※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「とにかく、ものはためしだろ!やってみようぜ!」

澪「ちょ、ちょ!やんないやんない!私は・・・っ///」

律「おいおい澪。ステージでは、いつも澪の後ろを私に預けてるだろ。乳首を私に預けるくらいできないのか?」

澪「その意味不明な理屈やめろ」

唯「乳首しゃぶしゃぶって・・・どんな感じなんだろう」

梓「ゆ・・・唯先輩・・・!?」

紬「そうね・・・わたしも、ちょっと気になるわ」ドキドキ



憂「お、おねえちゃん!私が舐めてあげるよ!」ハァハァハァハァ カプッ

唯「わ、わっ!/// 憂、いきなりっ・・・!」ビクッ

憂「んむっ、チュパチュパ!はぁあぁ、しゃぶしゃぶ!」

唯「ああ、あああっ・・・ う・・・い・・・!///」

紬「あらあら」ホクホク

律「むぎ、私がなめてやろうか?大丈夫、優しくするぜ?」キラキラリン

紬「あ・・・!お、おねがいしますりっちゃん隊長!」

梓「あ、あわわわ・・・!///////」



澪「わ、わたし・・・もう帰る・・・!こんな変態なところにはいられないよ!」

律「!? お、おい澪!!まへまへ!!ちゅばちゅば」

紬「はぁう・・・ !///」ピクピク

澪(みんなおかしいんじゃないのか!?どうかし・・て・・・あれ?)ボーッ・・・

梓「み、澪先輩・・・?」

律(そろそろ、澪のタレに仕込んだ媚薬が効いてくる事かな)

憂「おっおねえひゃんの乳首おいひいいいいいいい」ベロチュパシャブシャブ



澪「おかしい・・・!おかしいってこんなの・・・」ハァハァ

律「まぁまぁ、今日だけ。今日だけだよ澪、こんなことは 何事も経験じゃん?特にミュージシャンなんてのはさぁ」

紬(おっぱい舐められるのって、いい!///)

唯「くすぐったい!くすぐったいよ憂!やめて!」チュポン!

憂「あぅ・・・おねえちゃん」

梓「もーなんなんですかコレ・・・///」



澪「わっ・・・わたしは!ただ皆で、しゃぶしゃぶが食べたかっただけなんだ!こんなことしたくない!」ポロッ

律「澪・・・」

唯「みおちゃん・・・」

梓「あ・・・」

紬「・・・」

憂「おねえちゃんのパンツどこかな」キョロキョロ



澪「・・・うっ・・・ グス」

律「澪・・・・・・」(やっべえ、泣いてる顔もかわいらしいなマンコ濡れちまうわ)

唯「みおちゃん泣かないで!」

梓「ちょっと、悪ノリがすぎましたね・・・」

紬「そうね・・・ちょっとだけ」

憂「おっあったぜ!かぶっちゃえキャハハ」



律「ごめんな澪・・・わたしも、つい澪がかわいくてさ、いじわるしたくなったんだよ」(性的な意味でも意地悪したかったんだが)

澪「うう・・・グシュン!」

律「さ、服を着ようぜ澪。しゃぶしゃぶ食べて元気出そうぜ」

澪「ううっ、ハァ、律ぅ!ハァ ズビ」(なんか妙に体が火照ってるんだけど・・・)

梓「まったく、律先輩が言い出す事は、とんでもないことばっかりですねぇ」

律「なんだよ。ノーパンしゃぶしゃぶは格式ある伝統の食作法なんだぞ?」

唯「でも、わたしはけっこう楽しかったよ!しゃぶしゃぶも美味しいし!」

澪「唯ったら・・///」(な、なんで体がうずくんだろう・・・)

憂「はーー、このパンツ濃厚な香りだわやっべえわコレ」クンカクンカ



律(ち・・・ もうちょっとで大好きな澪のおっぱいにありつけると思ったのに)

律(しかし、このけいおん部全員が全裸(唯はソックスはき状態)という異例の状況)

律(潰してしまうのは惜しい・・・ 何か良い手はないものか)

紬「あの・・・じゃあ、そろそろ服を着てもいいのかしら?」

梓「そうですね・・・ 服、どこに置いておきましたっけ」

唯「その辺のカゴにまとめて・・・あれぇ?」

憂「あ・・・すいません、私ったら!?間違って、昨日の洗濯物と一緒に洗濯しちゃいました!?」

澪「・・・えっ?」



憂「す、すいません!」わたしったらぼけて・・・!」

梓「せ、洗濯・・・?じゃあ、着るものが・・・」

紬「あら~・・・」

憂「洗濯終わったら、すぐに乾燥機描けます・・・ごめんなさい!」ペコォwwwwww

唯「じゃ、じゃあ、かわくまで、しばらくノーパンでいる・・・?」

澪「そ、そうだな・・・?」

律(ナイスアシスト!)グッ

憂(おねえちゃんのマンコ)グッ



梓「あの・・・一時的に唯先輩の服を借りるというのは・・・」

憂「!?駄目に決まってんだろ」

梓「えっ憂?」

憂「ううん何も」

紬「しょうがないわ・・・唯ちゃんだけ服を着るのもあれだろうし、みんなでしばらく裸ね」

律「そう、仕方ない、しかたないよな!」

澪「あうぅ・・・ハァハァ」



律「よしよし じゃあ、みんなでしゃぶしゃぶの続きだ!」

唯「まだまだいっぱいお肉あるよ!」

梓「そういえば唯先輩、お肉いっぱい買ってましたけど、どのくらい買ったんです?」

唯「えーと、5kgかな」

律「多っ!?絶対食いきれないだろ」

紬「わたしはまだまだいけるわよぉ~」ホワワ

澪(頭・・・ボーッとして・・・)ハァハァ



律(澪の様子が・・・!)

律(これは、媚薬がきいてきてるに違いない)

紬「澪ちゃん、なにか調子が悪そうだけど・・・大丈夫?」

澪「え?ああ・・・うん、ずっと裸だったから、もしかしたら風邪かもしれない」ハァ

憂「大丈夫ですか?風邪薬のみますか?」

梓「唯先輩の部屋で、休んでた方が良いんじゃないですか?」

律「澪・・・!わたしの企画したものの為に風邪になったなんて・・・!」



律「私の責任だ・・・ わたしが看病するよ」スッ

澪「律・・・ありがとう、気にするな」ハァハァ

律「さ、唯の部屋いこう。唯、ベッド借りてもいい?」

唯「うん、いいよ。澪ちゃんしっかり!」

梓「先輩、お大事に」

紬「残念ねぇ」

律「じゃあ、ちょっといってくるな」




唯部屋


律「ほら澪。しっかりしろ」(ひょひょひょwwwwww澪のお肌スベスベどすなぁwwwww)

澪「ああ・・・ごめん」

律「ほら薬だ。お腹壊さないように、憂ちゃんにあったかいお茶もらってきたぞ」

澪「うん・・・ありがとう」ズズー

律(媚薬20%増量)

澪「ありがとう・・・もうここまででいいよ。ふとんにはいって安静にしてるから」



律「いや、澪が心配だから一緒にいるよ」

律「こんなことになったのも、私のせいだからな・・・澪に迷惑かけるつもりはなかったんだ」

澪「律・・・」ハァ ハァ

澪「さっきはごめんな・・・律がせっかくパーティーを企画してくれたのに・・・」ハァ

澪「わたし、おどろいちゃったんだ・・・まさかあんな文化があるなんて思いもしなかったから」

律(そらそうだろうな)

澪「おまけに風邪までひいて・・・最悪だ」ハァ ハァ



澪「ほんとに、ごめんね・・・?」ハァハァ

律「澪・・・!!/////」ズキューーーーーン

律「澪・・・私もふとんにはいっていいか?」

澪「え、う、うん・・・ って! 二人とも裸だぞ?」

律「いやいや肌を合わせればあったかくなるって言うだろ?これ以上澪の容態を悪化させないようにな」

澪「え・・・ハァ ハァ そんな・・・!やめやめ」

律「な?入るぞ!いいな!」



澪「あ・・・あったかくなる・・・?」

律「ああそうだよ。あったかくしないと。だろ?」

澪「ていうか私、むしろ熱くて辛いんだ・・・」ハァ

律「いっぱい汗かくと体良くなるぜ」

澪「だ、だめ・・・風邪うつるし・・・」ハァ

律「風邪はうつしたらなおるって言うじゃん。澪にだけ苦しい思いはさせられない(キリッ」

澪「ていうか気持ち悪い・・・」ハァハァ

律「大丈夫、私は気持ち悪くない。それに、昔は二人で一緒のふとんでねてたりしたろ?」

澪「それは子供のときだろう・・・」

律「なっなっおねげえします!澪の為に出来る事をしたいんだ!」



澪「・・・」ハァハァ

律(思考力が低下してるな これはいける)

澪「わ、わかった・・・はいっていいよ」

律「ン澪おおおおおおおおおおおおおおおおおお」ガバッ

澪「ちょ!ちょ、律!!///」

律「うっはぁ!澪のもち肌あったけぇ!やべやべ!いくわコレ!密着密着!」

澪「りつ・・・ハァハァ」



律「はぁ・・・ここが楽園か」

澪「は、恥ずかしい・・・ 律///」ボーッ

律「・・・なぁ澪。実は、ノーパンしゃぶしゃぶは、ベッドの中でもできるんだ」

澪「は?どういうこと?」ハァ

律「さっきのは卓上でのマナーだけど、床にはいってからのノーパンしゃぶしゃぶ作法というものがあってだな」

澪「もはやノーパンっていうか全裸だし、しゃぶしゃぶでもないし意味が分からんのだが」

律「そう。ここは私と澪しかいない。誰にも言わないし、恥ずかしい事なんて無いんだぞ?」



澪「具体的には」

律「ぺろぺろしゃぶしゃぶ」

律「相手の舌をしゃぶしゃぶするんだ。さっきのおっぱいの時と同じ要領で」

澪「・・・」ハァハァ

律「これは、18世紀末没の鍋坂車部蔵が提唱した方式だ。しゃぶしゃぶを食べ終わった後、
  敬意をもって相手の口の中をキレイにするという方法に端を発していて・・・ 民明書房刊『知られざるノーパンしゃぶしゃぶの歴史概論』より」

澪「・・・ベロチュー?」ハァハァ

律「簡単にいうとそうだ」

澪(ほんまかいな)ハァハァ



律「じゃあ、するぞ?澪」

澪「ちょま
ブチューーーっ!!

律「んほっ!み、澪のお口の中・・・トロトロしてて・・・とろけそうだ!みおにゃんみおにゃん!wwwwwww」チュバっチュバ

澪「んぐっ!?ううっ・・・ いづ・・・!はぶ・・・やへ・・・///」

律「ほぶぶっ!!ぐひっ澪の唾液うましゅぎwwwwwwwww何リットルでも飲めるわwwww」

澪(頭がふわふわする・・・!何だコレ・・・ 律もキスがうまい・・・///)




しゃぶしゃぶサイド


唯「むしゃむしゃ!」

紬「唯ちゃん、いっぱい食べるわね~」ニコニコ

梓「ムギ先輩も結構・・・ わたしはそろそろお腹がふくれてきました」

憂「でも、までかなりお肉余ってるね」

唯「みおちゃん、だいじょぶかなぁ・・・」

梓「そうですね・・・心配です」



唯「でも、りっちゃんがついてるから安心だよ!」

紬「そうねぇ、しゃぶしゃぶ隊の隊長だものねぇ」

梓(逆に不安な気がするのは私だけなのか)

憂(さっき渡した薬も媚薬だし、上手く行けば当分戻って来ないわ)

唯「でも、なんかもう裸でごはん食べるの慣れちゃったねー」

梓「え?そ、そうですか?///」



紬「人間ってけっこう、慣れるものね・・・///」

唯「人前で裸って、恥ずかしいけどいいかもぉ」

憂「ハァハァハァ」

梓「先輩達の順応性・・・すごすぎます」

唯「でも、りっちゃんがいないと、ノーしゃぶのやり方わからないよねぇ」

紬「そうねぇ・・・」

憂「!!」

憂「わたし、調べてきます!」

梓「え?憂・・・」」



憂「ちょっと部屋でネットでしらべてきます!」シャブシャブクッテルバアイジャネェ!! ダダッ

梓「いっちゃった」

唯「なんか今日は憂が元気なんだよ!」

紬「しゃぶしゃぶ食べて、力がついたのかしら」ウフフ

梓(さっきちょっと憂の挙動が不振だった気がするんだけど何故か思い出せない)

唯「あーのどかわいた・・・あずにゃん、オレンジジュース」

梓「はいはい」コポコポ



憂「調べてきました!!」ダダッ

梓「はやっ!?」

紬「さすが憂ちゃん、仕事がはやいわ~」

唯「ノーパンしゃぶしゃぶ隊の副副副隊長に任命するよ!」

憂「はぁ、はぁ!では、調べて来たのを順番にやっていきましょうか・・・」

紬「ドキドキするわねー」

梓「・・・」



憂「えーそれでは・・・ コホン 『まんまんしゃぶしゃぶ』 」

梓(またえげつなさそうなのがきましたよコレ)

唯「まんまんしゃぶしゃぶ?! ど、どんなことなの?」

憂「まんまんでしゃぶしゃぶするんだよおねえちゃん!」ハァハァ

紬「まんまんでしゃぶしゃぶ・・・?」(まんまんって何かしら?)

憂「つまりですね。今まではお肉を好みの味のツケダレで食べてましたけど・・・
  まんまん、つまり性器の密壷の汁をつけて食べるということですね」



梓「・・・!? なっ・・・///」

唯「せいき??せ、せいきって!ええ??///」

紬「まぁ・・・!」

憂「これはアレだよおねえちゃん。やっぱり鍋ってのは、鍋をつつくもの同士の心の交流、一体化が重要なの!
  だから、その人のあえて一番汚い部分を頂く事で、心の分け隔て、壁を壊そうっていうものなの。

梓「そんな事!ないよ?!ええ?ホント!?///」

唯「むむむむ・・・///」シュー

紬「・・・」



唯「いくら何でも・・・それは・・・」

梓「やらないに決まってるでしょう!憂! ねえむぎ先輩!?」

紬「え?あ、ええ、そうね・・・」(あ、やらないんだ)

憂「そうね・・・ 確かに、これはノーしゃぶの中でも格式の高い作法だから、
  普通に家庭でワイワイやる分には、ちょっと敷居が高すぎるかもしれないですね」

梓「そうだよ!そんな汚い事できるわけないよ・・・」

唯「むふふ!び、びっくりしたぁ!」

紬「奥が深いのね、ノーパンしゃぶしゃぶ」


4/4