※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「澪せんぱーいっ!」

7月のとある土曜日。
私が、模試の帰り、学校のそばを通った時、
背後から、聞き覚えのある声に呼び止められた。

「梓は、学校に来てたのか?」

息を弾ませ、駆け寄ってくる梓に問いかけると、梓は満面の笑みで応えた。

「はい!とんちゃんの水槽を掃除してあげてたんです」
「そっか、えらいな、梓は」
「そ、そんなことありませんよ」

私が、素直な感想を告げると、梓ははにかみながら、頬を染めた。

「澪先輩も学校に用事があったんですか?」
「ううん、私は模試の帰りで、たまたま近くを通っただけだよ」
「そうなんですか……
あの……澪先輩はこれからどうされるんですか?」

梓は、少し迷ったそぶりを見せながら、私に尋ねてきた。




「家のクーラーが壊れてるから、市立図書館にでも行って勉強しようかなって思ってるんだけど」
「そうですか……そうですよね……受験生ですもんね」

「梓は、どうするんだ?」
「えっと私は……特に用事もないので、家で勉強でもします」
「じゃぁ良かったら一緒に勉強しないか?」

私は、少し寂しそうに俯き、答える梓が気になって、誘ってみた。

「え!?」
「ごめん、迷惑だった?」

私の提案が、迷惑だったのかと思い、尋ねると、梓はぶんぶんと首を振った。

「い、いえ、そんなことありません!」
「ほんと?」
「はい!少し驚いただけです。
受験勉強って一人の方が集中できるんじゃないかと思ったんで」
「そっか、それなら良かった。
じゃぁ一緒にいこっか?」
「あ、はい……あ、でも……」
「どうした?」

私が尋ねると、梓は、躊躇いながら口を開いた。




「い、いえ……あの……よかったら私の家でしませんか?」
「急にお邪魔して迷惑じゃないのか?」
「大丈夫です。
今日はずっと私一人ですので」
「じゃぁ、お邪魔しようかな?」
「はい!」

私達は、並んで梓の家へ向かっって歩き始めた。




―――

「あっ、今エアコン入れますね」

部屋に上がると、梓は、エアコンのスイッチを入れる。
部屋の中は、逃げ場のない温められた空気のせいで、外より暑いぐらいだった。

「結構汗、かいちゃったな」

私は、タイを解き、ブラウスのボタンを二つほど空け、ハンカチで首筋の汗を拭う。

「み、澪先輩……」
「あ、はしたなかったよな、ごめん」
「い、いえ……」

私が、梓の視線に気付き、謝ると、梓は、慌てて俯いた。

梓は、そう言うと、部屋を飛び出していってしまった。

「うぅ、はしたないかっこ見せたから、嫌われちゃったのかな?」

しばらく部屋で待っていると、梓が、両手にアイスキャンディーを持って戻ってきた。




「澪先輩は、イチゴとソーダ、どっちがいいですか?」
(あ、大丈夫……なのかな?)

戻ってきた梓は、いつもの様子だったので、私は安堵した。

「じゃぁ、ソーダで」

私は、梓から涼しげなブルーのアイスキャンディーを受け取る。

「やっと、冷えてきましたね」

梓がピンクのアイスキャンディーをペロペロとなめながら、微笑む。

「そうだな」

私も、アイスキャンディーを舌先でチロチロとなめる。

「うん?どうした?」
い「い、いえ!なんでも!」

私が、じっとこちらを見つめる視線に気付き、声をかけると、梓は慌てて答えた。




「あ、そうか」
「な、なんなんですか?」
「ふふふ、しょうがないなぁ、素直に言えばいいのに」
「み、澪先輩!?」

慌てる梓を尻目に、私は、梓の隣に座ると、涼しげなブルーを、梓の口元に差し出した。

「こっちも食べてみたいなら、素直にそういえばいいのに」
「え、えっと……」
「遠慮なんかしないでいいんだぞ」
「あ、はい」

梓は、躊躇いがちに小さな口を開けると、一口齧った。

「おいしいです……」
「よかった。
じゃぁ私も一口もらうな」

私はそう言うと、梓の右手首をつかみ、引き寄せ、ピンクのアイスキャンディーを一口齧る。

「み、みみみみ澪先輩!」
「え?だめだった?」

私が問い返すと、梓はふるふると首を振る。




「そ、そういうわけじゃありません」
「あれ?梓、顔が真っ赤だけど大丈夫か?
熱でもあるんじゃ?」
「ひやぁーーー」

私が、熱を見ようと、おでことおでこをくっつけると、梓がおかしな声で叫ぶ。

「熱はないみたいだけど、梓、なんか変だぞ?
体調わるいの?」
「澪先輩!」

私が、顔を覗き込むと、梓は慌てて、後ろ絵仰け反る。

「「あっ」」

その時、梓の手が、私の左手に当たり、アイスキャンディーを払い落とす格好になってしまった。

「ひゃん!」

腿に落ちた、アイスキャンディーの冷たさに、思わず変な声を挙げてしまう。




「あ、すみません」
「うぅん、大丈夫。
それより、スカート、染みになったりしてないかな?」
「だ、大丈夫だと思います」
「うぅ、心配だから、もっとよく見てくれないか?」

チラッと見ただけで、視線をそらしてしまった梓に、お願いする。

「あ、あの……はい……」

すると、梓は、今度は、時間をかけてゆっくり見てくれた。




「梓、どう?」

自分からお願いしたこととはいえ、あまりにも長い間、太もも周辺を見られて、恥ずかしくなった私は、梓に問いかける。

「だ、大丈夫みたいです」

すると梓は、はっとしたように、顔を挙げた。

「そっか、ありがとう」

私は、そんな梓に、笑顔でお礼を言った。

(それにしても、梓の声、なんかかすれてるみたいだったけど、本当に隊長悪くないのかな?)

私がそんなことを思っていた時だった。

「み、澪先輩!!!」

梓の叫び声と同時に、胸に衝撃と、背中に床の固い感触を感じた。




「澪先輩が悪いんですからね!」
「ん、んんーーーー」

たずね返すまもなく、唇が塞がれる。
私は、両手でしっかり頭を抱え込まれ、逃れることができない。

「ん、んんー」

梓の舌は、容赦なく私の口腔内を蹂躙する。
やがて、唇を割って、梓の舌が入ってくると、甘いイチゴの味が、口いっぱいに広がった。

「あ、梓、なにを?」

やっと開放された唇で、梓に尋ねる。

「澪先輩が悪いんです!」

だけど、梓は、先ほどと同じ言葉を返すだけで、もう一度唇を塞ぐ。
梓は、器用に私の舌を探し当て、ねっとりと絡めてくる。




「んんぅ……んぁ……ふぁ」

私は、その梓の行為で、思わず、鼻から甘い吐息を漏らしてしまった。
すると、その反応に気付いてか、梓の右手が、私の左の胸に伸びてきた。

「むぅー」

私は、抵抗しようと、梓の手首をつかもうとしたが、いとも簡単に払いのけられてしまった。

「だめっ」

私は、梓の唇から、なんとか逃れ、そう言ったが、既に、梓の右手は、私の左胸を弄び始めていた。

「梓、いやっ」

私が、懇願しても、梓はまた同じ言葉を繰り返す。

「澪先輩が悪いんです」

「なんで?……ぁっ」

私は、胸の先端から送り込まれた刺激に、思わず反応してしまう。




「澪先輩」

梓は、囁くと、三度唇を塞ぐ。
そして、今度は、私のブラウスのボタンに手をかけた。

「んぅ!」

私は、そのことに気付き、体を捩って逃れようとしたが、いくら梓の身体が小さいとはいえ、まともに上に乗られている状況では、あまり意味のない行為だった。
梓は、あっという間に、ブラウスのボタンをはずし、背中の下に、強引に手を入れる。
プツンと軽い感触がしたかと思うと、胸に開放感が訪れた。

「んぅ!」

ふさがれた唇の中で叫ぶが、梓は意に介さない。
梓は、ブラをずらし、直接胸に触れてくる。
そして、すぐに先端を探し当て、指先でコロコロと転がし始めた。

「澪先輩、こんなに硬くなってますよ……」
「だめ」
「気持ちいいんですか?」
「ぁっ!」

耳元で囁く、梓の声に、私は答える事ができない。
そればかりか、耳にかかる梓の暖かい吐息に、体のうちから、ぞくぞくとした、疼きが湧き上がってきてしまう。




「ふふ、澪先輩かわいいです」

そう言うと、梓は、突然、胸の先端を唇に含んだ。

「だめぇ!」

私は、その、初めて経験する刺激に、思わず大声を挙げる。

「いやっ、あ、ぁん、梓……」

梓の舌先が、硬くなった胸の先端を転がすたび、舐めあげるたび、そこから電流が走る。

「梓、もうやめっ」ぁん」

鼻から抜けた私の声に説得力がないのか、端から聞く気がないのか、梓は、私の声を無視し、胸をもてあそび続ける。




「あ、梓、い、いやっ、お願いっ」

梓は、両手で胸をふにふにともみながら、ランダムに左右の先端をなめ上げる。
私は、その予測不可能な刺激に翻弄され、梓の成すがままになっていた。

「あっ、梓っ、だめっ、へ、へんになっちゃう!」

執拗に胸を攻め続けられ、快感が、ピークに達し、嬌声を挙げてしまう。

「澪先輩、いっちゃってください」

梓は、そう微笑むと、チューっと左の先端を吸い上げ、同時に、右の先端を摘みあげた。

「あ、梓、梓ぁー!!!」

それで達してしまった私は、胸を大きくそらし、梓の名前を叫びながら快感の渦に飲まれていった。




―――

「ふふふ、澪先輩、かわいかったですよ」

梓は、呼吸を整えている私の髪をなでながらそう言うと、頬に軽く唇を落とした。

「……梓、どうしてこんなことを?」

私は、答えてもらえないと思いながらも、荒い呼吸の中、もう一度たずねた。

「澪先輩が悪いんです。
あんな誘うようなことばっかりするから……」

梓は、そうすねたように囁くと、私を抱きしめる。
そして、最早着ているとは言えない状態のブラウスを、ゆっくりと脱がせ始めた。

「あ、梓」

私は、今度は拘束されているわけではないのに、なぜか抵抗することもできずに、いつの間にか、梓の手によって下着一枚にまでされてしまった。




「あ、梓だめっ!」

最後の一枚に手をかけた梓を、慌てて制す。

「お願い、それだけは許して」
「…………」

私は、梓の熱っぽい視線に見つめられ、観念した。
それでも僅かな可能性に期待し、その視線から逃げるように俯くと、続けた。

「か、かわりにわ、私がしてあげるから」

私がそう言うと、梓は、黙って頷き、下着から手を離した。

私は、瞳を閉じると、梓に口付ける。
もう何度か、梓とキスをしてしまっているが、これが私からの初めてのキスだった。

私は、梓にされていたことを思い出しながら、同じように唇の間に舌先を滑り込ませ、梓の舌を探し当てる。




「んぁ……んんー……」

舌を絡めると、梓もさっきの私のような甘い吐息を漏らす。
私は、そのまま梓のブラウスに手をかけ、ボタンをゆっくりはずしていく。

「……脱がしちゃうね」
「……はい」

私は、梓の返事を確認し、服を脱がしていく。
やがて、梓も、私と同じ下着一枚の状態になった。

「梓、かわいい」

私が、思わず本音を漏らすと、梓はちょっと膨れた。

「それって、胸が小さいって事ですか?」
「違うよ。
本当にかわいいんだ」
「そんな」

梓は、恥ずかしそうに俯く。
さっきまで、私を無理やり犯していた、同じことは思えない。




「胸だって、すっごく綺麗な形してるぞ」

私は、ちょうど手に収まる程度の、膨らみを包み込む。

「ぁん、澪先輩」

梓の胸は、マシュマロのようにふわふわしていた。
やがて、そのマシュマロの先端に硬いものが現れる。
それを手のひらに感じた私は、さっき、同じ部分からもたらされた快楽を思い出し、ドキドキと胸が高鳴るのを感じた。

「梓」

のどが渇くような感覚を覚え、思わず唇を近づけていく。
決して、ミルクが出るわけでもないのに、渇きが潤されるように思え、その先端を唇に含んだ。

「うっ、み、お先輩」

梓の唇から、甘い喘ぎが漏れる。

(梓もさっきの私と同じなんだ)

そう思うと、なぜか嬉しくなった。




「だ、だめっ、はげしすぎますっ!」

私は、梓の懇願を無視して、一心不乱に、梓のマシュマロの先端にある膨らみを、舌先で転がし、突付き続ける。
私は、私の手によって乱れる梓に愛しさを感じ、歯止めがかからなくなっていた。

「だ、だめぇ!みおせんぱ~い!!!」

梓は、さっきの私のように、胸をそらし、絶叫し、果てた。


2/2