※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

憂「じゃあ、すこしフランクな感じのものを。おっぱいしゃぶしゃぶ。」

唯「お、おっぱいしゃぶしゃぶ・・・って、さっきやった奴じゃないの?///」

梓「あれは・・・澪先輩泣いちゃいましたからね・・・」

紬(さっきのはけっこうよかったわ・・・///)

憂「いいえ、さっきのとは違います。さっきのは乳首しゃぶしゃぶ。今回は、おっぱいしゃぶしゃぶです!」ハァハァ

梓「どうちがうの?」

憂「うん、それはね・・・説明します」



憂「おねえちゃん・・・ちょっといい?」ハァハァハァ

唯「う、うん///」

憂「こうやっておっぱい全体を・・・ しゃぶ~・・・っと手で・・・触るんです」シャブーwwww

唯「はうぅっ!?///」ビクッ

梓(いやいや!?・・・しゃぶ~って擬音なの? いいの?それでいいの!?)

紬「いいわぁ///」ホクホク



梓「そんな・・・何かこう、どんどん変態的な流れになってますよ!!おかしいです!!///」

唯「ふ、ふわわぁ~///」

憂「じゃあ、さっきのまんまんしゃぶしゃぶと比べてどっちがいいの?」

梓「えっ」

紬「そうね・・・さっきのに比べるとこっちのがまだ清潔感が・・・」

唯「そうだねぇ///」

梓「・・・!?」

憂「でしょう?」ニヤリ



梓「いやっ・・・!?なんか騙されてるって」

憂「騙してないよ」

梓「そもそもこれは何の為のものなの・・・?」

憂「いいの」

梓「えっ」

憂「いいのよ」

梓(マジキチ)

唯「そうだよあずにゃん!理由なんていらないよ!」



梓「唯先輩・・・?」

唯「みんなでお鍋をつつくのに、難しい理由はいらないよ!ねっむぎちゃん!」

紬「ええ。楽しければそれでいいじゃない?」ニコニコ

梓「ムギ先輩・・・!」

憂「それともやめる?いいの?・・・私とおねえちゃんとむぎ先輩でやっていいの?」

梓「く・・・」

唯「あずにゃん!」

梓「・・・ヤッテヤルデス!!!!//////」



憂「じゃあ、お姉ちゃんのおっぱい・・・!ハァハァ!しゃぶー・・・っと///」シャブー

唯「ひぅっ///」ビックン

梓(あ・・・唯先輩・・・ちょっと気持ち良さそう・・・///)

紬「あ・ず・にゃん!/// こっちも、やりましょう///」

梓「え?あ、はい・・・///」(ムギ先輩、胸おおきいな・・・ちょっとタレ気味だけど)

紬「・・・しゃぶしゃぶ~~っ www・・・///」

梓「はあぅわ・・・」ジュン・・

憂(最高)



唯「ほら、憂もしてあげる~っ!」シャブシャブサワサワ

憂「ぁああおぉっ!おねぢゃっ!!///」ビククン

紬「どう?気持ちいいかしら?」

梓「は・・・はい・・・///」(でも・・・できれば、唯先輩と絡みたい///)

唯「・・・うぃりぃ~~~・・・www」シャワサワ

憂「ふほほぉーーーっノーしゃぶ最高れすううううううう」マンマンキュッキュッ




澪律サイド


律「はぁっはぁっ!澪、みおおおおおおおおおんんん」ベロベロチュバクチャ

澪「うぶっ・・・ひ、ひつぅ・・・もうりゃめへ・・・///」ハァ ハァ

律「・・・ふはっ!  あーもうこれは・・・死んでも良いわwwwwwwwww」

澪「律・・・変だぞ・・・なんか・・・///」ボーッ

律(目がとろけてるな)

律(この調子なら、モノにできそうだ・・・ ふひひwwww全国の澪ファンざまぁwwwwww)



澪「りつ・・・りつ・・・なんかわたし・・・へんらよぉ・・・」ハァハァ ハァハァ

律(うはwwwwwらめぇ言葉きたwwwwwww超萌えwwwwwww)

律「澪・・・ 澪かわいいな!くぅ~~~っ!!」チュッチュッ

澪「あぅぅ・・・駄目・・・ ダメなのに・・・ なんか・・・///」トローン

律「澪・・・乳首しゃぶしゃぶしていいか・・・?」

澪「・・・///」コクン

律「んふふwwwwwじゃいたらきますwwww」パクッ!

澪「ああん・・・律・・・!///」



律「んぐっ!んぐっ!みおのおっぱいうまああいい!!どんな高級店のしゃぶしゃぶもかなわないよ!」チュヂュヂュヂュチュババァー

澪「ハァ ハァ・・・!はぁ・・・///」ビクビク

律「これまたぷっくりと良い形で・・・こりこりしちゃうぞ澪?」カプチュー

澪「あっあっ・・・!う」

律「乳やわけえ!!もうフニフにしちゃうからな!!」フニンフニンポヨポヨン

澪「・・・っ !!///」ハァハァ

律「はは・・・かわいすぎ」



澪「り・・・つ・・・もする・・・?///」ハァハァ

律「えっ?」ペロペロ

澪「・・・も・・・なめる・・・?」

律「」

律「おねがいします」(やべえ・・・死ぬ程嬉しいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)

澪「・・・///」ペロ・・

律「にゃっはぁ・・・!きっきもちいいいいいよ澪ぉおお」ビクビク!



律「はぁぅ・・・!みおっみおっ!」ハァハァ

澪「んっ///」レロレロチュバチュバ

律「澪たんにおっぱい吸われてるううううもううしゃぶしゃばぶしゃwwwwwwww」トロトロ

澪「りつ・・・!///」ボォーッ

律「はっ・・・ はっ・・・! 澪!次は脇しゃぶしゃぶだ!」ガバッ

澪「へ・・・?/// あうっ!」ビクッ

律(澪の汗ばんだ脇・・・!至高の香りじゃないか!///)ベロベロベロベロ

澪「くっくすぐったい!?律・・・ちょ・・・あははっ!!///」



律「続いて!おへそしゃぶしゃぶ!ふっひひっ!wwwww」(脇から舌を這わせて・・・!)

澪「はっ///!やめてって!律!くすぐったいよぉ・・・!!」

律「くすぐったいのもしゃぶしゃぶの楽しみ方の一つだよぉ!ちゅっちゅ!」レロロロロ

澪「くっ・・・」(なんでこんな・・・気持ちいい・・・の・・・?///)ハァハァッ!

律「続いてぇ・・・びらびらしゃぶしゃぶぅ!びらびらしゃぶしゃぶはいります!!!!wwwww」

澪「えっ・・・?/////」ホワホワ

律「 い た だ き ま す w w w w w w w 」スッ  



澪「!!???///」ビビクンッ

律「あああああ美味しい!シャブシャブ美味しいなぁ!止められねえとまらねえ!やみつきだよ澪!」チュバ ジュバジュブッ

澪「うううわああっ ///// りつっ・・・!そこは・・・!」

律「なんだよこれ!美味すぎる!中毒になっちゃうよ!けしからんまんこしやがって!!」レロロチュウウ

澪「だめ・・・りつ!お、かしくなる・・・」ハァハァ

律「いいんだよ、一緒におかしくなろう!澪といっしょなら、私はどんなにでもなれるぞ!!」ハァハァ

澪「ふぅっふっ!/// 律・・・!」

律「気持ちいいか・・・澪?いいでしょ?」チュバチュバ

澪「わ!わかんなぃぃ・・・////」ビクビク



律「ぐっふふ!あー・・・」

律「澪のかわいいスイッチを発見したぞー・・・wwwwww」ペロっ

澪「かっ・・・!!?」

律「痺れる感じでしょ?澪///」レロレロ 

澪「なにこれ・・・!あぅぅ///」ビクッビクッ


澪(もう何がなんだか・・・!アタマがくらくらして、カラダの輪郭がふわふわして・・・これが・・・ノーパンしゃぶしゃぶ・・・?)

澪(・・・な、なんか・・・いい・・・かも!)



律「よし、おしりしゃぶしゃぶだよ澪」スリスリ(ケツでけぇ・・・揉みごたえあるなぁ)グニグニモミ

澪「お・・・ハァ・・・しり・・・?」ハァ ハァハァ

律「ああ。こうやって・・・澪のえっちなおしりに顔をうずめて・・・」バフッ

澪「あっ///」ジュン

律「まずは香りを堪能するんだ。おいしい料理には、香りの要素は不可欠だ スゥーッ・・・ はぁ・・・」

澪「や・・・りづっ・・・!」

律(澪のケツ型まくらとか売ったらばか売れだろうな・・・くししっ!!www)



律「そんで・・・」レロッ

澪「はっ!/// 澪?? そこはっ・・・汚いっ・・・!!///」

律「大丈夫だよ。澪に汚いところなんてあるわけないだろ?」レロレロネロネロ

澪「えっ/// 澪っ・・・///」ドキドキ

律「もしそうでも、澪の汚れなら、わたしは汚くなってもいいよ・・・澪」チュバー (うめえwwwwwww)

澪(な・・・なんで私・・・ドキドキしてるんだ!?///)

律「ああ・・・最高だ・・・ノーパンしゃぶしゃぶ・・・」(遠い目)



律「はぁ・・・じゃあそろそろ・・・(指をまんこに入れて・・・)」ズッ

澪「あ!ぅ・・・///」

律「澪が痛くししないように・・・ゆっくり・・・」ズチュズチュ

澪「は、はわわ・・・っ」ゾクゾクッ

律「かーわいぃな・・・www ・・・もう チュッ」ニュプニュプ

澪「・・・/////」

澪「りつ・・・チュッ」

律(おおwwwww自分から・・・!?これはwwwwwwwwwwww)

律「・・・澪、大好きだ」



澪「え・・・/// り、りつ・・・」ボーッ

澪「そ・・・それは、友達として

律「世界で一番澪が好きだ。澪のお父さんよりもお母さんよりも、他の男共よりも、唯よりも紬よりも梓よりも」ニュプニュプ

律「わたしがいちばん、澪のこと好きなんだ!!」ズボズボズバァッ!!

澪「!!!!//////」ビククッ!

律「澪、愛してる。愛してるよおおおおおおおおおお」ジュブジュブジュブ!!

澪「りつ・・・!そ、そんなにわたしのことぉ・・・!///」ポロッ

律「みおおおおおおおおおおおおおおお//////////」



律「澪の黒髪も、おっぱいもおしりも唇も・・・カラダもココロも!!」ズバズバ

律「わたしのものだ!!ぜんぶぜんぶ!!」ジュプジュプ

澪「はぐぅ・・・!律・・・!指が・・っはげし」

律「そう・・・いっしょに・・・相手と体と心を一つにする・・・思いやり・・・愛の気持ちをもって」

律「そこには、国境などない・・・ましてや東西の線引きなど何処にもない・・・」


律「それが、本当の意味での  ノ ー パ ン し ゃ ぶ し ゃ ぶ な ん だ ( ) 笑 」

澪(!!!!  の・・・ノーパンしゃぶしゃぶ・・・)

澪(なんてすばらしいものなんだ)ウルウル


律(ぐほほwwwwwwwww澪たんのマン臭いい感じになってきましたよほぉwwwwwwwww)



律「だから澪・・・これからも定期的にノーしゃぶしような」クチュクチュ

澪「ああ・・・わ、わたしでよければ・・・つきあうよ・・・んんっ!///」ハァハァ

律(この感じ・・・澪もイキそうだな・・・よし、ラストスパートだ)

律「澪・・・わたしも、同じように触って欲しい・・・」

澪「うんっ・・・こ、こう?///」ツツッ

律「んほぉっ!!そう!!そうでしゅ!!いいですううううううwwwwwwww」ジュンジュワーщ(゚д゚щ)

律(澪にまんまんさわられて幸せだああああああああああああ)



律「ああっ澪!!いいよぉ!!」ジュブジュブ

澪「はっ!はぁっ!ふぅっ・・・///」クプクプ

澪「な・・・なにか・・・奥の方から・・・!?///」ブルブル

律「わ、わたしもいっしょに・・・!みおっ!みおっ!」

澪「りつ・・・わたひも・・・すき・・・っ」

律「はぁ、はぁ!///澪おおおおおおおおおおおお愛してるぅうううううううううう」


澪律「「ああああああああああああっっ////////////」」ビクビクプシャアアアアアアア












律「ふぅ・・・ いっぱい汗かいちゃったな・・・ 澪、体の具合はどうだ?」

澪「うん、大分良くなったよ。 ありがとう律、律のおかげだ///」ニコニコ

律(もともとわたしのせいなんだが)

澪「なんだか真夏のプールに飛び込んだみたいに、心が晴れやかだ・・・これが、ノーパンしゃぶしゃぶなんだな・・・」

律「おっ、そのフレーズいいねえ。今度歌詞に使えば?」

澪「/// 律!」

律「wwwwwwwwwww」


澪「そろそろ・・・もどるか?服も乾いてるんじゃないだろうか」

律「ああ・・・そうだな」





律「・・・・・・」

澪「・・・・・・」

憂「はいっ!次はスーパーデラックスおまんちんしゃぶしゃぶTIMEでーーーす!ぎゃっはぁ!!wwww」

唯「おほおおおおおおおおおおおおおふ、ふわわぁああああああああ//////」ビクンビクン

梓「にゃああああああ唯先輩イキましゅうううううううううううううううう」ヒクヒク

紬「あんっ!もっと!もっと叩いてぇええええええええええええええ」ブシャアアアアアアアア

憂「おねえちゃんのしゃぶしゃぶ最高だぜマジこれよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」


澪「り、律・・・これもノーしゃぶの一部なのか・・・?」

律「・・・どうやらそうみたいだな」












後日 図書館


梓「・・・・・・」キョロキョロ

『民明書房刊行書籍』

梓「・・・・・・」ガタ

梓「・・・・・・」

『近代史に見る食作法儀礼大全』

梓「・・・・・・」パラ・・・


ノーパンしゃぶしゃぶ(のーぱんしゃぶしゃぶ)…
日本は関東地方に伝わる風習文化の一つ。
下着をとり(時には一糸まとわぬ姿で)、しゃぶしゃぶの鍋を複数人で囲む食作法。
明治初期から徐々に家庭に浸透し、次々の儀礼の仕方が考案されて来た。その歴史を紐解けば...


梓「・・・あるんかい!!!!」



しゃぶしゃぶ!!