※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「だからって、あたしの胸を見ながら言うな」

梓「たしかに昨日より胸が大きくなってますね」

律「服の上からでもわかるんだな」

梓「偽乳ではないみたいです」

律「誰も訊いてないわ!」

梓「おっぱいは任せてください」

唯「あずにゃんはおっぱい専門家だね」

律「そんな専門家いらねえ」



紬「ねえ澪ちゃん?」

澪「なんだムギ」

紬「揉んでもいいかしら」

澪「な、なにぃ!?」

唯「あ~ずるいよムギちゃん」

梓「なに言ってるんですか。ここはおっぱい専門家が一番揉みです」

澪「誰も揉んで良いなんて言ってない!」

唯「えー駄目なの~」

澪「当たり前だろ。いくら女同士だからって、流石にそれは恥ずかしい///」モジモジ

唯「(かわええ)」

紬「そう……澪ちゃんのおっぱいを揉むのがマイドリームだったのにとてもサッドだわ」

澪「そんな夢はなくていいから」



唯「でも、それじゃあ本当にロケットなのかわからないよ」

梓「そうですね。やはり、ここはおっぱい専門家が触診をしたほうがいいでしょう」

律「おまえは揉みたいだけだろ」

唯「うーん……あ! 良いこと考えた!」

律「悪いことだな」

唯「脱げばいいんだよ」

紬「ナイスアイディーア!」

梓「脱がせて視姦プレイですか。なかなかマニアックですね」

律「おまえらそのうち逮捕されるぞ」

唯「どうかな澪ちゃん」

澪「どうもなにもそんなこと出来るわけないだろ」

唯「え~つまんないの~」



紬「もう我慢できないわ」

澪「え?」

ガシッ

モミモミモミ

澪「ひゃっ///」

紬「……いい……」

唯「おおー」

梓「わわわ」

律「駄目だこいつら」

梓「ムギ先輩、そろそろ交代してください」

紬「も、もう?」

梓「うずうずしてきてるんです。武者震いでしょうか」

律「あたしは悪寒がして震えが止まらないんだけどな」

紬「しょうがないわ。澪ちゃん、またあとでね」

律「あとがあるんだな」



梓「さあ、澪先輩。もう大丈夫ですよ。おっぱい博士にかかればロケット乳なんて朝飯前です」

律「専門家から博士になっちった」

澪「あ、梓!? 早まるな!」

梓「ふひひひ」

モミモミモミモミ

澪「いやああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

梓「こ、これは」

モミモミモミモミモミモミモミモミ

律「で、どうなの? おっぱい博士」

梓「はい、最高のロケット乳です」

律「アホだコイツ……」



梓「はっ!?」

律「どうかしたのか?」

梓「い、いえ。(気のせいかな、この感触)」

唯「ね、ねえ、あずにゃん。わたしも揉みたいんだけど」

梓「うっ、仕方ありません。澪先輩、ご馳走様でした」

澪「れれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれ」

唯「ふんふふん、おっぱい揉み揉み~」

澪「っ!?」

律「酷い光景だな……」



唯「あー楽しかったぁ~」

澪「さ、練習しよう」

律「立ち直り早いな、おい」

澪「ムギ~」

紬「あ、ごめんなさい。いま、行くわ」

梓「……」

律「おい、梓も」

梓「……」

律「梓?」

梓「は、はい!? なんですか?」

律「練習するぞ」

梓「あ、はい。練習しましょう」

律「?」



練習後

律「ふーおつかれー」

唯「疲れたよ~甘いもの食べたい」

梓「甘いもの……」

澪「みんな帰るぞ」

梓「待ってください」

澪「え?」

梓「唯先輩、甘いもの……食べられるかもしれませんよ」

唯「本当!?」

梓「ええ、わたしの推測どおりであればですが」



律「どういうことだ、梓」

梓「澪先輩、まだ隠していることがあるんじゃないですか?」

澪「な、なんのことだ?」

梓「まあ、いいでしょう。ここは先にムギ先輩にお訊きしたいと思います。ムギ先輩、おっぱいを揉んで気付いたことはありませんか?」

紬「気付いたこと? ええと、柔らかかったわ」

梓「そうです、澪先輩。あなたのおっぱいはとても柔らかかった」

律「それがどうかしたのか?」

梓「いえ、それは関係ありません」

律「ないのかよ!」



梓「ええ、ありません。次に唯先輩はどうでした?」

唯「え~わたし? ん~、エッチだよね」

梓「流石は唯先輩ですね」

律「ってことは!?」

梓「はい。澪先輩」

澪「な、なんだ?」

梓「澪先輩のおっぱいはエッチだってことなんです!!!」

ビシィッ!



澪「…………え?」

紬「どういうことなの、梓ちゃん」

梓「いえ、意味はありません」

律「ないんかい!」

梓「ところで、律先輩はどう感じましたか」

律「あたし触ってないし」

梓「では見てみてどう思いますか」

律「あたし、おっぱい博士じゃないし」

梓「役立たずですね」

律「そっすか……」



梓「さて、ここからが本題です。わたしは揉んでいて気付きました。これはロケット乳であってロケット乳でない、これは真ロケット乳だということに」

律「ごめん帰っていい?」

唯「あずにゃん、どういうこと?」

梓「わたしから言うのもなんですが、澪先輩?」

澪「ひぃっ!」

梓「そのおっぱい…………外れるんじゃありませんか?」

紬「な!」

律「んだっ!」

梓「ってー!」

唯「へ?」



律「梓、おまえが驚く必要ないだろ」

梓「すみません。条件反射です」

律「それで、なんだって?」

梓「おっぱいが外れるんですよ」

律「ふーん。じゃあ、おつかれー」

澪「ふ……ふふ……ふふふふ……」

律「え?」

澪「そうなんだ。このおっぱい外れるんだよ」

梓「やはり、そうでしたか」

律「ちょっと待て。あんたらは一体なんの話をしてるんだ」

梓「ですから、おっぱいの話ですよ」

律「……夢だ、これは夢だ」

澪「そう思いたいのはわたしなんだけど」



梓「では澪先輩、もう脱ぐしかありませんよ」

紬「そうね、脱ぐしかないわ」

澪「脱がないとだめ?///」モジモジ

唯「(かわええ)」

梓「ストリップショーの始まりです」

紬「ハラショー!」

律「頭痛が痛い……あれ?」


2/2