※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和「でも、唯のまわりって、なぜか人が集まるし、唯といると優しい気持ちになれるのよね」

澪「確かに」

和「天性の才能を持ってるし、天才肌なのかしら」

澪「それは私も思った」

和「顔もかわいいし、守ってあげたくなっちゃう雰囲気を醸し出してるし」

澪「わかるわかる。唯は女の子の私から見ても本当にかわいいよ」

和「でしょ?」

澪「うん。それで、和はわざわざ私の前まで来て幼馴染の自慢をしに来たのか?」




和「言ったじゃない、唯が狂ったのかどうか確かめに来たって」

澪「狂った言うな」

和「気違いって言ったのはあなたよ」

澪「確かに言ったけど、どっちもどっちだと思う」

和「見事にトンちゃんね」

澪「よくわからないけど、ありがとう」

和「けなしてるのよ?」

澪「和ひどい!」

和「あ、そういえば澪、あなた今裸よね?」

澪「!!///」バッ

和「そんな短い手足で隠しきれると思うてか」

澪「なんなんだよ!」

和「ムギが『澪ちゃんで遊んでみると楽しいわよ』って助言をくれたから」

澪「あんのメス豚ぁぁぁあああぁあぁあぁぁああああぁあああああああ!!!」




和「まぁまぁ、落ち着きなさい」

澪「ごめん、取り乱した」

和「私はそんなひどいことしないから(多分)」

澪「優しいな、和は……」グスッ

和(泣くスッポンってシュールね……)

澪「ところで和、授業は?」

和「生徒会長の権限を使ってサボったわ」

澪「は?」

和「生徒会長だもの。当然でしょ」

澪「何が当然?」

和「職権乱用」

澪「黒い。和がどこまでも黒い」




和「何のために私が生徒会長になったと思ってるの?」

澪「よりよい学校づくりのため」

和「違うわ。学校を意のままに操るためよ」

澪「……は?」

和「牛耳るとも言うわ」

澪「言葉の意味はわかるけど、言ってる意味がわからない」

和「私はあなたがわからない。何でトンちゃんなの?」

澪「今更だろ、それ」




澪「学校牛耳ってどうするんだ?」

和「思い通りにことを運ぶのよ」

澪「例えば?」

和「女同士の交際を認めるとか、オナ禁強化週間をつくるとか」

澪「何言ってんだお前」

和「そして、そう………澪をトンちゃんに変えるとかね……」ニヤ

澪「!! ま、まさか和が……!?」

和「……」

澪「……」

和「……まぁ」

澪「!!」

和「嘘だけど」

澪「こんちくしょう!」




和「そんなことできるわけないでしょバカ」

澪「ひどいよ、こんなのあんまりだよ」

和「じゃあ私生徒会に行くね」

澪「え?あぁ、もう行くのか」

和「そろそろ授業が終わる頃だし」

澪「どうしちゃったんだよ和は」

和「そんなときもあるのよ」

澪「そっか」




和「それじゃ」

澪「うん、また」


バタン


澪「……」

澪「言葉がでない」

澪「言葉……コトバ………」

澪「コットッバッじゃないねー時に心をー♪」

澪「結ぶのは目くばせだったりー呼吸だったりー♪」

澪「……」

澪「青春Vibrationか……」

澪「バイブレーションと聞いてどうもローターが浮かんでしまう私は思春期だからか?」

澪「思春期……あ、だから青春か」

澪「なるほど、さすが天才澪ちゃん」




キーンコーンカーンコーン


澪「放課後のチャイム……もうそんな時間か」

澪「今日は練習するのかな」

澪「私は無理だけど」


ガチャ


唯「おいっすー!」

澪「おーす唯。一人か?」

唯「りっちゃんが今日は自主練にしようだって。澪ちゃんがこの状態だし」

澪「そっか、悪いな」




澪「で、唯はなぜここに?」

唯「みんな帰っちゃったら澪ちゃん一人になっちゃうでしょ?」

澪「唯……」

唯「だからここにやって来ました!」ビシッ

澪「……ありがと」

唯「えへへ、全然いいよ」





澪「それでさー……っと、暗くなってきたけど大丈夫か」

唯「大丈夫だよ!」

澪「憂ちゃんが心配するぞ?」

唯「憂ならもうすぐ来ると思うよ」

澪「へ?」


ガチャ


憂「失礼します」

唯「うーいー」

澪「ほんとに来た」




憂「こんばんは澪さん」

澪「よく来たな、まぁ適当に座ってくれ」

憂「ありがとうございます」

澪「それで、憂ちゃんはどうしてここに?」

憂「お姉ちゃんの着替えを届けに」

澪「どういうことだ?」

唯「澪ちゃんが一人になっちゃうから、今晩は私が一緒にいるよ!」

澪「唯……」

憂「というわけなんで、姉をよろしくお願いします」ペコ

澪「いやむしろこっちが頭下げなきゃいけないんだけど」




憂「それじゃあね、お姉ちゃん」

唯「うん、ありがとー」

憂「澪さんも、さようなら」

澪「うん、また」


バタン


澪「憂ちゃん、私のこの姿を見ても何にも言わなかったな」

唯「憂だからね」

澪「何もないかのように普通に接してきたし」

唯「憂だからね」

澪「若干言動が硬かった気もするけど」

唯「憂だからね」




澪「でもいいのか本当に」

唯「学校にもちゃんと許可を取ったよ」

澪「よく許可してくれたな」

唯「和ちゃんがなんとかしてくれたみたい」

澪「なるほど、そういう使い方をするわけか」

唯「ん?」

澪「いや、こっちの話だ」




唯「なかなか戻んないね、澪ちゃん」

澪「うん、何でだろうな。でも何とかなる気がする」

唯「どうして?」

澪「わかんないけど、唯がいてくれてるし……」

唯「そっか」ニコ

澪「ありがと、唯」

唯「うん!」




唯「ふぁ~……」

澪「眠そうだな、そろそろ寝るか」

唯「そうだね、澪ちゃんはそのまま寝るの?」

澪「今のところそれ以外に方法はないな」

唯「だよね」

澪「でもぷかぷか浮いてるからハンモックみたいで気持ち良いぞ?」

唯「えーいいなー」ブー




唯「電気消すよー」

澪「うん」


パチッ


澪「唯、今日はほんとにありがと」

唯「うん」

澪「朝起きて戻れてたら、一緒に買い物行こうな」

唯「約束だよ?」

澪「約束だ」

唯「うん!おやすみ、澪ちゃん」

澪「おやすみ、唯」




唯「……zzZ」スー

澪(……寝つき早いな)

澪(唯が来てくれてよかった。すごく安心できた)

澪(でも、何でここまでしてくれるんだろ……)

澪(もしかして唯、私のこと……って、違う違う!何言ってんだ私!!)

澪(……うー、そんなこと言ってたら気になってきたじゃないかよぅ)

澪「……」




澪(なんでなんだろー気になる夜キミへのーこの思い♪)

澪(便せんにねー書いてみるよー♪)

澪(もしかして気まぐれかもしれない♪)

澪(それなのに枚数だけー増えていくよー♪)

澪(好きの確率ーわりだすー計算式ー♪)

澪「……あればいいのにな、ほんと」チラッ

唯「……ムニャ」スー

澪「……かわいい」




澪(てゆーか私戻れるのかな?早く戻って唯と買い物行きたいなぁ……)

澪(キラキラ光る願い事もーグチャグチャへたるー悩み事もー♪)

澪(そーだホッチキスでーとじちゃおー♪)

澪(ホッチ、キス。キス……キス………唯と、きす……って何言ってんだ私!)

澪(はぁ……あんまり悩んでてもしかたないか。トンちゃんのことも、唯のことも)

澪(明日になれば何かしらの変化が起きてるだろ。と、いうわけで)

澪(ララ☆また明日♪)

澪(おやすみ、唯)





唯「澪ちゃん!澪ちゃん!!」

澪「……んー」

唯「みーおーちゃーん!」

澪「ん、唯……?」パチッ

唯「おはよう、澪ちゃん!」

澪「おはよー唯……って、あ………」

唯「どうしたの?」

澪「戻ってる……私、戻ってる!!」




唯「よかったね、澪ちゃん!」

澪「これで一緒に買い物にもいけるぞ!って、あれっ、唯どこだ?」

唯「ここだよー」

澪「どこだよ?」

唯「こーこ!」

澪「……まさか!」バッ

唯「えへへ、当ったり~」

澪「唯……お前…………」





唯「今度は私がトンちゃんになっちゃったみたいです」テヘッ



【おしまい】