ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > インテルメディオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:理兵衛

「真実。そう真実。安い真実。真実は安い。ウフフ」
ウフフ。真実は安い。安い真実。そう真実。真実。

【基本情報】
名前:不詳 コードネーム:幕間の者(インテルメディオ/(Intermedio)
年齢:■■歳  性別:女? 性?  星座:☆☆☆
身長:△△ 体重:▼▼ 血液型:ABO
ワークス:FHエージェントB カヴァー:狂人
ブリード:トライ シンドローム:エンジェルハイロウ/モルフェウス/ウロボロス

【能力値】
肉体:1 Lv
感覚:6 射撃Lv1 知覚Lv10 
精神:1 RCLv1
社会:1 調達Lv5 情報:FHLv1

【ライフパス】
出自:貧乏
経験:実験体
欲望:平穏
覚醒:素体(侵蝕値:16)
衝動:妄想(侵蝕値:14)
基本侵蝕値:39

HP:23
行動値:13
戦闘移動:18
全力移動:36

常備化ポイント:33
財産ポイント:0(+5)

【ロイス】
Dロイス:装着者→MASKed
真実 P:執着 N:偏愛
現し世の人々 P:同情 N:厭気

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 リフレックス(エンジェルハイロウ) 2 2
02 神の眼 1 1
03 ゆらめき 1 2
04 ショウタイム 4 4
05 原初の黄:攻撃誘導 2 3
06 原初の赤:天性のひらめき 2 4+1
07 黄金錬成 2 修正済み

【イージー】
イージーフェイカー:プロファイリング
まだらの紐
道化の出し物
シャドウダイバー
テクスチャーチェンジ
見放されし地
天使の外套

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説
センサーシールド 白兵 白兵 -2 至近 11 知覚判定ダイス一個追加
センサーシールド 白兵 白兵 -2 至近 11 知覚判定ダイス一個追加


【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説
多機能ヘルメット 防具※ -1 知覚判定ダイス一個追加

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説
サーチレーダー 知覚達成値+1

【エンブレム】
フローズンリリー

【設定等】
【Calling Kids】経験点+60

三度笠めいた横幅の広い円形状の変形機能付き一つ目多目的ヘルムを目深に被り、
同様の紅いレンズが十三程、惑星運動めいて回転する円形盾を両手の甲へ、
痩せ細った体躯を扇情的に包み込む貫頭衣姿で胡座姿勢を保ちながら、
嘲笑とも同情とも取れる笑みを浮かべ続ける少女の如き女性、
或いは女性の如き少女。

そして狂人。
現状に関して言えばその一言で彼女のプロフィールは終了してしまう。
(最新のものを加えれば、とあるFHセルの囲われ者となっているらしい)。

本人もうろ覚えなその元々は、FHの資源調達セルの一員。
数段劣る物質生成能力を、光学的外観上書きに寄って補う事で、
贋作を作ったり、強盗用の経路を偽装したりと、せせこましく活動していた。

転機は、彼女の高い感覚、知覚能力が判明した事に端を発する。
彼女は実験の被験体となった――どの様なものだったかは最早解らない。
少なくとも、プロジェクト・インフィニティコードの一環だったのは間違いない、
というのも、実験後、ウロボロス・シンドロームに覚醒した事が判明しているからだが、
それ以上の詳細は不明である――ただ、FHのそれとなれば、ろくでも無い事は予想出来るだろう。

そして実際その実験はろくでも無かった――過程だけでなく結果も含めて。

ウロボロスの能力として彼女が獲得したのは、他のシンドロームのエフェクトの取得、
即ちコピーであり、そしてそれは、ノイマン・シンドロームの超演算能力だった。

高い知覚に超演算。この二つに、おまけとばかりに妄想の衝動が加わると、どうなるか?

彼女は目覚めた。真実に。彼女が真実と確信する真実に。
傍から見れば、狂気以外の何者でも無い真実に。

以来、彼女は狂人であり、その言動は誰にも理解される事は無い。
最悪な事に 性格や能力も“殆ど”変わっていなければ、その欲望も変化無く、
彼女は、人間的な、余りに人間的な平穏を、
社会性の動物として他者との交歓に寄って得られる平穏を望み、
特異なウロボロスとしてゼノスの追撃より隠れ潜む日々を過ごしつつ、
プランから逃れる為の他者を装う仮面を絶えず頭部へすっぽり被りつつ、
人々との良好な関係を望んでいる――どう足掻いても成し遂げられない関係を。