※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


数日後


唯「やっほーみんなー遅れてごめんねー」

律「おせーぞー」

澪「スタジオ、間に合わないぞ!」

紬「急いで急いで!」

唯「あー! 澪ちゃんとりっちゃん服おそろだー!」

紬「そうなの。似合ってるわぁ」

律「さいですか」

澪「ふふ」

唯「でもそれしまむらだよね。チラシでみた」

澪「え、う、うん……そうだけど?」

唯「ふーん……澪ちゃんもりっちゃんも変わったファッションセンスしてるね……」

律(お前がいうか!)




唯「へぇーおもしろい生地してるね」むにむに

澪「や、やめろぉひっぱるな」

唯「あ……やわらかぁ……」

律「以外とぬくいんだこれ」

唯「安いのにやわらかぁ……」

律「おう、安いのにな」

澪「安い安い言うな! 他にも褒めるところ盛りだくさんだろ!」

紬「そうよ服に値段なんて関係ないわ! 愛があればいいの!」キラキラキラキラキラキラ

唯「ムギちゃんの服は高そう」

紬「そう? 普通だけど……」

律(私らのパーカーの何十倍するんだよその上着……)

澪「……」




澪「……いいんだ。私にはこれがあるから」

律「なにをいきなり」

澪「多少薄手の生地でも、しまむらの優しさに身を包まれてるだけで……あったかいんだ……」

唯「澪ちゃんどうしたの?」

律「お気に入りなんだとさ」

唯「へぇー、りっちゃんも気に入ってるのそれ?」

律「……んー」

律「まぁまぁかな」

澪「しまむら……私の街にきてくれてありがとう……しまむらぁ……」

唯「しまむらーだね澪ちゃん!」

紬(なんだっけしまむらって……)




唯「あー私もいきたかったなー」

澪「今度唯もいこう!」

唯「うん! また可愛い文字Tさがしてるんだー」

律(保護対象が増えるのか……)

紬「わ、私もいきたい! 行ってみたい!」

唯「でもムギちゃんが気に入る服あるかわからないよ?」

澪「いや、しまむらならどんな人の趣向でもカバーしてくれるはず……」

澪「ムギも絶対気に入る服があるから!!」

紬「うん! 冬服をそろそろ買わなきゃっておもってたのー」

律(値段みたら逆に失神しそうだぞ)


澪「みんなでしまむら……うふふ」

澪「は! スタジオ! 間に合わないぞ!!」

律「急げー!」





あれから私たちは毎日放課後にしまむらに行き

新作をチェックし、時には買い込み、談笑し

しまむらの暖かさと優しさに包まれ、幸せな日々を送ってきました。


そしてやがて春になり、私たちは高校二年生。

待望の後輩も出来、今日は軽音部のみんなで初めてのおでかけです。

私たちの着てる服? うふふ、それはもちろん……



唯「おーいあずにゃん! こっちだよー」

梓「どうもー、すいません。道迷っちゃって」

澪「よし、みんな揃ったし行くか!」

梓「わぁみなさんの私服姿はじめて見まs……え……」

澪「?」

律「?」

紬「どうかした?」




梓「そ、それ……し、しま……」

澪「わかる!? うん! そのとおり」

梓「もしかしてしまむら産ですかwwwwwwwあはははっははwww」

唯「え……何」

律「何笑ってるんだよ」

梓「高校生になってしまっwむらwwww苦しいですひーひーww」

唯「大ウケだね」

梓「みなさん華の女子高生なんですよwwww」

律「……」

紬「……」

唯「よくないと思うな私よくないと思う。ブランドきめつけるのはナンセンス!」

澪「そうだぞ! 梓も着てみればわかる! 安いだけがとりえじゃないって!」

梓「お断りしますwwwwwww」




律「じゃあ聞くけどさー? 梓のその服はどこで買ったんだよ」

梓「え? これですか? 言っちゃっていいんですか?ww」

梓「みなさんショックで死にますよww」

紬「……聞かせて」

梓「それはもうwww原宿のー、超今風のおしゃれなお店のー」

唯「はい嘘! 私それジャスコの二階でみたもん!」

梓「……!」ギクッ

唯「てか持ってるもん! さすがにもう着てないけど」

梓「!」ガーン

澪「……梓」

紬「梓ちゃん……」




唯「ジャスコにゃん、何かいいたいことはあるかね」

律「……よせよ唯」

唯「え?」

澪「……梓、怒ってない。先輩は誰一人として怒ってないよ」

梓「そ、そんな……そんなつもりじゃなかったんです……」

律「いいんだよ梓。だれしも人を見下したくなる時期はある。私も以前はそうだった」

梓「……うう」

澪「しまむらは全てをうけいれる。お前の悲しさも苦しさも、全部全部……優しさで包み込みこんでくれる」

律「人のもつ歪んだ価値観や悪意はだんだんとかされていって、本当の真っ白な心を取り戻すことができるんだ」

梓「先輩方……」

唯「いこ……? しまむらへ……」

澪「しまむらはいつも身近に。私たちの暮らしを見守ってくれてるよ」

紬「あなたもきっと、変われるはず」

梓「うぇええん先輩ー!!」




唯「じゃあ今日のおでかけは急遽しまむらです!」

律「おうよ! 金はある!」

澪「新歓ライブの後はなんだかんだで立て込んでていけなかったからな」

紬「ひさしぶりでテンションあがっちゃうわね! 何買おうかしら♪」

梓「しまむらって……そんなにいいところなんですか?」

唯「しらないの?」

梓「……ネットでしか、しりません」

唯「よく知らないのに馬鹿にしちゃったの?」

梓「うぐ……」

律「まぁまぁ。行きゃわかるって」

澪「あぁ、いざ私たち放課後しまむらタイムの聖地へ……」

梓「しまむらばっか行って全然練習してないから新歓ライブへったくそだったんですね」

律「それはご愛嬌だぜ!」

紬「これで梓ちゃんもしまむらデビューね!」




・・・


梓「し ま む ら って書いてありますね」

澪「うん! しまむらだからな」

律「いつぞやの澪とおんなじこと言ってるな」

梓「意外と派手な外観なんですね」

澪「目立つだろ!?」

唯「私が全身コーディネートしてあげよう!」

梓「はぁ」

紬「たくさん買っていいのよ? 安いから!」

梓「安物買いの銭失いって言葉ありますけど」

唯「銭失い!? とんでもない! 買わなきゃ損損だよ!」

梓「……じゃあとりあえずショーツか何かためしてみます」

澪「ショーツならこっちだ! ついて来い!」




梓「なんでいきいきしてるんですか」

唯「あずにゃん早く早く!」

梓「遊園地ですか」

梓(ていうかこんな時間なのにお客さん多いな……)

紬「りっちゃん! 私のこれどう!?」

律「おー、やっぱムギにはドレスが似合うよなー」

紬「りっちゃんも着たらいいのに」

律「いやー私はカジュアルが好きだから」

唯「ほらねあずにゃん! いろんな人のニーズに事細かく答えられるお店なんてそうないよ!」

梓「たしかに……」

梓(この店は……笑顔で溢れ返っている……)

澪「あははっ、また新作のショーツでてる! 可愛いなあ」

唯「みてみてーこの文字Tどうかなー?」


梓「……わ、わたしもっ!」




店員A「あの子たち、また来てますね」

店長「あぁ、どうやら新しい子も連れてきているようだ」

店員A「ほんと……助かりますよね」

店長「あの可愛いらしい子たちがウチで服をたくさんかって、それを華麗に着こなし、街を歩く」

店員B「それが……最高の宣伝っすよね」

店長「うむ。よし、私たちもまだまだこれからだ!」

店長「あの子たちに飽きられないように、たくさん良い服を仕入れるんだ!」

店員A&B「はい!」

店長「さぁ、じゃんじゃん売ってこい! 桜が丘店はこれからどんどん伸びる! 世界一のしまむらになるんだ!」



澪「あはは! 律ー! またたくさん買っちゃった!」

律「おいおい、買いすぎるなよー。スタジオ代なくなるぞー、あははは」


店長「本当に……いいところに出店できて、私は幸せ者だな……」


-終-