ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 安芸 修士郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:hotaru


「FH?コードウェル?知らんな。そんなことより俺は絵をかきたいんだ」
フルフレームのメガネをかけ、猫背気味でぼさぼさの鳥の巣頭といういでたちの男性
画廊のオーナーにして、自身も画家という変わり者


【基本情報】
名前:安芸修士郎(アキシュウシロウ) コードネーム:『爆彩色の画家(ペイントボマー)』
年齢:29歳  性別:男  星座:てんびん座
身長:170 体重:62 血液型:AB
ワークス:アーティスト カヴァー:芸術家
ブリード:クロス シンドローム:モルフェウス・ウロボロス

【能力値】
肉体:2 Lv
感覚:3 射撃4Lv 知覚1Lv 芸術:絵画5Lv 
精神:3 意志2Lv
社会:1 情報:ウェブ1Lv

【ライフパス】
出自:結社の一員
経験:危険な仕事
邂逅:腐れ縁
覚醒:命令(侵蝕値:15)
衝動:破壊(侵蝕値:16)
基本侵蝕値:31

HP:27
行動値:9
戦闘移動:14
全力移動:28

常備化ポイント:12(エンブレム修正適応済み)
財産ポイント:3

【ロイス】
Dロイス:帰還者 P: N:
腐れ縁:春日恭二 P:好奇心 N:隔意
芸術 P:傾倒 N:偏愛

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセ:ウロボロス 3 メジャー シンドローム 2
02 ギガンティックモード 1 メジャー 白兵・射撃 対決 範囲(選択) 武器 3 対象を範囲(選択)にする のちに装備武器破壊
03 赤:滅びの一矢 2 メジャー 射撃 対決 武器 3 判定ダイス Lv+1 HP2消費
04 青:形状変化:剛 2 マイナー 成功 自身 至近 4 シーン間攻撃力+Lv×2
05 ハンドレットガンズ 1 マイナー 成功 自身 至近 3 武器作成
05 緑:ゲットダウン 1 リアクション 白兵・射撃 対決 自身 至近 2 ドッジを行える
05 オリジナルツール 3 オート 成功 自身 至近 3 100% 指定技能の達成値ラウンド間 Lv×2 ラウンド1回
イージーエフェクト
A 万能機具 1
【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
ハンドレットガンズ 射撃 射撃 0 Lv+4 30




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説
ステージ衣装 防具 0 0 1 8 芸術:絵画 の判定ダイス+1 画材の収納するためのポケットが無数にある黒いレインコートを改造したような衣装

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
アフターライフ エンブレム EXP5
ペルソナショップ エンブレム EXP5
オーヴァード書道 EXP2
要人への貸 コネ 情報 1

【コンボ】

【設定等】
元FHという経歴を持つ男。現在は画廊オーナー兼画家として輝鷽市に暮らしている。
画材は一通り使えるが、主にスプレーを用いたスプレーアートを得意としている

FH時代のコードネームは『赤塗り爆弾(レッドペイントボマー)』
能力により生成した爆弾で標的を爆殺、現場一面を標的の血で赤く染めたことに由来する
現在は一部で『爆彩色の画家(ペイントボマー)』の異名で呼ばれている
スプレー缶をわざと爆発させ、飛び散る染料で絵を描くという手法(勿論その手法だけで絵を完成させるわけではないが)に由来する

安芸修士郎は両親ともにFHの構成員という家に生まれ、育ち。当然のような流れでFHの構成員となった
オーヴァードへの適性を見いだされαトランスにより覚醒。以降FHエージェントとして任務を言い渡されるようになる
ここまでの流れで彼の意志は一切なく、すべてが彼以外の人間たちの判断によるものだった。
そういった環境で育ったにも関わらず或いは育ったからこそ、
修士郎は自分のやりたいことを見つけるという欲望を抱くようになる。

修士郎の所属していたセルは、セルリーダーの「他者を従え君臨する」という欲望のもと活動しているセルだった
そのセルのもと様々な任務で功績をあげ、ついにはセルの傘下にあった組織のひとつの管理を任されるまでになった
そして修士郎はそこで自身の欲望と出会った。

修士郎が管理を任された組織は、表向き美術品を取り扱う会社という顔をもつ傍らFHの武器や薬品その他もろもろの運搬を受け持っていた
そこで修士郎は表の顔として取り扱っていた絵画類に感性を刺激され、傾倒した
それまでに長い間溜りに溜まっていた願いへの欲求がここぞとばかりに解放され
衝動の赴くままに筆をとり、絵の具をとり、スプレーをとった。
ここに画家・安芸修士郎が誕生した

そうして芸術の世界に浸っていると、しだいにセルからの発せられる任務や命令が疎ましくなっていった
そんなある日、一つの転機が訪れる。
コードウェル博士の帰還である
博士に支配されることに反発したセルの上層部は、使徒およびマスターレイスに瞬く間に殲滅されてしまった
セルの壊滅を知った修士郎はこれ幸いとばかりに組織ごとFHから離脱 
以降を画家として悠遊自適な生活を満喫している。