※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


純「ということで!澪先輩のおっぱいで改心して良い子になりました」

唯「よかったね、純ちゃん!!」

梓「いや、時間切れになってもむしゃぶりついたままだったじゃん」

純「そ、それはー……」

紬「まあまあ、梓ちゃん。昔からいうじゃない?」

紬「“おっぱいが好きな人に悪い人はいない”……ってね!」

梓「いや、なんか綺麗にまとまりそうな雰囲気で言われても」

唯「そうそう、街を破壊する怪人が澪ちゃんのおっぱいのおかげで善良なおっぱい好きに生まれ変わったんだから」

梓「善良っていうんですか、それ」

紬「澪ちゃんのおっぱいには暴力性をおっぱい好きに還元する力があるのよ♪」

梓「なるほどそれはスゴイデスネー」




澪「モウ オヨメニ イケナイ」

唯「ほら澪ちゃん、そんなとこでまるまってないで!」

紬「そうよ!澪ちゃんのおっぱいに秘められた力があかされたんだから!」

澪「もうほっといてくれぇーっ」

唯「もう!そんなこといったらテキと戦えないよっ」

澪「だれと戦わせる気だ、だれとっ!」

唯「………」

唯「だれだろ?」 キョトン

澪「ハァ……」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~ドア~~~~~~

ファンクラブ会員A「これは」

ファンクラブ会員B「いいこと聞いちゃった!」



会員A「5分よ5分!澪先輩のおっぱいを5分間堪能できるの!」

会員B「5分もあればあんなこともこんなことも……キャー!!」

会員A「キャー!キャー!」

会員B「キャー!!!」

???「……なにやってるの?」

会員AB「!!!」 ビクーーン


~~~~~ドア~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「だからさー、純ちゃんみたいな怪人が」

澪「誰がやってくれるんだよ、そんなの……」

純「私が言うのもなんですけど、こんな馬鹿っぽいことに乗ってくれる人ってそうそう……」


キャーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!


澪「!?」

唯「悲鳴だよ、澪ちゃん!!!」



ガチャン


会員A「キャーッ!」

会員B「か、怪人ですーっ」


澪「ええっ!?」

唯「やっぱりいたんだよ!」

紬「一匹見れば20匹っていうものね!」

純「えっ」

唯「さ、どんな怪人が……!」



曜子「」 チョコン



澪「え」



曜子「が、がお」



澪「佐々木さん!?」

唯「佐々木曜子ちゃん!」

紬「澪ちゃんファンクラブの会員で第7話のお茶会に参加した佐々木曜子さん!!」


曜子「えへー」


澪「な、なんで?」

曜子「えーと」

曜子「……」

曜子「や、やっぱり恥ずかしい //// 」 カァ


会員A「先輩!」

会員B「順番譲ったのにそりゃないっすよ先輩!!」



曜子「そ、そうね!がんばらないと」 グッ

曜子「がおーっ」


唯「曜子ちゃんが怪人になっちゃった!どうしよう!」

律「助けてやれよ、澪」

澪「やだっ」

紬「だめよ、澪ちゃん!一度怪人になってしまったら、元に戻る方法は澪ちゃんのおっぱいだけ!」

澪「そ、そんなこといわれても」

曜子「がおー、がおー」

紬「このままだと佐々木さんは家に帰っても怪人のままで家族に心配されてしまうわ!!」


曜子「えっ」



純「…怪人になるって恐ろしいことだったんですね」

紬「そうよ!怪人になっても見た目は変わらないから単なる頭の弱い子だと思われてしまうのよ!!」


曜子「がおー!そんなのいやー!秋山さん助けてーっ」

澪「そ、そんなこといわれてもっ」

曜子「うう、おねがいよぉ、秋山さん……私が昨日お風呂洗うの忘れたから、今日のお母さん機嫌悪いの……」

澪「で、でも……でも」



紬「助けてあげて、澪ちゃん!」

唯「けっこうリアルなピンチだよ!澪ちゃん!!」

律「クラスメートの家庭のピンチを見捨てるのか!澪ーーーっ!!」



澪「う、うう……っ!」

曜子「秋山さん……おねがい。たすけて……」 ホロリ

澪「佐々木さん…、っく……!」



モニュン



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すうじつご!


ガチャ

梓「おはようございまー」

梓「あれ?澪先輩、どうしたんですか?机につっぷして」

澪「もう……いや」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会員G「ガオー!」

澪「わー!」

会員H「ガオー!」

澪「きゃー!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~



梓「あれからずっとですか」

澪「どうしてこんなことに……」

律「どうやら澪ちゃんファンクラブに情報が出回ったみたいでなー」

唯「澪ちゃん大活躍だね!」 ふんす

紬「うふふふ♪」

梓「べつに付き合わなくてもいいのに」

澪「だって、私がやらなきゃみんな家に帰ってもあのままだし……」

梓(まだ引きずってるんだ、あの設定…)



唯「怪人も沢山出てきて盛り上がってきたね!」 フンス

紬「そろそろボス的存在が現れる頃よね!」 キラキラ

澪「ううう……」


???「ふふふふふ」


律「その声は!?」



バーン


曽我部「真打ち登場よ!!」


澪「曽我部先輩ッッッ!?」

梓「うわあ」

唯「うおおおお!怪人スーツだ!かっこいいーー!!」

曽我部「ふふふ、このスーツを作るのに手間取って出遅れてしまったわ」

律「でもそのぶん作りは完璧!さすが曽我部先輩、情熱が違うぜ!!」

紬「すてき!」

曽我部「おほほほほ、あ、じゃなくてガオー、ガホホホホ」

梓「うわあ」



唯「さ、澪ちゃん!」

澪「ええっ!?でも知ってる人相手だと、なんか!なんか!」

紬「そんなこと言ってちゃだめよ!曽我部先輩は大学生なのよ!?」

澪「えっ」

紬「澪ちゃんがしっかりしないと、先輩はあの怪人スーツのままキャンバスライフを過ごすことになるのよ!」

曽我部「ふ……ふふふふ、おっぱいのためなら、その程度のリスクぅぅぅぅっ!」 ギリギリギリ

律「平気なわけがない……!曽我部先輩は、命をかけているんだ!」

紬「全ては澪ちゃんと、戦うために……っ。ああ、なんてかなしい物語なの!」



曽我部「さあ!私の人間としての意識が残っているうちに!」

澪「そ、そんなこと言われてもっ」

唯「澪ちゃん!」

律「澪!」

紬「澪ちゃん!!」

梓「ケーキうめぇ」


『ちょっとまったああああああああああああ!!!』


ガチャバターン



さわ子「そこまでよッッ!」 バーン

澪「さわ子先生!!」

律「さわちゃん!……ってぎゃああああ!!」

梓「なんてカッコしてるんですか!その歳でセーラー服は犯罪です!!!」

紬「いえアリよ!アリアリアリアリ!!!」

さわ子「ふっ、さわ子?いいえ、私はセーラーさわ子!澪ちゃんのピンチを助けにきたの!」 キラッ☆

唯「うわあ」

さわ子「いやちょっと唯ちゃんに引かれるとわりとマジでヘコむからやめて」

唯「あ、ごめんね。でもうわあ」



さわ子「ということで曽我部さん!私が相手よ!」

曽我部「ええっ!?ちょ、誰が得するんですかそれ!」

さわ子「ああっ、でもこのままだとパワーが足りなくて戦えないわっ!!」

曽我部「!?」

さわ子「澪ちゃん、いますぐパフパフパワーを補給よ!!」

澪「えーーーっ!?」



さわ子「パフパフ!パフパフ!」

澪「ちょ、ちょっとまってください!落ち着いて!」

さわ子「澪ちゃんのパフパフ前にして落ち着いてられますかー!」 ドカーン

曽我部「同感です先生!」 ドカーン

律「共闘した!?」

さわ子「だめ!共闘しちゃだめよ!私が澪ちゃんからパフパフパワーもらって倒すんだから!」

曽我部「お言葉ですが先生!暴力では何も解決しません!あくまで澪たんのおっぱいで浄化してもらわないと!!」

さわ子「ウェP式なの!?くっ、さすがにウェディングドレスは用意してないわっ」


ガチャ


和「律?あなたまた書類の提……出」


曽我部「」

さわ子「」



和「……何してるんですか」


曽我部「え、えーと……あ、あは、あはははは」

さわ子(ちょ、ちょっと!あなたがここで戦意喪失したら私の澪ちゃんのおっぱいがパーになるじゃない!) ボソボソ

曽我部「はっ、そうか!わ、わたしは怪人になったのよ!ガオーガオー」


和「……やっぱり、最近のファンクラブの騒ぎは曽我部先輩の仕業でしたか」

曽我部「うっ」

和「いますぐ止めてください。FCの子たちにも止めるように言ってください」

曽我部「……ううう」

さわ子「そこでヘコんでどうするの!後戻りできないのよ、私たちは!」

曽我部「そ、そうね!怪人になったら澪たんのおっぱいじゃないと元に戻れないのよ!ガオー!」

和「……はぁ。わかりました。出直してきます」


ガチャ バタン



曽我部「……勝った」

さわ子「ふっ、口ほどにもないわね、生徒会長」

律「忘れてるかもしれないけどさわちゃんは善玉だぞー」

さわ子「お、覚えてるわよっ!さあ、正義のために澪ちゃんのおっぱいちゅっちゅよ!!」

澪「ぎゃー!!」

曽我部「だめです!私が澪たんのおっぱいで癒されるんです!!」

澪「ひゃあああ!!!」

さわ子「おっぱい!」 曽我部「おっぱああい!!!」


ガチャ

和「こちらです」

曽我部母「   」


曽我部「え」

さわ子「 」



曽我部母「あ、あんた…………」


曽我部「あ、いや、これ……は」

曽我部母「あんたなにやってんのおおおおおおおおおおお!!!!」 ドカーン

曽我部「ごめんなさいお母さん!ごめんなさいいいっ!!!」

曽我部母「ほんとにあんた、いい歳して!こんな格好して恥ずかしいと思わないのっ!!!」

さわ子「うぐっ」

曽我部母「恥ずかしいよ!お母さんは恥ずかしい!もう、なんでこんなふうに育っちゃったのか……」 グスッグスッ

さわ子「ぐぐっ」

曽我部「うううううう」



律「……核兵器を持ってきやがった」

和「犯罪者の説得に母親を連れてくるのは常套手段でしょ?」

梓「にしても、見てるこっちが不憫です」



曽我部母「先生!」 クルッ

さわ子「は、ひゃいっ!」

曽我部母「本当に申し訳ありません、この子にはちゃんと言って聞かせますので、ほら、謝りなさいあんたも!」

曽我部「ううう、申し訳ありませんでしたぁぁぁぁ」 グスングスン

さわ子「い、いえ、いいんですのよ、その本人も反省しているようですから……」

曽我部母「本当にもうこの子は、卒業してからもこんな迷惑かけて……」



紬「さわ子先生の服にはあえて触れない……」

梓「でもセーラー服の教師が父兄と深刻な話してる絵面って」

律「確実に噂が近所を駆け巡るな……曽我部先輩の実家って確か学校からそれほど遠くな」



さわ子「あはははははは」




戦いは終わった……。
真鍋和が使用した最終兵器"父兄召喚"により、第一次みおぱい戦争は幕を閉じた。
怪人の首領、曽我部恵は立ち直れない精神的なダメージを受け、戦線復帰は絶望的と見られている。
正義のヒロインセーラーさわ子は、今もご近所の冷たい視線に耐えながら日常生活を送っているという。
戦いに犠牲はつきものなのである。ファンクラブには怪人禁止令が出された。
怪人になったが最後、生徒会に連行され父母召喚の儀が行われるという厳しいものである。
これにより、二度と今回の悲劇は繰り返されないものと和は確信している。
だが、本当にそうだろうか?
秋山澪のおっぱいがあるところに、争いあり。これは歴史が示す事実である。
いまこの瞬間も、我々の知らぬところで、みおぱいを狙う第三勢力が
虎視眈々と戦力を蓄えている可能性は、決して否定できるものではないのだ。



                     『がおー』

                                                      完