※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――

「みぉせんぱぁい」

梓は、呼吸もまだ整ってもいないのに、甘えるように囁き、唇を重ねてくる。
でもそれは、さっきまでの貪る様なキスではなく、愛しむような優しく穏やかなキスだった

「澪先輩、私の初めて、もらってくれませんか?」
「え?」
「だめ……ですか?」
「うぅん、私なんかでいいの?」
「澪先輩がいいんです」
「梓」

私は、梓を抱きしめ、唇を重ねる。
そして、ゆっくりと、梓のそこに触れた。

「ぁん」

梓のそこは、下着の上からでもはっきり分かるほど、潤っていた。




「澪先輩、直接」

私は、梓の言葉に頷くと、その残った一枚の布切れを取り除いた。

「梓……」

熱く潤っている、梓の花弁に直接触れると、言いようのない愛しさが、胸に広がってくる。

「澪先輩、うっ」

梓のかわいい声が、もっと聞きたくなり、私は、中指の腹で、硬くなっている、小さなつぼみをこする。

「み、澪先輩、い、いぃ、ぁん」

梓は、私の指の動きに応えるように、反応が大きくなっていく。

「み、澪先輩……お願い……」
「梓……」
「きてください……私、もう……」
「うん」

私は、右腕でしっかり梓を抱きしめる。

「痛かったら言ってね」
「はい」

私は、そっと梓の入り口に左手の中指を押し当てる。




「いくよ」
「来て、澪先輩」

私は、梓の花弁の間に、ゆっくりと中指を沈めていく。

「ぅぁっ、はあーーーっ」
「だ、大丈夫?」
「……はい、続けてください」

私は、苦しそうな声に、思わず挿入をとめたが、梓は続きを促した。

「うん」
「あっ、はぁあー、い、……
み、澪先輩が、わ、私の中にっ」
「そうだよ、分かる?」
「は、はい、分かりますっ!うれしいですっ!」

梓の最奥部まで到達すると、梓は嬉しそうに、抱きついてきた。

「梓」

私もそれに答え、背中に回した右手に力を込める。




「澪先輩」

懇願するように見上げる梓の瞳に頷くと、私は、左手を動かし始めた。

「あ、あん、い、いぃっ!」

梓の中で、タッピングする時の要領で、おなかの裏側を叩くように指を動かす。

「み、お先輩!」
「きもちいい?」
「は、はい!……もっとぉ……」
「うん」

今度は、スラップの要領で手首を捻る。
「あ、だめっ、それいぃっっ!

梓の中を愛するたび、梓が、甘い声を挙げ、梓の花弁からは蜜が溢れる。




「ね、ねぇ、もうだめっ、い、いかせてくださいっ」
「うん、いって。梓」

私は、いったん中指を引き抜くと、薬指とともに再び、梓の中に沈めた。

「はぁーーー!」

そして、激しく、指を出し入れし始めた。

「澪先輩!澪先輩!」

梓は、何度も私の名前を呼び、さっきより強く抱きしめてくる。

「梓……」
「み、澪先輩、だめ、いきます!いっちゃいますぅうーーー!!!」

指を締め上げられる感覚が下かと思うと、梓の中から、大量の蜜がほとばしった。




―――

「みぉせんぱい、うれしいです」

とろんとした瞳で、梓は囁き、私の胸に頬を摺り寄せる。
前髪が素肌に触れて、少しくすぐったい。

「みぃぉせぇんぱいっ」
「ぁっ」

そして、梓は、私の胸の先端に口付ける。

「だめだよ、梓」
「だめじゃないです」

梓は、そう言うと、私のまだ誰にも触れられたことのない部分へ触れた。




「梓だめっ!」
「いやです」
「でも約束が」
「知りません」

梓は、すねた様に言うと、下着の上から、ぐりぐりとそこを手のひら全体で愛撫する。

「ちょ、ちょっと」だめだって……ぁん」
「そんなにいやですか?」
「え?」
「私じゃ、そんなにいやですか?」

私は、梓の真剣なまなざしに見つめられ、恥ずかしくなり、思わず俯いた。
そして、躊躇いながら、私は梓に尋ねた。




「梓……た、大切にしてくれる?」
「え?」
「これからずっと……私だけを、大切にしてくれるなら……」
「それって」
「……あの……体の関係だけじゃなくって」

私が、恐る恐る続けると、梓にきつく抱きしめられた。

「何を言ってるんですか!」
「え?」
「私が好きな人意外とこんなことができる人間だって思ってたんですか?」
「別にそう言うわけじゃ……」
「私、一生澪先輩を大切にします!」
「ほんと?」
「もちろんです!」
「梓」

私たちは、抱き合い、唇を重ねる。
お互いの思いを確認するように、約束を確かめるように。




「梓……梓の好きに……して」

唇が離れると、私は恥ずかしさをこらえ、梓に伝えた。

「澪先輩、大好きです」

梓は、もう一度キスをすると、私のそこに触れた。

「あ、梓……」
「澪先輩、脱がせちゃいますね」

言葉と同時に、私は、生まれたままの姿になった。

「澪先輩、すごく濡れてます」
「そ、そんなこと言わないで」
「ふふ、私にして、澪先輩も感じちゃったんですね」
「そんな、あん」
「ほら、聞こえますか?」
「い、いやっ」

梓は、入り口のところで、わざとピチャピチャと音を立てる。




「だめ、恥ずかしいよ、梓」
「でも、恥ずかしがってる澪先輩、かわいいです」
「そんなぁ、い、いや、あん」

「もっと気持ちよくしてあげますね」

そう言うと梓は、私から離れていく。

「梓?」

私が驚き、顔を上げると、梓は、私の両脚の間に体を割り込ませようとしていた。

「だ、だめ、見ちゃだめ」

私はあわてて両脚を閉じようとしたけど、既に、手遅れだった。

「澪先輩のここ、綺麗です」
「いや!恥ずかしくて信者紆余ぉ」
「大丈夫ですよ澪先輩。
先輩のここ、すごく綺麗ですから」
「ふ、ふわぁあー!」

ぬるっとしたものが触れ、私はへんな声を挙げてしまう。




「だ、だめ、梓、そんなこと……あ、いやぁ、……」

梓は、私の中に舌を入れたかと思うと、先端のつぼみまで一気になめ上げ、しばらくそれを転がしたかと思うと、すっと下がっていってしまう。

「あ、梓、い、いぃ……あ、ぁん、いやっ……」

そんな事を何度か繰り返していた梓だったが、突然、梓の唇は、下の方へと下がっていった。

「あ、梓、そんなところだめ!」
「でもこっちの方に、エッチな汁が垂れてきちゃってますから、きれいにしないと」
「で、でも、汚いよ」
「澪先輩に汚いところなんてありません」

そう言うと、梓は、再び舌を這わす。

「だ、だめ!そんなところに舌を入れちゃっ!」

私は、縦横無尽に駆け回る、梓の下に翻弄され、ただ喘ぎ、腰を浮かせてしまう。

「澪先輩、気持ちいいですか?」
「あ……う、ぅん、気持ち、いい!」

私は恥ずかしさも忘れ、梓に応える。




「澪先輩、もうそろそろいいですか?」

梓は、指で一番敏感な部分を転がしながら、囁く。

「う、うん……あ、梓の好きにしてぇ……」
「澪先輩、大好きです」

梓は私を抱きしめると、右手の中指を、私のそこにあてがった。

「いきますよ」
「う、うん」

答えと同時に、梓の指が侵入してくる。

「あ、うぁーーーーーっ!」

痛いのは覚悟をしていたが、それは熱いと言う感覚に近かった。
まるで焼けた防火何かを押し込まれているような感覚に悲鳴を挙げてしまう。

「澪先輩、大丈夫ですか?」
「う、うん、だい、じょうぶ」

私は、必死にその痛みに耐える。
梓も同じ痛みに耐えたんだ、そう思うと、痛みが薄れるような気がした。




「澪先輩」

梓は、熱っぽく囁くと、私の中で動き始める。

「あ、あぁ、あず、さぁ!」

しばらくは、熱いような痛みしか感じていなかったが、徐々に、甘い疼きを伴い始めた。

「あ、あん、梓、梓だ……梓……」

梓を私の中に感じる。

「澪先輩、私の指で、もっと感じてください」
「梓、いいっ、いぃよぉっ」
「ここですか?」
「そ、そこっ!だめぇっ!」

梓が、おなかの内側を円を書くようにこすると、より強い快感が走った。

「澪先輩……」
「あ、梓、だめ、変なのが、変なのが来るぅっ!」
「いいですよ、いっちゃってください」

そう言うと梓は、親指を、硬くなっているつぼみに当たるようにして、手を上下に動かし始めた。




「梓、だめ!す、すごいっ!!!」

私は、二つの刺激に、理性を削り取られていく。

「梓、いやっ、す、好きって言ってぇ!」
「澪先輩、大好きですよ」
「わ私も、あ、ぁん、梓のこと、あ、ぁん、ぅっ、あぁ、だ、だいすきぃっ!あ、だめぇーーーーっ!!」

私は、絶叫すると、梓のぬくもりを感じながら、白い世界へと落ちていった。




―――

「みーおー」

次の日の午前中、不肖の幼馴染が、いきなり家を訪ねてきた。

「どうしたんだ?」
「宿題、手伝ってくれよぉ」
「しょうがないなぁ」

私は笑顔で応える。

「で、なんの宿題なんだ?」
「み、澪?」

だけど、律は目を見開き、まじまじと私を見つめ、固まっている。




「どうしたんだよ、宿題手伝って欲しいんだろ?」
「い、いや、いつもなら、自分でやれって殴るのに、殴らないからさ……」

私だって、いつも殴っているわけではないのに、本当に失礼なやつだ。
だけど、そんなことはどうでもいいかと思い直した。

「まぁ、たまにはな」
「なにかいいことでもあったのか?」
「え、えっとそれは……」

図星をつかれ、口ごもってしまう。

「まさか梓と付き合うことになったとか?」
「な、何で分かるんだよっ」
「図星かよ!
「うっ」
「それにしても、告白なんかできないとかうじうじしてたくせになぁ」
「も、もういいだろっ」

私は、真っ赤になって話を打ち切ろうとするが、律は意に介さず、続ける。




「まさか梓から告白されたとか?」
「まぁ……それに近いかも……」
「へぇ、やっぱりへたれなみおちゅわんからは、何もできませんでしたか」

律が、にやにやといやらしい笑みを浮かべる。

「わ、私だって、梓がその気になるようにだなぁ!」
「うん?」
「い、いやなんでもない」
「なんだ?」
「とにかく!私もがんばったんだっ!」
「あいったぁ!」

私の部屋に、スコーンと言う、小気味いい音が響いた。





   おわり