※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪(そうだ!母親代わりとして唯に勉強を教えないとな。小さい内に勉強を始めないといい大学に入れないんだ)

澪「唯、今から本屋さんに行くぞ。算数ドリルを買ってやる」

幼女唯「さんす?しんでれらよりおもしろい?」

澪「面白いぞー私が教えてやるからな」

幼女唯「わーい」


~~~
梓「うわあ・・・教育ママですか・・・澪先輩ならなんとなくわかる気もしますが」

律(澪、私も教育して・・・///)



澪「ドリルドリルっと」

幼女唯「しらうきひめほしい」

澪「ダーメ。さっきアイス買ってあげただろ?もうお金ないの」

幼女唯「しーらーうきひめー」

澪「ダメったらダメ。我が儘な子は嫌いだよ」

幼女唯「むぅ」

幼女唯「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

澪(か、可愛い///)「よし特別に買ってやろう」

~~~~
律「ちょっとゴロゴロしてくる」

梓「律先輩がやると通報されるのでは?」



澪「よーし、家帰るぞ。おいで」

幼女唯「ゆいがもつ!」

澪「持ってくれるのか?でも重いぞ。唯には無理だ」

幼女唯「もつの~!」ふんす

澪「ん~、わかったよ。ほら」

幼女唯「うぉう…」ズシッ

幼女唯「ああわわわ」ヨロヨロ



澪「おっと」ダキッ

幼女唯「おもかった…」

澪「だから言ったろ。唯にはまだ無理なんだよ」

幼女唯「む~」プクー

澪「ふふ、ほら危ないから手繋ごう?」

幼女唯「うん!」ニギッ

幼女唯「へへ」

澪「ふふ」



澪宅

澪「到着」

幼女唯「とうちゃく!」

澪「じゃあ私はご飯作ってくるから。後で算数ドリルやるから今の内にゴロゴロしてろ」

幼女唯「わかった!」

幼女唯「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

澪「…」

幼女唯「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

幼女唯、澪「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

~~~
梓「み、澪先輩…」ポロポロ

紬、律「ごろごろ~♪」ゴロゴロ



梓「ところでここどこです?」

律「どこって澪んちの屋根裏だろ」

梓「さらっと答えられても…どうやってここに侵入できたんです?」

紬「琴吹家の財力のおかげよ!」

梓「…」

梓「練習しましょうよぅ」ポロポロ



澪「ごろご…」

澪「おっと…遊んでる場合じゃない。ご飯作らないと…」

澪「唯、今日はカレーだぞぉ」

幼女唯「かれー!」むはー

澪「良かったぁ唯もカレー好きかぁ。一緒に作るか?」

幼女唯「つくる!」



澪「私が小さい頃に使ってたエプロンだ。着せてあげる」着せ着せ

澪「はは、可愛い可愛い」

幼女唯「ゆい、かわいい?」

澪「可愛いぞ」ナデナデ

幼女唯「えへへ///」

~~~
梓「律先輩、なぜエプロンを着てるんです?」

律「澪がエプロン萌えと聞いて」



幼女唯「ゆいなにする?」

澪「そうだな…野菜の皮むきってのも危ないしな」

幼女唯「あぶない!」

澪「じゃあ唯は蛇口をひねる役な」

幼女唯「わかった!」

澪「私が開けと言ったら蛇口を左に、閉めろと言ったら右に回すんだ」

幼女唯「がんばる!」ふんす

~~~
梓律紬「これはひどい」



澪「開け!」

幼女唯「ほい!」キュッ、ジャー

澪「閉めろ!」

幼女唯「ほいほい!」キュッ

………

澪「出来上がり~」

幼女唯「ん~おいしそう」

澪「唯が蛇口捻る仕事頑張ったおかげだな」

幼女唯「えへへ」



幼女唯「パクパク」べちゃべちゃ

澪「こら、口の周りカレーだからじゃないか」

幼女唯「ぅあー」

澪「拭いてあげる」フキフキ

幼女唯「んーむぁ」

澪「キレイになった」

幼女唯「きれいきれい!ありがと」

澪「お、ちゃんとお礼が言えるんだな。偉いぞ唯」ナデナデ

~~~
律「ハフッハフッ!」

梓「律先輩、口の周りにカレーをつけても澪先輩は拭きにきてくれませんよ」

律「…」

律「私もちゃんとお礼言えるのに…」

梓「偉いですねー(棒)」



澪「ごちちそうさまでした」

幼女唯「ごちそう!」

~~~
律「ごちそうさま」

梓「…」

梓「…」フキフキ

律「ん…あ、ありがと梓///実際誰かに口拭いてもらうと照れちゃうな///」テレテレ

梓(きもっ)



幼女唯「ねむねむ…zz」

澪「ダメだぞ唯。今から勉強するんだから。毎日勉強しないといい学校に入れないんだ」

澪「ほら、こっちにおいで」

幼女唯は澪の膝の上にチョコンと座った。

幼女唯「あったかあったか」ポワポワ

澪「あったかあったか、ふふ」ギュッ

幼女唯「ぷにぷに~♪」



澪「1+1は?」

幼女唯「???」

澪「唯は何が好き?」

幼女唯「みお!」

澪「…」

澪「もぅ!ずるいぞ唯!」ギュウッ

幼女唯「むぁー」

~~~
律「私も澪が好き!」

梓(ここではイケメンの律先輩は望めないな)



澪「ここに林檎がひとつあります。あっちにも林檎がひとつあります。合わせていくつ?」

幼女唯「ん~!」

幼女唯「ん~~~!」

幼女唯「ふたつ!」

澪「正解!唯は頭がいいな~!将来は東大だな」ナデナデ

幼女唯「えへへ」

~~~
梓「お、親バカすぎる…」



澪「もう8時か。唯、お風呂入ろ」

幼女唯「はいるー!みおといっしょにおふろ!」

澪「ふふ、体洗いっこしような」ナデナデ

~~~
律「さてと…じゃあ私も風呂の準備をしなきゃな」脱ぎ脱ぎ

紬「録画の準備はバッチリよ」



澪「んしょっと」脱ぎ脱ぎ

幼女唯「ジー」

澪「よっ、ほっ」脱ぎ脱ぎ

幼女唯「ジー」

澪「ん?どうした?そんなに見つめて」

幼女唯「でかい!」

~~~
梓律紬「てんどん!」



澪「こっちおいで。背中洗ってあげる。」

幼女唯「うん!」

ゴシゴシ

澪(唯の背中小さくて可愛い///)

澪「ギュ~ッ」

幼女唯「うぁー」

~~~
紬「●REC」



澪「ほら、キレイになったぞ~」

幼女唯「ゆいもあらう!みおのせかなあらう!」

澪「せかな?」

幼女唯「せかな」

澪「…」

幼女唯「…」

澪「こいつぅ、面白いこと言いやがってぇ」ツンツン

幼女唯「えへー」

~~~
律「りつもみおのせかなあらう!」

梓「喋らないで」

律「…」



澪「湯船につかって10まで数えるんだぞ」

幼女唯「わかった。1、2、10。あがる」ザバッ

澪「こら」

幼女唯「あ~つ~い~!」

澪「唯、唯。水鉄砲」ピュッピュ

幼女唯「おぉおおお!もっとやってもっとやって!」

澪「ふふ」ピュッピュ



幼女唯「いいふろだった」

澪「オヤジくさいことを…ほら、体拭いてやるから」

幼女唯「ゆい、ばすたおるいらないよー」

澪「バスタオルがないと体拭けないだろう。どうする気だ?」

幼女唯「こおする!ごろごろ~♪」ゴロゴロ

澪「!?」

~~~
梓律紬「!?」



澪「おま、カーペットの上でゴロゴロしたら風呂入った意味ないだろ!」

幼女唯「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

澪「…」

幼女唯「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

幼女唯、澪「ごろごろ~♪」ゴロゴロ

~~~
律、紬「ゴロゴロ~♪」ゴロゴロ

梓「ネタがないからって…」



澪「唯ー、寝るぞー」

幼女唯「ごほんよんで」

澪「お、そうだったな。よし、今日の唯は蛇口捻る仕事と勉強を頑張ったからな。特別に読んでやろう」

幼女唯「わーい!」

~~~
律「むぎ、寝袋ある?」

紬「愚問。あるに決まっているわ」

梓「私は帰らせていただきます」



澪「ほら、ベッドに入って」

幼女唯「えへへ、みおといっしょにねる」

幼女唯「ぷにぷに~♪」

澪「こら!胸を揉むな///」

~~~
律「おいおい梓。屋根裏はお前の住処じゃないのか」

ボカッ

律「いて!?」

梓「殴りますよ?」



澪「白雪姫な」

唯「みっきまうみっきまう!」

澪「それはいかんだろ」

澪「昔々あるところにとってもキレイな」

幼女唯「zzz」

澪「はやっ!?」

澪「ふふ、私も寝るか」パチッ



幼女唯「zzz」

澪「唯かわいい」ギュウッ

澪「あったかあったか♪」

澪「…」

澪「チュッ」

幼女唯「んん…」ポリポリ

澪「ふふ、唯が本当に私の娘だったらいいのに」

~~~
律「zzz」

梓「私はしませんよ?」

律「zzz」

梓「…」

梓「チュッ」

律「!?」

紬「●REC」


3/5