ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 鳴神 戒


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:K

「そうか、これが"日常"か」
UGN日本支部所属のエージェント。封印指定を受けた13番目のゾディアックウェポン“サーペンタリウス”の使い手。
対抗種のレネゲイドに感染しており、自身が傷つくことも厭わない苛烈な攻撃を仕掛ける。
義母を殺害し、FHへと寝返った義父を追っている。 


【基本情報】
名前:鳴神 戒(なるかみ・かい) コードネーム:断罪の苦痛(ギルティ・ペイン)
年齢:17歳  性別:男  星座:天秤座
身長:173cm 体重:55kg 血液型:A
ワークス:UGNチルドレンC カヴァー:高校生
ブリード:クロスブリード シンドローム:ウロボロス/ノイマン

【能力値】
肉体:1 白兵 5Lv 回避 1Lv
感覚:1 Lv
精神:6 RC 2Lv 意志 1Lv
社会:1 情報:UGN 3Lv

【ライフパス】
出自:義理の両親
経験:力の暴走
邂逅:恩人
覚醒:感染(侵蝕値:14)
衝動:自傷(侵蝕値:16)
基本侵蝕値:41(エフェクトによる修整済)

HP:28
行動値:8
戦闘移動:13m
全力移動:26m

常備化ポイント:2
財産ポイント:0

【ロイス】
Dロイス:対抗種
復讐の対象:鳴神 荒 P:執着 N:憎悪
友人:槌川 作弥 P:友情 N:嫉妬






【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセントレイト:ウロボロス 2 メジャー シンドローム 2 C値-Lv(下限値7)
02 原初の赤:鮮血の一撃 1 メジャー 白兵 対決 武器 3 判定ダイス+(Lv+1)個 HP-2
03 コントロールソート 1 メジャー 白兵 対決 2 精神で判定
04 原初の白:フルパワーアタック 3 セットアップ 自動 自身 至近 6 80% ラウンド間攻撃力+Lv×5 行動値0
05 原初の黒:マスヴィジョン 3 メジャー シンドローム 対決 6 100% 攻撃力+(Lv×5) シナリオ3回
06 ラストアクション 1 オート 自動 自身 至近 5 100% 戦闘不能時に使用、ただちにメインプロセスを行なう シナリオ1回
07 戦神の祝福 3 メジャー 白兵・射撃 対決 20 120% 攻撃力+(Lv+4)d10 シナリオ1回
08 原初の虚:神速の鼓動 1 メジャー 効果 対決 シーン(選択) 視界 22 120% 組み合わせた判定を対象:シーン(選択) 射程:視界へ変更 シナリオ1回
09 原初の灰:触命の魔眼 1 メジャー 効果 2 自傷 120% 組み合わせた判定の侵蝕値上昇を0に 軽減分HPを失う シナリオ1回



【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
ゾディアックウェポン 白兵 白兵 -3 11 3 至近 経験点15 エフェクト使用時、ダメージに1d10追加 侵蝕値+2




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説
防具

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
UGN幹部 コネ 情報:UGN 1 判定ダイス+2
ウェポンケース オートアクションで武器装備 ゾディアックウェポン指定
オーバーカウンター その他 経験点10 オーヴァードへ与えるダメージを+2d10 メインプロセス終了時HP-2d10 対抗種のみ取得可
復讐のタグ その他 経験点5 攻撃のダメージに+3 攻撃時侵蝕率+1



【コンボ】
名称        :組み合わせ      :タイミング:技能:難易度:対象        :射程:侵蝕値:制限     :効果 
黒き斬撃      :1+2+3        :メジャー  :白兵:対決  :単体        :至近:10   :  -     :判定ダイス8 C値8 攻撃力14+5d10 判定後HP-(5+2d10) 
断罪の黒蛇      :4→1+2+3+5        :メジャー  :白兵:対決  :単体        :至近:22   :100%以上:判定ダイス9 C値7 攻撃力54+5d10 判定後HP-(5+2d10) 
限定解除 断罪の黒蛇 :4→6→1+2+3+5+7+8+9:メジャー  :白兵:対決  :シーン(選択):視界:3    :120%以上:判定ダイス9 C値7 攻撃力54+13d10 判定後HP-(5+2d10)





【設定等】
青みがかった黒髪を持つ、中性的な容姿の少年。
その言動や雰囲気から周囲には冷たい印象を与えがちだが、実際の所は少々不器用なだけである。

ありふれた一般家庭に生を受けるが、暴走したジャームによって家族を皆殺しにされ、孤児となる。
その後、アールラボ所属のレネゲイド研究者である鳴神荒、志穂夫妻によって引き取られる。
鳴神夫妻は非オーヴァードであった彼に世界の真実を伝え、チルドレンとしての教育を施した。

UGNの兵器開発にも携わっていた義父の鳴神荒は、対抗種が持つ同族殺しの特性を参考にして、13番目となるゾディアックウェポンの開発を開始する。
しかし、使い手の生命を脅かすことによって、強制的に絶大な力を振るわせるというその特性を本部から危険視された結果、研究は剣の完成を目前にして永久凍結される。
それをよしとしなかった彼は、FHエージェント"ドールマスター"道原五木と密かに接触。ゾディアックウェポンというUGNの機密を手土産に、FHへ寝返る事を選択する。
義父の思惑を察知した戒は、彼を止めるべく立ち向かうが、非オーヴァードである彼がオーヴァードの義父に敵うはずも無く、無残にも敗退。戒を庇った義母は彼の目の前で命を奪われる。
怒りによって我を失った戒は、衝動に突き動かされるがまま、ゾディアックウェポン"サーペンタリウス"を手に取る。しかし、それすらも義父の策略であった。
何故ならば、魔剣の完成はその特性に適合する者との接触によって、初めて成し遂げられるものであったからである。戒が養子として迎えられたのも、彼の計画の一部であったのだ。
結果、サーペンタリウスとの接触により対抗種のオーヴァードとして覚醒した戒は、全てを巻き込みつつ暴走。彼が正気を取り戻した時、辺り一面は火の海と化していた。

義理の父親がFHへと離反したこと、そして暴走の結果UGNに甚大な被害を及ぼしたという二つの点から、UGNでの立場は非常に危うい。
作戦においては単独投入されることが多く、まるで消耗品のように使われているのが現状である。
しかし、そのような状況をむしろ都合のよいものだと考えている為、何かと世話を焼いてくる霧谷雄吾のことは快く思っていない。

自身が力を行使する上で生じる苦痛を「罪の痛み」と称し、他者を傷つける者は自身も傷つかねばならないと言う持論を持つ。
その為、強者が弱者を一方的に虐げるような状況は看過できない。だが、その怒りは決して正義感から来るものではない。
苛烈な戦いぶりから戦闘狂のレッテルを張られているが、実際狂っているので訂正はしていない。

仇の一人である道原五木を討ち取ってからというもの、「罪の痛み」は日増しに強くなってきている(オーバーカウンター)。
対抗種のレネゲイドに全身を蝕まれ既に身体は死人同然であるが、それでも彼は戦い続ける。全ては復讐の為に。

そんな彼だったが、アカデミアでの任務、道原との思わぬ再会、そして槌川作弥との出逢いを通して、
自身が護るべき"日常"と言うものを初めて意識。戦いに対する考えを改めつつある。

【成長履歴】
白兵を5Lvで新規取得 情報:UGN 1Lv→3Lv オーバーカウンターを取得 復讐のタグを取得
《原初の白:フルパワーアタック》を3Lvで取得