ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 逢乃 楼理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:上谷汐

「聴こえる? 雨の音」
   ――"デルヴィアン"フローリカ、よく晴れた星空の下で

【基本情報】
名前:逢乃楼理(あいの・フローリカ) コードネーム:デルヴィアン
年齢:16歳  性別:女  星座:ふたご座
身長:157cm 体重:55kg 血液型:O
ワークス:高校生 カヴァー:高校生
ブリード:クロスブリード シンドローム:キュマイラ/バロール

【能力値】
肉体:6 白兵6Lv 回避1Lv
感覚:1 知覚1Lv
精神:2 RC2Lv 意志1Lv
社会:2 情報:UGN1Lv 情報:噂話1Lv

【ライフパス】
出自:姉妹
経験:喪失
邂逅:慕情
覚醒:死(侵蝕値:18)
衝動:吸血(侵蝕値:17)
基本侵蝕値:35

HP:34
行動値:4
戦闘移動:9m
全力移動:18m

常備化ポイント:4
財産ポイント:1

【ロイス】
Dロイス「対抗種」  P:有為 N:諦観
友人「"奇妙な隣人"ミラーナ」 P:慈愛 N:後悔 【タイタス】
戦友「」       P: N:






【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセントレイト:バロール メジャー シンドローム C値-Lv(下限7)
02 漆黒の拳 メジャー 白兵 対決 単体 武器 攻撃力+Lv、装甲無視
03 一角鬼 マイナー 自動成功 自身 至近 攻+Lv+5、ガード2、射程5mの武器作成
04 完全獣化 マイナー 自動成功 自身 至近 シーン間、【肉体】を使用した判定+Lv+2D
05 斥力跳躍 マイナー 自動成功 自身 至近 飛行状態で戦闘移動。移動距離+Lv*5m
06 神獣撃 メジャー 白兵 対決 単体 武器 80% 攻撃+(Lv+2D)。完全獣化中のみ可能、使用後完全獣化解除
07 因果歪曲 メジャー シンドローム 自動成功 範囲(選択) 視界 範囲化、同エンゲージ不可
08 ワームホール オート 自動成功 単体 視界 4d10 120% 自身の受けたHPダメージと同じ値を対象に与える。シナリオ1回

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
心を穿つ鉄杭 白兵 白兵 Lv+5 5m 100%を超えた名称は"心を掻き毟る愛情"




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説
防具

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
要人への貸し コネ 情報: ダイス+3個
情報収集チーム コネ 情報: 達成値+2。シナリオ3回
携帯電話、フォーマル、カジュアル、制服、アクセサリ



【コンボ】




【設定等】
"――。――、――――。"
「聴こえる?」
 問いかける。いつものように。
 目前には各々の武器を構え、こちらを見る――きっと、おそらくは、ファルスハーツエージェント達。
 彼らの足元には、数時間前に、一緒にお茶を飲んだ女の子。もう、息はないだろう。
"――。――――、――。"
「聴こえるかな、雨の、音」
 雨なんて降っていない。今夜は綺麗な星空だ。だからこそ、尋ねるのだ。
 私の心に鳴り止まぬ、雨の音。なぜか強さを増したその音に、心が折れそうになる。けれど、
「ごめんね、尋ねても、意味のないこと、だよね」
 左手を高く、ゆっくりと振り上げて、拳を握り、振り下ろす。
 腕の中、骨を食い、鉄杭が生まれ、肘から突き抜ける。
 その事実に気付いた頃には、私の左腕は黒い異形の装甲に覆われていた。
"心を穿つ鉄杭(heartrending affection)"
 雨の音が、そっと囁いた。この子の名前。私が誰かを傷つける為の、黒い鉄杭の名前。
「あなた達を、傷つけるよ。いっぱい、いっぱい、抱きしめてあげるから、あなた達の、形を教えて」

UGNイリーガルとして登録されているものの、その実態は本部査察部4課所属のエージェントである少女。
かつて心の中に"奇妙な隣人"の少女を住まわせていたが、その少女はジャーム化し、彼女の心を今も掻き毟り続けている。
彼女が口癖のように言う"雨の音"とは、"奇妙な隣人"による掻き毟りのことであり、また他者との間に作り上げた心の壁の音でもある。
誰かと接することで傷つけること、誰かに触れられることで傷つくこと。その両者を彼女はひどく恐れている。
当り障りのない、ゆるやかで生暖かい繋がりに安寧を見出しているが、自分でも気づかないところで、抱きしめてくれる人を求めてもいる。
やはりそんな事実に、自分で思い至ることはないのだろうけれど。

彼女が覚醒するきっかけになった事件において、彼女は左腕を失っている。
現在左腕(のように見えているもの)は、"奇妙な隣人"ミラーナが再生成したレネゲイドウィルスの塊である。
名称を付けたのはミラーナ。フローリカの押し隠した願いに、いつか彼女自身が気付くようにと"heartrending affection"の名を与えた。
"心を穿つ鉄杭"は、普段の外面を装ったフローリカを。"掻き毟りの愛情"は、本来の彼女を表現していたようだ。