ものおきくろーむ @ ウィキ VTM > VV


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:VV(ヴィヴィ)
演者:だりあ    史劇:
氏族:ギャンレル
世代:13世代
本性:マゾヒスト  外面:一匹狼
寝処:フェティッシュバーの地下
身上:異端者・ボディアーティスト


■能力

≪身体≫ 7      ≪ 社会≫ 3     精神≫ 5    
【筋力】 ●●●○○   【交渉】 ●○○○○   【機知】 ●●○○○
【体力】 ●●●○○   【魅力】 ●●○○○   【知覚】 ●●●●○
【敏捷】 ●●●●○   【容姿】 ●●●○○   【知性】 ●●○○○

■技能

≪才能≫  13    技術≫    9     知識≫      5    
【裏社会】 ●○○○○   【運転】   ○○○○○   【医学】     ●●○○○
【運動】  ●●○○○   【演技】   ○○○○○   【オカルト】   ●○○○○
【回避】  ●●●○○   【隠密】   ●●●○○   【科学】     ○○○○○
【格闘】  ●●●●○   【近接武器】 ●○○○○   【教養】     ●○○○○
【共感】  ○○○○○   【銃器】   ○○○○○   【語学】     ●○○○○
【脅迫】  ○○○○○   【製作】   ●○○○○   【コンピュータ】 ○○○○○
【虚言】  ○○○○○   【生存術】  ●●○○○   【財務】     ●○○○○
【警戒】  ●○○○○   【動物理解】 ●●○○○   【政治】     ○○○○○
【指揮】  ●○○○○   【保安】   ○○○○○   【調査】     ●○○○○
【表現力】 ●●○○○   【礼儀作法】 ●○○○○   【法律】     ○○○○○

■特徴

≪背景≫        訓え≫        徳≫
餌     ●○○○○   獣心   ●○○○○   【自制/本能】 ●●●●○
地位    ●○○○○   変身   ●●○○○   【良心/信念】 ●●○○○
導師    ●○○○○   瞬速   ●○○○○   【勇気】    ●●●●○
コネ    ●○○○○        ○○○○○
資産    ●○○○○        ○○○○○

≪長所/短所≫
せっかち(-1)
勧誘の標的(-1)
鋭い感覚(+1)
両手利き(+1)

≪人間性/道≫    意志力≫
●●●●●●○○○○   ●●●●●●○○○○

≪體血≫
○○○○○○○○○○

【経験】:  点



【詳細設定】
「いらっしゃい」
 コルセットとズロースだけを身についた女が、微笑みかけた。
 軋むドアの隙間から吹き込む風にも寒そうな素振りは見せず、君をカウンターへと手招きする。
「今夜は遅かったのね。何にする? あら、VVをご指名?」
 彼女はちりんと鈴を鳴らす。
 ――一秒、二秒。
 軽やかな、そして冷たい体が、君に触れる。
 背後。いつの間にか、年若い――否、幼いとすら言える少女が背後に立っていた。
「待ちくたびれたじゃないのさ。ね、早く奥へ」
 蠱惑的とも言える、どこか猛禽を思わせる冷淡な薄ら笑いで、少女は君を奥の個室へと導いた。

 "Venndetta for Vengeance"
 歓楽街の片隅の、寂れた半地下のフェティッシュバー。
 その真のオーナーと称される少女が、VVだ。
 ストリートチルドレン上がりのボディ・アーティストであり、同じくタトゥを専門としていた"父"にその体の造形に惚れ込まれ、抱擁された。
 彼女自身は血族であることを、然程重く考えてはいない。
 "獣"と隣合わせであるギャンレルであったことは、彼女にとってプラスに働いたのかもしれない。
 ストリートで生きるケダモノであった少女は、やはり、ケモノである生き方の方が心が休まるのだ。
 心などというものがあるのかどうか、彼女がそんなことを考えることはめったにないのだが。