ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 草乃瀬 巫薙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:理兵衛

【基本情報】
名前:草乃瀬 巫薙(Kusanose Minagi) コードネーム:蒼龍脈動(ドラゴン・ドメイン)
年齢:23歳  性別:女性  星座:乙女座
身長:168cm 体重:58kg 血液型:A型
ワークス:UGNエージェントC カヴァー:UGNエージェント
ブリード:トライブリード シンドローム:キュマイラ/エグザイル/オルクス

【能力値】
肉体:5 Lv
感覚:1 Lv
精神:1 意思Lv1 RCLv1 知識:格闘技:3 
社会:2 情報:UGNLv1 調達Lv1

【ライフパス】
出自:疎まれた子
経験:大きな転機
邂逅:師匠:関口香西
覚醒:無知(侵蝕値:15)
衝動:飢餓(侵蝕値:14)
基本侵蝕値:29

HP:31
行動値:3
戦闘移動:8
全力移動:16

常備化ポイント:6
財産ポイント:

【ロイス】
Dロイス:奇跡の血(ミラクルブリーディング):トライエフェクトの侵食値を-3(最低1)
関口香西 P:執着 N:偏愛
 P: N:

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
コンセントレイト(キュマイラ 2 メジャー 2 C値-Lv
01 完全獣化 1 マイナー 6 【肉体】判定ダイスLv+2個。素手以外のアイテム装備、使用不可。
02 螺旋撃 1 マイナー 3 80% メジャーアクションに対するリアクションのC値+1。1シーンLV回。
03 絶対の空間 1 マイナー 2 オルクスエフェクトダイス+LV個
04 魔獣の本能 1 メジャー RC 2 組み合わせたエフェクトを【肉体】で判定
05 無機なる四肢 1 メジャー RC 対決 視界 1 Lv+4点の射撃攻撃。ドッジ-1個。
06 茨の戒め 1 メジャー RC 対決 単体 視界 1 Lv点の射撃攻撃。ダメージ発生時、硬直

Ezエフェクト
A 体型維持
B 獣の匂い
C 鍵いらずの歩み
D 成長促進
E 地獄耳
F 猫の道
G 不可視の領域

【武器】
|名称|:|種別|:|技能|:|命中|:|攻撃力|:|ガード値|:|射程|:|常備化|:|解説|
||:||:||:||:||:||:||:||:||
||:||:||:||:||:||:||:||:||
||:||:||:||:||:||:||:||:||

【防具】
|名称|:|種別|:|ドッジ|:|行動|:|装甲値|:|常備化|:|解説|
||:||:||:||:||:||:||
||:||:||:||:||:||:||

【一般アイテム】
|名称|:|種別|:|技能|:|常備化|:|解説|
||:||:||:||:||
||:||:||:||:||
||:||:||:||:||
||:||:||:||:||

【エンブレム】
オーヴァードメンター:自分以外のエフェクトへの判定ダイス+2個。シナリオ一回。
ディシプリンズアクト:RC:指定ダイス+2個。

【コンボ】

【設定等】
腰まである黒髪に凛とした黒い眼差しを持つ、すらりとした体躯の和風美人。
人型に維持された体型の元、白髪赤眼に青み掛かった緑鱗を散らす、螺旋角の半龍人へと変化、
周辺空間を己が四肢の如く支配、巧みに操作出来る能力を持つ。
オーヴァードアカデミアを母校に、EXランクへ分類されていたUGNエージェントである。

かつてはキュマイラ、エグザイルシンドロームのクロスブリードであり、
超常の筋力と物質に同化、浸透してしまう肉体、爬虫類じみた姿への獣化に寄って、孤独な幼少期を過ごしていた。

その後、エフェクトに気付いた専門のエージェントよりスカウトを受け、アカデミア高等部へ入学。

そこでも未だ心を閉ざしたままだったが、訓練講師、関口香西との出逢いが全てを変えた。

一般人でありながらオーヴァードと対等に渡り合う、どころか、それを軽くあしらい、
異形の自分をただのそこらの少女の様に――実際その通りなのだが――扱ってくれた姿勢に感銘を受けた彼女は、
周囲のドン引きを尻目にその場で土下座、面倒臭がる香西を無理矢理説き伏せ、彼の弟子になってしまったのである。

師匠の性格上、稽古自体は然程熱心でも丹念なものでも無かったけれど、
関口香西という存在自体に多大な影響を受けた巫薙は、七年に渡る学園生活の中で、
古武術由来の身体操作、呼吸法に寄ってレネゲイドコントロールを自在に行い、ウィルスの侵蝕すら制御下に置く技を体得する共に、
天地一体、息吹を以てこの宇宙と自身を同化させる事で、肉体の延長線上として周囲の『場』を支配する――
即ち、オルクス・シンドロームをオプショナルとするトライ、いや、ミラクルブリードへと、大いなる変貌を遂げる事に成功した。

やがて大学部卒業を迎える事となった彼女は、学園の外でUGNエージェントになる道を選ぶ。
そのまま教員や学園関係者として島に残る道も、自分が出会った様な専門のスカウターになる道もあった、
けれど、梵我一如を体現するが如き能力を広く世の為に、そして己の様な人間の手本として使う事を巫薙は望んだのだった。

……尚、その理由も半分であり、実際の所は、師匠への一世一代の告白に物の見事に玉砕したというのが、もう半分であるという。
嘘か真か、当時を知る人間曰く、「 ケ ラ ス ス を 無 力 化 す る 関 口 先 生 の 呼 吸 法 」
「その日、龍が哭き、何処からとも無く、辰と暴れた」「八つ当たりでRファイトを仕掛けられた奴が可哀想だった」
……との事である。これにはカルペ・ディエムも苦笑いという所だが、ある種の人間性の発露と言えなくもあるまい。