※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「・・・だって、変じゃないか」

唯「え?」

澪「女同士で、そんなの、絶対おかしい」

唯「うん、おかしいね。で?」

澪「・・・え?」

唯「いや、だから、それがどうしたの?」

澪「・・・」

唯「澪ちゃん」

澪「・・・」

唯「他になんか知ってるんじゃない?」

澪「・・・」

唯「何ウトウトしてるの、このタイミングで寝たらさすがに怒るよ」

澪「ご、ごめん」ハッ

唯「都合が悪くなったら寝るくせがあるね?」

澪「あはは・・・」




唯「・・・で、何か知ってたりするんじゃない?」

澪「・・・」

唯「澪ちゃん」

澪「この間・・・!」

唯「この間?」

澪「唯達が遅れて来た日があっただろ?」

唯「んー、あったかも」

澪「そのときに」

ガチャッ

唯澪「!!?」

紬「遅れてごめんなさい」バタンッ

澪「あ、あぁ、委員会お疲れ様」

紬「今お茶淹れるね」

唯「えへへ、ありがとー♪」




唯「ムギちゃんにも聞いてもらえば?」

澪「・・・!?」

紬「え?今なんか言った?」

唯「ムギちゃーん、澪ちゃんが相談したいことがあるんだってー」

澪「ばかっ!唯!」

唯「え?駄目だった?」

澪「・・・唯が何を考えてるのか、全くわからない」

唯「あはは、教えてあげよっか?」

澪「?」

唯「何も考えてないんだよ」アハハ

澪「」




紬「それで話って?」

澪「・・・いいや、この際、みんなに聞いてもらおう」

唯「うん、はいどうぞ♪」

澪「えっとな、唯達が遅れて来た日に」

紬「あぁ、つい最近?」

澪「そうそう。ドアを開けたら・・・」

唯「開けたら・・・?」ゴクリッ

澪「律と梓が離れたんだ」

唯「・・・澪ちゃん、もうちょっとわかりやすく」

澪「なんかくっついてたんだよ。それが、誰か入ってきて驚いたように離れたんだ」

紬「何をしていたの?」

澪「・・・わからない、バッと離れちゃったから。だけど、梓の服がちょっとはだけてた」

唯紬「そこまで見たなら何をしていたかわかれよ」




澪「なっ、わからないよ!」

唯「りっちゃん達が離れたって、どういう体勢だった?」

澪「いや、正しくは二人が離れたっていうより、律が椅子に座ってた梓から降りたような」

唯「ねぇ、それもう決定的だよね、決定的瞬間だよね」

紬「むしろ澪ちゃんが他にどんな可能性を考えているのか私にはわからない」

澪「いや、目にゴミが入っただけかもしれないし」

唯「目にゴミが入ったって服を脱ごうとしないでしょ」

澪「あ・・・!!」

唯「その『言われてみれば・・・!』っていうリアクション」

紬「澪ちゃん・・・」

澪「とにかく、それから私は二人の関係が疑わしくなったんだ」

唯「私ならグレーじゃなくて完全にクロだけどね」

澪「私は二人のことが、その、心配になったっていうか・・・」

紬「私は澪ちゃんの思考回路が心配だわ」




澪「で、ムギは知らないと思うから昨日の話もするな」

紬「なぁに?」

澪「昨日律に電話をかけたら、電話中だったんだ」

紬「あら、そうなの?」

澪「それでまさかと思って、梓にも電話をかけたら・・・話し中だったんだ」

紬「澪ちゃんのやってることってストーカー顔負けね♪」

澪「あぁ、ありがとう」

唯「お礼言っちゃったよ」

紬「でも、それで?澪ちゃんは二人をどうしたいの?」

澪「・・・いや、その、うーん」

唯「私もそこが疑問なんだよねー。最初はりっちゃんが冷たいって言ってたでしょ?」

紬「最初?」

唯「そう、私の布団に入ってたとき」

紬「唯ちゃん達何してるの」




澪「昨日寂しさのあまり唯の部屋のベッドに忍び込んだんだ」

紬「澪ちゃんって色々アウトね」

澪「ムギ、褒めすぎ///」

唯「いっそ清々しくなってきたよ」

紬「澪ちゃんはりっちゃんのことが好きなの?」

澪「え?そりゃ、幼なじみだし、親友だし・・・」

紬「そうじゃなくて、恋愛対象として」

澪「ない、それはない」キッパリ

紬「あら」

唯「ちょっとびっくりしたでしょ?」

紬「えぇ、私はてっきり・・・」

唯「澪ちゃんさー」

澪「なんだ?」

唯「私のことどう思ってる?」




澪「唯のこと・・・?バンドメンバーだし、大切な友達だと思ってるよ」

唯「親友?」

澪「あぁ、親友だよ。って、なんか恥ずかしいな・・・///」

唯「私、最近帰りに寄り道することが減ったんだけど、気付いてた?」

澪「・・・え?」

唯「ムギちゃんは?」

紬「それは気付いてたけど・・・」

唯「澪ちゃんは気付かなかったんだね?」

澪「・・・あぁ、その、ごめん」

唯「あ、いや、そういう意味で言ったわけじゃないからいいんだよ。
私が言いたいのは、りっちゃんってやっぱり澪ちゃんにとって特別だよね、ってこと」

澪「・・・それは、そうかも」

唯「澪ちゃんはきっとりっちゃんを取られて嫉妬してるんだよ」

澪「だからそういう意味で律のこと好きじゃ・・・!」

紬「別に、好きな人じゃなくても嫉妬はするでしょう?」




澪「うーん・・・そういうことなのかな」

唯「じゃない?だって、私が同じようになっても澪ちゃんはこうはならないでしょ?」

澪「そうかもな・・・」

紬「でも、りっちゃんと梓ちゃん・・・気になるわね」

唯「それは友達として?それともムギちゃんの趣味?」

紬「両方よ」

唯「だよね、わかってた」

澪「でも、同性愛なんて・・・止めた方が良くないか?」

唯「それはどうだろうねー」

澪「え?」

紬「私も、そういう考え方しか出来ないのは悲しいと思う」

澪「・・・ごめん」

唯「いや、澪ちゃんがりっちゃん達を思ってそう言ってるのはわかるよ」

澪「あぁ・・・」




唯「ただ、例えばりっちゃん達を別れされて・・・ホント例え話だけど二人が自殺しちゃったら?」

澪「そ、それは・・・いやだ」

唯「でしょ?」

澪「私は・・・おかしいと思うけど、二人が本気なら見守れるよ」

紬「澪ちゃんいいこいいこ」

澪「へへ///」

唯「羨ましくなんかない、別に羨ましくなんかない」

澪「だけど、世間はそうもいかないだろ?」

唯「それはそうだけど・・・だってもうエッチしちゃってるんでしょ?」

澪「!!?/////」

唯「『淡い恋心~』って段階でもだろうないし、止めても無駄だと思うよ?」

澪「う、うーん・・・」

唯「ま、気長に見守ろうよ」

紬「私もそれが一番だと思うわ」

澪「わかったよ、しばらくそうしよう。・・・ちょっと寂しいけど」




唯「えへへ、澪ちゃんいいこー」ナデナデ

澪「なんだよ、唯まで」アハハ

紬「唯ちゃんと間接ナデナデ・・・///」

唯「なにそれ怖い」

律「うーっす」ガチャ

唯「あ、りっちゃん」

梓「遅れてすみません」バタンッ

澪「梓も一緒か」

律「あ、あぁ、そこでたまたま会ってな」

唯「そっか、それでたまたまエッチしてきた?」

律「!!?///」

唯「なんてね、冗談だよ」

律「へ、変なこと言うなよ!」

梓「ほ、本当ですよ!よりによってなんで律と!」

紬「梓ちゃん、呼び捨て呼び捨て」




唯「動揺しすぎだよー」アハハ

梓「な、なんのことだか」

紬「知らんぷりしてようと思ったけど、難しいかも」

律「え?今なんか言ったか?」

紬「ううん、なんでもない」

澪「りつ」

律「ん?」

澪「・・・いや、なんでもない。ちょっとお茶して、ちゃんと練習しような」

律「へいへーい」

唯「今日は張り切っちゃうよー!」

紬「私も!」

梓「じゃ、私は普段通りで」

律「空気読めよ!」




唯の家


唯「ただいまー」

憂「おかえり」

唯「はぁ、今日は疲れたなー・・・」

憂「そうなの?」

唯「うん、ほら、澪ちゃんの件でさ」

憂「あー・・・昨日は黙ってたけど、実は・・・」

唯「なに?」

憂「最近、梓ちゃん律さんの話すること多いんだよね」

唯「あー、だろうね」

憂「嬉しそうに話すんだよ、惚気話かと思うくらいに」

唯「っていうか、それ惚気話だよ」

憂「え?そうなの?」

唯「うん、絶対そう」




憂「へぇー、なんで言い切れるの?昨日はまだわからないって言ってたでしょ?」

唯「りっちゃんとあずにゃん、できてるよアレ」

憂「え!?」

唯「澪ちゃんが部室でエッチの現場目撃してるし」

憂「澪さん!?昨日はそんなこと一言も・・・!」

唯「そうそう、澪ちゃんはそういう風に思ってなかったみたいだけど・・・」

憂「勘違いじゃない?」

唯「あずにゃんの服がはだけててその上にりっちゃんが乗ってたんだってさ」

憂「ガチじゃん」

唯「あずにゃんガチにゃん」

憂「やめたげて」




唯「とりあえず澪ちゃんとムギちゃんとで、『しばらく見守ろう』って話になったよ」

憂「・・・澪さんはそれでいいの?」

唯「うーん、友達取られてちょっと面白くなさそうだったけどね」アハハ

憂「そっかぁ。・・・ねぇ」

唯「なに?」

憂「私たちの話、した?」

唯「・・・」ハァ

憂「なんでため息つくかなぁ」

唯「するわけないじゃん」

憂「・・・そっか」

唯「してどうするの」

憂「いや、そうだよね・・・ごめん」

唯「うん」

ピンポーン

唯憂「??」




唯「憂、出て」

憂「うん」

ピンポーン

唯憂「・・・」

憂「しつこいね、今出るのに」

唯「むしろもう出なくていいんじゃない」

憂「それはさすがに・・・」

ガチャ

唯憂「!!?」

律「よー!」

唯「りっちゃん・・・!」

律「へへ、来ちゃった☆」

唯「りっちゃんはいい子だから帰る権利をあげるね」

律「おい泣くぞ」




唯「もー・・・私疲れてるんだよぉー寝かせてよぉー」

律「お前、まだ外明るいぞ?」

唯「寝不足なの、ほっといてよー」

律「ったく、せっかく唯と話しにきたってのに」

唯「どうせあずにゃんのことでしょ?」

律「うっ、そ、そうだけど」

憂「いつからお付き合いしてるんですか?」ニコッ

律「憂ちゃん!!?」

唯「何そんな驚いてるの?」

律「いや、唯はともかく、なんで憂ちゃんまで・・・」

唯「私が言ったんだけど?」

律「・・・お前まさか言い触らしたり」

唯「してないよ。失礼なりっちゃん」

律「へーへー悪ぅござんした」


3/6