ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 篠塚 日向


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:hotaru

「わたしにどーんと任せてください!まとめてなんとかしてみせます!!根拠はないけど大丈夫ですって」
風紀委員会に所属する高等部1年の女生徒。
身の丈以上の槍を携え、栗毛色の右側サイドテールに結わえた髪をたなびかせ学園平和ために働いている

【基本情報】
名前:篠塚 日向(シノツカ ヒナタ) コードネーム:「十徳騎士」(マルチブルナイト)
年齢:16  性別:女  星座:かに座
身長:162cm 体重:56kg 血液型:AB
ワークス:風紀委員C カヴァー:風紀委員
ブリード:クロス シンドローム:エグザイル・モルフェウス

【能力値】
肉体:3 白兵5Lv
感覚:3  
精神:1 RC1Lv 意志3Lv 知識:機械工学2Lv
社会:2 調達5Lv 情報:UGN1Lv 情報:アカデミア2Lv

【ライフパス】
出自:疎まれた子
経験:活動
邂逅:恩師
覚醒:無知(侵蝕値:15)
衝動:飢餓(侵蝕値:14)
基本侵蝕値:29

HP:27
行動値:6
戦闘移動:11m
全力移動:22m

常備化ポイント:14
財産ポイント:0

【ロイス】
Dロイス 器物使い P:有為 N:憎悪
恩人 篠塚悟郎  P:憧憬 N:偏愛
恩師 フレデリカ P:信頼 N:不安






【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセ(モルフェウス) 3 メジャー 2
02 カスタマイズ 3 メジャー 白・射 対決 - 武器 2 - 判定ダイス+Lv
03 伸縮腕 2 白兵 メジャー 対決 - 視界 2 - 射程を視界に 判定ダイス-(3-Lv)
04 エンタングル 2 メジャー 白兵 対決 - 武器 2 - ダメージで重圧を与える シーンLv回
05 フォームチェンジ 5 オート - 自動成功 2 - 常備化武器1つの攻撃力-3ガード値+(Lv×2)
06 崩れずの群れ 1 オート - 自動成功 2 - カバーリング
07 デビルストリングス 2 オート - 自動成功 6 - オートタイミングのエフェクト打ち消し シナリオLv回
08 異形の捕食者 2 オート - 自動成功 6 120% 飢餓 被ダメージ-(LV+1D)以降シーン間攻撃力+(軽減したダメージ)シナリオ1回
09

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
十徳槍(両手剣相当) 白兵 白兵 -3 10 11(全修正加算済み) 9 この武器を装備している間他の武器を装備できない




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説
防具

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
Bランク:ディフェンダー ランク 0 ガード値+2 行動値-1(行動値修正済み)
強化素材 その他 5 常備化武器のガード値+1



【コンボ】





【設定等】
少し癖のかかった栗毛色の髪を右側で束ね、サイドポニーにしている少女。
基本的に笑顔でいることが多く、快活な印象を周囲に与える。

本土の一般的な家庭で生を受けるも、物心つくころにはすでにオーヴァードへと覚醒していた。
そのため彼女の家族はその力を恐れ、疎んじ、虐待に及んだ。
その後そのオーヴァードの力に気付いたFHにプロジェクト・アダムカドモンの実験素体として売られてしまう。
日々の家族からの仕打ちに慣れ、あきらめることにも慣れてしまった少女は流されるまま研究所へと移送されるため運び屋の手に委ねられる。

研究所へと向かう車中、少女が人ごとの様に話す身の上話を聞いた運び屋は「なんか気に食わないから」という理由で依頼を放棄する。
そうして再び流されるまま、少女の運ばれた先は研究所から、開校間もないアカデミアへと変更された。
運び屋と個人的に面識のあった【魔女】フレデリカの仲介もあり、彼女はアカデミアへと入学することになった。
この入学手続きの際、名字を自分を売った家族の物でなく自分をここに連れてきた運び屋の名字に変更している

オーヴァードとしての力を含めたありのままの自分を認めてくれるアカデミアでの生活を通して彼女は本来持っていた明るさを取り戻していく。
現在は風紀委員として学園でおこる様々なトラブルに対処している。
アカデミアへと自分を導いてくれた運び屋のことを英雄視して憧れており、自分もあの運び屋の様に人助けがしたい!ということで風紀委員に所属している。

戦闘においては身の丈以上もある巨大な槍を使う。槍の名前は十徳槍
この十徳槍というのが未来科学研究会が戟やハルバード以上に多機能な武器を作ってみようというコンセプトで開発されたものだった。
従来のハルバードの切る・突く・鉤爪で叩く・引っかけるに加え、可動式二枚刃による挟む・つかむ・付属の鎖で鞭打つ・絡め取るという要素を加えている。
さらに実際の製作を担当したDIY部がノリで機能を追加し謎の機構などその全機能が把握できないありさまとなっている。
しかし多機能であるがあまりにあつかいが複雑すぎるため使いこなせるものがなく、ジョークグッズとしてお蔵入りとなった。
その後『器物使い』である彼女が偶然倉庫の片隅で埃をかぶっていた槍を見つけそれを使いこなしたため
以降彼女専用の武器として十徳槍は使われることとなった