※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「澪、ノーパンしゃぶしゃぶって知ってるか?」

澪「ノーパンしゃぶしゃぶだって?」

律「ああ、私もよくは知らないんだけど。澪は知ってるかなーと」

澪「そ、そんなもの知らない!/// ノーパンって・・・」

律(顔赤らめてる・・・かわいいなちくしょう)

律「多分、しゃぶしゃぶっていうからにはしゃぶしゃぶするんだろうな」



澪「しゃぶしゃぶって、あの料理のしゃぶしゃぶか?」

律「ああ。なんでも、ノーパンしゃぶしゃぶがすごくいいものらしいぞ」

澪「はぁ・・・」

律「だから、今度一緒にノーパンしゃぶしゃぶしないか?」

澪「なっ!/// そ、それは、ノーパンでしゃぶしゃぶをするってことか!?」

律「ああそうだよ」



澪「そんな事できるわけないだろ 馬鹿か?」

律「いやいや、意外とやってみるといいもんかもしれんよ。開放感ありそうだし」

澪「股だけ開放感があってもな・・・」

律「頼む!一緒につきあってくれ!どうしてもノーパンしゃぶしゃぶがやってみたいんだ!」

澪「な・・・なんでそんなにやりたいんだ?! てか勝手にやれば良いだろ///」

律「私一人じゃ寂しいしさ・・・ホラ、鍋物とかって、一人でやってもつまんないだろ」



律「だから頼む!この通りっ!」

澪「・・・いや、普通に考えてそんな変な事には付き合わないだろ」

唯「やっほー、りっちゃんみおちゃ~ん!!」ガチャー

澪「あ、唯だ」

唯「むぎちゃんとあずにゃんはまだきてないのかなー?」

律(ちっ・・・この大事なときに)



律(まてよ・・・そうか 上手くいけば)

律「なぁ唯、ノーパンしゃぶしゃぶって知ってるか?」

唯「の!ノーパンしゃぶしゃぶ!! って?」

澪「おいおい律・・・」

律「ああ、私も詳しくはしらないんだけど、多分ノーパンでしゃぶしゃぶするんだよきっと」

唯「しゃぶしゃぶは好きだけど、ノーパンはちょっとなぁ・・・?」



律「私、ちょっとやってみたいんだけどさ・・・一緒に付き合ってくれないかな?」

唯「ええっ!?/// のーぱんしゃぶしゃぶに?」

律「ああ」

澪「唯、無視していいぞー」

律「さっきから澪も一緒にって頼んでるんだけどさ・・・OKしてくれなくってさぁー」

澪「あ、当たり前だろ!///」



律「お父さんから聞いたんだ・・・ノーパンしゃぶしゃぶは本当に良いものだって・・・!」

澪「お前のお父さんってそんなキャラだったのか」

律「だから、どうしてもやってみたいんだ!父の意思を次ぐ為に!」

澪「いやいや、お父さん死んだみたいにするなよ」

唯「ふ、ふえぇ~~///」

律「・・・やっぱり、駄目か・・・」フッ



律「やってみたかったんだけどな・・・けいおん部のみんなと一緒に、楽しく」

律「一人でやることにするよ。またをスースーさせながらさ」

澪「すごくシュールだな。傍目からはただしゃぶしゃぶ食べてるだけだろうけど」

唯「り、りっちゃん・・・!」ウルウル

澪「ゆ、唯・・・?」

唯「りっちゃんを寂しい思いなんてさせられないよ!私もやるよ!」

澪「でぇっ!??///」



律「おお唯!!いっしょにやってくれるか!?」

唯「もちろんだよ!」

澪「ちょ、ちょっと唯・・・!何言ってるんだ」

唯「わたしも股をスースーさせるよ!そんでお腹はホクホクだよ!」

律「よし!唯を、ノーパンしゃぶしゃぶ隊の副隊長に任命する!」

唯「おお~!りっちゃん隊長!!」

澪「なんだコレ」



紬「あら、みんな楽しそうね~」

唯「あ、むぎちゃんあずにゃん!」

梓「いったい、何の話です?」

律「ノーパンしゃぶしゃぶの話をしてたんだよ、澪と唯と」

梓「えっ?」

澪「わ、私はしてないぞ!そういうなんかこう、してないぞ!してたけど!積極的に参加は・・・!///」



唯「今度、りっちゃんとノーパンしゃぶしゃぶパーティーするんだ~」

梓「・・・の、ノーパンしゃぶしゃぶパーティーって何ですか?」

律「そのままだよ。ノーパンでしゃぶしゃぶするんだ」

梓「・・・はぁっ!?///」

紬「あらあら~」キラキラ

澪「あのなー・・・」



澪「二人もなんかいってやってくれよ・・・もう」

梓「・・・なぜノーパンである必要が・・・いかがわしすぎます!」

澪「そうだそうだ!」

律「別にいいだろ!私たちがやりたいっていってるんだから!なぁ唯?」

唯「私は、ノーパンしゃぶしゃぶ隊の副隊長ですっ!」ピシッ

紬「おもしろそうねー、いいんじゃないからしら」ニコニコ

澪「なっ!?むぎまで・・・っ!///」



律「おおムギ!ムギも参加するかー?」

紬「そうねー・・・ ちょっとやってみたいなぁ」

澪「そ、そんな」

梓「せ、先輩達何考えてるんですか!?///」

律「おいおい梓、なにか勘違いしてないか?これは別に、いかがわしい事でもなんでもないんだぜ?」

梓「えっ」



律「ただみんなで、鍋パーティーをしようっていってるだけなんだ。パンツを脱ぐのはアレだよ
  そう、開放感!一人で部屋にいるときとか、裸になると晴れやかな気分になるだろ?」

梓(え?い、いや、別に・・・)

律「別に裸でご飯食べようって訳じゃないんだ。
  そういう事を考える方が、かえって変態的なんじゃなないかー?」ニヤニヤ

梓「ち、違っ!///私は・・・」

唯「あずにゃんもむぎちゃんもやろうよ!みんないっしょにやろうよ!みおちゃんも?」

紬「そうそう、パーティーは、みんなでした方が楽しいわ!」

澪「なんちゅう流れだ」



律「それとも、澪と梓は怖いのかー?人前でノーパンになるくらいできなきゃ、
  とてもステージの上で皆に見られる度胸なんてつかないぞ!」

梓「ムッ」

澪「いや、その理屈はおかしいだろ」

梓「・・・! わかりました!私も参加します!」

澪「ああ・・・最後の砦が」

唯「やほーい!じゃああずにゃんは副副隊長にしてあげる~!」ギュッ

梓「け、結構です!それと抱きつかないでください!///」ドキドキ」



律「さあ、後は澪だけだぞ!みんなやろうっていってるんだ、澪も参加しようぜ?」ニコキラリン

澪「わ、私は・・・」

梓「あ、あの・・・ 澪先輩・・・も・・・」モジモジ

澪「・・・」

律(よし!あと一押しでイケル!)

唯「ウチの近くに、美味しいお肉屋さんあるんだー そこで買って、ウチでやろうよ!」

紬「いいわねぇ、楽しみだわぁー」



澪「わかったよ・・・私もいくよ」

律(しゃああああああああ!はいった!はいった!キタコレ!はいった!)

唯「きまりだね!みんなで、ノーパンしゃぶしゃぶパーティー!!」

梓「まぁ普通にみんなで鍋大会すると思えば」

紬「いつにしようかしらね~」ホクホク

律「よし、じゃあ具体的にきめるかー!」


しゃぶしゃぶ!



当日 唯宅前


律(さてさて、遂にこの日が・・・)

唯「あずにゃんと一緒に、材料買って来たよー」

梓「唯先輩、お菓子買い過ぎですよ。アイスもそんなに」

唯「あったかいもののあとはアイスなんだよ!なんかこう、ちょうど良くなるんだよ!」

紬「澪ちゃんは、まだかしら?」

律「もうちょいで着くってさ」



澪「あー、お待たせ!」

唯「あ、みおちゃんきたぁ」

梓「こんにちは、澪先輩。今日は寒いですねぇ・・・」

澪「ああ・・・本当にな」

紬「材料は、ゆいちゃん達が買ってくてくれたの」

律「寒いなかゴクローさん」



梓「そうですよ・・・もう、股がスースーして、寒くて・・・」

澪「え?梓、もうノーパンなのか?」

梓「・・・へ?皆さんは・・・」

律「おいおい、始まる前からスタンバイか!もうこれは梓もやるきだな!」(スカートめくりてぇー)

唯「あ、あずにゃん!///」

紬「あらあら~///」ホクホク

梓「あ・・・!あぅ・・・!あうあう///」

澪「はは・・・」



律「ノーパンで店の中を歩いてたなんてなー これは、梓はMの素質があるんじゃないかァン?」ニヤニヤ

梓「ぼぼぼぼb/////////////」

澪「とりあえず、中にはいろう。寒くて仕方ないよ」

唯「そうだね、どうぞぉー」

紬「お邪魔しまーす」

梓「ぼぼぼっぼぼb////////////////ピー」



憂「あっ 皆さんいらっしゃい!」

唯「ういー!おなべの準備はできてるー?」

憂「バッチリだよ。ガスコンロの用意も」

澪「お邪魔します」

律「ひょー、あったけぇー」

紬「生き返るわぁ」

梓「ぼぼぼ////////シュンシュンwwwww」



憂「肉とか野菜を切るの手伝うね」

唯「ういありがとぉー」

憂「あ、あったかいお茶を用意してますから、皆さん飲んでください」

律「しっかし、よくできた妹だなぁー」

澪「ホントだよなぁ」

紬「偉いわ、憂ちゃん」

梓「・・・//(だんだんおさまってきた・・・)」



憂「おねえちゃん、手つきが危ないよ。私がやるから、お姉ちゃんはご飯を盛って~」

唯「ふうええ~」

憂「昆布でお出汁、醤油と塩で味付け、水菜と白菜ね」

澪「・・・なぁ、そういえば、どのタイミングで脱げばいいんだ・・・?」ヒソ

紬「そうねぇ・・・」

律「そうだな!梓はもう脱いでるからいいとして、私たちもそろそろ脱ぎますか!」

梓「ぼおおっぼぼぼおぼぼばぶううううう/////////」



憂「え?脱ぐ?」

律「ああ、今日はノーパンしゃぶしゃぶパーティーなんだ。唯から聞いてないか?」

唯「あ、鍋ってことしかいってなかったよぉ」

憂「の、ノーパン・・・!?みなさん、下着を脱ぐんですか!?///」

澪「ほら、これが自然な反応だ」

梓「ゆ、唯先輩いってなかったんですかぁ・・・///」

紬「ウフフ」ニコニコ



憂「な、なんでノーパンになるんですか?」

律「はは。澪、説明してやれ」

澪「お前がしろ!」ボコッ

律「いったぁっ?!もう、澪はすぐ手が出るんだから」

紬「下着をとって、解放的な気分で鍋をしようというパーティーなのよ」

梓「そっそう!別に、いかがわしいことでは無いからね!///」



唯「だから、憂もパンツ脱ぐんだよ!」

憂「い、いや、そ、そん・・・  !  お姉ちゃん・・・も・・・ノーパン・・・?」

唯「そうだよぉ~」

憂「!!」

憂「なんだか、不思議なパーティーですけど、参加します!」

澪「え?快諾?」

梓「ホッ・・・」

律(あれっコイツまさか)

紬「いいわねぇー」ホクホク



律「よしよし!じゃあ、みんな脱ごうか~wwwww」

澪「じゃあちょっと脱衣所借りようか」

律「!!」

律「いやいや、ちょっと待て澪」ガシッ

澪「えっ何?」

律「ここで脱ぐんだよ、皆で」

澪「」



澪「ばっ・・・そんなこと!///」

律「いやいや。ホラ、鍋物だから。何かするのも皆で。な? 和気あいあいとさ」

澪「いやいやいやいやいや」

唯「ここで脱ぐの・・・?///」

憂「ハァハァ」

紬「ちょ、ちょっと恥ずかしいわ・・・///」

梓(もしかして既に脱いでて正解だったのかな)



澪「恥ずかしいって!」

律「いや、大丈夫。これが本式のノーパンしゃぶしゃぶなんだよ。
  昨日、やり方を予習して来たんだ。民明書房で調べたから。」

澪「ほ・・・ほんとか?」

紬「そうなの・・・/// じゃあ、仕方ない・・・のかしら??」

唯「きゃーー!なんか、いけない事してるみたいだねっ!///」フンス!

憂「ハァハァハァハァ」

梓「・・・憂、顔赤いけど大丈夫?」

鍋「グツグツ」


2/4