みたいよ。でもそうしたら、他の子が上手くなる訳じゃない。それってどう?」

梓「まあ、結構困るよね」

純「そういう事なのよ。はぁ」



純「梓はこの後、どうするの?」

梓「特に予定も無いし、家に帰るだけだよ」

純「澪先輩達と練習したら?」

梓「自分からは言いにくいもん。それに先輩達は先輩達で楽しんでそうだから、私が割って入るのもね」

純「案外、気を遣ってるんだ」

梓「案外って何よ。あーあ。軽音部も、ジャズ研の半分くらい練習してくれればな」



   平沢家、リビング

律「・・・ふー。熱いセッションだったぜ」

唯「燃えたねー♪」

律「その分、猛烈に虚しいけどな」

唯「たはは。エアセッションだからね」

憂「私、飲み物持ってくるよ」

唯「良いよ、憂。私が持ってくるから。りっちゃんは、何飲みたい?」

律「冷たい物なら、何でも良いよ」

唯「それなら、平沢スペシャル作っちゃおーかな」

律「・・・それ以外を頼む」

唯「そっか。残念だな」 すたすた

憂「お姉ちゃん、私はお茶で良いよ」

唯「分かった。りっちゃんはやっぱり、平沢・・・」 くるっ

律「よく冷えた、氷入りのグレープジュースを頼む」



律「ふー、危ないところだった」

憂「お姉ちゃん、創作料理が好きですから」

律「創作、か。澪の創作活動はどうなってるのかな」

憂「気になります?」

律「唯が言ったように、生真面目な奴だからさ。自分の中で勝手に締め切りを作って、唸ってるんじゃないか」

憂「心配ですか?」

律「さあね。私はそれよりも、唯が平沢スペシャルを持ってこないか心配だよ」

憂「ふふ♪」



   秋山家、澪の自室

   ボボーン♪

澪「・・・なかなか良いな」

紬「後は歌詞を付けるだけね」

澪「歌詞、か。・・・秋鮭、紅鮭、シャケラッチョ」

紬「え、えーと」

澪「私、知ってるんだ」

紬「え?」

澪「過ぎた時間は、決して戻ってはこない事を。あはは、はは、ははは・・・」

紬(こんな重い空気、生まれて初めてっ♪)



紬「私達だけだと煮詰まっちゃうから、誰か呼んだ方が良くない?」

澪「梓を呼ぼうか。多分、真剣に考えてくれると思うから」

紬「それって、余計に煮詰まらない?」

澪「大丈夫。煮詰まるのは、お鍋でコトコト3時間。ふんわり小豆の出来上がりだ」

紬「歌詞が浮かんだの?」

澪「私、何か言ってたか?」

紬(突っ込みたいっ。でも、突っ込み方が分からないっ♪)



   30分後

梓「お邪魔します」

澪「ああ。メロディはムギが作ってくれたから、後は歌詞を作るだけだ。もう少し待っててくれ」

梓「期限は特に無いですよね」

澪「だからって、いつまでも先延ばしする訳にも行かないだろ。よく煮たお餅は良く伸びる、もっちりもちもちモチベーションだ」

梓「それ、新しい歌詞ですか?」

澪「私、何か言ったか?」

梓「・・・私の聞き間違いでした」

澪「ぷっ、変な奴だな」 くすっ

梓(相当追い詰められてるな、澪先輩。でも、動物ネタに走ってないだけましか)

澪「あーり、さんかく、ひつーじ、あーり、さんかく、ひーつじ。・・・うん、調子出てきたっ」

梓(全然訳分かんないし、でも何かイメージ出来ちゃうし)

紬「うふふ♪」



   平沢家リビング

律「うーん、ゲームはもう良いか」

唯「そだね。・・・あずにゃん、何してるのかな」

憂「家でゆっくり休んでるよ、きっと」

律「よし。梓にメールだ。・・・今、何してる?え?どうしてそんな事聞くのかって?私、梓の事が気になって仕方ないんだ♪・・・送信と」

唯「ふざけすぎだよ、りっちゃん。怒られちゃうよ」

律「梓が怒る訳無いだろ。・・・と、帰ってきた」

憂「なんて書いてあります?」

律「……ふざけるな、デコ」

唯、憂「えっ」



律「by、澪とある」

唯「ああ、澪ちゃんと一緒にいるんだ」

律「ちぇっ。向こうは向こうで楽しんでやがるな」

唯「私もメール送ろっと。澪にゃん、澪にゃん。今日から、澪にゃんって呼んで良い?・・・送信と」

律「もう呼んでるじゃんよ」

唯「えへへー。あ、返ってきた」

憂「なんて書いてある?」

唯「おっけーでーす♪」

律、憂「えっ」



唯「byムギにゃんだって」

律「ムギにゃん・・・、じゃなくてムギもいるのか。何やってるのかな、あいつら」

唯「間違っても、エアセッションはやってないだろうね」

憂「もしかして、曲作ってるのかも」

唯「あ、それはあるかも」

憂「お姉ちゃん達も、応援に行ってみれば?私、差し入れ作るね」 すたすた



律「澪の奴、自分一人だけ楽しみやがって」

唯「でも曲を作るのは、澪ちゃんとムギちゃんだよね」

律「おう」

唯「私達って、一体何なのかな」

律「・・・少なくとも、演奏時には必要だぞ」

唯「演奏して無い時の私達って、何なのかな。もしかして、単なる賑やか・・・」

律「あはは、何言ってるんだよ。私達は、そこにいるだけで良い存在なんだよ」

唯「そかな。本当に、そかな?」

律「唯、真面目になったら負けだ。ドラムは打ち込みの音源だけで十分なんて思うのは、絶対良くないぞ」

唯「私、変な汗が出てきたよ」

律「私なんて、目から出てきそうだよ」



   秋山家、澪の自室

澪「・・・駄目だ、全然良いアイディアが出て来ない」 ぐったり

梓「大丈夫ですか、澪先輩」

紬「澪ちゃん、根を詰め過ぎじゃなくて?」

澪「・・・コンコンコン。キツネキツツキ北杜夫」

梓「えーと、今のは」

澪「駄目だ」

梓「そうですよね」

紬「明るいイメージはどうかしら。マンボみたいに、燦々と太陽が降り注ぐような」

澪「・・・さんさんさん。サンマサワガニ斎藤宗吉。・・・駄目だっ」

梓(斎藤宗吉って、誰)



澪「うーん、うーん、うーん」 ぐったり


紬「空気が重いわねー♪」 ぽそっ

梓「・・・ムギ先輩は平気なんですか?」 

紬「今まで味わった事がないから、むしろ新鮮なのよね」

梓「私は倒れそうなんですが。・・・ムギ先輩は曲を作る時、あまり悩みません?」

紬「そういう時は庭を散歩してみたりして、気分転換するの。私の場合、無理をするのは良くないみたい」

梓「澪先輩は、性格的に無理するタイプっぽいですからね」

紬「でもそうやって頑張るのが、澪ちゃんの良い所じゃないかしら」

梓「はいです♪」



澪「・・・イルカだよ。クジラじゃないよ、イルカだよ。イルカとクジラの違いはね。体の大きさだけなんだ♪」

梓(だったら一緒だし、もはや歌詞でもないし)

澪「・・・違う。何かが違う。梓は、何が違うと思う?」

梓(何もかもが違うと思う)

澪「どう思う?」 ずいっ

梓「え、えと。その、あの」

紬「取りあえず、少し休憩しましょうか。お菓子も持ってきてあるし♪」

澪「・・・そうだな。ちょっと休むか。私、お茶持ってくる」 とたとた

梓(やっぱりムギ先輩は気が利くなー。良い匂いがする訳だよ♪) くんかくんか



澪「あー、うー。むーん」 ぐったり


梓(やはり、重い)

紬「・・・唯ちゃん達を呼ぼうか?あの二人がいれば、空気も和むだろうし」 ぽそっ

梓「澪先輩、怒りませんか?」

紬「きっとは大丈夫だと思う。それに何かあったら、私が怒られるから」

梓「ムギ先輩♪」


澪「・・・やっぱり、万葉集から紐解いてみるか。なんといっても、歌の元祖だからな。・・・熱田津にー♪船乗りせむとー♪」

梓(遡りすぎだし、吟じ出しちゃったし)

紬「はー。よいさー、よいさっ♪」 ぱん、ぱん

梓(合いの手入れる事じゃないし) ぱん、ぱん



   平沢家リビング

 ピロピロピロ

律「お、ムギからメールだ。・・・今すぐ、澪ちゃんの家に来て下さい。お菓子あり。だって」

唯「おおっ。行く前に、向こうからお呼びが掛かったよ」

律「結局さ、私達の力が必要だって事なんだよ」 

唯「出ちゃう?私達の隠されてた能力が発揮されちゃう?」

律「されちゃう、されちゃう。いやー、参ったな。ムギがそこまで言うなら、行くしかないか」

憂「ロールケーキ出来たよ。・・・ムギさんに呼ばれたって聞こえてきたけど」

唯「憂、ありがと♪私達、澪ちゃんの家に行ってくるね。だって私達、必要とされてるから」

律「もう、私達じゃないと駄目なんだって感じだよ」

憂「ふふっ。律さん、頑張ってきて下さいね。お姉ちゃんも♪」

唯「憂、お姉ちゃんはやってくるよ♪」

律「待ってろよー、澪。私達の本気って奴を見せてやるぜ」


2/2