※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「また二人きりになったね~」

澪「なんかみんなわざとらしかった気がしないでもないけど……」

唯「ねぇ澪♥」

澪「ん?」

唯「呼び捨てで呼んでみただけ~」

澪「唯ちゃん♥」

唯「澪ちゃんがちゃん付け!?」

澪「ちゃん付けで呼んでみただけだよ」



唯「えへへ…///」

澪「なんか照れくさいな///」

唯「なんか夢みたいだね」
 「今日のことって夢なのかな?」

澪「唯、ほっぺにクリームが…」ペロ
 「うん、甘いから夢じゃないぞ」

唯「夢じゃないんだね///」

澪「夢じゃなくてよかったよな///」
 (我ながら大胆なことを…///)



唯「澪ちゃんって二人きりだと大胆なところあるよね」

澪「なんかテンションがおかしくなっちゃうんだよ」

唯「じゃあ今もおかしなテンションなの?」

澪「わ、私がさっきみたいなことするんだから聞かないでもわかるだろ///」

唯「澪ちゃんってわかりやすいよね」
 「そういうところも好きなんだよね♥」

澪「ゆ、唯の方がよっぽどわかりやすいってば!」

唯「ど、どういう意味かな!?」



澪「唯らしくって可愛いって意味だよ」

唯「またしても大胆な///」

澪「あ、もうこんな時間!」
 「そろそろ帰ろうか」

唯「あーごまかしたなぁ?」ニヤニヤ

澪「えー?なんのことかなぁ?」ニヤニヤ

唯澪「……プッ……クスクス」

澪「じゃあ帰ろっか唯」

唯「うん♪」



~下校中~

澪「すっかり暗くなっちゃったな」

唯「そうだねぇ」
 「なんかお化けでもでそうな感じだね」

澪「ひぃぃぃぃ!!」ギュウッ

唯「あ、澪ちゃんごめんね!」
 「ていうか手が痛いよぉ」

澪「…………ふぅ」
 「怖いのは止めてくれよぉ…」ウルウル



唯「悪気はなかったんだけど…」

澪「まぁ唯のことだし…」

唯「澪ちゃんってさりげなく酷いこと言うね」プクー

澪「だってそうしてふくれてる唯が可愛いからな」

唯「むむむ…」
 「あ、澪ちゃんの肩に手が…」ポス

澪「ひぃぃぃぃ!!」ダキッ
 「唯!取って!取ってー!」><



唯「大丈夫だよ、私の手だから」
 「こうすれば澪ちゃんが抱き着いてきてくれるかなぁ?って思って」エヘヘ

澪「んもぅ…///」キュン
 「でも、こんなやり方はもう止めてくれよな」

唯「えー?やみつきになっちゃうかも」

澪「心臓発作で私が死んじゃうかもしれないだろ」

唯「わっ、それは困る!」
 「澪ちゃんならありえそうだし」



澪「ところで唯、今日さパパとマ……」カァァ///
 「パ、パペットマペット……」ボソ

唯「う、うん…そうだね…」
 (パパとママだって!!可愛い///)

澪「と、とにかく今夜お父さんとお母さんがいないから一人なんだ」
 「それで…よかったら今日うちに泊まっていかないか?」

唯「わーい澪ちゃん家行きたーい!」
 「ていうか澪ちゃんさっきので怖くなっちゃったんでしょ?」ニコニコ

澪「そんなんじゃなーい!」
 「私は唯が泊まりに来てくれたら嬉しいなぁって思っただけなんだからな!」



唯「じゃあ憂に連絡して…と」
 「では、怖がりの澪ちゃんのためにも行ってあげるとするか」フンス

澪「うぅ…」
 「怖くなんかないんだから…」

唯「澪ちゃんってばいじっぱりなんだから」
 「ほら、早く行こ♪」

澪「あ、うん♪」

―――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――



~澪の家~

澪「さ、入って入って」

唯「お邪魔します!」

澪「じゃあすぐ夕飯にするからちょっと待ってて」

唯「ダメだよ澪ちゃん!」

澪「へ?何が?」

唯「そこはちゃんと『ご飯にする?お風呂にする?それともワ・タ・シ?』って聞かなきゃ!」

澪「…………じゃあご飯にするからな」

唯「えー?やってよ澪ちゃん!お願い!」キラキラ



澪「い、一回だけだからな」

 「ご、ご飯にする?…お風呂にする?…それとも…ワ、ワ・タ・シ…?」カァァ///


唯「じゃあご飯!」
 「澪ちゃんが可愛過ぎるよぉ」

澪「わ、私もうご飯の準備するからな!」

唯「了解しました!」

――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――



~夕飯~

澪「憂ちゃんの料理には敵わないだろうけど…」
 「頑張って作ったからたくさん食べてくれると嬉しいな」

唯「澪ちゃんの手料理♪」
 「いただきま~す♪」パクッ

澪「…………………」ジーッ

唯「すっごく美味しいよ澪ちゃん♪」

澪「よ、よかった」ホッ



唯「澪ちゃんの愛情が伝わって来るようで嬉しいよ♪」

澪「そ、そうか?」
 「そう言われると嬉しいよ!」
 「あ、唯またほっぺにくっつけて…」ヒョイパクッ

唯「ありがとー澪ちゃん♥」
 「澪ちゃんって優しいお姉ちゃんみたい」

澪「そ、そうか?」
 「よくわかんないけど照れる///」
 「ていうか唯、おまえはお姉ちゃ…」

唯「はい、あーんして♥」



唯「ほらぁ、あーんってして♥」

澪「あ、あーん///」パクッ
 「あ、ありがとう///」

唯「今日は澪ちゃんの妹なんです!」

澪「さっきまで旦那さんみたいなことしてたくせに///」
 「まったく可愛い妹だなぁ」ナデナデ

唯「えへへ///」

澪「なんか唯と夕飯食べると美味しいな」

唯「私もだよ澪ちゃん!」



―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――

唯「澪ちゃんごちそうさまでした!」

澪「お口あったようで何より」
 「じゃあ唯、私は片付けしてるからお風呂先に入ってていいよ」

唯「え~?一緒に入るんじゃないのー?」

澪「だ、だって…」

唯「もう合宿で一緒に入ってるじゃん」

澪「そりゃそうだけど…」
 「うちのお風呂あんなに広くないし…」

唯「ていうか今日はあんなことやこんなことまでしたじゃん♥」
 「いまさら一緒にお風呂くらい……ね☆」



澪「わわ、わかったから!服くらい自分で脱ぐから!」

唯「澪ちゃん早く入ろ♪」

~お風呂~

唯「澪ちゃんの髪の毛サラサラだねぇ」

澪「唯の肌もスベスベのふにふにだよ」

唯「ねね、お背中流しっこしよ!」
 「私が先に洗ってあげるね♪」

澪「じゃあお願いしようかな」

唯「お任せ下さいお姉さま!」



澪「気持ちいい…上手だよ唯」

唯「どうも~」
 (おっぱい触りたいなぁ)
 (あ、そうだ!)ツルンッ
 「わっ!」ダキッ

澪「だ、大丈夫か?ゆ……」

もみもみもみもみもみもみ

唯「いてっ!」ゴツン

澪「そこは自分で洗えるっての!」

唯「澪ちゃんのケチ~」



澪「今日好きなだけ弄ったんだからもういいだろ…///」

唯「いや~魅力的なものでついつい」テヘヘ

澪「はいはいお背中流しましょうね唯ちゃん♪」

唯「あ、スルーした!」
 「それに子ども扱い!」

――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――



~浴槽~

唯「澪ちゃん抱っこして」

澪「え?あ、いいけど…」

唯「よいしょ…」
 「なんかこうしてると落ち着くなぁ…」

澪「そ、そうか!?」ドキドキ

唯「うん、澪ちゃんに包まれてる感じがするから」
 (背中におっぱい当たってる///)

澪「唯ってほんとはお姉ちゃんなのに妹って感じだもんな」

唯「何それ~?馬鹿にしてるのかな」プクー

澪「可愛くて愛おしいってこと…」ギュウ



唯「ほんと澪ちゃんって恥ずかしがり屋のくせに歯痒いセリフ好きだよね」ニコッ

澪「そ、それは…」ブクブク

唯「そういうふうに言ってから照れる澪ちゃんも可愛いよ」ニパァ

澪「の、のぼせるからもう出るぞ」
 「唯の大好きなアイスもあるし」

唯「ほんと?やった!」
 「さすが澪ちゃん!」

―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――



唯「大変だよ澪ちゃん!」

澪「どうしたんだ?唯」

唯「学校からそのまま来たから着替えがない……」

澪「う~ん、私のでいいなら貸すよ」
 「はい、アイス食べながらちょっと待ってて」
 「唯の服取ってくる」

………………………

澪「これでどうかな?」

唯「これ、サイズはちょうどなんだけど…」

澪「なんだけど…?」
 「それ、私が中学の時のだからきついのか?」

唯「ううん、胸のところがブカブカぁ~」シクシク



澪「そんなこと言われても…///」

唯「澪ちゃんもう寝よ」ショボーン

澪「あ、あのさ唯…同じ布団で一緒に寝ない?」
 「もしよかったらなんだけど…///」モジモジ

唯「いいよ♥怖がりの澪ちゃんのためだもん♪」

澪「怖がりとかじゃないってば!」
 「せっかく唯が来てるから一緒に寝たいだけだってば!」

唯「そ、そっちのセリフの方が怖がりよりもよっぽど恥ずかしいと思うよ///」



~澪の部屋~

唯「さぁ!私の胸にドーンと飛び込んで来なさい!」

澪「なんでいきなりテンション上がってんだ?」

唯「ふふふ、好きな人に揉んでもらうと大きくなるらしいからね」
 「さぁ澪ちゃん私のを揉むのです…今夜は寝かさないよ…」

澪「唯、それ迷信なんだけど……」

唯「…………そんなぁ」ウルウル

澪「でもまあ一応揉んであげるくらいならいいけど…///」



唯「澪ちゃ~ん♥」ガバッ

澪「ゆ、唯!?///」ドサッ

唯「ほら早く♪早く♪」ワクワク

澪「ちょ、ちょっとだけだからな///」モミモミ

唯「んっ…はっ♥」

澪「いちいち喘ぎ声出すなって」モミモミ

唯「澪ちゃんだって屋上で…やっ♥」
 「あんあん言ってたくせに♥」

澪「それは…言わないでくれ///」モミモミ

唯「澪ちゃん…あ♥」

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――



唯「あれ?いつの間にか澪ちゃん寝ちゃってる?」

澪「ゆ~い~」ムニャムニャ

唯(澪ちゃんが寝言言ってる///)クスクス

澪「マシュマロほっぺ」ダキッ

唯「へ?」

 (わわ、ちょっと、ちょっと、これ完全に身動き取れないよ///)

 (これじゃ私…抱き枕みたいじゃん///)ドキドキ

 (あ♥…澪ちゃんの寝息が耳に…)ドキドキ

 (でも不思議と…落ち着く…)

 (私って幸せ者だなぁ///)ウヘヘ

 (明日もいい日に…なるといい…な……)zzz





           ~END~