※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「不公平じゃないか?」

律「何が?」

澪「私がライブでパンツ見せたんだから、みんなも見せるべきだと思う」

律「は?」

紬「見せたって、あれは事故じゃ・・・」

唯「そうだよ」



澪「事故にしても見せた事に代わりはない」

紬「見せるってライブで?」

澪「いや、ここで見せてくれれば良い」

律「は?」

澪「ここで全員パンツ見せてくれればそれで良い」

唯「澪ちゃんがおかしい・・・」



澪「まずは、律からだ」

律「何で私からなんだよ!」

澪「何でって部長だから当たり前だろ?」

律「部長はパンツ見せるのかよ!」

澪「良いから黙ってパンツ見せろコラ」

紬「澪ちゃんがあんな下品な言葉を」

澪「おっと、失礼つい」

澪「良いから、黙っておパンツ見せろコラ」

紬「そこじゃねーよ」

唯「クレヨンしんちゃんかよ」



唯「私は別に見せても良いけど?」

澪「本当か?」

唯「だって着替えの時とかに見られてるから今更」

澪「じゃあ、見せてくれ」

唯「ほい」ぺろーん

律「苺柄!」

紬「可愛らしいわね」

澪「唯らしいパンツだな」

唯「えへへ///」照れ照れ



紬「私も見せても良いわよ?」

澪「じゃあ頼む」

紬「はい」ぺろーん

唯「これは?」

律「何とTバック!」

澪「やらしいパンツ履いてるな///」

紬「スースーして気持ちいいのよ」



唯「じゃあ、最後は律ちゃんだよ」

律「分かったよ///」

律「ほら」ぺろーん

唯「クマさん!」

澪「ぷっ、まさか律がクマさんパンツ履いてるとはな」

律「うっさい///」

紬「可愛い物好きなのね」



澪「後は、梓だな」

唯「あずにゃん、委員会で遅くなるって言ってたから」

律「あー、でも梓にパンツ見せろって言うの止めとけよ?」

澪「何でだ?」

律「ほら、梓って澪の事慕ってるし」

紬「そうよ、憧れの先輩のイメージが崩れちゃうわ」

唯「可愛そうだよ」

澪「そうなのか。分かったよ・・・」



ガチャリ

梓「遅くなってスイマセン」

澪(あのスカートの下は・・・)

ジーッ

梓(澪先輩から視線を感じる)

梓「な、何ですか澪先輩?」

澪「ハッ、何でもないよ」

澪(そうだ、直接パンツ見せてくれって言わないで見れば良いんだ!)



澪「ああ、何か頭痛が痛い」

唯「大丈夫?」

紬「保健室行く?」

澪「いや、大丈夫だ。少し横になってれば」

律「ソファーで少し寝てろ」

澪「そうするよ」

澪「よいしょっ」



澪「ううーん、頭が低いと上手く寝られない」

唯「バッグとかは?」

澪「固くて駄目だ、もっと柔らかい物が」

紬「柔らかい物ね」

澪「梓、梓」おいでおいで

梓「何です?」

澪「頼む膝枕してくれないか?」

梓「ええ?///」



唯「その手があったね」

律「良いじゃんか膝枕くらい」

紬「そうよ」

梓「じゃ、じゃあどうぞ///」

澪(ぐふふ、作戦通り)

澪「ああ、ありがとうな」

澪「うーん、梓の膝枕柔らかくて寝心地良いな」

梓「そうですか///」

澪「スースー・・・」←寝たふり



梓「澪先輩寝ちゃいましたね」

澪(後は自然に)

澪「う、うーん・・」

寝返りを打つ澪

梓(澪先輩寝返り打ってこっち向いちゃった///)

澪(後はこれで薄目を開ければ)

そーっ

澪(うう、見えない。三角地帯が暗くて見えない)



澪(しかし、この程度でへこたれる澪ちゃんじゃないさ。他の作戦を考えるか)

梓(可愛らしい寝顔)

なでなで

澪(それにしても、梓の膝枕気持ちいいな。頭撫でられると眠気が)

澪(やばい、寝たふりじゃなくて本当に寝て)

澪(何の、梓のパンツを見るまで・・・)

澪(スカピー・・・zzz)



澪「ハッ!!寝てしまっていたようだ」

梓「起こすの可愛そうなのでそのままにしてました。もう下校の時間ですよ」

澪(でもこれで梓と二人きり、チャンスだ)

澪「あのさ梓、お腹空かない?MAXバーガーでも行かない?」

梓「え?良いですけど」

梓(頭痛で寝てたのに、ハンバーガー食べるの?)

澪「よし、行こう」



MAXバーガー

澪「私のおごりだから好きなの注文して。付き合わせちゃったお詫びに」

梓「はい、ありがとうございます」

澪「さあ食べよ」

梓「美味しそうですね」

チャリーン

澪「あ、小銭が落ちちゃった」

梓「え?」

澪「どこ行ったかな?」

ごそごそ



澪「ううっ、梓が内股にしてるから見えない・・・」

梓「澪先輩、見つかりました?」

澪「・・・まだ見つからない」

梓「あ、こんな所に落ちてましたよ」

澪「あ、ありがと」

澪(糞っ、失敗か?イヤもう一度だ)

澪(さすがに2回も小銭落とすと怪しまれるかな?)

澪(それなら)

バラララッ



澪「ポテトがこぼれちゃった」

梓「大丈夫ですか?」

澪「うん、少しだから」

ごそごそ

澪(ポテトを拾うフリして)

ササッ

澪「うう、今度は足組んでるから見えない。ぐすん」

ひょいパク

澪(こうなったら意地でも梓のパンツ見てやるです!)もぐもぐ



澪「なあ梓、この後暇か?」

梓「え?特別予定はないですけど」

澪「カラオケでも行かないか?」

梓「良いですけど」

梓(今日の澪先輩やけに積極的だな///)

澪「良し、じゃあそこのカラオケBOX行こう」

梓「はい」

澪(ぐふふ、このカラオケBOXは長い階段を登らなくては行けないからな)



澪「私、ちょっと電話するから梓先に行ってて」

梓「はい」

澪「もしもし・・」←電話してるフリ

澪(そろそろ・・・)

覗き見!

澪「鞄でスカートをガードしてる・・・」

澪「ちっきしょー!!」

澪(あれ?何で私こんなに必死に梓のパンツ見ようとしてるんだっけ?)



カラオケBOX内

澪(出来れば使いたくなかったが、あの作戦で行くか)

脚を組み替え組み替え

梓(うわ///)眼逸らし

澪(ふっふっふ)

脚を組み替え組み替え

梓 ちらっちらっ

澪(梓の奴、チラ見してるな)

梓 ちらっちらっ///



澪(そろそろ良いかな?)

澪「あーっ、梓私のパンツ見たでしょ?」

梓「み、見てませんよ///」 

梓(本当は見たけど)

澪「嘘、さっきからチラ見してた」

梓「してませんって///」

梓(青の縞パンだった)



澪「本当に?」

そう言い、梓にズィッと顔を近づける。

梓「ほ、本当ですよ///」

梓(顔が近い///)

~♪

梓「あ、私の曲始まっちゃいましたよ。歌いますね」

澪「ああ・・・」

澪(くそっ間の悪い。私のパンツ見せて梓のパンツ見せてもらう等価交換作戦は失敗か)



梓「ぶぶぇ~♪」

澪(梓以外に歌アレなんだな)

澪「!」

澪「そうだ梓、ゲームしない?カラオケで高得点出した方が相手に何でも好きな命令出来るの」

梓「えっ、でも澪先輩上手いし。私じゃ勝負にならないですよ」

澪「じゃ、じゃあハンデ上げるよ。10点ハンデ」

梓「あ、それなら良いですよ」

澪(今日の私は絶好調。80点は超えられる。勝ったも同然)



梓「ぶぶぇ~♪」

澪「さて、点数は?」

梓「68点ですね」

澪「私は78点以上取れば良いのか」

澪「いつか絶対叶えたい夢~♪」ドヤッ!

梓「う、上手い」

澪「点数は?」

澪「86点!」



梓「私の負けですね」

澪「やった私の勝ちだ!」

梓「じゃあ、澪先輩命令一つどうぞ」

澪「梓のパンツが見たい!」即答

梓「え?///」

澪「梓のパンツが見たい!」

梓「いや、聴き取れなかったんじゃなくてですね」



梓「私のパンツが見たいんですか?」

澪「うん」

梓「わざわざゲームしなくても澪先輩が見たいって言うならいつでも見せたのに///」

澪「ええ?本当か?」

梓「じゃ、じゃあどうぞ///」

ぺろーん

澪「こ、これは?!」



澪「ピンクの縞パン?あれ?もしかしてこれ私の青縞パンとお揃い?」

梓「そうです、私澪先輩に憧れてて。だからパンツもお揃いのを///」

澪「そうだったのか」

梓「私澪先輩の事ずっと好きでした」

澪「梓!」抱きしめ

梓「澪先輩!」

澪「これからは毎日パンツ見せてね」

梓「澪先輩も」



次の日

澪「今日の梓はどんなパンツかな?」

ぺろーん

梓「ひゃっ///」

澪「おっ青縞パン。今日の私と色までお揃いだな」

梓「そうなんですか?お返しに」

ぺろーん

梓「本当にお揃いですね」

澪「いやーん梓のH///」

唯「あの二人は何をしてるの?」

律「パンツを見せ合う仲になったらしいぜ」

紬「まあまあまあ」



お終い