ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 二宮 羽奈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion


「私は、私の大切なものを守る。そのためだけに、強くなったんだから」
――“妖刀嵐舞(ブレイドフェアリー)”二宮羽奈、宿命の敵と対峙して  

UGN椈枝市支部所属のチルドレン。日本刀による白兵戦を行う。剣圧に領域の因子を織り込むことで衝撃波を作り出し攻撃する。
妖刀を手に、領域と風を操り舞う姿はさながら蝶のようである。

【基本情報】
名前:二宮 羽奈 コードネーム:“妖刀嵐舞(ブレイドフェアリー)”
年齢:17歳  性別:女性  星座:射手座
身長:155cm 体重:43㎏ 血液型:O型
ワークス:UGNチルドレンA カヴァー:高校生
ブリード:クロス シンドローム:ハヌマーン/オルクス

【能力値】
肉体:2 白兵4Lv 回避1Lv
感覚:2 Lv 
精神:2 RC1Lv
社会:3 情報:UGN1Lv

【ライフパス】
出自:天涯孤独
経験:平凡への憧れ
邂逅:友人
覚醒:死(侵蝕値:18)
衝動:嫌悪(侵蝕値:15)
基本侵蝕値:33

HP:26
行動値:6
戦闘移動:11m
全力移動:22m

常備化ポイント:6
財産ポイント:6

【ロイス】
D:亜純血


【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 コンセントレイト(ハヌマーン)
02 電光石火 メジャー/リアクション 肉体 対決 判D+Lv、1d点HP失う。
03 一閃 メジャー 自動 単体 全力移動後、白兵攻撃
04 獅子奮迅 メジャー 白兵 攻撃範囲化、シナリオLv回
05 ライトスピード マイナー 自動 自身 至近 100% メジャーアクションを2回行える。c値+1、シナリオ1回
06 スピードフォース イニシアチブ 自動 自身 至近 ピュア イニシアチブプロセスにメインプロセスを行える。シナリオLv回
07 妖精の手 オート
08 世界の敵 オート 自動 単体 視界 120%、嫌悪 対象のドッジを失敗、あるいはガード値を無効。シナリオ1回
09 復讐の領域 オート
10 歪みの領域 オート 至近 射撃攻撃に対してガードした時使用、Lv×5のダメージを攻撃者に与える。ラウンド1回



【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
妖刀 白兵 白兵 -1 10 至近




【設定等】

「私はあなたが嫌いだった。あなたが優しくて、仲間思いで、お人好しで、真っ直ぐで、強いから」
「あなたは強いから、あの子を倒せた。私は弱いから、あなたと一緒にあの子を倒した。倒して、氷漬けにして、真っ暗な場所に閉じ込めた」
「今なら分かる。あの子は暴れれば良かったんだ。嬉しそうに、好きなように、それまでの苦しみの代わりに。オーヴァードとかジャームとか、良いとか悪いとか、そんなもの全部、関係なしに」
「でも、そうはならなかった。どうしてなのか、私には分かる。弱かったから。あの子も、私も」
「私は弱かった。だから、あの子に言ってあげられなかった。一緒にいるよって。味方だよって。世界を敵に回しても、私はあなたの傍にいるって」
「あなたには分からないよ。強いあなたには。いつまでも希望を信じられるあなたには。どんなに苦しくても、人は絶対立ち直って、受け入れて、上を向いて歩けるんだって、信じられるあなたには」
「今度は絶対、あきらめない。あなたを倒して、あの子を目覚めさせる。そして、最後まで一緒にいる」
「そのためだけに、私は強くなった」

容姿:
セミロングの黒髪をサイドテールにまとめている。小柄な体つきや顔立ちから一見年齢以上に幼く見えるが、漂う雰囲気はUGNチルドレンの例に漏れることなく研ぎ澄まされている。服装も、基本的には潜入先の学生服を身に着けている。


性格:
任務に忠実、感情表現能力に難あり、物静か、日常への憧れなど、UGNチルドレンらしい特徴を備えている。が、とりわけ力への欲求と孤独感が強く、コンプレックスになっている。表面上は事務的な話し方をするが、心中では鬱屈した感情が堆積している。一人称は「私」。


設定: 
剣道家の家系に生まれるが、幼くしてジャーム化した両親に殺され、覚醒。UGNに保護され、チルドレンとして育てられる。血のなせる業か、任務をこなす内にオーヴァードとしての強さを追及するようになり、一時はゾディアックウェポンの候補者にまでなるが、実力及ばず彼女は適合者には選ばれなかった。彼女にとってそれは、自身の人生の全てを否定されたようなものであった。
それ以来、魂が抜けたようになっていた彼女。しかし、クラスメイトの立科睡との出会いがそれを変えた。
クラスメイトからいじめられていた睡の姿に、弱い自分を重ねた彼女は、少しずつ交流を深めていく。人付き合いの術など知らない彼女には、睡のいじめをどうすることも出来なかったが、それでも言葉を交わすうちに、二人の間には絆が芽生えていた。
だが、とあるFHエージェントの介入により覚醒した睡は、力を乱用したあげくジャーム化してしまう。生まれて初めてUGNとしての使命に躊躇いを覚えた彼女だったが、もう一人のクラスメイト、オーヴァードへと覚醒した雨塔了平の協力により、事態は終息することとなった。睡を倒すことを覚悟をもって決意し、実行した雨塔了平と、UGNの使命と自身のためらいに揺れながら、半信半疑のまま睡を倒した彼女。
何故、睡はこうなることしかできなかったのだろう。何故、私は睡を倒すことしかできなかったのだろう。
その日からずっと、彼女の心には無力感と後悔が在り続けている。