※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「・・・え」

澪「・・・」スヤスヤ

律「いや、スヤスヤじゃないから」

澪「・・・」

律「・・・起こしたら面倒なことになるんだろうなぁ」

律「・・・ほっといて寝るか?」

律「・・・悪く思うなよ、澪」モゾモゾ

澪「うーん・・・」

律「もうちょっとそっち行ってくれ」グイグイ

律「・・・なんかこの布団湿っぽいんだけど」

律「・・・」オソルオソル

ピトッ

律「暗くて見えなかったけど、やっぱ全裸か・・・」ハァ・・・

澪「んぅ・・・」モゾモゾ




律「・・・(起きるよな、絶対起きるなよ?)」

澪「・・・」スースー

律「・・・(よしっ)」

律「・・・うわ、すっげぇ澪の匂いする」

澪「興奮する?」

律「まぁ、多少。・・・って、はい!!?!?」ビクゥッ

澪「律・・・?」

律「あ、あぁ」

澪「なんだ、律も唯の家に泊まってたのか」

律「お前と違って平沢姉妹の許可が降りてるんだよ、私は」

澪「・・・そんな言い方」グスッ

律「やめろっ泣くなっ」ボソッ

澪「だって、律が・・・」

律「忍び込んだのは事実だろ」




澪「えへへ///」

律「どこに照れる要素があったのかわかんない」

澪「律だ・・・」

律「ん?あぁ、律だぞ」

澪「・・・」ギュー

律「!!?」

澪「りぃつー」

律「ばばばバカっ離せ」

澪「やだよ。いーや」

律「お前、寝ぼけてるだろ」

澪「だって離したら梓のところ行っちゃうだろ?」

律「この状況だとまず唯達のところに行くけどな」




澪「んー?あぁ・・・あー」

律「おい頭のおかしい子みたいになってるぞ」

澪「んー・・・」スピー

律「・・・やだこいつ、超疲れる」

澪「・・・おやすみ」

律「おやすみ・・・って、言いたいところだけど駄目だ。起きろ」

澪「・・・」

律「今度は狸寝入りか?」

澪「・・・」

律「こら、こっち向け」

澪「やだ」

律「・・・まーた寝ぼけて」

澪「寝ぼけてない」




律「・・・本当か?」

澪「寝ぼけるも何も、今起きたところだし」

律「今って・・・私に抱きついたの覚えてる?」

澪「そんなことするわけないだろ」

律「」

澪「あれ?服が・・・そうか、お前が脱がしたんだな?そうなんだろ、すけべ」

律「お前言ってること支離滅裂なのわかってる?」

澪「おやすみ」

律「逃げんな」

澪「・・・」

律「ほら、起きろ。頭を覚醒させろ」

澪「・・・めんどくさい」

律「叩いたら起きるかな」

澪「律は私のこと叩けないよ」

律「寝ぼけてるくせに鋭いな。会話しにくいっつの」




澪「律は私のこと叩けないし、梓というものがありながらこの状況にドキドキするような子だよ」

律「もういいや、ちょっと黙って」

澪「・・・唯が、来ると思ってた」

律「・・・」

澪「昨日みたいに、唯が布団捲って、それで・・・」

律「・・・」

澪「なのに、律が来ちゃった」

律「悪かったな」

澪「いや、悪いのは勝手に忍び込んだ私の方だよ」

律「ホントにな」




澪「そんな、律・・・ひどい・・・」

律「酷いのは私じゃなくてお前な」

澪「唯とはな・・・律のこと、話したかった」

律「・・・」

澪「なぁ、私さ、今から寝ぼけるから」

律「何言ってんだお前」

澪「いいから」

律「とりあえず服着ろ」

澪「やだ、暑い」

律「駄目、エロい」

澪「・・・」メンドクサイメンドクサイアツイアツイ

律「暑くてめんどくさいのはわかったから」

澪「わかったよ」イソイソ




澪「・・・」スースー

律「え・・・服着た途端寝るか、普通」

澪「やり直しなの」

律「え?本気でやるのか?」

澪「・・・唯?」

律「あ、もうテイク2入っちゃったんだ」

澪「・・・」ゲシッ

律「いたっ」

澪「・・・唯?」

律「(テイク3入った)・・・えっと、そうだよ。今日も来たんだね?」

澪「・・・あぁ」

律「・・・どうしたの?」

澪「私な、律取られるの・・・やっぱり嫌かも」

律「」




澪「今日、ずっと律のこと見てた。律は梓のことを見てた。だから私は梓のことも見た」

律「う、うん・・・」

澪「そうしたら、やっぱり梓は律のことを見てた」

律「そ、そっか」

澪「・・・」

律「えっと、付き合ってる(?)んだし、しょうがないんじゃない?」

澪「うん」

律「・・・澪、まさか」

澪「律はさ、やっぱり私の中で特別なんだよ」

律「・・・そっか」

澪「でも、私は梓みたいに律と接するのはやっぱり無理」

律「めんどくs」

澪「めんどくさいって言ったら殴る」

律「・・・」

澪「なんか言え」




律「コメントしにくい」

澪「だよな」

律「自覚あるのか」

澪「それなりに」

律「生まれて初めて澪を殴りそうになったわ」

澪「・・・りつー!!」ギュー

律「!!?///」

澪「おい、律」

律「ななななんだよ!離れろ!」

澪「断る!おい、お前は梓が好きなのか」

律「・・・す、好きだ」

澪「何故どもった」

律「手厳しいな。っていうかなんだその喋り方」

澪「照れたのか」

律「そうだよ、確認すんな、余計ハズいだろ」




澪「・・・梓とは付き合ってもいいぞ!」

律「なんでお前の許可がいるんだよ!」

澪「ただし、私もちゃんと構え!」

律「構ってるだろ!?」

澪「私は寂しいんだ!」

律「それならお前も彼氏作れよ!」

澪「そういう問題じゃない!」

律「・・・」メンドクセー

澪「言いたいことは言葉で言え」

律「め・ん・ど・く・さ・い」

澪「だって、だってぇ・・・」ギュー

律「だから離せってば!」

澪「律が構ってくれないと寂しいぞ」

律「・・・わかったってば」




澪「りつーりつー」ギュー

律「あーもう」

澪「りつーりつー」ヌギヌギ

律「わーかったってばー・・・って、なんで脱ぐんだよ!///」

澪「暑い」

律「お前フリーダム過ぎるだろ」

澪「律も暑かったら脱いでいいぞ。あ、やっぱり駄目、今日ちょっと私を邪険にしたから脱いじゃ駄目」

律「別に脱ぎたくねぇし」

澪「いいか。私はまだ律と一緒に居たいお年頃なんだ」

律「自分で『お年頃』って言うのどんな気分?」

澪「最低だ!」

律「だろうな」




澪「・・・頭じゃわかってるんだ」

律「・・・澪?」

澪「わかってるし、ちゃんと応援したいし、上手くいって欲しいと思ってる」

律「・・・そっか、ありがとな」

澪「でもやっぱり寂しいんだ」

律「・・・理屈じゃないのかもな」

澪「・・・屁理屈言うなっ」ゲシッ

律「いった!?」

澪「っていうか、私は梓のこと何も聞いてない」

律「聞くも何も仲のいい後輩だろ」

澪「『仲の』と『中野』をかけたつもりか」ハッ

律「知らねぇよ」




澪「そうじゃなくて、なんで付き合う前に相談してくれなかったんだよ」

律「・・・もうちょっと、したら、するつもりだったよ」

澪「・・・」ムスッ

律「わかりやすいな、お前」

澪「だって、付き合ってからって・・・それじゃ相談じゃなくて事後報告だろ」

律「・・・いや、さっきは付き合ってるって言ったけど・・・まだ微妙なんだよ」

澪「・・・は?」

律「怖ぇよ」

澪「エッチしてるんだろ?」

律「う、ま、まぁな」

澪「で?付き合ってるか微妙?」

律「そう」

澪「・・・ふざけるなぁ!」

律「しぃー!静かに!静かにぃ・・・!」




澪「ちゃんと付き合わないと駄目だろう!?」

律「澪!わかったから!静かに!」

澪「なんでお前はそう、だらしないんだ!」

律「澪、うるさいって!」

澪「この!」ガツンッ

律「いったいよ!」

澪「梓がかわいそうだ!」

律「うるっさいなぁ!・・・って、へ?」

澪「?・・・なんだよ」

律「あ・・・そこは後押しするんだ?」

澪「え?言ってるだろ、上手くいって欲しいと思ってるって」

律「自分の首絞めてると言えなくもないような・・・」

澪「そんなことはわかってる。だけど、そういうのはしっかりしないと駄目だ」

律「・・・まぁ、そうだよな」




澪「私とのコミュニケーションもしっかりしないとだめだぞ」

律「へーへー」

澪「なんだ、そのめんどくさそうな返事は」

律「・・・ごめんな」

澪「え?」

律「澪はさ、私と梓のこと・・・私から話さなかったから、だから寂しかったんだよな?」

澪「・・・」

律「もっと、ちゃんと言っておけばよかった」

澪「・・・」

律「信用してなかったとか、そういうんじゃないんだ。ただ、なんかこういう話、苦手でさ」

澪「・・・」

律「そんで、自分でもワケ分かんないまま突っ走っちゃって・・・って、起きろ!」

澪「ほっ・・・?」ハッ

律「なんで寝るんだよ!今のタイミングで!」バカ!




澪「・・・律は自分のことをなんでも自分だけで決める」

律「居眠りについてはスルーか。えっと・・・そりゃ、自分のことだからな」

澪「律はきっと私がいなくてもいいんだ」

律「極端だな、お前」

澪「じゃあどっちなんだよ」

律「はぁ・・・?」

澪「律にとって、私はいるのかいらないのか。答えて」

律「・・・なんで」

澪「・・・」ゲシッ

律「いったい!」

澪「こ・た・え・て」

律「・・・澪は、必要だよ。澪がいてくれないと、いやだ」

澪「ふふ、そっか///」ギュー

律「・・・なんか腑に落ちないけど可愛いからいいや」ナデナデ


6/6