ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > エバ・アダムス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:hotaru

「今後の成長に期待してください!まだまだ伸び盛りなんですから」
 簡易な設定
癖の強いブロンドを伸ばした白人女性、長身にして豊満な肉体を持つ
植物を由来とした独立型レネゲイドビーイング

【基本情報】
名前:エバ・アダムス(Eva Adams) コードネーム:ツリーオブエデン
年齢:20歳前後の外見  性別:女  星座:水瓶
身長:170 体重:58 血液型:?
ワークス:ゼノスビーイングA カヴァー:ゼノスエージェント
ブリード:クロス シンドローム:オルクス・エンジェルハイロウ

【能力値】
肉体:1 白兵1Lv 回避1Lv
感覚:5 Lv 
精神:2 RC4Lv  意志1Lv
社会:2 調達1Lv 情報:ゼノス1Lv

【ライフパス】
出自:被検体
経験:旅
邂逅:忘却
覚醒:素体(侵蝕値:16)
衝動:飢餓(侵蝕値:14)
基本侵蝕値:35(基本浸食値修正適応済み)

HP:24
行動値:12
戦闘移動:17
全力移動:34

常備化ポイント:6
財産ポイント:0

【ロイス】
Dロイス 黄金領域      P: N:
研究者:ロバート・ショート ○P:誠意 N:隔意
忘却:都築京香       P:懐旧 ○N:劣等感

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 ヒューマンズネイバー 1 常時 自動成功 自身 至近
02 オリジン:プラント 5 マイナー 自動成功 自身 至近 2 RB シーン間 【感覚】達成値+Lv×2
03 コンセ:オルクス 2 メジャー シンドローム 2
04 光の手 1 メジャー・リアクション RC - 視界 :2 判定を【感覚】でおこなう
05 棘の縛め 1 メジャー RC 対決 単体 視界 1 攻撃力:Lv ダメージで硬直付与
06 要の陣形 3 メジャー シンドローム 3体 3 対象を3体に変更 シナリオLv回
07 幸運の守護 1 リアクション RC 対決 自身 至近 1 RCでドッジができる
08 妖精の手 2 オート 自動成功 単体 視界 4 ダイスひとつの出目を10にする シナリオLv回
09 飢えたる瞬き 1 オート 自動成功 自身 至近 5 120%飢餓 行動直後に使用 ラウンド間判定ダイス‐5個 未行動になる シナリオ1回
10 得意領域 3 セットアップ 自動成功 自身 至近 3 ラウンド間RC判定ダイス+Lv
11 ディクタトル 1 セットアップ 自動成功 自身 至近 3 Dロイス ラウンド間 オルクスエフェクトによる攻撃力+10 放心を得る シナリオLv回

ES 成長促進 1
【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
二重螺旋のリング その他 RC EXP5 RC判定ダイス+1
専門書 その他 知識:植物 2 植物について書かれた専門書 著者S・Akira
専門書 その他 知識:食事 2 ミシュランガイド的な何か
情報収集チーム コネ 情報 2 情報達成値+2 シナリオ3回

【コンボ】

【設定等】
もともとの生まれゆえかレネゲイドビーイング(しかもゼノスの)でありながらウロボロス種に対して特別敵対的な感情を持っていない珍しい存在
光合成ができる環境さえあればなんとかなるためか、ほとんどのことに大らかであり流されやすくあるが、食事を趣味としておりそこに関してだけは譲らない

『あらゆる環境で育ち、いかなる病気にも打ち勝ち、どのような害虫をも寄せ付けない。そしてなにより美味である』
狂気の頭脳ことロバート・ショートが何を思ったかそのようなコンセプトの元研究
数多くの品種(EXレネゲイドと化していた作物も多数含まれる)が交配され、合成され、混ぜ合わされた末に彼女が誕生した。
あまりに多くの植物が掛け合わされたため新種目ともいえる存在になっており、おそらく果樹であること以外不明
そうして生まれた彼女はあるひとつの疑問を抱いた
『美味とは何か』
育ち、打ち勝ち、寄せ付けぬ存在までは理解しその能力を得ることは出来たが、最後の一つ美味が理解できない
人間の感覚を持たぬビーイングにとってそれは難問だった、しかしそれを知らねば自身が美味なのかどうかもわからない
彼女はその答えを求めるために旅に出た、諸国をめぐり現地の名物・珍味を食べさすらった
美味とは何かを求め、美味たる存在になるために
紆余曲折あって各地を放浪した末にプランナーと出会いゼノスに所属することになる。
ゼノスエージェントになってからも任務先の特産・名産などを食べている(むしろ彼女にとってはそれが主目的かもしれない)

いまだ完全には美味を理解できていないため、自身のことは未熟と考えており
いつか美味を完全に理解し、美味たる存在になれるよう日々成長している。


経験点 通常+30(追加)+33(前回分) で作成