※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「よし、このまま流れに乗って…」

『ぐれっちの ふいうち!』

律「なんだとぅ!不意打ちとは卑怯なり!!!
  こっから怒涛の反撃ってのを見せてやるぜ!
  私が手塩にかけてワニノコから育て上げたその力をとくと見るがいい!!!!」

『アゴまじんの ハイドロカノン!

 ぐれっちは かんそうはだで たいりょくをかいふくした!』

律「ふぇ?」
紬「ぐれっちの体力が回復したわ!すごいわねー!」
澪「あ、ああ…そうみたいだな」
唯「私のぐれっちですからー」
梓(これはひどい 色々とひどい)



律「くそ、何が何だかよくわからんが…これならどうだァ!」

『アゴまじんの ふぶき!

 きゅうしょに あたった!
 ぐれっちは たおれた!』

唯「あー、私のぐれっちがー」
澪「でも、ぐれっちはよくやってくれたと思うよ」
律「さーこい!よしこい!どんとこい!2匹目もこのアゴまじんの餌にしてくれるわ!!」

『いけっ!とろぴー!』

律「ほお、昨日捕まえたとか何とか言ってたやつか…見るからに草タイプっぽいな
  頭脳は律様はここはチェンジさせてもらうんだぜ!」

『りつさまは アゴまじんをひっこめた!
 りつさまは レジギガスをくりだした!」

澪「こ、これは梓から借りたというあのポケモンか…!」



『レジギガスは スロースタートで ちょうしがあがらない!』

律「うーん、何かこのメッセージがちょっとひっかかるんだがなあ
  しっかーし!超協力助っ人には違いないのだー!!」

『とりぴーの にほんばれ!
 ひざしが つよくなった!』
梓(…!ここで日本晴れを使うなんて…!澪先輩もしかして)
澪「なんか特性で晴らしたほうが強くなるっぽかったからな…」
梓(なるほど、大体の予想はつけられたのか。まあ当たり前といえば当たり前かもだけど)

『とろぴーは サンパワーで たいりょくがへった!』

澪「あっれぇ?何で、何でダメージ受けちゃうのさ!!」
律「オホホホホー作戦ミスかしらー?み・お・ちゅあん!」

梓(これでいい、これでいいんですよ澪先輩)



『とろぴーの ソーラービーム!』

澪「いっけぇぇぇええ!」
律「うお!?まっだまだぁ!かなり削られたけど全然行けるぜ!
  こっちもとっておきの技見せてやるぜ!!驚くんじゃないぞぉ!」


『レジギガスの はかいこうせん!』

梓(あ、勝手に技変えられてる…)

『きゅうしょにあたった!』
ピコンピコン

澪「ああ、とろぴー!!くそぉ何とか耐えれたから次で…」

『ひざしが つよい
 とろぴーは サンパワーで たいりょくがへった!

 とろぴーは たおれた!』

澪「…!!」
律「あれれ?自滅?自滅ってやつですかァー???ぷぷぷー」



澪「こうなったら…!」
『いけっ!ヒードラン!』

律「ほほう、ここで梓から借りたポケモン同士のバトルですな?
  ま、勝つのは私なんだけどねー」

『ヒードランの だいもんじ!
 しかしヒードランの こうげきははずれた』
澪「うっ…」
梓(やっぱり火炎放射にしておいたほうがよかったのかな…)

律「っし!澪が派手に空振ってる間にガンガンいくぜー!」

『レジギガスは こうげきのはんどうで うごけない!』
律「うおおおおい、またか!またかのか!!
  何か気がたるんでんじゃないのか!オイ!」

唯「なんかあずにゃんのポケモン失敗ばっかりするねー」
紬「ねー」
梓(違うんです…色々と違うんです。この場合は)



澪「こ、今度こそ…!」

『ヒードランの だいもんじ!
 レジギガスは たおれた!』

律「くっそー!おい梓!なんだよー強いんじゃないのかよー!あっさりやられたぞー!」
梓「だって…律先輩勝手に技変えちゃうんですもん」(変えなくても十分アレだったんだけど)
律「ちぇーっ、でもこれでアイツが炎タイプってことがわかった!
  さっき戻したアゴまじんで弱点ついて一撃よ!」

『りつさまは アゴまじんをくりだした!』

唯「おー、りっちゃん頭脳派ー」
律「へへん!」



『ヒードランの だいもんじ!
 こうかは いまひとつのようだ』
梓(オーダイルのほうが早いはずだけど、まあ律先輩だしあなあ。
  大地の力とならまだ威力的にこっちで正解なのかな?まあ晴れてるし)

『アゴまじんの なみのり!
 こうかは ばつぐんだ!』

律「やっりぃ!どうよ!!ってアレ?」
紬「半分ぐらい残っちゃってるわねぇ」
律「やい澪!一体どういうズルをしt

『ひざしがつよい』

澪「よく見ろ、多分これだろ。勝手にズルだなんて」
律「わ、分かってたもん!」
梓(なんだろう、すごく微笑ましくて可愛い)



『ヒードランの だいもんじ!
 こうかは いまひとつのようだ
 アゴまじんは たおれた!』

律「どういうことだよ!いまひとつじゃないのかよーくそー
  よくも私も大事な大事なアゴまじんをー!」

『ひざしが よわくなった』

律「…!フフフ、澪よこれでまだ勝負は分からなくなったな!」
澪「むぅ…」
梓(まあ、オーダイル落とせただけでも十分でしょうね)

律「おっし!冒険の苦楽を共にしたパートナー2号 いっけぇぇ!」

『りつさまは へんなのをくりだした!』
梓「トゲチック…?」
澪「なんかニックネームひどすぎないか?」
律「だってー、タマゴから孵ったときの第一印象がそうだったんだもーん」
唯「私はとげたまごってつけたー」



梓(しかし、律先輩の性格でトゲチックを使うなんて…
  それにしてもトゲキッスには進化させてないんだなあ、させ方を知らないのかな)

澪「あのタマゴ私は何かずっと預けたまんまにしちゃったからなー」
紬「私、もらってすぐウロウロ歩いて孵したわ!」
梓(すごい根気だ…マグカルゴもなしに)

『ヒードランの だいもんじ!
 しかし ヒードランのこうげきは はずれた』

澪「あっちゃあ、またかー」
律「フッフッフ、命運尽きちゃったかね澪?ここからが私の本番なのだよ?」

『へんなのの ゆびをふる』

律「さぁ!何が出るかいってみよー!!」
梓「なるほど、これ使いたかっただけなんだ…)



『へんなのの マグニチュード!

 マグニチュード10!

 こうかはばつぐんだ!
 ヒードランはたおれた!』

律「見たか!これが私の実力だぁ!」
梓(引きだけは神がかってる…)

澪「たまたま、だろ?」
『いけっ!ばけのすけ!』
紬「あ、この間進化手伝ったゲンガーちゃんね!」
律「人のこと言えないネーミングセンスしてんぞお前も…」

澪「うっ、うるさい!」
唯「澪ちゃんがオバケ使うのってへんなのー」
律「多分ヤケだな。進化のデマ教えたのが悪かったか」



『ばけのすけの あやしいひかり!
 へんなのは こんらんした』

梓(まずは補助を絡めてきたか)
律「セコいぞ!真っ向勝負しろよ!澪!」
澪「指振ってるお前に言われてもな…」

『へんなのは こんらんしている!』
律「うおおおお、動け!動けよぉ!」

『へんなのの ゆびをふる!』
律「っしゃぁ!きたぜー!きたぜー!」
梓「運だけはすごい…」
律「実力も、な!」

『へんなのの だいばくはつ!
 しかし ばけのすけには こうかがないみたいだ…。

 へんなのは たおれた!』

梓「ブフッ」
律「おい!どうなってんだ!トゲキーッス!!カムバアアァーーク!!」
唯「何これー、どうなったのー?」
紬「りっちゃんおもしろーい!」



律「むぐぅ…よくも私のトゲチックを!!!敵は絶対取るかんな!!」
澪「いや、今のは明らかに自滅だろ…」
律「うるさーい!こうなったら私の究極のポケモン出してやる!」

『りつさまは ルギアーノをくりだした』
梓(うわあ大人気ない)

澪「ルギ…ア…だと」
律「捕まえんのすんごい苦労したんだぜー!」
澪「私はうっかり倒しちゃったからなあ」
律「そこんとこのやる気の違い?ってのを見せてやるぜ」

『ルギアーノの エアロブラスト!』
梓(エスパー技じゃないんだ…。やっぱり名前で技選んでる?)

澪「うぐ、重たい一撃だな。しかしルギアを出したのは間違いじゃないのか!」

『ばけのすけの シャドーボール!
 こうかは ばつぐんだ!
 ルギアーノの とくぼうがさがった!』



律「弱点突くとか卑怯だなあ澪はー」
澪「勝負ってそういうもんじゃないのか?」

律「いいよーだ、そっちのゲンガーは体力少ないんだしー?
   倒しちゃえば弱点突かれないっしょ!」

『ルギアーノの なみのり!
 ばけのすけは たおれた!』

澪「残るは2匹…ここで勝負をかけるしかない!」

『いけっ!るりちゃん!』
梓(マリルリ…!見た目で選んだにしてもいいチョイス!)

律「“お気に入りのうさちゃん”ってか?それなら今夜もおやすみさせてやんよ!」

『ルギアーノの みらいよち!
 ルギアーノは みらいにこうげきを よちした!』



澪「…あれ?ダメージ来ないぞ?」
律「チッチッチ、これだから素人は…時間差で恐ッろしい攻撃が飛んでくるんだぜ」

『るりちゃんの ひみつのちから!

 ルギアーノは まひしてわざがでにくくなった!』

梓(珍技だけどこの場面では非常においしい…!)

律「あーもう!なんでこうなるかなー!本当澪は卑怯だなー、卑怯!」
澪「普段の行い差ってやつじゃないのか」

『るりちゃんの アクアテール!』

律「っー、ゲンガーからシャドーボール食らってたからなあ。次でやられちゃうのか?
  その前にこっちが先にやっつければ問題ナッシングだけどな!」

『ルギアーノの エアロブラスト!

 きゅうしょにあたった!』

澪「むぐぅ…きっつい」
律「オホホホホー、普段の行いってやつじゃないのかしらねー。ねー!」



澪「それでもこれで倒せる、るりちゃんの尻尾をくらえぇ!」

『るりちゃんの アクアテール!
 ルギアーノは たおれた!』

澪「よし!これで律は残り1匹、2対1でならいける!」
律「2対1?それは違うわよ澪ちゅぁん」
澪「え?」

『るりちゃんは みらいよちのこうげきをうけた!
 るりちゃんは たおれた!』

澪「な…。。。」
律「忘れたころにやってくる。これが未来予知」
梓(なんか無駄にかっこいい)

律「そしてそして!澪が最後の最後にチョー強いの持ってくると予想して
   私はそれを利用する作戦を最初から立ててこいつを温存していたのだー!!」

『りつさまは ねんどをくりだした』



梓(メタ…モン……律先輩完全に最後に大物が来るってヤマ張ってたな…)

『いけっ!ひめべあ!』

唯「きゃー、かわいー!」
紬「名前のなんか澪ちゃんらしいわー」

律「………えっとォ?あのォ?………澪…さん?」
澪「なんだよ」
律「こういうのって普通最後にいっちばぁん強いのを残しておいたりだとか、ねぇ?」
澪「い、いいんだよ!わたしにとってこれがとっておきなんだよ!」

律「とっておきのクマちゃんとか、どこまでお前ふわふわなんだよ」
澪「うっさい!」



『ねんどの へんしん!
 ねんどは ひめべあに へんしんした』
紬「ああ…せっかくのゲル状が…」ションモリ
律「これがなぁ…もっと強そうな奴だったらなあ…なんだかなぁ…」

『ひめべあの あまえる!
 ねんどの こうげきが がくっとさがった!』

澪「手前にも相手側にもひめべあが…いいな!すごくこれいいな!」
梓(あまえる…これは泥仕合必至)

唯「クマちゃん同士だー!」



『ひめべあの あまえる!
 ねんどの こうげきが がくっとさがった!』

『ねんどの あばれる!
 ねんどは あばれだした!』

梓(ああ、これは律先輩きついな…ただでさえ種族値的にヒメグマのが体力高いのに)

律「ムッキー!こうなったらとことん暴れてやるぜー!」
澪「かわいくない!こんなのかわいくない!」
律「うるせー!これ覚えさせておいたのはお前だろー!」
澪「まだ技覚えそうだったからそのとき上書きしようと思ってたのに…」


『ひめべあの きりさく!』
『ねんどの あばれる!』



梓(ダメージ量的にも澪先輩のほうがリードしてるしなあ、これは…)

『ひめべあの きりさく!』
『ねんどの あばれる!

 ねんどは つかれはててこんらんした!』

澪「りっつー?もうこれは体力的に決まっちゃったんじゃないの?」
律「うっさい!まだここから私の粘土が急所に一撃ぶちあてて逆転大勝利が!」

『ひめべあの きりさく!』
ピコンピコンピコン

『ねんどは こんらんしている!』
律「動け動け動け動け動け動け動け動け動け動け動け動け動け動け動け
  ここで動いて急所ドーンだ!急所、急所ドーンだ!神様…お願い……」

『ねんどは わけもわからずじぶんを こうげ

 つうしんエラーがはっせいしました。 うけつけロビーにもどります。

澪「え?」



律「あっれぇえ?勝手に私のDSの電源切れちゃったあ。どうしてかなあ?どうしてなんだろうなあ」
澪「……わざと切ったろ?」
律「ピューピュピュピュー」

澪「わざと、だろ?」
律「ちらないでちゅー ピューピュピュー」

ゴンッ!


律「痛ッッッ……ごめんなざい…」
澪「ったく」
梓「これは完全に律先輩が悪いですよ。」
唯「素直に負けを認めるんだ律!」(キリッ
律「ゆ、唯先輩ィーあたち負けてしまいまぢたー」
紬「でも見てて面白い勝負だったわー」
律「だろ!だからこの勝負は引き分

ゴンッ

律「わ、わたちの負けでごぜぇまず」



澪「さて、負けたほうは確か罰ゲーム、だったよな?」
律「そ、そうだったかしらあ?私全ッ然覚えてないんだけどなあ」
澪「ほお…それじゃあ私が教えてやってもいいんだぞ」
紬「さわちゃん先生のコスプレコレクションのー

さわ子「あら?私がどうかしたの?」

唯「うおっ!さわちゃんいつの間に!!」
さわ子「そろそろお茶の時間と思ってね、今日はずっと座って何かしてたみたいだけど?」
唯「これやってたんだよー、ポケモーン。」

さわ子「なつかしいわねぇ、今の子供もやってるんだー。
     …あれ?なんで画面2つあるの?通信ケーブルは?」

梓「じぇ、ジェネレーションギャップってやつですか…」

さわ子「ゴルバットが気持ち悪くない!フシギバナがぺちゃんこじゃない!
     特性って何?性格って何?私の知ってるポケモンじゃない!」

一同(さわ子先生がやってたポケモンの想像がつかない…)




おわり