ものおきくろーむ @ ウィキ ダブルクロス3rd > 篠ノ女 和葉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダブルクロス The 3rd Edithion
PL名:理兵衛

「何だか分かります? これね、貴方の基点エフェクト♪」
  ――篠ノ女和葉、攻撃行動を行った敵エージェントを目前に、“光の手”で摘んだ“何か”をすり潰す瞬間。

アカデミア出身の若き女支部長。清楚な容姿に似付かわしい糸めいた瞳の中には、奥ゆかしい既知外の銀河が渦巻いており、
物質的概念的意味での“全て”を“光の如きもの”として観測、干渉可能とする能力を有する。
その眼で持って見分け選り分け出来ぬもの、自身に触れ得る=この宇宙に相対的価値を産むものが来るのを待ち侘びている。

【基本情報】
名前:篠ノ女 和葉(Shinonome Kazuha) コードネーム:極光細糸の強かな紡ぎ手(カレイド・ウィーバー)
年齢:23歳  性別:女性  星座:山羊座
身長:173cm 体重:見えません 血液型:O型
ワークス:UGN支部長B カヴァー:UGN支部長
ブリード:トライ シンドローム:エンジェルハイロウ/サラマンダー/バロール(オプショナル)

【能力値】
肉体:2 回避Lv1
感覚:6 射撃Lv1 知覚Lv1
精神:2 Lv
社会:1 調達Lv1 情報:UGNLv1

【ライフパス】
出自:疎まれた子
経験:海外生活
邂逅:恩師:関口香西
覚醒:生誕(侵蝕値:17)
衝動:自傷(侵蝕値:16)
基本侵蝕値:33

HP:26
行動値:14
戦闘移動:17m
全力移動:34m

常備化ポイント:4
財産ポイント:

【ロイス】
Dロイス:変異種→破邪の瞳取得
草乃瀬 巫薙 P:憧憬 N:隔意
P: N:

【エフェクト】
No 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕 制限 効果
リザレクト 1 オート 自身 至近 効果 (LV)D点HP回復、侵蝕値上昇
ワーディング 1 オート 自動 シーン 視界 なし 非オーヴァードをエキストラ化
01 リフレックス(エンジェルハイロウ) 3 2
02 光の手 1 2
03 神の目 1 2
04 破邪の瞳 1 5 変異種
05 蝕命の魔眼 1 0 自傷アージ
06 氷壁 1 5
07 セットバック 1 2
08 鏡の中の人形 2 3

【イージーエフェクト】
ウサギの耳
猟犬の鼻
七色の直感
異形の疵
偏差把握
熱感覚知覚
真昼の星
ポケットディメンション
超越者の眼力 侵食値:1
超越的能力→指定:眼力

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 常備化 解説

【防具】
名称 種別 ドッジ 行動 装甲値 常備化 解説

【一般アイテム】
名称 種別 技能 常備化 解説

【エンブレム】
キリングハウス×3
サラウンドレポート
リーダーズマーク:瞳それ自体:RC指定
サーチアイ

【設定等】
キャンペーン参加。初期+30点+エンブレム用経験点三十点で作成。

所謂姫カットに切り揃えられた前髪から、緩く波打つセミロングの黒髪。糸の様に細く固く閉ざされた瞳。
女性にしては長身の痩せ型。絶える事無く灯された柔和な微笑み。一人称は私。二人称は貴方。語尾はですよ。

UGN御門市支部の若き女性支部長。
その前歴はオーヴァードアカデミアの生徒であり、小等部から高等部まで在籍していた。

彼女のオーヴァード歴は大分長い。
物心付いた頃には、その特異な、オーヴァードの中でも特異な能力は開花していた。

一応はエンジェルハイロウ・シンドロームに分類されているそれは、知覚に関連したものである。
モノを“視”る。
言ってしまえば、それだけの能力なのだが、彼女の場合は、格が違った。
凡そ存在しているもの、或いは、凡そ存在していないものを、その銀河の如き輝きを讃えた瞳は“視”る事が可能だった。
光を捉える部位が眼球という器官であるとすれば、彼女にとって、彼女の眼にとって、光とは“全て”なのである。
言い換えれば、あらゆるものを“光”として見出すその能力は、応用として、別種の効果をも彼女に与えた。
見えるならば触れられる。触れられるならば動かせる。操れる。壊せる。活かせる。
どーにでも出来る。
例えそれが概念という様な、物質としては有り得ないものだとしても関係無い。
分類不能のオーヴァード存在、即ち変異種たる彼女の瞳の前には、全て平等に“光”であるのだ。

お陰で、アカデミアへと迎えられる前の彼女に取って、世界とは、取るに足らない代物だった。
どれもこれも同じであれば、何を選り好み出来るだろう。
何もかもが指先一つで采配出来るなら、興味も脅威も感じ様が無い。
だからこそ彼女は、同年代の友人の輪から独り離れ、傍観者としての地位を確たるものとして過ごして来た。
幸か不幸か、他者に取って自らがどう見えるのかも“視”えてしまえば、大人びた微笑みが消える事は無く、
関わるもの、触れるもの、傷付けるものは、衝動が齎す己だけ――彼女の幼年期は、その様に流れ去った。

けれどそれも、アカデミアへと迎えられる前の、であり。
特異なる事が日常である学び舎で、彼女は学んだ。
世界には、例え“視”えていようにも、どうにもならぬものがあるという事を。
場合に寄っては、“視”て見ぬふりをするのも、必要なのだという事を。
そうして、“視”えようが何だろうが関係無く、行動せねばならない時があるという事を。
教師に、友人に、彼女は教えられたのである――身を挺して、もとい、身を持って、という所で。

その様にして、天の孤独な頂きから外界へと降り下った彼女は、やがて学園を後にし、UGNのエージェントとなった。
成長に伴い、より鮮明に、より安定した能力の元、メキメキと才能を発揮し、支部長へと抜擢された。

そんな彼女の今の心の拠り所は、学園生活にて見出した、より高きオーヴァード存在に他ならない。
自らの能力を持ってしても捉え難き者。そうしてそれが齎す、予想を裏切る行動と成果。
影も含め、目指すべき理想の場所であったアカデミアは、しかし特別な環境であり、その結果も如何ともし難く。
まるで結末だけを見せられた様な感慨を抱いていれば、彼女は、その喪失を埋めてくれる者を心待ちにしている。
幸か不幸か、暇が故に鈍り気味なレネゲイド感覚をRファイト風の戦闘訓練施設で支えつつ、
日夜更新と激論が繰り広げられているSランキングに入り浸りながら、彼女は待ち続ける。
湧き上がる自傷の衝動、それを捧げる程に“視”所のある存在を――恐らくはそう、“ダブルクロス”と呼ばれるものを。