※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「うんこたーれてー」

澪「やかましい」



唯「ねえねえ澪ちゃん」

澪「なんだー、唯」

唯「勉強なんかしてないで構ってよお」

澪「いや、今忙しいから」

唯「なんで忙しいの?」

澪「だから宿題してるから」

唯「もお宿題なんて授業中にしといてよ、ぷんぷん」

澪「無茶言うな」

唯「澪ちゃんのばか! おっぱいデカ星人!」

澪「宿題見せてやらないぞ」

唯「ごろにゃん♪」



唯「暇だよー」

澪「漫画でも読んでろよ」

唯「だって澪ちゃんの漫画ってえっちなのばっかなんだもん」

澪「BLはエロ漫画じゃないぞ」

唯「どっちでもいいよ」

澪「じゃあ、はいこれ」

唯「なあに?」

澪「エロ漫画」

唯「読みたくないよ!」

澪「どっちでもいいって言ったろ」

唯「そもそもなんでそんなの持ってるの?」

澪「いいからそれ読んで大人しくしてなさい」

唯「えー」

澪「……」

唯「みおちゃーん」



澪「……」

唯「みーおーちゃん」

澪「……」

唯「ちぇっ」

唯「……」

唯「……」ぺら

唯「……」

唯「……」ぺらぺら

唯「……おお」



澪「ふう、そろそろ休憩するか」

唯「……」

澪「ゆーい、宿題終わったぞー」

唯「ふうん」

澪「ゆーい」

唯「うん」

澪「構えよ」

唯「今忙しいから」

澪「エロ本に?」

唯「うん」

澪「そんなの授業中に読めよ」

唯「そうする」

澪「って、なんでだ!」ぺし

唯「うん」



澪「やれやれ、こりゃ梃子でも動かんな」

唯「……」

澪「今のうちに緊縛してしまおうか」

唯「へんたい!」

澪「変態は唯」

唯「えっ、なんで??」

澪「人んちでエロ本に夢中になってるって変態以外の何だと言うんだ」

唯「でも、この本は澪ちゃんのだよ?」

澪「うん」

唯「こういう本持ってる人をなんて言うの?」

澪「変態」

唯「うん」



澪「本当はその本は律から借りたんだ」

唯「えー、それは嘘だよお」

澪「私は嘘をつかない」

唯「だってこないだ私が耳元で『ペニス』って言ったらりっちゃん動揺して鼻血出したよ」

唯「そんなにうぶい子がエロ本なんて持ってるわけないよ!」

澪「スケベだからこそそういう反応をするんだって」

唯「それに私のエロ本見せたら泣いてたし」

澪「何してるんだお前は」



澪「『私のエロ本』ということは唯も持ってるのか」

唯「あ」

澪「エロ本持ってる人のことなんていうの?」

唯「……へんたい」

澪「だよな」

唯「でも、澪ちゃんも持ってるよね」

澪「この話やめようか、双方にやさしい解決が訪れそうもない」

唯「まったくそうだね」



唯「りっちゃんって意外なほど奥手だよね」

澪「あいつは普通にエロネタ嫌いだよ」

唯「あんなにいいオデコしてるのに……」

澪「オデコがなんの関係がある」

唯「ええー? んふふー」

澪「よく分かんないけど変態」



唯「りっちゃんはこのままではいけないと思うんだ!」

澪「どうした、急に」

唯「だって、ペニスって言葉だけであんなに取りみだすようじゃ、男の人といたす時はもっと大変だよ!」

澪「うーん、どっちかって言えばそういううぶい反応を男の人は喜ぶんじゃないかな」

唯「ええー、そうかなあ」

澪「というか唯だって見たことないだろ」

唯「み、見たことくらいあらあ!!」

澪「言っとくが本物は漫画みたいに大きくないぞ」

唯「えっ」

澪「やっぱり信じてたか、それに精液だって」

唯「じゃなくて、なんで澪ちゃんそんなこと知ってるの?」

澪「……」

唯「……」

澪「この話やめよっか」

唯「みおちゃん!」



澪「それより唯、おまえどういうつもりだよ」

唯「えっ、ど、どうって……」

澪「律の耳元でペニスとつぶやくとかどんな意図があったんだ」

唯「ふっふーん」

澪「ふっふーんじゃなくて」

唯「澪ちゃん、もしかしてやきもち?」

澪「ちがわあ」

唯「心配しなくても澪ちゃんの耳元でもペニスって言ってあげるよお」

澪「……いや、そんなことは望んでない」

唯「ペニス」

澪「やめて」

唯「おちんちん!」

澪「あう///」



唯「おっおー?」

澪「・・・」

唯「おちんちん?」

澪「きゃあ////」

唯「おちんちん」

澪「ひいっ//////」

唯「おっちんちん!」

澪「やあ/////////」

唯「ぽっちん」

澪「ゆい、やめて!」



唯「おちんちんちん」

澪「やめてよぉ……」

唯「ひょっとして発情しちゃった」

澪「……」コクン

唯「でも駄目だよー、ここは部室だもん」

澪「ゆいー」

唯「そんな切ない声出したってだーめ!」

澪「唯……」

唯「まったく澪ちゃんは変態なんだから」

澪「唯っ!」がばっ

唯「澪ちゃん!?」



唯「澪ちゃん、重いよ…どいて……」

澪「唯が悪いんだからな」

唯「やっ、やだ、ダメだってば、私そんなつもりじゃ」

澪「もう遅いんだよ」

唯「お願い澪ちゃん」

澪「うるさい、黙ってろ」ぺし

唯「やだよう……ぐすっ」



澪「ふふふ……そんな顔してもそそるだけだぞ」

唯「んっ、ふう……」

澪「ふふふ……なかなかいいおっぱいだ」

唯「……」

澪「……」

唯「……おっぱい」

澪「……ぷっ」



唯「おっぱい、おっぱいって!」

澪「ひひひ、やめ。やめろ笑わせるな!」

唯「なかなかいいおっぱいだ キリッ」

澪「やーめーろっって! それを言うならお前だって『ぐすっ』はないだろ!」

唯「あはははは、っていうか澪ちゃんちょっとマジになってなかった?」

澪「ないってーあはは」

唯「若干おっぱい揉みに本気入ってたし」



澪「ないって」

唯「ほんとー?」

澪「ないない」

唯「……なら、揉む?」

澪「え、いいの?」

唯「あっ、やっぱり変態!」

澪「しまった引っかけたな!」

唯「引っかけたのじゃ」

澪「おのれ」


2/2