※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「クー!ガー!」zzz

ダッダッダッダッダッダッダ バンッ

律ママ「いい加減っ 起きなさいっ!」ポカッ

律「あいてっ!!」ガバッ

律「んだよー、疲れてるんだって」ヒリヒリ

律ママ「もうお昼過ぎよ?さっさと起きてご飯食べちゃいな!」

バタンッ

律(もう昼かよ 昨日の事がまるで嘘みたいだな)

律「(私ホントにあんないい人振ったのか…)ハハ、何様だっつーの!」ビシッ



テッテッテッテッテッテッテ カッチャン

律「あー食ったー!」フイー

律(朝食抜いてたからついつい食べすぎちゃったぜ)

律「さて、と 澪んちに電話かけるとすっかなー」

パシッ ピッピッ プルルルルル プルルルルル ガチャッ

澪ママ「はい、秋山です」

律「あ、おばさん?田井中ですけどー」

澪ママ「あら律ちゃん、こんにちは」

律「今澪いますかー?」

澪ママ「あらごめんね、今具合悪いって寝込んじゃってるの」

律「そうなんですか…」



澪ママ「またぶり返しちゃったみたいで」

澪ママ「話あるなら一応呼んでみる?起きてるかもしれないし」

澪「あ、いえ 無理させちゃ悪いんで」

澪ママ「そう じゃあ何か伝えておく事はあるかしら?」

律「では『お大事に、あと昨日は一緒に行けなくてごめん』と伝えておいてもらっていいですか?」

澪ママ「わかったわ~」

律「それじゃお願いします」

澪ママ「は~い」

ガチャッ



律「澪また具合悪いのかー 大丈夫かな」パタン

律(家に見舞いに… って寝込むくらい具合悪いみたいだし)

律(うるさい私が行っても迷惑かけるだけだよなー)ハア

律(仕方ねえ、澪に手伝って貰う訳にもいかないし宿題やっちゃうか)

律(あー、明日からまた学校か 休みもっと長けりゃいいのになー)

律(でも学校行けばみんなに会えるし、部活だってできるしな!)

律「いよっしゃー!宿題がんばるぜー!」ガッツポーズ

聡「姉ちゃんちょっとうるさい」



澪(はあー もうお昼時か)

澪(お腹減ったしママにおかゆ作ってもらおう)

ヨタヨタ カッチャン ヨタヨタ

澪ママ「!」ハッ

澪「お腹減ったからおかゆ作ってくれる?」

澪ママ「あら、電話なり呼ぶなりしてくれれば私から行ったのに」

澪ママ「体にキテるのに動いちゃだめよ?」

澪「大丈夫…(だって体と言うよりか心の問題だから…)」キイッ ストン

澪ママ「ちょっと待っててね~」コトコト



澪「ごちそうさま」フウッ

澪ママ「はい」ニコニコ

澪「ありがとう それじゃまた部屋に戻ってるね」スクッ

澪ママ「ええ 1人で歩ける?」

澪「はは、子供じゃないんだからそれくらい大丈夫だよ」

ヨタヨタ

澪(外見はもう子供じゃないけど、中身はまだ子供なんだな、私は)

澪(あと1年で高校卒業だっていうのに)

澪(いつも誰かに頼ってばかりだ 自立なんてできるんだろうか)

ヨタヨタ カッチャン



澪(明日は、学校か)ボスッ

澪(律と 私は律と会って、普通に接することができるんだろうか)ゴロン

澪(普通の女の子らしく、友達の幸せを祝ってあげる事はできるんだろうか)

澪(絶対無理だ…)

澪(でも明日休んだらみんなにまた迷惑をかけちゃうんだよな)

澪(流石に明日は休めない)

澪(決心しろ、私!おめでとう、律!)

ウトウト

澪(何時までも── 子供じゃいられないんだ──)

澪「…」スー スー



チチチチッ チュンチュン

澪(朝か 学校行かなきゃな)

カッチャン タッタッタッタッタッタッタ

澪「おはよう」

澪パパ「おはよう」

澪ママ「あらおはよう もう具合大丈夫なの?」

澪「うん、もう大丈夫」

澪パパ「無理はしないようにな」

澪パパ「お、もうこんな時間か いってきます」

澪「いってらっしゃい」

澪ママ「いってらっしゃい、あなた」

ガッチャン



澪「ふう、おいしい」パクパク ゴックン

澪「さて、私も行く準備しなきゃな」スッ

澪ママ「くれぐれも無理しすぎないようにね」

澪「うん」

タッタ

澪(歯磨きして)

澪(髪を直して、と)サラサラッ

タッタッタッタッタッタッタ カッチャン

澪「忘れ物はないな、うん」ガサゴソ

澪(今日は、逃げずに律を迎えに行くぞ!)

カッチャン タッタッタッタッタッタッタ

澪「それじゃいってきます」

澪ママ「いってらっしゃい 気をつけてね」

ガッチャン



スタスタ ピタッ

澪(律の家の前まで来た ボタンを押せ、私)

ピンポーン ガチャッ

律ママ「はいー」

澪「秋山です」

律ママ「あ、ちょっと待ってね 律ー!澪ちゃんが迎えに来たぞ!早くしろぃ」

ガチャッ

澪「はは」

澪(ううぅ)ドキドキ

ダッダッダッダ ガッチャン

律「いってきまーす!」ドタバタ

律ママ「いってらっしゃい」ヤレヤレ



律「お!みーお!おはよーっす!」ビシッ

澪「あ、ああ… おはよう」

律「週のはじめだってのに元気ないぞー!」

律「って昨日また体調崩してたんだっけか、ごめんごめん」

澪「もう大丈夫だからさ…はは」

律「そうかー?まだちょっと辛そうに見えるけど?」

澪「っ!」ドキッ

澪(やっ、やっぱり態度に出ちゃってるのか!?)

律「まあ病み上がりにゃきついかもしれないけど急ごうぜ?このままじゃ遅刻しちまう」ダッ

澪「遅くなった原因はお前だろ」ダッ



ダッダッ タッタッ ピタ

律「ほら、やっぱり元気ないじゃんかー」

澪「何言って… 私はこの通り元気だぞー」タッタッタ

律「やっぱりなんか変だよ澪 遅刻してもいいからゆっくり行こうぜ」

澪「だ、大丈夫だって 急ごう」タッ

律(おかしいよな、絶対 なんでそんな頑なに突っ張ってるんだよ澪)ダッダッ

澪(無理だ無理だ無理だ 私にはできないっ!)タッタッ

澪(律は私に比べて元気だな 彼氏と映画デート行ったんだもんな)

澪(そりゃ元気もみなぎるってもん…)

澪(ハッ!また私は… 何なんだよ私はぁっ!!!)



ダッダッダッダッ ガラガラッ

律「セーッフ!!」ズザー

澪「間に合った」ハアハア

唯「まるで私みたいだね~」

律「なにぃっ!唯隊員に負けただとっ!」

唯「へっへ~ん!残念だったな、りっちゃん隊員!私は新・スーパーパワフル唯に生まれ変わったのだよ!」エッヘン

律「なんじゃそりゃ」

和「唯が今日早かったのは私が借りてたCD返すついでに一緒に来たからでしょ」

唯「えへへ~ まあそうとも言う~」

律「そのまんまだろっ!」ビシッ

13