※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「あー楽しかった!」

和「また行きたいわね」

澪「ああ…」

澪(結局、和の手のひらで踊らされただけだった…)

和「じゃあ私と唯はこっちだから」

澪「ああ、じゃあな」

唯「ばいばーい!」

澪「ふう…やっと終わった」

律「おつかれちゃーん!」

澪「うわっ!律!?」



律「唯と和とのデートは楽しかったかな?」

澪「な、なんで知ってるんだ!?」

律「まあ細かいことはいいじゃん!」

澪「よくない!」

律「……それよりも、澪は唯のこと、好きなのか?」

澪「はあ?なんで私が…」

律「えっ?だって澪と唯はそういう仲なんじゃ…」

澪「違うよ!唯が和のこと好きって言うから付き添いで行っただけ」

律「そ、そうなの?あはは、そうなのかよ!」

澪「なんで嬉しそうなんだよ…」

律「なんでもない!」

澪(…律には和とのこと黙っておこう)

澪(和のこと…私、好きなのかな…)

……



唯「今日は楽しかったね!」

和「ええ」

唯「澪ちゃん、とってもげんなりしてたね!」

和「澪ったら、怖がりなのによくジェットコースターなんかに乗ったわね」

唯「そこが澪ちゃんらしいんだよ!」

和「そうね」

唯「……」

和「……」

唯「ねえ、和ちゃん」

和「ん?なに?」



唯「和ちゃんは澪ちゃんのことが好き?」

和「!」ビクン

唯「……そうなんだ」

和「気づいてたのね」

唯「だってあんなに澪ちゃんにかまってたもん。わからないわけがないよ」

和「そっか…」

唯「…澪ちゃんから聞いたんでしょ?」

和「なにを?」

唯「私が和ちゃんのことを好き、ってこと」

和「うん…」



唯「私はね…和ちゃんのことが好き…」

和「うん…」

唯「でも、もういいや」

和「えっ!?」

唯「私は和ちゃんのこと、あきらめるよ」

和「どうして……」

唯「だって、和ちゃんがあんなに好きな人に必死になってるんだよ?私じゃなくて他の人に」

唯「そんなの見てたら私じゃ敵わないやっておもったの」

和「唯……」

唯「だからね…私は和ちゃんのこと応援する!」

和「ほんとに…?」

唯「うん!私と和ちゃんの仲じゃん!当たり前だよ!」



和「唯…ごめんね」

唯「和ちゃんは謝らなくていいよ…」

和「うん、わかった…」

唯「えへへっ!これから忙しくなるぞー!」

和(私のこと応援するなんて嘘よ…)

和(唯のあんなに悲しい目、見たことない…)

和(わたしは本当にこれでいいの…?)



――数日後

和「はあ……」

澪「よう、和」

和「……」ボー

澪「和?」

和「わわわっ!?なに!?」

澪「何って…呼んだけだよ」

和「そう…」

澪「…何かあったの?」

和「ちょっとね…」

澪「唯に告られたの?」

和「ううん、そうじゃなくて…」

澪「まあ、言いにくかったらいいから」

和「うん…」

澪(何があったんだろ…)




――放課後

律「このやろー、梓このやろー!」

梓「いたいですー!」

澪「……」

律(なあ梓、澪は……)

梓(はい、聞きましたよ…でも、ムギ先輩の言ってた好きとかなんとかってどういうことだったんでしょうか?)

律(うーん…ムギの聞き間違いじゃないか?)

梓(そうでしょうか…)

澪「……」

澪(はあ…和になにがあったんだろう…)

澪(まさか唯が告白して…)

澪(べ、別にいいじゃないか!何で私が気にするんだ!)

澪(でも…気になる…)




ガチャン

唯「やっほー!」

律「唯!と和…?」

澪「!」

和「ちょっと暇だったし見学してこうかなと…」

唯「いいよね?」

律「ああ、構わんぜ!」

梓「ところでムギ先輩はどこに…?」

唯「ムギちゃんは後から来るんだってさ!さあ、和ちゃん座って座って!」

……




唯「それでね!昨日はとっても楽しかったんだよ!」

律「そうなのかあ」

澪(唯のやつ…何考えてるんだ…?)

和「……」

澪(和はずっと黙ったままだし…)

唯「……和ちゃん」

和「な、なに!?」

唯「告白…しないの?」

澪「!」

律「!」

梓「!」



和「ゆ、唯…やっぱり無理…」

唯「今がチャンスだよ!?さあ早く!」

和「私にだって心の準備ってもんが…」

澪「唯!?いきなりどうしたんだよ?」

唯「澪ちゃんは黙ってて!」

澪「!」ビクン

唯「ねえ早くしてよ!和ちゃん!」

和「……いい加減にして」

唯「……」

和「なによ!私の恋を邪魔したいの!?」

澪「の、和…」

唯「……そうだよ」

和「えっ…」



唯「だって和ちゃんが私のこと好きになってくれないもん!だったら和ちゃんの恋が失敗すればいいんだよ!」

和「!」

澪「ゆ、唯!?」

唯「いつまでも告白しないで…」

唯「…この意気地なし」

和「…っ!」ギリッ

パシン

唯「……」

和「あんた…最低よ…!」ダッ

澪「お、おい和!」

バタン…




律「」ポカーン

梓「」ポカーン

唯「…っ!」ダッ

澪「ま、まて唯!」ダッ

バタン

律「えと…なにが…?」

梓「わからないです…」


……



澪「唯っ!」ガシッ

唯「離してよ澪ちゃん!」

澪「いやだ!」

唯「……」

澪「…いったいどういうことだよ」

唯「…澪ちゃんがはっきりしないからだよ」

澪「えっ…?」

唯「澪ちゃんがはっきりしないから和ちゃんも告白できないんだよ!」

澪「そんな……」



唯「澪ちゃんは和ちゃんのこと好きなの?」

澪「そ、それは…」

唯「好きなの?嫌いなの?はっきりしてよ!」

澪「そんなことわかるわけ……!」

紬「いいえ、わかるはずよ」

澪「ム、ムギ!?」

紬「澪ちゃんは和ちゃんと一緒にいるとどうなる?」

澪「それは……和は優しいし、そばにいて安心できるっていうか…でも、頼られたら放っておけないし……」

紬「澪ちゃん、それは和ちゃんが気になってるってことじゃないの?」

澪「えっ…」



紬「澪ちゃんは自分で気づいてないだけ…和ちゃんのことが気になってるのよ」

澪「で、でも…」

唯「私もそう思うよ。だって、昨日は楽しそうだったもん!」

澪「唯…」

紬「で、どうなの?」

澪「私、わたしは……」




――屋上

和「……」

和(はあ…あんなんじゃ澪に嫌われたよね…)

和(唯の言うとおりだ…私は意気地なし……)

和(積極的にいっても肝心の告白は怖くてできない…)

和(これじゃ唯に怒られて当然ね…)

バタン!

澪「のどか~!」

和「! 澪!?」

澪「ここにいたのか…探したんだぞ」



和「なに?慰めに来たの?」

澪「ち、違うよ!なんていうかその…」

和「……私ね唯に言われて目が覚めた」

澪「…なんだ?」

和「私は澪のことが好き!大好き!」

澪「……」

和「澪がよければ…私と付き合って!」

澪「和…」

和「~~~!!」

澪「私は和のことが好きかどうかやっぱわかんない」



和「…!」

澪「だから、これからも今まで通りに付き合ってくれ!」

和「えっ?」

澪「私の気持ちがわかったら、和に返事するから!」

和「うん…わかった」

澪「これでいいかな…」

和「うん、フラれたわけじゃないし」

澪「そ、そっか」

和「ふふふ…楽しみしとくわ、返事」

澪「ああ…!」





紬「これでよかったの?唯ちゃん」

唯「うん…本当は悔しいけどね」

紬「でもあの二人はまだ付き合ってないわよ?まだ唯ちゃんにもチャンスは…」

唯「いいの!私じゃ無理だもん…澪ちゃんに任せる!」

紬「うふふ、偉いわね」

……




――数ヵ月後

律「結局、澪は和と付き合わないのか」

梓「ええ。なんだか今のままでいいって二人とも付き合わないみたいですよ」

律「なんだよ~!そんなの意味ないじゃん!だってキスやらなんやらができないんだぜ~!?」

梓「まあ愛の形は人それぞれですし…」

律「なんか納得できないなあ…」

梓「それよりも律先輩はいいんですか?澪先輩のこと」

律「ん~、やっぱ私は澪のことは好きじゃないんだよ、うん」

梓「なんですかそれ…」



律「それよりも梓はどうなんだよ?」

梓「わ、私はまだ……」

律「早くしねえと憂ちゃんに取られちゃうぞ!?」

梓「い、いくらなんでも妹には手を出さないでしょ…」

律「わかんないぞ?今も唯たちは見えないところであんなことやこんなことを…」

梓「うぅ~っ!私、いってきます!」ダダダ

律「……ふう、やれやれ」

紬「りっちゃん、ハイお茶」コト

律「おお、サンキュ」

紬「……本当にいいの?澪ちゃんのこと」

律「いいんだよ。ただ付き合いが長いから勘違いしただけ」

紬「そう……」

律「澪が和の傍にいたいならそれでいいじゃん!」

紬「…そうね」




……

澪「のどかー!早く行こうよ!」

和「うん、わかった」

澪「…なあ和」

和「なに?」

澪「本当に付き合わないでいいのか?」

和「何言ってるの?私はこの関係で満足してるんだからいいの」

澪「そうか、それならいいんだ」



和「……澪」

澪「ん?」

和「……やっぱなんでもない」

澪「な、なんだよ…気になるな」

和「ほら!早く行こっ」

澪「うん、わかった」


おわり