ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > ミノル・ジャクスン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:砂緒

「現在(いま)を生きる痛みに耐えられぬ者に生きる価値など、無い」
アムネジアとその服用者の廃絶を目指すマフィアのボス

【基本情報】
名前:ミノル・ジャクスン コードネーム:プラシーボ
年齢:  20歳  性別:男  星座:天秤座
身長:162 体重:46 血液型:A
ワークス:マフィア カヴァー:探偵(マフィア)
ブリード:ピュア シンドローム:ソラリス

【能力値】
肉体:1 運転:四輪2 Lv
感覚:1 射撃1 Lv 
精神:2 Lv
社会:6 交渉1Lv 調達3Lv 情報:裏社会1Lv

【ライフパス】
出自:姉妹
経験:伝説
邂逅:ビジネス
覚醒:償い(侵蝕値:18)
衝動:自傷(侵蝕値:16)
基本侵蝕値:34

HP:23
行動値:4
戦闘移動:9
全力移動:18

常備化ポイント:16
財産ポイント:2

【ロイス】
Dロイス 伝説 社会および、社会に属する技能判定ダイス+3 知覚判定ダイス-1 P: N:
つぼみ・ジャクスン  P:最後の恋○ N:裏切り者
つぼみ P:有為○ N:偏愛

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセ(ソラリス) メジャー シンドローム C値-LV(下限値7)
02 絶対の恐怖 メジャー 交渉 対決 視界 攻+LVの射攻、装甲無視
03 神の御言葉 メジャー 交渉 対決 リミット 前提スキル絶対の恐怖、攻+[LV×5] 1シナリオ3回
04 女王の降臨 セットアップ 自動成功 自身 至近 ピュア メジャー 自動成功のソラリスのエフェクト一つ使用 シナリオLv回制限
05 狂戦士 メジャー RC 自動成功 単体 視界 80% 次のメジャーアクションのC値-1 判定ダイス+LV×2

【イージーエフェクト】
超人的代謝
細菌環境操作
元気の水

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
 
 
 




【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
情報収集チーム コネ 情報: 判定の直前に使用で情報判定達成値+2 構成員
コネ:要人への貸し コネ 情報: 情報:判定ダイス+3、1シナリオ1回 顧客
コネ:GPO隊員 コネ 情報:GPO 判定ダイス+2 顧客
コネ:親父さん コネ 情報:スラム 判定ダイス+2 恩人
コネ:情報屋 コネ 情報:裏社会 判定ダイス+2 お得意様
コネ:ジョーカーズ・ワイルド コネ 調達 10 調達判定達成値+5、1シナリオ3回 取引先
フォーマル
携帯電話

【コンボ】

【設定等】
ある探偵オフィス―――とは名ばかりの、実質マフィア「リメンバー」の詰め所であるそこに二人の男女がいる。
「・・・香水を変えたか?つぼみ」
「ええ、ジョーカーズワイルドさんが、試しにどうだって」
嬉しげにほほ笑み、香水の入った瓶取り出し、話す女に男は僅かな笑みを返すことも無い。
「質は、悪く無いようだな。販売ルートに食い込めば、利益を上げれるだろう」
「ええ、私もそう思ってたんです。手配、しておきますね」
女のほほ笑みは、笑みへと変わり、しかしすぐに翳ることになる。
「ああ、だが、戻せ」
困惑する女、さらに続ける男。
「君に贈った香水があっただろう。戻せ。不快だ」
うなだれる女は、瓶を男の前に置き、ただ一言告げて去る。
「はい・・・シャワーを、浴びてきますね」
デスクの上に置かれた、香水瓶を見つめる男。
「・・・こんなものは、三年前には、無かった。」
男が想うは、かつての恋人。最愛の人。
女を残し、去っていく男。誰も居ないオフィスに戻って来た女。
女が出会ったのは、床に砕けちった香水瓶と、むせかえるような女の香り。
その、今も男が想う女―――男の姉であり恋人であったつぼみ・ジャクスン―――と面影の似たその顔に涙を浮かべながら、彼女は呟く。
「私はただ、あなたの思うがままに」
その呟きは、魔街の夜へと溶けた。

 
身一つで魔街に落ちのびた少年の身でありながら、今や多くの構成を抱え、その組織名と名を同じくした覚醒剤「リメンバー」を扱うマフィアのボスとなった男。
それが、ミノル・ジャクスンである。
現在(いま)を刻みつけ、忘れえぬ過去と変える覚せい剤「リメンバー」。彼のソラリス能力に生産を頼るそれは、多くの顧客を持っている。
かの薬を彼が作り出すに至ったのは、その過去による所が大きい。彼の恋人であり姉であったつぼみ・ジャクスンは、最後の時、姉であることを捨てた。アムネジア―――その薬効において。
その裏切りの爪痕は、今も彼の心に刻みつけられている。

なお、これは余談ではあるが、彼は、つぼみ・ジャクスンを名前で呼んだことは一度たりとも無い。

【成長】
フルスクラッチ+50にて作成
残り経験点:0


設定がすくすく膨らみましたのことよ。