※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~卒アル写真撮影後の部室~

澪(うん、やっぱり前髪パッツンの唯もいいな……)ジーッ

唯「み、澪ちゃん……?」

澪「え、あ、な、なんだ唯?」

唯「そんなに見られると恥ずかしいよぉ///」



澪「ご、ごめんな唯」
 「でもさ、その…そういう髪型の唯もアリだと思うんだ」

唯「えぇ~絶対に変だよぉ~」

梓「…………………………………………プッ」

唯「あー!!あずにゃん今笑った!!」
 「やっぱり変なんじゃん!!」フエーーン><

澪「変じゃないって!可愛いって!」

唯「本当に……?変じゃない?」ウルウル

澪「うん、唯はいつでも可愛いからな」
 「それはもう食べちゃいたいくらいにな」
 (あれ?私…今……?)



梓「澪先輩、今さりげなく爆弾発言しましたよねwww」

律「お気に入りの唯ちゃん♪眺め~て♪今夜もオ○ニ~♪」

澪「な……//////」

唯「ふえ?//////」

律「クチュクチュタ~イム♪」
梓「クチュクチュタ~イム♪」
律「クチュクチュタ~イム♪」
梓「クチュクチュタ~イム♪」
律「クチュクチュタ~イム♪」
梓「クチュクチュタ~イム♪」



澪「……//////」プシュー

紬(嗚呼、澪ちゃんが唯ちゃんで自慰だなんて)ハァハァ

律「あれ?み~お?」
 (ゲンコツが飛んで来ないぞ??)

澪「うわあぁぁ――――!!」ダッ

梓「あ、澪先輩逃げましたねwww」

紬(澪ちゃん可愛いわよ)フフフ

唯(み、澪ちゃんも私で?)///



律「あーあ、梓のせいで澪が出てっちゃったー」

梓「わ、私は律先輩に乗っただけです!!」

紬「梓ちゃん?澪ちゃんにあんまりいじわるしちゃダメよ♥」
 「澪ちゃん恥ずかしがり屋さんだから」
 (本当はもっとやっていいのよ)ウフフ

梓「ごめんなさい…調子に乗りすぎました…」シュン

律「そうだぞ梓!!」

梓「律先輩にだけは言われたくないです!!」

律「なんだとー!?中野ォ――――!!!」

唯「澪ちゃんは私で……私は澪ちゃんで…」ボソッ



唯「私は澪ちゃんで……澪ちゃんは私で……」ブツブツ

紬「唯ちゃん!」

唯「はわっ!?む、むぎちゃん何!?」

紬「唯ちゃんも澪ちゃんで?」ニヤニヤ

唯「そ、そんなことないよ!!」

紬「でも、さっき『私は澪ちゃんで』って呟いてたわよ」フフ

唯「え!?そんなこと言ってないってばぁ!!」

紬「無意識のうちに言ってたわよ」
 (嗚呼、可愛いわよ唯ちゃん)

唯「…………」//////



~ドタバタ~
律「オラ中野ォ!!」ガッ

梓「律先輩顔真っ赤………………プッ」

律「この減らず口め!!」グリグリ

~ドタバタ~

紬「じゃあ唯ちゃんと澪ちゃんは両想いみたいね」フフ

唯「…………」カァァ///

唯「む、むぎちゃんのいじわる――――!!」ダッ

紬「あ、唯ちゃん!!」

律「なんだなんだ?むぎも唯にいじわるしたのか?」ニヤニヤ

梓「むぎ先輩も唯先輩にいじわるしちゃダメですよwww」

紬「あらあら、梓ちゃんに一本取られちゃったようね」

律「そんじゃあ、二人が帰ってくるまでティータイムでもしてるか」



紬「そうね、じゃあお茶にしましょ」

律「よっしゃ!」

梓「勉強じゃないんですか!?」

律「勉強はやっぱりみんなでしたいじゃん」

梓「なんか違うと思います……」

律「細かいことは気にすんなって」

梓「…………」

紬「まあ唯ちゃんはともかく、澪ちゃんが出ていっちゃったのは梓ちゃんのせいでもあるからね」

梓「そ、それはそうですけど……」

律「まーそのうち戻ってくるだろ」
 「お茶して気楽に待ってようぜ」

梓「もう…今日だけですからね!」



~廊下~

唯(なんか飛び出して来ちゃった…)

 (むぎちゃんの言う通り澪ちゃんと両想いだとしたら…)

 (嬉しいけど…でも、女の子同士だよ?)

 (澪ちゃんはどう思ってるのかな?)

 ………

 (しばらく部室には戻れそうにないし…)

 (澪ちゃん探しに行こう…)

 (そしてこの気持ちを伝えなきゃ!)



~屋上~

澪(はぁ~…私ってダメだな…)

 (バカ律のくだらない替え歌くらいで逃げ出して…)

 (しかもいつの間にか梓も生意気になってるし…)

 (それよりも唯に私の気持ちバレバレだろうなぁ)

 (ていうかあそこで否定すればよかっただけじゃないか!?)

 (それにあのタイミングじゃ……)

 (私が唯で…唯で一人エッチしてるのが唯に……)カァァ///

 (どうしよう…唯に合わせる顔がない)プシュー///

 (ふぅ…こんな時は空を眺めながら詩を考えよう)ゴロン

 (………………………………………………)



唯を見てるといつもハートDOKI☆DOKI

唯のほっぺはマシュマロみたいにふわ☆ふわ

いつもかわいい唯の横顔
ずっと見てても気づかないよね

夢の中なら二人の距離縮められるのにな

あぁ カミサマお願い
二人だけのDream Timeください☆

お気に入りの唯ちゃん 眺めて今夜も オ○ニー♪

クチュクチュ時間 クチュクチュ時間 クチュクチュ時間



澪(…………//////)

 (私…何考えてんだろ……)

 (唯のことしか考えられない……)

 (新曲の歌詞考えなきゃいけないのに…)

 (あ…新歓で披露する新曲はないんだ…)

 (今は受験勉強しなきゃいけないのに…)

 (みんなで放課後ティータイム続けるためにも…)

 (ふわふわ時間…私たちの初めての曲…)

 (そういえばいろいろあったなぁ…)ジワッ

 (…あれ?学祭の日思う存分泣いたはずなのに…)グスン



唯「澪ちゃん」



唯「澪ちゃん」

澪「ゆ、唯…?なんでここに…?」

唯「なんとなく澪ちゃんがここにいる気がしたからね」フキフキ

澪「唯…ありがとう…」

唯「一人で泣いてるなんて澪ちゃんらしくないよ」

澪「そうだよな…」

唯「いろいろ思い出して泣いてたんでしょ」ゴロン

 「空綺麗だね」

澪「ああ」



唯「澪ちゃん?」

澪「なに?」

唯「『No,Thank You』って曲知ってる?」

澪「聴いたことないな」

唯「私ね、夢でこの曲聴いたんだ」

 「それでね、この曲は過去よりも今を強く生きようって訴えかけてたんだ」

 「澪ちゃん、私たちに必要なのは今を全力で生きることだよ」フンス

 「でも夢だったから歌詞はちゃんと覚えてないんだけどね…」エヘヘ

澪「じゃあその曲の歌詞…私が書こうかな…」

唯「いいね♪いいね♪」
 「あ、でも澪ちゃんが書くと可愛い詩になっちゃうかもね?」ニコッ



澪「か、可愛いって…」

唯「だって澪ちゃんロマンチストだし」
 「怖がりだったり、ぬいぐるみが好きだったり、意外と子どもっぽいところあるし」
 「でもね…いつも一生懸命でみんなのこと考えてる…」

澪「や、やめて…///」

唯「そして頼りになってかっこいいところもある…」

澪「ゆ、唯!!」

唯「そんな澪ちゃんのことが…私は好きだよ♥」ニコッ

澪「…………」カァァ///

 「わわわ…そんなこといきなり言われても……」アセアセ



唯(澪ちゃんの顔真っ赤だぁ///)
 (萌え萌えきゅ――――ん♥)

 「澪ちゃん!」

澪「は、はい!」

唯「大好き♥」ニパッ

澪「も、もうダメ…恥ずかし過ぎる……」プシュー///
 「唯は恥ずかしくないのかよ?」//////

唯「い、言ってる私の方だって恥ずかしいんだからね!」
 「ほら女の子が好きって言ってるんだから答えてよ!」カァァ///



澪「わ、私だって女の子なんだぞ」///

唯「えへへ…」///
 「それで…お返事は…?」

澪「…………」パクパク

唯「え?何?」
 「聞き取れないよ?」

澪「…………」ジーッ

唯「…………」ジーッ

澪「ゆ、唯!」ダキッ



唯「ふ、ふぇ?///」
 「ちょっと澪ちゃん!?///」

澪「どんな言葉で答えても、ちゃんと伝わらない気がして…」
 「こんなことででしか気持ちが表現出来ないけど…」

 「これが私の気持ちだ!」ギュッ

唯「澪ちゃん…」
 (澪ちゃんっていい匂い…)
 (澪ちゃんの温もり…)
 (澪ちゃん柔らかい…)

澪「唯…」
 (唯からいい匂いがする…)
 (唯の温もりだ…)
 (唯ってふにふにする…)



~屋上へ向かうドアの前~

梓「やっぱり覗きなんて悪趣味ですってば!」

律「うるせーぞ梓!」
 「元々おまえが戻ってくるの遅いから探そうって言ったんだろ!」

梓「律先輩がそわそわ落ち着きなかったからじゃないですか!」

律「なんだとー?」
 「梓、おまえ『澪先輩遅いですね?』『唯先輩遅いですね?』って何回言ってたんだよ?」

梓「そ、それは…ていうか心配するのは当然です!」

律「まあ梓が覗き止めれば済む話なんだけどな」ニヤニヤ

梓「軽音部の一員として一部始終を見守る義務があるです!」



律「梓は素直じゃないなぁ」ニヤニヤ

梓「律先輩にだけは言われたくありません!」

律「憧れの澪先輩と可愛がってくれる唯先輩が気になってしょうがないんだよな?梓!」

梓「う、うるさいです!!」

紬「うるさいのはあなたよ?梓ちゃん?」ニンマリ

梓「ひっ!」

紬「りっちゃんもよ?」ニンマリ

律「ひっ!」



紬「これからいいところなんだから…」
 「バレたらどうするのよ…」

律梓「ご、ごめんなさい!」

紬「それにしてもこれは永久保存ものね」

 「最高画質で録らなきゃ…」


 「二人ともお願いだから静かにしててね?」ゴゴゴ…

律梓「ワカリマシタ」



~屋上~

唯「澪ちゃん♥」ヒョコ

澪「なんだ?唯♥」(上目遣い可愛い///)

唯「りっちゃんとあずにゃんの替え歌のことなんだけど…」

澪「!」バッ

唯「あ、澪ちゃん!」

澪「えと、その、ご、ごめん!」
 「唯が可愛いから…つい出来心で…」コノトーリ!!

唯「み、澪ちゃんってばさりげなく恥ずかしいこと言うんだから///」

澪「うぅ…」///



唯「でもよかったよ」

澪「何が…?」ムクッ

唯「私だけじゃなくて」

澪「えっ?唯も…?」

唯「うん、実は私もなんだ…///」モジモジ

澪「唯が私で…私が唯で…」カァァ///

唯「私たちおんなじことしてたんだね?」エヘヘ

澪「ほんとだな」
 「ていうか唯こそさらっと恥ずかしいこと言うよな」///


2/3