※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「はぁ……。あーもう、変な体力使った」

「私も」

ひとしきり笑って、目尻の涙を拭う。

「そろそろ行こっか。もっと車も増えてくるし」

「そうだな」

「……気をつけて走るから」

「うん」

微笑んでみせて、タンデムシートに乗せていたヘルメットを再び手に取る。
律は残りのお茶を一気飲みすると、自販機横のゴミ箱にポイと放り投げた。






----------



夏には大勢の海水浴客で賑わいそうな砂浜沿いを走ったり、
地元住民しか知らないような細い路地に迷い込んで笑ったり。

途中のランチも含めてたっぷりと時間を掛けて移動して、
灯台のある海浜公園に着く頃には15時を少し回っていた。

「ふー、着いた着いた」

「お疲れ様」

「ん、」

公園の駐車場にスクーターを停めて、散策路をのんびり歩く。
こんもりと茂った樹木のずっと上に、白く光る灯台が見えた。



「おー、灯台」

「ほんとだ、灯台だ」

「灯台だぞ、みおー」

「うん」

「他に感想はないのかッ」

「えっ…………。し、白いな」

「なんだそれ」

「急に聞かれても困る! 律はどうなんだよ」

「えっ……。んと……、と、灯台もと暗し、みたいな?」

「……」

「せめて何か言ってよ澪しゃん……」



散策路が急な上り坂になったところで、ふたり並んで立ち止まる。
一度見上げて、顔を見合わせて、多分同じ事を考えているだろうなと確信する。

「……あっ、みおー、あっちの岩場が気持ちよさそうだぞー」

「そ、そうだなー!じゃあ灯台は下から眺めるだけにしとこうかー」

わざとらしく振り返った律に棒読みで応える。
何やってんだ私らと苦笑いした律に、まったくだ、と私も笑った。



駐車場の自販機で買ったペットボトルの蓋を捻って、一口飲む。
磯の香りが少し強い岩場に並んで腰掛けて、沖を緩やかに航行するタンカーを眺める。

「……なあ、澪」

「うん?」

「楽しかった?ツーリング」

沖のタンカーに視線を向けたまま、律が私に訊ねる。

「……正直最初はちょっと怖かったけど、バイクで走るって気持ちいいな」

「うん」

「律がバイクに乗りたいって思った気持ち、ちょっと分かった」

「……」

「ずるいよ律、もっと早く誘ってくれればよかったのに」

「えっ」

「え?」

ちょっとびっくりした様子でこちらを向いた律と視線がぶつかる。
少しの間が空いて、ああ、と律がなにやら納得した顔を見せた。



「二輪免許って、取ってから1年経つまで二人乗りしちゃいけないんだぞ?」

「え、そうなの?」

「やっぱり、知らなかったか」

「うん、知らなかった……そうなんだ」

まあ知らない人のほうが多いかもな、と律が笑う。

「でも、嬉しい」

「ん?」

「澪が楽しんでくれて」

そう言うと律は再び海上に視線を移して、ペットボトルを口元に寄せた。
こくり、と動く律の喉元を見つめる。



「ずっとひとりで走ってて、綺麗な風景とか美味しいものとか見つけて、」

「うん」

「そういうの全部、澪と一緒ならもっといいだろうなって、いつも思ってた」

「……」

「二輪免許取ったの、元々ツーリングしたかったとかそういうんじゃなくてさ」

律はそこでいったん口をつぐんで、次の言葉を探すように目を泳がせた。
頭のてっぺんで結んだ髪が、海風にあおられて揺れている。



「えっと……。雑誌か何かで読んだんだ」

「何を?」

「バイクで走るのは、恋愛に似てるって」

「……!」

全く予想外の言葉に、思わず目を見開いた。
律はちらりと私に視線を向けて、少しはにかんで言葉を続ける。

「私、恋愛経験なかったし……澪の気持ちにさ、どう応えていいか分からなくて」

「……」

「でも、ちゃんと考えなきゃって思って、それで」

「それで、バイク?」

律はこくんと頷いて、
今思うとなにやってんだろうって感じだけどな、と小さく笑った。






----------



『えっ……、え?』

『だから……。好きなんだ、律のこと』

『……』

『びっくりするよな……。ごめん』

『いや、謝らなくてもいいけど……。えっ、いつから?』

『えと……気がついたらもう、だから……ずっと前から』

『……』

『付き合って欲しいとかじゃなくて、あ、いや、付き合えるなら嬉しいけど、』

『……』

『……とにかく、言いたかったんだ。高校卒業する前にちゃんと』

『……そっか』

『……』

『……』



『……いきなりごめんな』

『謝んなって』

『……うん』

『……』

『……』

『……ちょっと、考える時間もらってもいい?』

『えっ』

『駄目か?』

『え、いや、駄目とかじゃなくて……、考えてくれるの?』

『当たり前だろ。澪が勇気出して気持ち伝えてくれたんだ』

『律……』

『ちゃんと考えるよ。だから、時間ちょうだい』

『……うん。ありがとう』






----------



「……もう、無かったことになったのかと思ってた」

「うん?」

「告白」

「なってないって。……まあ、すっごい待たせちゃったけどさ」

「大学入ってからもそんな素振り全然見せなかったし」

「ごめん」

「ううん、怒ってるとかじゃないよ。変わらず接してくれて嬉しかったし」

「……」

「だから、今まで通りっていうのが律の答えなんだって勝手に思ってた」

「……」

続ける言葉が見つからず、ふたりの間に沈黙が下りる。






これから律が何を言うのか、どんな答えをくれるのか。
思っている以上に緊張しているらしく、手にしたペットボトルすら動かせずにいる。

ずっと遠くのほうで、ぼう、と汽笛が響いた。
それを合図にしたかのように、律が再び口を開く。

「今日、澪を後ろに乗っけてさ」

「うん」

「同じ風景見たり、美味しいもの食べたり、一緒の時間共有して」

「うん」

「すごく楽しかった」

「うん……私も」



「でも、タンデムするってそれだけじゃなくて」

「……」

「一人で走るよりすごく緊張した。澪を怖い目にも遭わせちゃったし」

「あれは律のせいじゃ」

「うん、でも聞いて」

やんわりと私の言葉を遮った律に、素直に頷く。



「それで、その……。同性同士で付き合うってさ」

「……」

「異性と付き合うより、辛いこととか嫌な思いすることが沢山あるんだろうなって」

「……」

「あっ、別に、それを実感するために澪を誘ったわけじゃないぞ?」

「うん、わかってる」

「ん、それで……。ああ、どう言えばいいんだろ」

律がもどかしそうに頭を掻いて、結んだ髪が不規則に揺れる。
握りしめたペットボトルが、手の中でペコンと音を立てた。



「それで、それでもさ」

「……」

「澪がそばにいてくれて、私のことちゃんと見てくれてて、」

「……」

「ふたり一緒っていうのが、そういうのがやっぱり嬉しくて、すごく幸せで、」

「……」

「えっと……それでさ、」

「うん」

「もし、気持ちが今も変わってなかったら、だけど、」

澪、と改まった声で呼ばれて、視線を合わせる。
まっすぐ私を見つめる律は、何故だか今にも泣きそうな顔をしていた。



「澪」

「……はい」

「私と、付き合ってください」

「……」

「……」

「……」

「……あ、あれ、駄目?」

「…………る、わけ……ないだろ」

「え?」

「変わるわけ、ないだろ」

「……」

「何年好きだったと思ってるんだ、ばか」



ぱたぱたとこぼれた涙がジーンズにシミを作る。
ごめん、とやさしい声が耳に届いて、もういちど、ばか律、と返す。

「ええと、それで?」

「え?」

「お返事は? 澪しゃん」

「……あ、えっと……」

「うん」

鼻を啜って顔を上げ、しっかりと視線を合わせる。

「……よろしくお願いします」

涙のせいで潤んだ視界の中、愛しい人が満面の笑みを見せてくれた。






----------



「お土産、これでよかったのかな」

「美味しいし、いいんじゃない?」

「でもシュウマイって……。今日のコースと全然関係ないし」

「そういうの気にしないって、あいつら」

「まあ、そっか」

「ほんとはみんなにもマグロコロッケ食べさせたいけど」

「ん?」

「あれは、あの場所で揚げたて食べてこそだしな」

「うん、そうだな」



すっかり日が暮れた帰り道、何度目かの休憩に立ち寄った国道沿いのコンビニ。
排気ガスの混ざったぬるい風に乱された前髪を直す。

「律、疲れてない?」

「ん。ちょこちょこ休憩してるし、平気」

「無理しないでね」

「ありがと。……なあ、澪」

「うん?」

「しばらくはスクーターだけどさ、私、大学卒業するまでに車の免許取るから」

「……」

「そしたら、車でいろんな場所に行こうな」

「うん」



「その時は、みんなもマグロコロッケ食べに連れて行こう」

「じゃあ、全員で乗れる車にしないとな」

「あー。折角だから、全員の楽器を積めるのにするか」

でっかいやつ、と両手を広げてみせた律と顔を見合わせて笑いながら、
そんな未来も素敵だなと思う。

……でも。

「でも、当分は、」

小さな声で呟いた私に、何?と律が顔を寄せる。

「当分の間は、律のスクーターでいろんな風景を見に行こう。……ふたりで」

言ってから、カアッと頬が熱くなった。
律も、今にも笑い出しそうな、でもちょっと泣きそうな顔をしている。



「……そうだな、じゃあ次はどこ行くか、帰るまでに決めちゃおっか」

な?と小首を傾げてみせた律に、うん、と頷く。

「あ、そうだ」

「うん?」

律は左袖を少し捲ると、手首に巻き付けていた大振りな腕時計を外した。

「これ、ツーリングの時は澪が着けといて」

「え?私?」

「うん」



手、出して、と言われて素直に差し出す。
律の腕時計を右の手首に巻かれながら、その意味を考えてみる。
口に出すとまた頬が赤くなってしまいそうだったので、言葉はそっと飲み込んだ。


「よし、と。んじゃ、帰りますか」

顔を上げてニカッと笑ってみせた律に頷いて、
安全運転でな、と私も微笑みを返した。





おしまい