※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「誰か携帯なってるよ~」キョロキョロ

律「あ、私だ 誰からだろ」パカッ

カチカチ

律「男からかー」

澪紬「!!」

唯「へ?」

梓「誰です、それ?」

律「あれ?」



律「お前らに言ってなかったっけ?」

唯「何が~?」キョトン

律「何って、私の彼氏の事」

梓「かれし?」

澪「…」ピクッ

律「うん」

梓「ってええええぇぇぇ!!」ドッカーン

梓「そんなの初耳ですよ!てか律先輩に彼氏ですか?」

律「おいおい梓 そりゃどーゆー意味じゃコラー」グリグリ

梓「あいたたたたた!」



唯「へぇ~、りっちゃんに彼氏か~」マジマジ

律「よせやい!あんまり見るなよー 照れるだろ!」

梓「律先輩と付き合うなんて一体どこのもの好きなんですか!?」

律「梓、さっきからてめー調子乗りやがって~」

ドタバタドタバタ

澪「…」

紬(澪ちゃん…)



唯「で、なんてきたの?」

律「おっと、本文チェックするの忘れてたぜ」

梓「痛いですぅ」ヒリヒリ

律「なになに 『部活終わってますか?時間合えばちょっと一緒に寄り道しませんか?ちょうど近くに来てるんです』」

唯「おおー デートのお誘いだね!」

梓「律先輩のくせに生意気です!」ベーッ

律「ほっほう そんなのは彼氏作ってから言えやー!」グリグリ

梓「ううーっ!」

澪(律が行っちゃう…!)

紬(私にできる事は… 何も無いのね)



律「それじゃ、悪いけどお先ーっ!」ダッ

唯「じゃあね~」

梓「さよならです!」

紬「!!」チラッ

澪「あ…」

タッ

─ リツガイッチャウ ─

タッタッ

─ リツガワタシノマエカラキエチャウ ─

タッタッタッ

─ ワタシヲオイテトオクヘイッテシマウ ─

澪「り、律!」



律「ん?」クルッ

紬「澪ちゃっ!」

澪「…」

唯「??」

梓「先輩?」

律「な、何だ、澪」

澪「…」

紬「っ!」アワワ

澪「まっ …」

澪「…じゃあな 楽しんでこいよ」

律「お、おう」クルッ

タッタッタッタッタッタッタッタッ

紬「澪ちゃん!!」

澪「それじゃ私達も帰ろっか」

紬「澪ちゃん…」



キーンコーンカーンコーン

ドタドタドタドタ!ガラガラッ!

唯「セーッフ!!」ズザー

唯「あ!みんなおは… あれ?澪ちゃんは?」



紬「…今日は休みみたい」

律「体がダルいんだってさ」

紬(澪ちゃん… やっぱり昨日の事が…)

唯「そっか~ 心配だなあ」

律「最近澪なんかおかしかったからなー」

律「やっぱ体調崩してたのかな(ホントどうしたんだよ澪…)」



先生「それで、ここがこうであるからにして~」

唯(はあ… 澪ちゃん大丈夫かなあ)

律(ツッコミがいないと調子狂うなー と言っても最近の澪はつっこんでくれない訳だが)

紬(昨日… きっと澪ちゃんはりっちゃんの事を呼び止めたかった でもできなかった)



紬(休み時間の時 澪ちゃんは自分の事を『嫌な人間』と言ったわ)

紬(何か後ろめたい事でもあるのかしら…)

紬(応援すると言っておいて結局何もできてない私の方が口だけの『嫌な人間』だわ)

先生「なので、ここはこうで~」



キーンコーンカーンコーン

唯「んん~ 疲れた!」ノビノビ

律「で、今日の部活はどうするよ?」

紬「梓ちゃんがいるかもしれないしとりあえず部室には行っておきましょう」

唯「さんせー!」タタッ

律「んじゃ梓に澪の事話して解散って所でいいか」

律「澪抜きで個人練習してもいいけど今は個人よりもみんなで合わないことが課題だしな」

紬「そうね(多分、合わないのは澪ちゃんや私のせいよね…)」



ガチャッ

唯「あーずにゃーん!」ダキッ

梓「遅いですよっ先輩方」

律「いやー今日はちょっとな」

紬「今日の練習は残念だけど…」

梓「あれ?澪先輩休みですか?」

律「ああ、だから今日の部活は休みだ」

梓「それは残念です…」ショボン

律「その代わりに澪の見舞いに行こうぜ!」

唯「さんせーい!」

梓「それはいい考えですね!」

唯「ってターイム!危ない危ない忘れる所だったよー」

紬「何を忘れる所だったの?」

唯「昨日のりっちゃんのデートの話だよ!」ビシッ



律「あ、ああ 別に大した事じゃないよ」

唯「それで?それで?」ワクワク

梓「…」ジッ

律「梓、お前もかいっ!」

律「ん、ムギは気にならないのか?」

紬「気にならないわけじゃないけど…」

律「女の子同士じゃないとダメってか?」ヒヒッ

紬「もうっ!りっちゃんったら!」プンプンッ



律「まあでも、ほんと大した事ないんだって」

律「軽くお店入って服とか見てさ、コーヒーショップでコーヒー飲んだだけ」

唯「え~… りっちゃんそれだけなの?」

律「健全なお付き合いをさせていただいてますので」キラリ

梓「つまらないです!」プスー

律「お前らは私に何を期待してたんだよ…」



律「はいはい、この話はここで終了 見舞い行くぞー」

唯「おー!」

梓「おー!」

紬「お、おー」

紬(今お見舞いに行って、澪ちゃんりっちゃんに会ってくれるかな…)

ゾロゾロゾロ

7