※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「大丈夫だよ澪ちゃん!」
 「二人で言えば恥ずかしくない!!」キュッ

澪「そうだな…///」キュッ

 「あ、唯の指ぷにぷにだ」

ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに……

唯「あの…もういいかな…?///」

澪「も、もうちょっとだけ///」

ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに……



唯「あの~澪ちゃん?」

澪「へ?あ、うん」
 「ちょっと夢中になりすぎてたよ」

 「あのさ唯…もうひとつお願いがあるんだけど…」チラッ

唯「澪ちゃんのお願いなら何なりと!!」

澪「唯の…ほっぺふにふにしていいかな?」

唯「ほえ?」

澪「いいよな!?」キラキラ

唯「も、もちろんだよ!」



澪「それじゃあお言葉に甘えて…」
 「唯~♪」ガバッ

唯「いや~ん///澪ちゃんが狼になった~///」ドサッ

澪「唯のほっぺマシュマロみたい!」フニフニ

唯「ふわふわ時間だね!」

澪「ほんとだな///」フニフニ



~ドアの前~

紬「見て!見て!ここからが本番よ!」ハァハァ



梓「澪先輩が唯先輩を押したおした…?」

律「澪がタチだと…?」

紬「唯ちゃんがネコとはねぇ…」

律「それにしても何やってんだ澪は?」

梓「唯先輩のほっぺで遊んでるみたいですよ?」

紬「そのようね」
 (嗚呼、堪らないわ…)

律「相変わらず変なやつだな…」

梓「律先輩からそんなセリフが出るなんて…」プッ

律「中野ォ!」

紬「まぁまぁ、人それぞれ性癖ってものがあるでしょ」ウフフ



律「それもそうか…」

梓「!」
 「律先輩!むぎ先輩!」

律紬「!」

~屋上~

唯「澪ちゃん!」
 「澪ちゃんのお願い聞いてあげたから次は私の番ね!」パァァ

澪「ああ、唯のお願いならなんでも聞くぞ」ニコニコ



唯「じゃあね、私とキスして!」ニパァ

澪「え、キ、キス!?」カァァ///
 「ま、まだ早いって!!」
 「それに心の準備が…」プシュー///

唯「むぅ…澪ちゃん…」
 「私とキスするのイヤ?」

澪「イヤじゃない!!したい!!」
 「でもやっぱり心の準備が…」

唯「大丈夫だよ…私に任せて…」

澪「う、うん…」



唯「じゃあ澪ちゃん…」グルン

 「いくよ…」

澪「う、うん…」コクッ

唯「さぁ、目を閉じて♥」ドキドキ

澪「う、うん」ドキドキ


―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――




~ドアの前~

律「お、形勢逆転だ!」

梓「ていうかあれって……」

紬「キス!?キスよ!!キス!!!」

律「おいおいマジかよ……」

梓「い、いったー!!!」

紬「なんか初々しいわね!!」

律「あれ?なんか段々ヒートアップしてね?」

紬「あーあー、唯ちゃんったらお盛んなこと」

梓「唯先輩、私に抱き着く時の比じゃないくらい激しいですね」



律「もしかして梓、妬いてる?」

梓「そんなんじゃありません!」

梓「ただ…私も唯先輩のほっぺと澪先輩の胸揉んだりしたいなぁって」

律「………………」

梓「ちょっとあからさまに引くのやめて下さいよ!」

紬「わかるわよ~梓ちゃんのその気持ち!」

律「え゙?むぎまで?」

梓「で、ですよね!むぎ先輩!」

紬「ほ~ら、見てごらん梓ちゃん」
 「あの二人あんな寒い中でブレザーもセーターも来てないわよ……」

梓「お互いの温もりを感じあっているんですね!」

律(駄目だ…こいつら…早くなんとかしないと…)



梓「うわっ!澪先輩の喘ぎ声…えっちぃですね」

紬「唯ちゃんもあんなにペロペロしちゃって」
 「唯ちゃんはペロリストだったのね」

梓「むぎ先輩!唯先輩の右手が!」

紬「澪ちゃんの左手もよ!」

梓「よく見えないからスカート脱いで貰えるとありがてーです!」

紬「さっき見えたんだけど澪ちゃんは例の縞パンよ」

律「えっ!?澪縞パンはいてんのか!?」

梓「ほんとですか!?」
 「興奮するです!」



紬「あらあらりっちゃんと梓ちゃんはシマパニストなのね」

律「いや、私はそこまでじゃないよ」

梓「私は初めて見た時からやみつきです!」タラ

律「そういえば鼻血出してたっけか」

律「…って梓!今も鼻血やばい!」

梓「これくらい序ノ口です!」ポタ

紬「あ!お互いの手があそこに滑りこんで行くわよ梓ちゃん!」ゴク

梓「いよいよですね」ポタ…

律(とりあえず、ティッシュ2箱くらい持って来よう…)



紬「二人ともあんなに絡み合っちゃって…」

梓「手の動きも凄い激しいですよ…」ポタポタ

紬「あ、唯ちゃんは苺パンツよ!」

律「二人とも可愛いパンツだな」

紬「キャ!澪ちゃんが口で!」

梓「唯先輩も体制変えて69にするです!」ダラー

紬「唯ちゃんもそうしたいんだろうけど…」

梓「澪先輩の口で…」ダラダラ



紬「あ!澪ちゃんが反撃されてるわ!」
 「一瞬の隙をついて梓ちゃんの好きな69に持ち込んだわよ!」

梓「最高です!唯先輩ならやってくれると思ってたです!!」ドボドボ

紬「ちょっと梓ちゃん鼻血凄いわよ?」
 「ほんとに大丈夫なの?」

律「ほれ、梓」ポイ
 「これで鼻血止めとけ」

梓「あ、ありがてーです!」

律「興奮し過ぎだよ…」
 「で、今どんな感じ?」

紬「あ、ちょっと目を離した隙に貝合わせ!?」タラー

律「もう一箱あるからむぎもどうぞ」

紬「りっちゃんありがと♪」



梓「なんか二人だけの世界って感じですね」

紬「あーあーあんなに乱れちゃって…」

梓「鼻血が止まらない~♪」
 「先輩達の腰も止まらない~♪」

律「梓が壊れた」

紬「鼻血が止まらない~♪」
 「二人の潮吹きも止まらない~♪」

律「むぎも壊れた」

律「ていうか何この血だまり…」
 「事件の現場かよ…」



さわ子「あなた達~こんな所で何やってんの~?」

律「げ、さわちゃん!?」ドン

梓「あっ、律先輩」ドン

紬「ちょっと二人とも!!」ガチャ☆

ドサドサドサ☆

さわ子「早くお茶しましょうよ~」

律「あ、すぐ行きま~す!!」

さわ子「じゃあ部室で待ってるわよ~♥」

――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――



唯澪「ハァハァ……え゙?……ハァハァ……」

律梓紬「アハハハハ…」

唯「なんでみんなここに…?」

澪「ミエナイキコエナイミエナイキコエナイ……」//////

律「いや~遅いから心配になっちゃってさ…」

唯「み、見られちゃったね…」

澪「ミエナイキコエナイミエナイキコエナイ……」プシュー///

紬「覗くつもりじゃなかったのよ」アセ
 「ただ、二人だけの世界だったから入っちゃダメかなぁ~って」アセアセ



唯「別に気にしてないよ…」
 「それに私、今すっごい幸せな気分だから」
 「ね?澪ちゃん?」

澪「ミエナイキコエ……」
 「う、うん……」
 (は、恥ずかし過ぎて死にそう……)

律「そ、それならよかった」
 「じゃ、みんなでティータイムにしようぜ!」

梓「勉強はどうするんですか!?」

紬「梓ちゃんは鼻血出し過ぎだから栄養採らなくちゃ」

梓「はいです。。」



澪「みんな私たちのこと引かないのか?」
 「女の子同士でこんなこと……」

唯「わ、私も不安かも……」

律「引くわけないだろ!」
 「ほら、この鼻血で血まみれになった梓とむぎを見ろよ」

唯澪「…………//////」

紬梓「エヘヘヘヘヘヘヘヘ」



律「よし!これで落ち着いてティータイムだな!」

梓「今日だけですからね!」

紬「おいしいお茶とお菓子楽しみにしててね」

唯「私は体が温まるおいしい紅茶が飲みたいな~」ガクブル

澪「あ、私も飲みたい!」ガクブル

律「ていうかおまえら寒いなら早く服着ろよ……」

澪「……え?」カァァ///
 「うわあぁぁ――――!!」ダキッ

唯「澪ちゃぁん、抱き着かれたら服着れないよぉ///」



律「澪、裸見られるより」
 「裸で唯に抱き着く方が恥ずかしくないかー……?」

梓「そうですよ!」
 「私が貧血で倒れる前に服着て下さい!」

紬「さ、二人とも風邪ひいたら受験も何もないでしょ」
 「早く服着て部室で温まりましょ」
 (とりあえず、ビデオ撮ったのはバレてなくてよかったわ)



――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――

~部室~

さわ子「遅かったじゃなーい」

唯「さわちゃんお待たせー」

さわ子「あら唯ちゃん澪ちゃんどこに行ってたの?」

澪「それは、その……」

唯「ふわふわ時間を過ごしましたー!」

澪「!」///

さわ子「?…まあ、いいわ」
 「それより早くお茶しましょ」
 「私疲れちゃった~」

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――



唯「あー美味しかったぁ」
 「むぎちゃんごちそうさまでした」

紬「いいぇ~」

さわ子「ごちそうさまでした」
 「それじゃ私は職員室戻るから下校時刻守るのよ」

唯澪律紬梓「は~い」

紬「りっちゃん、今日用事あるからお先に失礼するわね」

律「あーうちも今日親が遅くなるらしくて、夕飯の支度しなきゃいけないからお先に失礼させてもらうわ」

梓「ちょっと貧血気味で調子悪いので私も帰りますね……」



澪「わかった」
 「むぎごちそうさま!」

紬「はい、どうも」
 「じゃあみんなまた明日ね」

律「待ってー私も行くー♪」

梓「私もご一緒するです!」


……バタン☆


3/3